人気ブログランキング |

タグ:せバンモロコシ ( 1 ) タグの人気記事

2018.10.30 下野田緑地

下野田緑地◇日時 2018年10月30日火曜日 15時30分〜17時◇天気 晴れ
1開発が進んでいる
f0131669_21293425.jpg
2ブタナ ヨーロッパ原産 
f0131669_21422415.jpg
f0131669_21424252.jpg
3アメリカオニアザミ ロゼット
f0131669_21432373.jpg
4タンポポ ロゼット
f0131669_21440103.jpg
5アレチニシキソウ コニシキソウのように葉に斑点がない 実に毛も少ない
f0131669_21450890.jpg
f0131669_21452642.jpg
6メマツヨイグサ ロゼツト 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_21461374.jpg
7セイヨウタンポポ ヨーロッパ原産 
f0131669_21470048.jpg
8セイバンモロコシ群生/セイバンモロコシ 地中海地域原産 1945年前後に関東地方で確認される
f0131669_21480948.jpg
f0131669_21482795.jpg
f0131669_21485079.jpg
9コセンダングサ 熱帯アメリカ原産 江戸時代に渡来
f0131669_21492358.jpg
10ハエの仲間
f0131669_21495333.jpg
11アキノノゲシ
f0131669_21502632.jpg
12ヒメオドリコソウ ヨーロッパ原産 明治中期の1893年東京で確認された
f0131669_21511279.jpg
13アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21514619.jpg
14キュウリグサ ロゼット
f0131669_21522127.jpg
15下野田緑地
f0131669_21531538.jpg
16ハエの仲間
f0131669_21534788.jpg
17チョウゲンボウが止まっていた
f0131669_21545130.jpg
18ヒメジョオン 北アメリカ原産 江戸時代末期に観賞用として導入 若い苗は食べられる
f0131669_21552741.jpg
19ムラサキツメクサ ヨーロッパ原産
f0131669_21555517.jpg
20アレチヌスビトハギ 北アメリカ原産
f0131669_21571695.jpg
f0131669_21573309.jpg
21ヒメムカシヨモギ 明治初期に帰化 花の舌片は白色、先は浅く2裂
f0131669_21580587.jpg
22ガの仲間
f0131669_21583611.jpg
23セイヨウカラシナ 
f0131669_21590695.jpg
24ヘラオオバコ ロゼット ヨーロッパ原産 江戸時代末期に渡来
f0131669_21594504.jpg
25コメツブツメクサ ヨーロッパから西アジアにかけて原産 
f0131669_22001820.jpg
26メマツヨイグサ 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_22010372.jpg
27ヒメムカシヨモギ 北アメリカ原産
f0131669_22015502.jpg
28キツネアザミ ロゼット
f0131669_22023602.jpg
29ノボロギク ヨーロッパ原産 明治初期に帰化
f0131669_22031636.jpg
30サッカースタジアムが遠くに見える
f0131669_22041718.jpg
31アメリカオニアザミの実 ヨーロッパ原産 昭和20年代以降、物資の交流により分布を広げた
f0131669_22050911.jpg
32この風景も見納め、次に来たときには建物が建っているだろう
f0131669_22053411.jpg
33ユウゲショウ 熱帯アメリカ原産 明治年間花卉として導入
f0131669_22065917.jpg
34はじめて見た花
f0131669_22074512.jpg
f0131669_22080330.jpg
35夕焼けがきれいだった
f0131669_22083450.jpg
西武地区には多いがここでは、少ないブタナはどんな運命をたどるのだろうか。開発で全てが消えるのだろうか。

by trust-0 | 2018-10-30 22:49 | モニタリング調査