人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヒトが幸せになる文明とは

最近、農家の方も一般の方も普通に除草剤を使っている。お店の一番目につくところに除草剤が配置してある。これがヒトの文明の証だとしたら、とても悲しい。(撮影2019.6.13 さいたま市綠区南部領)3年前に瀕死のノカンゾウを救出したのもこの場所である。今は私たちの手入れしているマルコ(エスベラント語で湿地の意味)で今年も元気に蕾をつけている。基本、植物は移植したくはないが、このような場合は、許されると勝手に理解している。
f0131669_09510094.jpg
キイロサナエ(サナエトンボ科 2018埼玉県VU 2015環境省NT)に指定されているトンボの撮影に来ていた方は、除草剤の散布をみてがっかりしたと話してくれた。ヤゴは砂泥質の河床を好むそうである。田んぼに水が入る時期に産卵にやってくるとのことで、確認しましたと話してくださったが、まだ、写真は撮れていないとのことで、度々カメラを手に探し歩いているのを見かける。

環境保全に除草剤はNGなので、草刈りを行っている。サイサン環境保全基金の助成金で電動の草刈り機と手押しの草刈り機バロモアを購入した。草刈りは、今までより短い時間で終わり、体力の消耗が少なくなった。自然保護活動の一番の課題はボランティアの高齢化である。頼りになりそうなヒトが来ても、しばらくすると再就職して、保全活動には来なくなってしまう。社会の仕組みは自然とは関係ないと考える人も多いが実は、ヒトの生活と密接な関係がある。このままの社会の動き、経済の動きだと高齢化対策として、楽な保全を目指すことは、重要課題である。日本社会は、環境にとってより良い方向に進んでいるか疑問である。
f0131669_10062597.jpg
2019年6月6日のFIT(森林インストラクター東京会)の「子ども達に伝えたい環境教育」の内部研修があった。講師は長年小学校で教鞭をとっていた遠藤正さんであった。1949年〜2019年までの環境にまつわる年表をまとめてくださった。その中から抜粋する。
1949年 東京都「工場公害防止条例」制定 
1962年 「沈黙の春」レイチェルカーソン著 出版
1965年 プルトップ缶登場
1967年 公害対策基本法
1968年 ヤクルト プラスチック容器導入→1976年再生プラスチック定規作成
1972年 国連人間環境会議→人間環境宣言
    「尾瀬に死す」平野長靖著  自然保護運動
1973年 サントリー愛鳥キャンペーン
1975年 全国小中学校公害対策研究会から全国小中学校環境教育研究会に名前変更
1978年 日本自然保護協会「自然観察指導員」養成開始
1980年 多くの企業が週休2日制導入
1985年 トンボ王国保護区用地買い取り開始 高知県
1989年 日本環境協会「エコマーク」を制定
1990年 日本環境教育学会発足
1991年 文部省 環境教育指導資料 中高編 発行
     森林インストラクター制度発足
1995年 こどもエコクラブ発足
1996年 ペットボトル入り緑茶登場
2000年 総合的な学習の時間 段階的に実施
2001年 子どもゆめ基金 創設
2002年 完全学校週5日制の実施
2003年 反復百マス計算がベストセラー
2005年 クール・ビズ始まる
2014年 富岡製糸場と絹産業遺跡群 世界遺産に登録
     手漉き和紙 ユネスコ無形文化遺産に登録
2018年 中国 リサイクル用廃棄物輸入禁止
2019年 森林環境譲与税の創設 4月1日施行→2024年予定 森林環境税(国民が環境について考えるキッカケになるのではとのこと)
    マレーシア 廃ブラスチックを送り返す
公害対策から自然保護に向かいつつあると思うが、環境保護にお金が入る仕組みを作らないといつになっても除草剤と縁が切れないように思う。かつて訪れたコスタリカでは自然保護解説員がガイドの仕事をして生計を立てることが出来るとのことだった。グリーンツリズムと軍隊のない国コスタリカが大きく転換したのは、1996年に生物多様性法が制定された事による。法案制定に中心的役割を果たしたルイス・マルティネス・ラミレス元国会議員は「自然は全体でひとつのものであり、個別に保護しても、バランスを考えなければ意味がない。」自然の生態系は何よりも優先するという価値観を打ち出した。これは人間が持続的に発展・維持するためには、生態系のバランスを優先させるべきだという事である。

エコロジーとエコノミーの二つの頭文字をとってエコ.エコという名前にしたのも、いつもコスタリカの事が頭にあったからだ。生態系を壊す一つに、戦争があることも忘れてはいけないことである。
f0131669_17592474.jpg
ヒトに思いを伝えることは難しい。せめて美しい花が見える風景を見沼を歩く人たちに届けたいと思っている。中学生が私たちのフィールドに立ち寄ってくれたときに、ノハナショウブが咲いていた。この花が子どもたちへのプレゼントである。(加倉井範子)



by trust-0 | 2019-06-24 11:22 | エッセイ

7月のベルダ

2019年7月から月別にまとめることにした。
by trust-0 | 2019-06-24 09:34 | ベルダ

6月の民家園

風景 撮影2019.6.12
f0131669_09364460.jpg
1ヘラオオバコ 撮影2019.6.12 武蔵野学園見学の帰りに立ち寄る
f0131669_18261808.jpg
2カタバミ 撮影2019.6.12
f0131669_18270602.jpg
3ツメクサ 撮影2019.6.12
f0131669_18322081.jpg
4ニワゼキショウ 撮影2019.6.12
f0131669_18325986.jpg
5ユウゲショウ撮影2019.6.12
f0131669_18333348.jpg
6白いユウゲショウ 撮影2019.6.12
f0131669_18343194.jpg
7ハナショウブ 撮影2019.6.12
f0131669_18352170.jpg
89

by trust-0 | 2019-06-22 18:36 | 民家園

森の声

森の声 

昔 森は文明の力になったメソポタミア文明の栄えた地にも かつて深い森があった

教えてくれたのは古い地層に残る花粉の数々 
森は畑に変わりそして砂漠になった

森はあらゆる環境の力になっている
清浄な空気
水を貯え
多くの生きものが生きる場所が森だ

今 森を忘れることは 生態系の中のほ乳類霊長目ヒト科ヒト属を忘れることだ

森の声を聞こう 森の声を聞くことは 懐かしい未来の声を聞くことだ


幼い頃見た空と雲は二度と見られない

泣きながら見た夕焼けは二度と見られない

同じ空の色、雲の形は二度と見られない

私たちは一度しか出会えない自然の中で生きている



幼い頃 だれでも一度は雲に乗ってみたいと考えたことがあるだろう

大人になってあれは水蒸気の塊で そんなことは出来ないと知ってしまう

飛行機に乗って 雲を下から見るとまるで幼い頃の夢が叶ったような気持ちになる

今 青空に浮かんだ雲をみて 乗ってみたいと思う



朝 雪が降った

八丈島と東京の間を低気圧が通るからだと夫は言った

美しく舞い降りてくる雪の動きに目を奪われていた私は我に返る

視野を広げてくれる夫だと思い 共に暮らしている 


自然があると いいなと思ってくれたら いいな

蜘蛛は気持ち悪いって言わないで 天国の住人なんだって思ってくれたら いいな

虫の形が面白いって思ってくれたら いいな

花と虫が助け合っていると気づいてくれたら いいな

カエルがぴょんと跳ぶ姿が可愛いなと思ってくれたら いいな

葉っぱの形が違う事 不思議だなと思ってくれたら いいな

夏に木陰を作ってくれた葉っぱ 落ち葉を邪魔だと思わないでくれたら いいな

空気を吸ったとき 酸素は緑の葉っぱかが作ったと 気づいてくれたら いいな

美味しい水を飲んだとき 森が作ってくれた水だと 気づいてくれたら いいな

いろんな気づきが増えたら きっと いい未来が待っているような気がする

青空

青空は空気の色

都会の青空はちょっと疲れている

花と虫

花は人間のためにあるのではない

花が色を変えるのは 虫を集めるため
虫が見ている色と人間が見ている色は違っている

花が形を変えるのは 来て欲しい虫を選ぶため
エゴノキの花は下向き マルハナバチだけに来て欲しいため
ウマノアシガタの黄色い花は パラボナアンテナと同じ形 暖かくして虫を呼ぶため

花は虫に 花粉を運んでもらうお礼に 蜜や花粉をご馳走する 
ご馳走しないで蜜があるように騙す花もあって 結構複雑

複雑な関係の中で、花や虫たちは生きている
自然は虫たちが飢えることがないように 順番に花を咲かせる

人工的に一面に咲く花畑は 不自然で人間のご都合主義 観光→お金なんだ

自然がないと生きていけないヒトの立ち位置を知れ



by trust-0 | 2019-06-10 11:24 |

2019.6.6大宮公園

彩遊クラブの大宮公園観察会に参加した。
1若葉が美しい季節
f0131669_22210264.jpg
2クサカゲロウの卵 うどんげの花 葉が巻いているのはネズミモチハマキワタムシの仕業
f0131669_22215450.jpg
3ビョウヤナギ オトギリソウ科 中国原産
f0131669_22235819.jpg
4ヒペリカム・カリシナム オトギリソウ科 ヨーロッパ原産
f0131669_22250865.jpg
5ヒペリカム・ヒドコート
f0131669_22265046.jpg
6ヒペリカム
f0131669_22294605.jpg
7カイツブリが営巣していた
f0131669_22320832.jpg
8ヤナギルリハムシ
f0131669_22325118.jpg
9ヤマアジサイ 葉に光沢なし
f0131669_22334124.jpg
10ヤマグワは花柱が長い
f0131669_22345819.jpg
11シロバナヤエウツギ
f0131669_22355435.jpg
12
f0131669_22374233.jpg
13サラサウツギ
f0131669_22383122.jpg
14-1ウケザキオオヤマレンゲの蕾
f0131669_22393456.jpg
14-2
f0131669_22522628.jpg
15コメツブツメクサ
f0131669_22540923.jpg
16セッカニワゼキショウ
f0131669_22532259.jpg
17ニワゼキショウ
f0131669_22545833.jpg
18アカメガシワ
f0131669_22555304.jpg
19モミジバスズカケノキ
f0131669_22563869.jpg
20-1オオバボダイジュ
f0131669_22573765.jpg
20-2 花がとてもいい香り お茶にするといいらしい
f0131669_22580733.jpg
21モチノキ
f0131669_22584157.jpg
22ニワナナカマド
f0131669_22592064.jpg
23ラミーカミキリ
f0131669_23000053.jpg
24ヒメアジサイ 葉に光沢がない 鎌倉の明月院のアジサイはこの種 命名は牧野富太郎 学名Hydrangea(ハイドランジア)は水の器の意。和名は集(あず)真藍(さあい)から。別名は七変化、よひら。
f0131669_23004954.jpg
25-1カラスビシャク 実
f0131669_23014255.jpg
25-2
f0131669_23020832.jpg
25-3 ムカゴ 
f0131669_23024096.jpg
26オオニワゼキショウ
f0131669_23032537.jpg
27カシワバアジサイ とても良い香りがした
f0131669_23043563.jpg
28アナベル
f0131669_23050676.jpg
29セイヨウアジサイ
f0131669_23055767.jpg
30ヤマアジサイ
f0131669_23063958.jpg
31ハナショウブの看板
f0131669_23073424.jpg
32ハナショウブの原種はノハナショウブ。北海道から九州まで。冷涼な地を好む。花菖蒲はこのノハナショウブから、選抜、改良され、発達してきた伝統園芸植物。江戸系 肥後系 伊勢系 アメリカ系 種間交雑種などがある。
f0131669_23080966.jpg
33
f0131669_23085036.jpg
34
f0131669_23092416.jpg
35
f0131669_23095178.jpg
36白色ノハナ
f0131669_23101733.jpg
37
f0131669_23104341.jpg
38
f0131669_23111625.jpg
39黄冠 
f0131669_23114227.jpg
40
f0131669_23123591.jpg
41
f0131669_23130887.jpg
42
f0131669_23134378.jpg
43
f0131669_23141615.jpg
44
f0131669_23145306.jpg
とても暑い日だった。二宮さんの解説で楽しい一日になった。感謝♬

by trust-0 | 2019-06-07 23:17 | 大宮公園

2019.6.7岩殿

◇日時 2019年6月7日 月曜日 9時35分
◇天気 曇りのち雨
◇参加者 5名
◇生きもの ホトトギス シュレーゲルアオガエル カビチョウ アズマヒキガエル
1
f0131669_21253551.jpg
2オカトラノオ サクラソウ科オカトラノオ属 
f0131669_21365891.jpg
3
f0131669_21372040.jpg
4アズマイバラ(ヤマテリハノイバラ) バラ科 バラ属 
f0131669_21363510.jpg
5 C地区
f0131669_21354135.jpg
6ウメモドキ モチノキ科 モチノキ属
f0131669_21342102.jpg
7
f0131669_21345862.jpg

8クサイチゴの実 バラ科 バラ属 美味しかった♬ 
f0131669_21334194.jpg
9ゴウソ カヤツリグサ科 アゼカゲ節
f0131669_21332660.jpg
10ヒメゴウソ(アオゴウソ)カヤツリグサ科 アゼスゲ節
f0131669_21330813.jpg
11ジュズスゲ カヤツリグサ科 シュズスゲ節
f0131669_21324509.jpg
12ツユクサ ツユクサ科 ツユクサ属
f0131669_21322469.jpg
13
f0131669_21315784.jpg
14
f0131669_21313652.jpg
15ヌマガエルかな
f0131669_21311790.jpg
16だれかな
f0131669_21310191.jpg
17
f0131669_21304508.jpg
18ツマグロオオヨコバイ
f0131669_21300969.jpg
19キアゲハ幼虫
f0131669_21295510.jpg
20ハラビロトンボ
f0131669_21293803.jpg
21コモチマンネングサ ベンケイソウ科 マンネングサ属  
f0131669_21292339.jpg
22ヤマトシリアゲ
f0131669_21290496.jpg
23ニワトコ レンプクソウ科 ニワトコ属
f0131669_21283953.jpg
24ヨシについた水玉
f0131669_21281066.jpg
25クサグモ
f0131669_21275450.jpg
26アカイロマルカメムシ
f0131669_21272570.jpg
27コジャノメ
f0131669_21265105.jpg
28一週間前に田植えしたとか
f0131669_21263587.jpg
29ノアズキ マメ科 ノアズキ属 茎や葉に密毛あり
f0131669_21261887.jpg
30雨にもめげずドヨウオニグモかな 捕食中
f0131669_21260220.jpg
12時10分雨脚が強くなり昼食のために移動。

後日二宮さんからアズマヒキガエルの画像が届いたので、追加。ノハナショウブも届きました。
31アズマヒキガエル
f0131669_11445658.jpg
32ノハナショウブ 撮影2019年6月14日 
f0131669_10363198.jpg
花が咲いたので、二宮さんが同定した。良かった♬

by trust-0 | 2019-06-07 22:10 | 岩殿