人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2019.6.29自然学習センター

両生類の研修会の後、定例観察会にも参加した。雨模様だったが、季節の変化を感じた。オオヨシキリがしきりに鳴いていた。
1入り口付近 ネムノキの花が咲いていた
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11044640.jpg
2カノコガがモデルになってくれた
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11060360.jpg
3施設内は分かりやすく表示してある ハチの住処
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11071704.jpg
4マムシの表示
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11074345.jpg
5ヒダリマキマイマイ
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11084711.jpg
6ヒダリマキマイマイ 殻の縁が巻いているので、こっちが少し大人かな
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11091699.jpg
7クモの網に水滴が
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11105572.jpg
8ヨシにも水滴が
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11115583.jpg
9ヒメガマ ガマ科 ガマ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11122679.jpg
10ヒメコウゾの実 クワ科 コウゾ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11130199.jpg
11クララ マメ科 クララ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11132962.jpg
12クララの実
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11135866.jpg
13とても小さな よく見る生きもの
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11144422.jpg
14網
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11152567.jpg
15中央にいたクモ ドヨウオニグモ?
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11155725.jpg
16ガマ ガマ科 ガマ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11163968.jpg
17エゴノキの実 エゴノキ科 エゴノキ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11171267.jpg
18クモ
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11173327.jpg
19橋が新しくなっていた
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11181884.jpg
20ミズキの実 ミズキ科 サンシュユ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11192572.jpg
21コウホネ スイレン科 コウホネ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11195983.jpg
22ケキツネノボタン キンポウゲ科 キンポウゲ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11203251.jpg
23ミゾソバ タデ科 イヌタデ属
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11210674.jpg
24目標種を決めることは大切
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11213642.jpg
25オオヨシキリ このカメラではこれが限界
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11222671.jpg
26ウロコアシナガグモかな
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11230500.jpg
27ノイバラについていたムシコブ
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11234408.jpg
28定例観察会に参加 子どもは平気でナナフシを
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11245195.jpg
29オオヒラタシデムシ 顕微鏡で見たら触角の毛がすごい
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11254480.jpg
30ネジバナ(モジズリ) ラン科 ネジバナ属 
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11261972.jpg
31マサキの花にキンバエの仲間 キンバエ類は一部の種以外は標本がなければ同定は出来ません。
同じ場所にホホグロオビキンバエがいました。(高野氏) 
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11265431.jpg
32サトキマダラヒカゲ 高野氏同定
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11282298.jpg
2019.6.29自然学習センター_f0131669_11283663.jpg
見沼にもこんな学習センターがあればといいなと思いながら、帰途についた。

by trust-0 | 2019-07-01 11:48 | 北本

2019.6.29 両生類の今を学ぶ

◇日時 2019年9月29日 土曜日 9時30分〜11時30分
◇天気 雨
◇講師 埼玉県川の博物館学芸員 藤田宏之氏
◇場所 埼玉県自然学習センター
近年増えているヌマガエルの状況もお聞きできた。両生類が生息するためには水域と陸域を必要とするので、大規模開発や圃場整備による水路のコンクリート化などの影響を受けやすくその数が減少している。また、外来種のアライグマによる捕食が深刻になっている。特にトウキョウサンショウウオやアカガエルに対する捕食圧が大きなダメージになっている。
1埼玉には18種の両生類が棲んでいる
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09265795.jpg
2本来のヌマガエルの生息域
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09275499.jpg
3埼玉県で急速に増えている
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09292808.jpg
4背中に線のあるヌマガエルは九州由来かも?キュウリの苗に紛れて入ったかも知れないが、確証はない
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09295922.jpg
5ヌマガエルは、圃場整備などに強く、近代化された水田に適応して増えている。一方、アカガエル類は適応できず減り続けているのは残念。
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09304640.jpg
6生物多様性は大切
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09312308.jpg
7ヌマガエルはお腹が白い 
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09315134.jpg
8ヌマガエルは眼と眼の間に線がある
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09321864.jpg
9こんな場所がカエルにとって良い場所
2019.6.29 両生類の今を学ぶ_f0131669_09324459.jpg
ヌマガエルが増えている事を実感していたので、参考になった。生物多様性の保たれている場所では、大繁殖は出来ないとのことであった。保全する上でも必要な視点であると思った。
メモから
★ヌマガエルは産卵時期が遅く、高温、乾燥に強いので、最近の田植え時期が遅くなった農業に合っている。食べ物は軟らかい物が好き、共食いもするし、アマガエルやミミズも捕食する。オタマジャクシは、眼がよっていて頭がとんがっている。寿命は2年くらい。その年に成熟する。
ニホンアカガエルは高温・乾燥に弱い。寿命は2年程度なので、増えやすくて減りやすい。寒冷地では、1回で終了。オタマジャクシが梅雨時に上陸する。オスは泥の中で越冬。メスは草の中で越冬。
★シュレーゲルアオガエルはメスが大きい
★アマガエルは一定期間水があればOK
★トウキョウダルマガエルは成長が遅い.二毛作水田がよくない。7月に水を落とすとオタマジャクシが生きていけない。
★アズマヒキガエルの寿命は10年くらい
★ウシガエルは減少傾向
★アライグマはエサのない時期1月2月にアカガエルやサンショウウオを食べる。サンショウウオは頭だけ食べるので食べかすがある。アカガエルは美味しいので、2口で捕食し、たまに足先が残る。アライグマは姿勢を低くするのが嫌いなので、周りに台を置くか,網をはるのが良いが、カエルの通路を下に作る必要がある。
★イタチは食べかすが残らない
★10月になるとカエルはいなくなる。
★カエルは冬眠するときお尻から潜る。サンショウウオは頭から潜る。

後日、藤田学芸員からのメール
県東部・南部でニホンアカガエルの保全に取り組んでおられる団体をいくつか存じていますが、明暗が分かれています。
はっきりとは言えませんが夏場の高温時に上陸した当年のちいさなカエルが生き残るのが難しくなっていると考えます。具体的に日陰で涼しい雑木林が繁殖地の近くにあるといいと考えています。
アカガエルは梅雨時に上陸し、その年に成熟するのでしょうか。 2年の寿命で何回産卵するのでしょうか。
寿命は暖かい埼玉県では、生まれた翌年に産卵にやってくるのが通常と考えます。ひとシーズンの産卵でゼリーの塊ひとつですので、トータル500卵〜3000卵ぐらいのようです。大概は2シーズンぐらいで死んでしまうようです。
イタチはアカガエルを食べるのでしょうか。最近イタチとアライグマの足跡を確認しています。
イタチのエサになっています。かなり食べられていると考えますが、アライグマのように集中的な捕食とはいえず、致命的なダメージには至らないと考えます。しかし、個体数が少ないとなると、排除も考慮する必要はあります。
アズマヒキガエルの寿命が10年とのことなのでお尋ねします。5年ほど前に水路がコンクリート化されてからアズマヒキガエルの卵塊を確認出来なくなりました。万一、水路を元に戻すとカエルは戻ってくるでしょうか。
水路を戻すことも重要ですが、周囲の環境も変化すると難しいかもしれません。普段の棲家と水路の間に道路が出来てしまうだけでも減少します。ヒキガエルの減少は水辺環境の悪化だけでなく、周辺の伐採や造成も大きなダメージとなります。

一度、私たちのフィールドを見て頂きたいと思いました。(記 加倉井範子)

by trust-0 | 2019-07-01 08:51 | 研修