人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あなたはどこからやってきたのでしょうか

ゆっくり地球の歴史をたどってみましょう。地球は今、海が70%で陸が30%ありますが、40億年前の地球はとても熱く水は蒸発していました。長い年月をかけて、奇跡的に生きものが棲める地球になりました。現在分かっている時間軸を列記してみます。新しい発見があると事実は変わっていきます。

40億年前 地球誕生
5億8000万年前 カンブリア紀 三葉虫や無脊椎動物が誕生
5億1000万年前 オルビドス紀 サンゴなどが誕生
4億4000万年前 シルル紀 空気中に酸素 植物(コケ、シダ)の上陸 魚の進化
3億9000年前 デボン紀 酸素量現在と同じ 
3億6000万年前 石炭紀 土の原形 裸子植物出現 巨大トンボ 
2億9000万年前 ベルム紀 裸子植物(風媒花)の繁栄 空を飛べる昆虫(カゲロウ バッタ ゴキブリ)
2億5000年前 三畳紀 爬虫類 恐竜時代の幕開け
2億1000万年前 ジュラ紀 恐竜全盛期(イチョウは恐竜の食べ物で種子散布は恐竜)
1億4000万年前 白亜紀 被子植物誕生 花粉を集める昆虫が出現 被子植物の森の成立 蜜腺を持つ小型の花が誕生
6500万年前 第三紀 新生代 鳥類・ほ乳類が進化
2500万年前 花蜜食の鳥が出現
160万年前 人類が誕生40万年前から4万年前 ネアンデルタール人
30〜20万年前 私たちの祖先ホモサピエンスがアフリカで誕生

これらのことを子ども向けの本では分かりやすく表現しています。地球の歴史を1年のカレンダーで表すと、1月1日に誕生した地球に生命が生まれたのは4月。生きものが増えてきたのは11月のなかばで、恐竜がいたのは12月11日から26日。人類の祖先が生まれたのは12月31日の午後8時、ヒトが文明を持ったのは、最後の1分間。12月31日の午後11時59分。およそ1万年前のことです。(「地球はえらい」より)

1億4000万年前に被子植物が現れ、花粉を集める昆虫が出現しました。虫たちは地球の先輩なのです。。20〜30万年に生まれた私たちは、地球のあらゆるところで繁栄しています。知性や協働を駆使し、食べ物を確保するための農業や漁業、豊かな世界のために多くの技術が開発されています。何一つとっても自然とのつながりのないものはありません。命は突然現れません。命のつながりの中で今の私たちがあるのです。

最近のDNAの解析でいろいろなことが分かってきました。旧人類のネアンデルタール人は現代を生きるヒトの中に遺伝子として残っているのです。NHKの番組「人類誕生・未来編 第2集そしてヒトが残った 第3集ついにヒトは海を超えた」の中で粛々と滅びていったネアンデルタール人、最後のイギリスのゴーラム洞窟には、謎の#が残されていました。

現代、SNSでは#でつながりが出来ています。地球の歴史を思い、#でつながることは、未来をより良いものにする力があるように思います。未来を思い目先の利益だけにとどまらない知性、互いの違いを認めつつ他を思い行う協働、つながりの視点を持つ想像力が必要です。あなたの来た道を途絶えさせないために。(2019.3.21)


参考 「ネアンデルタール人は私たちと交配した」スヴァンテ・ペーボ著 文藝春秋
   「生命40億年全史」リャード・フォーティ著 草思社
   「地球はえらい」香原知志著 福音館書店
   「地球」そのつくりと、活動のようす 評論社
   「おもしろ植物ランド」大日本図書
   「植物の生態図鑑」学研
   「身近な植物から花の進化を考える」
   「生命40億年はるかな旅」NHK出版
   「熱帯雨林を観る」講談社
   「地球環境を土からみると」農文教
   「丸善エンサイクロペディア」
   



by trust-0 | 2019-03-21 17:27 | エッセイ

2019.2.24〜26 レラの森 風の谷

◇日時 2019年2月24日〜26日
1マダケ林の脅威。かつてあったケヤキの木のひこばえは、枯れてなくなった。風の谷
f0131669_10223690.jpg
2竹置き場の杭代わりにもなるので、マダケは下から切らずに伐採。風の谷
f0131669_10245870.jpg
3-1とりあえず伐採した竹は山積み 風の谷
f0131669_10264785.jpg
3-2
f0131669_10405878.jpg
3-3わき水のある所
f0131669_10443436.jpg
4風の谷を畑側から観るとマダケが減ったことが分かる 
f0131669_10281939.jpg
5-1風の谷にアリがいた。卵を運んでいるのかな 
f0131669_10304063.jpg
5-2
f0131669_10315954.jpg
6キタテハ 隣の荒れ地
f0131669_10324158.jpg
7ムラサキケマン 風の谷
f0131669_10332141.jpg
8ジロボウエンゴサクの芽生え レラの森
f0131669_10335952.jpg
9ウグイスカグラ レラの森
f0131669_10350510.jpg
10ゴンズイの冬芽
f0131669_10361455.jpg
11レラの森下のマダケ林ではスギの木が枯れているので、階段用に切る
f0131669_10365951.jpg
12レラの森下マダケ林
f0131669_10382177.jpg
13ウスタビガ レラの森
f0131669_10392897.jpg
14トチノキの冬芽 風の谷奥のモウソウチク林にトチノキを植えた
f0131669_10401184.jpg
15風の谷奥のモウソウチク林
f0131669_10461593.jpg
16ヤママユ レラの森
f0131669_10482361.jpg
17サイハイラン
f0131669_10501432.jpg
18マンリョウ
f0131669_10504405.jpg
19ヤマコウバシ冬芽
f0131669_10540910.jpg
20レラの森にサークル落ち葉ため 周りに太い木を置き中に落ち葉や小枝を入れる カブトムシの幼虫の越冬場所にもなる レラの森に現在4カ所あり
f0131669_10525649.jpg
21レラの森
f0131669_10553991.jpg
22隣の杉林 メガソーラーは設置されなくなった
f0131669_10570922.jpg
23隣の林は木を伐採してそのままの状態
f0131669_10594239.jpg
2019年2月24日 茨城大学の山村先生がレラの森のアズマネザサを刈ってくださった。感謝♪ 電動の草刈り機も見せていただいた。人が入ることで里山の森は元気になっていく。

by trust-0 | 2019-03-19 11:05 | 水戸

2019.3.18 岩殿

◇日時 2019年3月18日
◇天気 晴れ
◇場所 東松山市岩殿地区
◇参加者 4名
◇打合せメモ 本の紹介 雑草大鑑 植物の生活型の話 日本の固有植物 自然のABC
◇鳥 ウグイス ガビチョウ ノスリ
◇生きもの キタキチョウ テングチョウ ルリタテハ ビロードツリアブ 調査範囲外トウキョウサンショウウオの卵塊
◇開花植物 オオイフノフグリ オランダミミナグサ ナズナ ミチタネツケバナ カキドオシ ノジスミレ ヒメカンスゲ カワヤナギ ムラサキサギゴケ クサボケ ゲンゲ  
1
f0131669_08575887.jpg
2オランダミミナグサ 
f0131669_08594886.jpg
3オオイヌノフグリ
f0131669_09002755.jpg
4キツネアザミのロゼット
f0131669_09011189.jpg
5ハハコグサ
f0131669_09014055.jpg
6オニタビラコのロゼット
f0131669_09022652.jpg
7テングチョウ 食草エノキ
f0131669_09025977.jpg
8オオイノフグリにお客さん
f0131669_09032279.jpg
9ミチタネツケバナ
f0131669_09040041.jpg
10
f0131669_09042395.jpg
11ヤエムグラ
f0131669_09050287.jpg
12カナムグラの芽生え
f0131669_09054787.jpg
13-1フユノハナワラビ
f0131669_09063439.jpg
13-2
f0131669_09065203.jpg
14-1カキドオシ
f0131669_09074573.jpg
14-2
f0131669_09080638.jpg
15ゲンゲ
f0131669_09084589.jpg
16
f0131669_09091085.jpg
17ノジスミレ
f0131669_09093969.jpg
18キタテハ 食草カナムグラ
f0131669_09100748.jpg
19-1シュンランにお客さん セイヨウミツバチかな
f0131669_09105251.jpg
19-2
f0131669_09111404.jpg
19-3
f0131669_09123922.jpg

20テーダマツの芽生え
f0131669_09165682.jpg
21ムラサキシキブの冬芽
f0131669_09190388.jpg
22アマチャヅル
f0131669_09212782.jpg
23林と田畑のコラボは生きものたちの住処も確保してくれる
f0131669_09245416.jpg
24ヒメカンスゲ
f0131669_09253498.jpg
25シロマダラ 山地から平野まで様々な環境に生息。夜行性。死んで木にぶら下がっていた。どんなドラマがあったのかな?

f0131669_09261164.jpg
26センニンソウ
f0131669_09270380.jpg
27ダイコンソウ
f0131669_09280145.jpg
28-1カワヤナギ
f0131669_09292144.jpg
28カワヤナギ雌花
f0131669_09294253.jpg
28-3カワヤナギ雄花
f0131669_09300979.jpg
28-4若葉の縁は裏側に巻く
f0131669_09303433.jpg
29ノハラアザミ
f0131669_09315728.jpg
30コケ
f0131669_09330726.jpg
31ドクダミの芽生え
f0131669_09334846.jpg
32ミミナグサ
f0131669_09345237.jpg
33ムラサキサギゴケ
f0131669_09360171.jpg
34セイヨウミツバチかな
f0131669_09374864.jpg
35クモ
f0131669_09384117.jpg
36クサボケ
f0131669_09395997.jpg
37マグワ
f0131669_09411865.jpg
38小さなクモ
f0131669_09415428.jpg
39ノウサギの糞
f0131669_09444475.jpg
40
f0131669_09451926.jpg
41アカシデミフクレフシ
f0131669_09455520.jpg
42アカシデメムレマツカサフシ
f0131669_09464588.jpg
43トウキョウサンショウウオの卵塊
f0131669_09471843.jpg
44こんな環境が大切
f0131669_09474127.jpg
16時30分終了。後日メンバーから素敵な写真が送られてきた。感謝♪
45ノスリ 朝一番に上空を舞っていた 
f0131669_08313959.jpg
46ビロードツリアブ 春の使者、この時期しか観られない 
f0131669_08292170.jpg
気持ちの良い暖かな一日、生きものたちに春が来たことを教えてもらった。

by trust-0 | 2019-03-18 22:27 | 岩殿