人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018.10.30 下野田緑地

下野田緑地◇日時 2018年10月30日火曜日 15時30分〜17時◇天気 晴れ
1開発が進んでいる
f0131669_21293425.jpg
2ブタナ ヨーロッパ原産 
f0131669_21422415.jpg
f0131669_21424252.jpg
3アメリカオニアザミ ロゼット
f0131669_21432373.jpg
4タンポポ ロゼット
f0131669_21440103.jpg
5アレチニシキソウ コニシキソウのように葉に斑点がない 実に毛も少ない
f0131669_21450890.jpg
f0131669_21452642.jpg
6メマツヨイグサ ロゼツト 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_21461374.jpg
7セイヨウタンポポ ヨーロッパ原産 
f0131669_21470048.jpg
8セイバンモロコシ群生/セイバンモロコシ 地中海地域原産 1945年前後に関東地方で確認される
f0131669_21480948.jpg
f0131669_21482795.jpg
f0131669_21485079.jpg
9コセンダングサ 熱帯アメリカ原産 江戸時代に渡来
f0131669_21492358.jpg
10ハエの仲間
f0131669_21495333.jpg
11アキノノゲシ
f0131669_21502632.jpg
12ヒメオドリコソウ ヨーロッパ原産 明治中期の1893年東京で確認された
f0131669_21511279.jpg
13アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21514619.jpg
14キュウリグサ ロゼット
f0131669_21522127.jpg
15下野田緑地
f0131669_21531538.jpg
16ハエの仲間
f0131669_21534788.jpg
17チョウゲンボウが止まっていた
f0131669_21545130.jpg
18ヒメジョオン 北アメリカ原産 江戸時代末期に観賞用として導入 若い苗は食べられる
f0131669_21552741.jpg
19ムラサキツメクサ ヨーロッパ原産
f0131669_21555517.jpg
20アレチヌスビトハギ 北アメリカ原産
f0131669_21571695.jpg
f0131669_21573309.jpg
21ヒメムカシヨモギ 明治初期に帰化 花の舌片は白色、先は浅く2裂
f0131669_21580587.jpg
22ガの仲間
f0131669_21583611.jpg
23セイヨウカラシナ 
f0131669_21590695.jpg
24ヘラオオバコ ロゼット ヨーロッパ原産 江戸時代末期に渡来
f0131669_21594504.jpg
25コメツブツメクサ ヨーロッパから西アジアにかけて原産 
f0131669_22001820.jpg
26メマツヨイグサ 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_22010372.jpg
27ヒメムカシヨモギ 北アメリカ原産
f0131669_22015502.jpg
28キツネアザミ ロゼット
f0131669_22023602.jpg
29ノボロギク ヨーロッパ原産 明治初期に帰化
f0131669_22031636.jpg
30サッカースタジアムが遠くに見える
f0131669_22041718.jpg
31アメリカオニアザミの実 ヨーロッパ原産 昭和20年代以降、物資の交流により分布を広げた
f0131669_22050911.jpg
32この風景も見納め、次に来たときには建物が建っているだろう
f0131669_22053411.jpg
33ユウゲショウ 熱帯アメリカ原産 明治年間花卉として導入
f0131669_22065917.jpg
34はじめて見た花
f0131669_22074512.jpg
f0131669_22080330.jpg
35夕焼けがきれいだった
f0131669_22083450.jpg
西武地区には多いがここでは、少ないブタナはどんな運命をたどるのだろうか。開発で全てが消えるのだろうか。

by trust-0 | 2018-10-30 22:49 | モニタリング調査

2018.10.28 岩殿

◇日時 2018年10月28日 日曜日 9時30分高坂→青木の入り16時51分
◇天気 晴れ
◇参加者 4名
◇打合せメモ 11/18観察会実施 カシワのドングリの粉は1.5キロで1万円で買えるとのこと岩殿の地質について セメントを作る場合岩殿の砂岩が必要だった。
◇鳥 ガビチョウ モズ ハクセキレイ
◇生きもの アシグロツユムシ ツチイナゴ  アキアカネ イトトンボの仲間 ヤマシシジミ カナヘビ ルリハムシ オオカマキリ コカマキリ オンブバッタ
◇クモ ジョロウグモ ドヨウオニグモ スジアカハシリグモ その他
C地区
1ヒメクグ
f0131669_09223816.jpg
2ミズガヤツリ
f0131669_09244833.jpg
3ヤノネグサ
f0131669_09251975.jpg
4ハシカグサ
f0131669_09254763.jpg
5イヌコウジュ
f0131669_09261819.jpg
6ベニバナボロギク
f0131669_09265391.jpg
7ヌカキビ
f0131669_09272222.jpg
8アオミズ
f0131669_09275309.jpg
9スズメウリの実
f0131669_09282989.jpg
10アメリカタカサブロウ
f0131669_09290278.jpg
11イヌタデ群落
f0131669_09292918.jpg
12ヒメジソ
f0131669_09310091.jpg
13クサギの実が色づいて 沼の風景に彩り
f0131669_09313132.jpg
14コミカンソウの実
f0131669_09324516.jpg
15ムラサキシキブの実
f0131669_09340443.jpg
16トキンソウ
f0131669_09345083.jpg
トキンソウ 両性花と雌花
f0131669_09350679.jpg
17イヌビユ 葉の先がへこんでいる
f0131669_09355247.jpg
18ヒデリコの群生
f0131669_09361561.jpg
19アキノウナギツカミ
f0131669_09364729.jpg
20ヒデリコ
f0131669_09374832.jpg
21タネツケバナ
f0131669_09384103.jpg
22トキワハゼ
f0131669_09392048.jpg
トキワハゼ 花冠上唇側から写す
f0131669_09394370.jpg
23アゼトウガラシ
f0131669_09405356.jpg
24ノミノフスマ
f0131669_09415129.jpg
25ヤマハッカ
f0131669_09424106.jpg
26タマガヤツリ
f0131669_09430983.jpg
27ボントクタデ
f0131669_09434271.jpg
28斜面
f0131669_09440800.jpg
29チゴユリの実
f0131669_09451512.jpg
30コウヤボウキ
f0131669_09445121.jpg
31コナスビ
f0131669_09460886.jpg
昼休憩をはさみ F地区
32
f0131669_09475998.jpg
33コメナモミ
f0131669_09490297.jpg
コメナモミ 総苞片には腺毛がある
f0131669_09492182.jpg
34ウシハコベ
f0131669_09495600.jpg
35赤い色のケチヂミザサ
f0131669_09503558.jpg
36ミゾソバは場所によって花の色が違っていた
f0131669_09513698.jpg
f0131669_09520222.jpg
37カナムグラの実
f0131669_09530173.jpg
38ヤノネグサの草紅葉
f0131669_09534117.jpg
39ノダケ 花の後 未熟な果実の集まり
f0131669_09540971.jpg
40アキノタムラソウ
f0131669_09545227.jpg
41スイカズラの実
f0131669_09552640.jpg
42イボタノキの実
f0131669_09555566.jpg
H地区へ
43カニクサ つる性のシダ 胞子囊をつけた裂片部分
f0131669_09565320.jpg
44ヌスビトハギの実
f0131669_09582801.jpg
45キツネノマゴ
f0131669_09585603.jpg
46チヂミザサ 柱頭が見える
f0131669_09593932.jpg
47ミズヒキ
f0131669_10000995.jpg
48フユノハナワラビ 裸葉と栄養葉(胞子囊穂)
f0131669_10003949.jpg
胞子囊穂につく丸い胞子囊群
f0131669_10005878.jpg
49
f0131669_10014393.jpg
50アカネ
f0131669_10021562.jpg
51ゴンズイの実 種子が落ちてしまった後の肉質の果皮
f0131669_10025726.jpg
52手前と後ろの葉の様子が違う
f0131669_10032637.jpg
53
f0131669_10042096.jpg
54コシロノセンダングサ
f0131669_10045678.jpg
A地区へ
55ヒメヒラテンツキ
f0131669_10054971.jpg
56カワラスガナ
f0131669_10061862.jpg
57ヌメリグサ
f0131669_10064932.jpg
58コアゼガヤツリ
f0131669_10072548.jpg
59ミゾソバ ピンク色できれい
f0131669_10080687.jpg
60ヤノネグサ
f0131669_10084861.jpg
61イチョウウキゴケ
f0131669_10092751.jpg
B地区へ
62サヤヌカクサ 節に毛あり
f0131669_10105987.jpg
f0131669_10111684.jpg
63ユウガギク
f0131669_10115843.jpg
64チカラシバ 針状の毛に包まれた小穂
f0131669_10122941.jpg
65キカシグサ 蕚に包まれた果実
f0131669_10130061.jpg
66コナギ
f0131669_10133173.jpg
67カントウヨメナ
f0131669_10140339.jpg
68ツユクサ
f0131669_10143285.jpg
69ノハラアザミ
f0131669_10153240.jpg
70イヌビエ 葉のふちが白い
f0131669_10163857.jpg
f0131669_10165526.jpg
D地区
71ミゾソバ群落
f0131669_10174763.jpg
72ダイコンソウ
f0131669_10181907.jpg
73スミレ属
f0131669_10185376.jpg
E地区
74トダシバ
f0131669_10193759.jpg
75アメリカイヌホオヅキ
f0131669_10201481.jpg
76アイ
f0131669_10204220.jpg
77ワレモコウ
f0131669_10211399.jpg
青木の入りに向かう途中の道で
78スミレ属
f0131669_10220583.jpg
f0131669_10222442.jpg
79雑種タンポポ 痩果と冠毛
f0131669_10225222.jpg
青木の入り
80
f0131669_10233012.jpg
81
f0131669_10235664.jpg
82シロツメクサ
f0131669_10242980.jpg
83イヌタデ
f0131669_10250354.jpg
84ナズナ
f0131669_10253415.jpg
85イヌガラシ
f0131669_10260608.jpg
日暮れが早くなった。季節の移ろいを感じた。

by trust-0 | 2018-10-29 08:25 | 岩殿

2018.10.15〜17

前日にコープみらいフェスタのイベントが終わったので、やっと水戸に来た。最近は忙しく水戸にいる時間が静かで事務処理もなくある意味良い時間。
今年から少し植物を保護し、選択的除草を心がけたらユウガギクがいい感じで咲いていた。
レスト
1ユウガギク
f0131669_22170328.jpg
f0131669_22185402.jpg
f0131669_22192925.jpg
2イヌタデ
f0131669_22195888.jpg
3クコ
f0131669_22203034.jpg
4アシボソにアブラムシ 
f0131669_22210919.jpg
フォント
5シュレーゲルアオガエル 
f0131669_22212928.jpg
6ヤブミョウガの実
f0131669_22231392.jpg
7ツリフネソウがたくさん咲いていた
f0131669_22235704.jpg
8タイアザミ 小泉さん側に咲いていた
f0131669_22244084.jpg
9ヒヨドリバナ 小泉さん側に咲いていた
f0131669_22253242.jpg
フォントからレラの森に向かう畑
10スカシタゴボウ 撮影場所 畑
f0131669_22263261.jpg
レラの森
11イヌガラシ
f0131669_22271251.jpg
12レラの森入り口 9月に草を刈ったので奥までよく見えた
f0131669_22282213.jpg
13アシの取れたイオウイロハシリグモ
f0131669_22290366.jpg
14
f0131669_22292695.jpg
15レラの森にもツリフネソウ
f0131669_22300777.jpg
16クリが落ちていた 栗おこわにしたら、なかなか美味しかった
f0131669_22310532.jpg
17ヤブランの実
f0131669_22314681.jpg
18カラタチバナの実
f0131669_22322163.jpg
19サイハイラン
f0131669_22324008.jpg
20サンショの実
f0131669_22332498.jpg
21ツチグリ
f0131669_22335169.jpg
22
f0131669_22341247.jpg
f0131669_22342914.jpg
23台風の被害で八幡様が倒れていた 近いうちに石の八幡様に変えたい
f0131669_13363681.jpg
24レラの森
f0131669_13521127.jpg
f0131669_13524686.jpg
25コウヤボウキ
f0131669_13531901.jpg
26ノガリヤス
f0131669_13535039.jpg
27カントウヨメナ
f0131669_13542443.jpg
28イヌコウジュ ガクがとがっている
f0131669_13581969.jpg
29アメリカイヌホオヅキ
f0131669_13585599.jpg
f0131669_13591566.jpg
30ノイバラの実
f0131669_13594574.jpg
31ミヤマヨメナ
f0131669_14002279.jpg
32イトトンボの仲間
f0131669_14010130.jpg
33クモ
f0131669_14015804.jpg
34アキアカネかな
f0131669_14023135.jpg
35クモ
f0131669_14030283.jpg
36ミゾソバの花の色はいろいろ
f0131669_14034324.jpg
f0131669_14040349.jpg
f0131669_14042311.jpg
37ノハラアザミ
f0131669_14045761.jpg
38ヒメムカシヨモギのロゼット
f0131669_14053521.jpg
39キュウリグサのロゼット
f0131669_14061000.jpg
40ボントクタデ
f0131669_14065743.jpg
41アオミズ
f0131669_14073189.jpg
42ノダケ
f0131669_14080110.jpg
43
f0131669_14082803.jpg
44アメリカセンダングサ
f0131669_14090575.jpg
45ツリフネソウはフォントとレラの森と下の道の三カ所に咲いていた
f0131669_14101368.jpg
46
f0131669_14103653.jpg
47イヌタデ
f0131669_14111380.jpg
48アキノウナギツカミ
f0131669_14115009.jpg
49クサギの実
f0131669_14122401.jpg
50キノコ
f0131669_14124991.jpg
f0131669_14130809.jpg
51ヒメジョオン
f0131669_14134139.jpg
52オオジシバリ
f0131669_14141186.jpg
53ノシメトンボ
f0131669_14144538.jpg
54アキノキリンソウ
f0131669_14151758.jpg
55キバナアキギリにスジアカハシリグモ
f0131669_14175366.jpg
56シラヤマギク
f0131669_14182482.jpg
57ヌスビトハギの実
f0131669_14185835.jpg
58以前はセイタカアワダチソウの群生地だったが、今はクズが群生
f0131669_14195278.jpg
f0131669_14201441.jpg
59ミズヒキ
f0131669_14204020.jpg
昨年までは年4回ほど水戸に来ていたが、今年度から毎月来ることを目標にした。植物や生きものの変化が観察出来て楽しい♬

by trust-0 | 2018-10-22 22:34 | 水戸

2018.10.10向小学校

1アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21540139.jpg
2シャリンバイ
f0131669_21544561.jpg
f0131669_21550256.jpg
3
f0131669_21552305.jpg
f0131669_21554067.jpg
4ドングリを拾った
f0131669_21561462.jpg
5ヤマトシジミ
f0131669_21565992.jpg
6セセリチョウの仲間
f0131669_21573958.jpg
7
f0131669_21582873.jpg
8アカカタバミ
f0131669_21590108.jpg
9セイタカアワダチソウ
f0131669_22005742.jpg
10
f0131669_22013825.jpg


by trust-0 | 2018-10-22 22:02 | モニタリング調査

2018.10.9 ルーテル学院 

浦和大学でクヌギのドングリを拾った。
1大崎公園の駐車場
f0131669_21063689.jpg
2コセンダングサ
f0131669_21081035.jpg
3ナナホシテントウ
f0131669_21083397.jpg
4セイタカアワダチソウ
f0131669_21102022.jpg
5
f0131669_21104688.jpg
6
f0131669_21112381.jpg
7マメアサガオ
f0131669_21115977.jpg
f0131669_21121333.jpg
f0131669_21123624.jpg
8マルバルコウソウ
f0131669_21125773.jpg
9ルーテル学院
f0131669_21133396.jpg
10オオイヌノフグリ
f0131669_21153784.jpg
11ヒルザキツキミソウ
f0131669_21160391.jpg
12ハゼラン 別名サンジソウ
f0131669_21165913.jpg
13シロバナセンダングサ
f0131669_21181498.jpg
f0131669_21185546.jpg
14セイタカアワダチソウが元気
f0131669_21192422.jpg
15アメリカオニアザミ
f0131669_21201078.jpg
16オオニシキソウ
f0131669_21210736.jpg
17アメリカセンダングサ
f0131669_21214990.jpg
18メドウセージ
f0131669_21221713.jpg
19ホシホウジャクが飛んでいた
f0131669_21232829.jpg


by trust-0 | 2018-10-22 21:26 | モニタリング調査

ベルダの植物たち 2018年10月

10/1今日は調査の1日目、メモ取りが主なので写真は少なめ
1ハナタデ T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06324440.jpg
2シロバナサクラタデ T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06342401.jpg
3ミョウガ T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06350717.jpg
4クサギの実 T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06355338.jpg
5コミカンソウ 福畑 撮影2018.10.1
f0131669_06370698.jpg
6メナモミ F地区 撮影2018.10.1
f0131669_06375054.jpg
7シラヤマギク F地区 撮影2018.10.1
f0131669_06384567.jpg
8ヤマハッカ M地区 撮影2018.10.2
f0131669_06395447.jpg
9ミゾソバ M地区 撮影2018.10.2
f0131669_06403021.jpg
10ミズワラビ Jさんの畑 メンバーが農薬をまかないでとお願いした成果 撮影2018.10.9
f0131669_06580518.jpg
111213141516171819

by trust-0 | 2018-10-18 06:41 | ベルダ

2018.9.30 見沼田んぼ 自然観察大学

台風接近の中なのに曇り空。ある意味天気に恵まれた観察会だった
1サルビア ブラジル原産 蜜が多い ハチドリが訪れる
f0131669_23184073.jpg
2ベコニア雄花
f0131669_23223775.jpg
3ベコニア雌花 花びら3枚 ガクが2枚
f0131669_23225676.jpg
4ペンタス アフリカ原産 蜜のある所まで2cmあり
f0131669_23241264.jpg
5セスジスズメ幼虫
f0131669_23252391.jpg
6
f0131669_23255529.jpg
7カナムグラ雄花
f0131669_23263269.jpg
8ルリハムシ
f0131669_23280015.jpg
9ハグロハバチかな
f0131669_23284067.jpg
10ハグロハバチ幼虫
f0131669_23292545.jpg
11解説
f0131669_23301143.jpg
12アメリカシロヒトリの幼虫
f0131669_23305241.jpg
13
f0131669_23312362.jpg
14ヒユ
f0131669_23315042.jpg
f0131669_23321452.jpg
15カシワの2度伸び
f0131669_23331161.jpg
16キマダラカメムシ
f0131669_23334689.jpg
17コケ
f0131669_23341672.jpg
f0131669_23343257.jpg
18きのこ
f0131669_23350533.jpg
19
f0131669_23354485.jpg
f0131669_23361579.jpg
20オオスカシバの幼虫 クチナシの葉にいた
f0131669_23371791.jpg
21フェアリーリング
f0131669_23374108.jpg
22ガの仲間
f0131669_23382616.jpg
23オニグモの幼体 2年かかって成体になる
f0131669_23393432.jpg
24ヤマノイモ
f0131669_23395971.jpg
25イボクサ
f0131669_23402961.jpg
26
f0131669_23405613.jpg
27ウスカワマイマイ
f0131669_23413113.jpg
28カゼクサ
f0131669_23420371.jpg
29説明 イイギリ
f0131669_23424335.jpg
30
f0131669_23432635.jpg
31
f0131669_23440041.jpg
32ガ
f0131669_23442947.jpg
33チャコウラナメクジ (伊藤舜氏同定)
f0131669_23445641.jpg
34
f0131669_23452211.jpg
35
f0131669_23454199.jpg
36
f0131669_23460730.jpg
37
f0131669_23463265.jpg
38
f0131669_23465940.jpg
f0131669_23472340.jpg
39アゼガヤ
f0131669_23475219.jpg


by trust-0 | 2018-10-04 23:48 | 研修