<   2018年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2018.7.26下野田緑地

◇日時 2018年7月26日 17時から18時30分
◇場所 6577 美園駅西側
◇天気 晴れ
◇記録した帰化植物 アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アレチヌスビトハギ イヌムギ オオブタクサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ シマスズメノヒエ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ チチコグサモドキ ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ヒメジョオン ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨウグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ 
久しぶりに気温が下がったので、調査に出かけた。こんなにたくさんのアメリカオニアザミは初めてだった。昔田んぼで造成したところで、セイバンモロコシやヒメムカシヨモギも多かった。

1今後何が出来るのだろうか
f0131669_15314578.jpg
2セイバンモロコシ
f0131669_15363279.jpg
f0131669_15325912.jpg
f0131669_15331656.jpg
3アメリカオニアザミ
f0131669_15334740.jpg
f0131669_15395238.jpg
f0131669_15403267.jpg
4アメリカオニアザミにお客さん
f0131669_15342518.jpg
5アメリカオニアザミの種
f0131669_15352732.jpg
6シマスズメノヒエ
f0131669_15375959.jpg

7ここの緑地は帰化植物が多かった
f0131669_15390714.jpg
8遠くにサッカー場が見える
f0131669_15410606.jpg
9ムラサキツメクサにお客さん
f0131669_15414725.jpg
10露頭
f0131669_15423590.jpg
11セセリチョウの仲間
f0131669_15430533.jpg
12
f0131669_15433497.jpg
アメリカオニアザミは、ロゼットから小さい背丈(多分草刈り後に出たと思われるもの)もの大きいものいろいろあった。


by trust-0 | 2018-07-28 15:55 | モニタリング調査

2018.7.19ルーテル学院

◇日時 2018年7月19日 8時45分〜10時30分
◇天気 晴れ 暑い日だった大崎公園の駐車場に車を止める
◇確認した帰化植物 アメリカオニアザミ アメリカセンダングサ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ キクイモ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ ダンドボロギク ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ノボロギク ハキダメギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ ヘラオオバコ ホソアオゲイトウ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ヨウシュヤマゴボウ 
1ユウゲショウが咲いていた
f0131669_22052405.jpg
2ムクドリの大群がミズキの実を食べに
f0131669_22062609.jpg
3カラスウリの実
f0131669_22072058.jpg
4ノブドウ
f0131669_22083324.jpg
5
f0131669_22092384.jpg
6ノボロギク
f0131669_22095999.jpg
7オッタチカタバミ
f0131669_22103391.jpg
8コニシキソウ
f0131669_22114499.jpg
9ルーテル学院
f0131669_22121711.jpg
10サボテンが自生していた
f0131669_22125597.jpg
11ヒルザキツキミソウにヤマトシジミ
f0131669_22140834.jpg
12セイバンモロコシ
f0131669_22152938.jpg
13オオシオカラトンボ♀
f0131669_22164903.jpg
14メマツヨイグサ
f0131669_22182701.jpg
15
f0131669_22203072.jpg
16ムシトリナデシコ べたつかなかった
f0131669_22210752.jpg
17この植物は初めて見た 触ると茎がべたべたしていた その手をなめると苦かった
f0131669_22224287.jpg
f0131669_22230340.jpg
暑くて途中、浦和大学で飲み物を飲んで一息入れた。

by trust-0 | 2018-07-24 22:41 | モニタリング調査

2018.7.16 岩殿

◇日時 2018年7月16日 月曜日 9時30分から17時
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇打ち合わせメモ ワラビは取らないと減ってしまう 夏場に刈る
◇鳥 ウグイス ホトトギス ガビチョウ 
◇生きもの ニイニイゼミ キチョウ コミスジ モンシロチョウ コシアキトンボ ヒグラシ
◇花の咲いていた植物(場所)△帰化植物 アキノウナギツカミ(GH) アキノタムラソウ(CFI) △アメリカイヌホオズキ(CGAD) △アメリカタカサブロウ(CF) イヌテダ(CHA) ウシハコベ(GH) △ウラジロチチコグサ(青) オオチドメ(CIA) オオバギボウシ(CI) オカトラノオ(C) オトギリソウ(C) オニチビラコ(C) オニドコロ(C) △オニノゲシ(C) オヒシバ(C) オヘビイチゴ(E) カントウヨメナ(I) キツネノマゴ(C) クサイ(C) ケキツネノボタン(CIAE青) ケチチミザサ(C) コアゼガヤツリ(A) コウガイゼキショウ(C) コケオトギリ(C) △コニシキソウ(C) コマツナギ(C) ザクロソウ(C) サジガンクビソウ(CI) △雑種タンポポ(C) サヤヌカクサ(IA) △シロツメクサ(青) スズメノテッポウ(CA) セリ(CHIAD) ダイコンソウ(I) タイヌビエ(C) チタケサシ(I) ツユクサ(CFA青) トキワハゼ(C) ドクダミ(CI) ナガバハエドクソウ(C) ニガナ(C) ヌマトラノオ(FIADE) ネムノキ(F) △ハキダメギク(C) ハナイバナ(C) ハハコグサ(C) △ヒメジョオン(CFHIE青) ヒメミカンソウ(C) ヒメヤブラン(C) ヘクソカズラ(H)ベニバナボロギク(C) ホタルイ(A) ママコノシリヌグイ(HI) ミズタマソウ(FI) ミズヒキ(FGH) ミゾカクシ(A) ミゾソバ(FGI) ミツバ(I)ムラサキサギゴケ(IA) メヒシバ(CFI) ヤブミョウガ(F) ヤブラン(D) ヤマユリ(CI) ユウガギク(I) △ユウゲショウ(青) △ヨウシュヤマゴボウ(青)
1オオバギボウシ
f0131669_19574147.jpg
f0131669_20003408.jpg
2ヌマトラノオ
f0131669_19595893.jpg
3とても暑い日で熱中症にならないように、気を使いながらの調査だった
f0131669_20011044.jpg
4オトギリソウ
f0131669_20031927.jpg
f0131669_20035588.jpg
5キツネノマゴ
f0131669_20045363.jpg
6ヒメヤブラン
f0131669_20055332.jpg
7コウガイゼキショウ
f0131669_20072694.jpg
8ミゾカクシ
f0131669_20080379.jpg
9サジガンクビソウ キク科
f0131669_20084989.jpg
10ベニバナボロギク
f0131669_20093223.jpg
11オニドコロ雌株  ヤマノイモ科 雌雄異株 雌花序は垂れ下がる
f0131669_20120281.jpg
f0131669_20124755.jpg
12コマツナギ
f0131669_20132911.jpg
f0131669_20135324.jpg
13ミズタマソウ
f0131669_20144370.jpg
f0131669_20151035.jpg
14アキノタムラソウ
f0131669_20154535.jpg
15ミゾソバ
f0131669_20162889.jpg
16セリ
f0131669_20171300.jpg
17ミズヒキ
f0131669_20180883.jpg
18イヌタデ
f0131669_20184723.jpg
19ダイコンソウ
f0131669_20192610.jpg
20ヤマユリ
f0131669_20202005.jpg
f0131669_20204976.jpg
21シュンランの実
f0131669_20213367.jpg
22ユウガギク
f0131669_20222199.jpg
23ムラサキサギゴケ
f0131669_20230012.jpg
24コアゼガヤツリ
f0131669_20232788.jpg
25ホタルイ
f0131669_20241376.jpg
26ヤブラン
f0131669_20250730.jpg
27ミズキの実
f0131669_20254370.jpg
28ケキツネノボタン
f0131669_20262966.jpg
ヌマトラノオ、ヒメヤブラン、コマツナギなどが増えたように思う。17時に終了。

by trust-0 | 2018-07-17 19:18 | 岩殿

上野田氷川神社周辺 動植物記録

埼玉県の見沼田んぼにある斜面林を調査している
1上野田氷川神社 撮影2018.7.12
f0131669_22312346.jpg
2ゴマダラチョウ 撮影2018.7.11 トラスト協会事務局長視察の折に
f0131669_22342744.jpg
f0131669_22344443.jpg
3アブの仲間 撮影2018.7.11
f0131669_22353247.jpg
4落ちていた繭 大きさは5.5cm×2.7cm 振ると中に入っている音がした 撮影2018.7.11
f0131669_22355796.jpg
植生調査第1回
◇日時 2018年7月12日 木曜日 12時30分〜14時20分
◇この日確認した植物で胸高直径の大きかったもの サカキ シラカシ ケヤキ クヌギ ヒノキ カワヤナギ マグワ ソメイヨシノ エゴノキ ムクノキ ミズキ コナラ モミ イヌシデ 
◇確認した生きもの ウズグモ ハグロトンボ ナミアゲハ シオヤアブ ヒメウラナミジャノメ キタテハ アオスジアゲハ ナガコガネグモ ヒメアカタテハ 
◇確認した植物 156種
5ニホンカナヘビ お腹が大きかった 撮影2018.7.12 
f0131669_22380585.jpg
6撮影2018.7.12
f0131669_22390239.jpg
7見沼代用水東縁
f0131669_22395497.jpg
8ニイニイゼミの抜け殻
f0131669_22412510.jpg
9ヤマトカナエグモの卵のう? 撮影2018.7.12
f0131669_22421110.jpg
10カヤの木肌 撮影2018.7.12
f0131669_22431593.jpg
11調査風景 撮影2018.7.12
f0131669_22435636.jpg
12ヤブマオ 撮影2018.7.12
f0131669_22443309.jpg
2018.8.31久しぶりに上野田斜面林を訪れた
13 撮影2018.8.31
f0131669_22094837.jpg
f0131669_22100634.jpg
14イチモンジセセリ 撮影2018.8.31
f0131669_22105444.jpg
15トンボ 撮影2018.8.31
f0131669_22114248.jpg
16ヤブラン 撮影2018.8.31
f0131669_22121630.jpg
17ジョロウグモ 撮影2018.8.31
f0131669_22133281.jpg
18セミのヌケガラ 撮影2018.8.31
f0131669_22142750.jpg
19何の実 撮影2018.8.31
f0131669_22151838.jpg
f0131669_22153822.jpg
20アブの仲間 撮影2018.8.31
f0131669_22163780.jpg

21ギンツバメ 撮影2018.8.31
f0131669_22173517.jpg
22スズメウリ 撮影2018.8.31
f0131669_22180924.jpg
23スズメウリに小さなアリ 撮影2018.8.31
f0131669_22185709.jpg
24ヒメウラナミジャノメ 撮影2018.8.31
f0131669_22194083.jpg
25ハエドクソウ 撮影2018.8.31
f0131669_22201936.jpg
26だれかな 撮影2018.8.31
f0131669_22210698.jpg
27クズの茎に不思議な生き物が 撮影2018.8.31
f0131669_22222732.jpg
28アズチグモ 撮影2018.8.31
f0131669_22230717.jpg
29ツユクサ 撮影2018.8.31
f0131669_22234373.jpg
30カメムシの仲間 撮影2018.8.31
f0131669_22242220.jpg
31だれかな 撮影2018.8.31
f0131669_22245441.jpg
32アザミ 根生葉はなかった 撮影2018.8.31
f0131669_22263042.jpg
33ヒラタアブ 撮影2018.8.31
f0131669_22270328.jpg
34サトキマダラヒカゲ 撮影2018.8.31
f0131669_22275084.jpg
35なにかな トンボ撮影2018.8.31
f0131669_22283512.jpg
36アザミの仲間 撮影2018.9.13
f0131669_11053060.jpg
37撮影2018.9.13
f0131669_11055667.jpg
f0131669_11062997.jpg
38ヌスビトハギ 撮影2018.9.13
f0131669_11072226.jpg
39イチモンジセセリ 撮影2018.9.13
f0131669_11080381.jpg
40ハエドクソウ 撮影2018.9.13
f0131669_11084087.jpg
41ジヨロウグモ 撮影2018.9.13
f0131669_11091930.jpg
42ヒガンバナ 撮影2018.9.13
f0131669_11095218.jpg
43ツルボ  撮影2018.9.13
f0131669_11103877.jpg
44ツユクサ 撮影2018.9.13
f0131669_11111382.jpg
454647484950

by trust-0 | 2018-07-12 23:00 | 斜面林

2018.7.5 谷田公民館

◇6534
◇日時 2018年7月5日 9時10分〜11時20分 
◇天気 くもり時々雨
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アメリカフウロ アレチギシギシ イヌムギ イモカタバミ ウラジロチチコグサ(群生) オオキンケイギク オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コバンソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ ナガミヒナゲシ ハキダメギク ハゼラン ハルジオン ハルシャギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ(群生) メマツヨイグサ ユウゲショウ(群生) ヨウシュヤマゴボウ ワルナスビ 33種
1ハルシャギク キク科 北アメリカ原産
f0131669_06354692.jpg
2
f0131669_06362812.jpg
3ミチタネツケバナ
f0131669_06393289.jpg
4ヘクソカズラ 花が2種類あった
f0131669_06402074.jpg
f0131669_06411447.jpg
5谷田公民館
f0131669_06423877.jpg
6ヒメイワダレソウ クマツヅラ科 イワダレソウ属
f0131669_06435490.jpg
7コマツヨウグサ アカバナ科 北アメリカ原産 こんな隙間にしっかりと根付いていた
f0131669_06474935.jpg
8ユウゲショウの群落
f0131669_06511965.jpg
9ワルナスビ 刺がすごい
f0131669_06522183.jpg
10
f0131669_06533645.jpg
11キアゲハの幼虫
f0131669_06541268.jpg
朝、車をマーケットの駐車場に停めた。戻ってきたら駐車場に入る車が順番待ちで恐縮。何も買わないのも悪いと思い買い物をした。店に入いると価格が安いことと品揃えが豊富であることが分かった。価格はどうやって決まるのだろうか。いずれ、カーボン・プライシス(CO2、プラスス価格)の時代がやってきたら、ものの値段や人の価値観はどのように変わるのだろうか。地元のマーケットより、魚は新鮮であったが、自転車で来るにはちょっと遠い。CO2のことを考えた暮らしも必要な時代がいずれやってくることだろうと思った。

by trust-0 | 2018-07-06 08:18 | モニタリング調査

2018.7.4向小学校

◇6535
◇日時2018年7月4日 9時50分〜11時20分
◇天気 くもり
◇アカボシゴマダラ
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ チチコグサモドキ ナガハギシギシ ナガミヒナゲシ ネズミムギ ハキダメギク ハルジオン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ
◇その他気づいた外来種 ヨコハママンネングサ ゴウシュアリタソウ
1コニシキソウ
f0131669_20392831.jpg
2ヤブガラシは蜜がイッパイ
f0131669_20413469.jpg
3クズの葉にコフキゾウムシ
f0131669_20423383.jpg
4向小学校
f0131669_20431893.jpg
5空き地には外来種がいっぱい
f0131669_20440717.jpg
6ウラジロチチコグサ 
f0131669_20451399.jpg
7アメリカイヌホオズキ
f0131669_20455287.jpg
8普通のお宅だが茅葺き屋根・・・思わずシャッターをおしてしまった
f0131669_20463070.jpg
この地区はおいしいパン屋さんがあったり、茅葺き屋根の家があったりと町探検のようで楽しかった。朝は涼しかったがだんだん暑くなった。

by trust-0 | 2018-07-04 21:04 | モニタリング調査

ベルダの植物たち 2018年7月

7月に入りノカンゾウが咲き出した
1セリ 撮影2018.7.3 M地区
f0131669_08420036.jpg
2ノカンゾウ 撮影2018.7.3 M地区
f0131669_08425318.jpg
f0131669_08431945.jpg
3ヒヨドリジョウゴ 撮影2018.7.3 F地区
f0131669_08450083.jpg
f0131669_08452898.jpg
4ヤマユリ 撮影2018.7.3 F地区 4本確認
f0131669_08461919.jpg
f0131669_08464237.jpg
5ヤブミョウガ 撮影2018.7.3 F地区
f0131669_08474393.jpg
Jの森したに群生しているヤブミョウガ
f0131669_08491937.jpg
6ヒルガオ 撮影2018.7.3 F地区
f0131669_08484078.jpg
7シロネ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21304259.jpg
8キツネガヤかな 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21315156.jpg
9ハエドクソウ撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21330852.jpg
10アキノタムラソウとミズヒキ
f0131669_21342726.jpg
11アキノタムラソウ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21354961.jpg
12ハンゲショウ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21371493.jpg
13タカトウダイ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21380331.jpg
14ママコノシリヌグイ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21390551.jpg
15イヌゴマ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21403189.jpg
f0131669_21405500.jpg
16チダケサシ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21413668.jpg
17ツユクサ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21423626.jpg
18オニユリ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21431462.jpg
19カントウヨメナ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21435859.jpg
20センニンソウ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21444441.jpg
21ヒメヤブラン 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15253829.jpg
22バアソブ 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15263307.jpg
f0131669_15265528.jpg
23イシミカワの実 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15274930.jpg
24スベリヒユ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18213071.jpg
f0131669_18214609.jpg
25ザクロソウ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18222400.jpg
f0131669_18224219.jpg
26ノボロギク 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18231772.jpg
27オニノゲシ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18235555.jpg
28ツユクサ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18243728.jpg
29コゴメカヤツリ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18252481.jpg
30アカバナ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18260596.jpg
31ウリクサ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18271956.jpg
32ヤブミョウガ 撮影2018.7.10F地区
f0131669_18281136.jpg
33アメリカタカサブロウ 撮影2018.7.10 エコ畑
f0131669_18292652.jpg
34アカバナ 撮影2018.7.12 F地区へ行く途中の道で 
f0131669_23133151.jpg
35マンリョウ 撮影2018.7.14 T地区
f0131669_23033648.jpg
36ヤマノイモ 撮影2018.7.14 F地区
f0131669_23043394.jpg
37サワフタギの実 撮影2018.7.14 F地区 
f0131669_23054678.jpg
38 フタバムグラ 撮影2018.7.17 エコ畑
f0131669_21165630.jpg
f0131669_21171478.jpg
39ニガクサ 撮影2018.7.17 F地区
f0131669_21181953.jpg
40バアソブの実 撮影2018.7.17 F地区
f0131669_21194512.jpg
41ヒメカヤツリ 撮影2018.7.31 M地区
f0131669_22074769.jpg
42コケオトギリ 撮影2018.7.31 M地区
f0131669_22083611.jpg
43ヒメクグ 撮影2018.7.31 M地区
f0131669_22091307.jpg
44コガマ 撮影2018.7.31 M地区 KK
f0131669_22124646.jpg

45ニガキ 撮影2018.7.31 T地区
f0131669_22095733.jpg
46ナルコビエ 撮影2018.7.31 T地区裏の入会地
f0131669_22112142.jpg
7月の記録終了

by trust-0 | 2018-07-04 08:51 | ベルダ

石垣島 2018.6.25〜29

6月25日、ANA995羽田9時20分→沖縄13時40分(座席19F外が見えない)ANA1767沖縄13時30分(13E)1時間遅れ→石垣14時40分。16時50分レンタカーで、防風林→大浜海岸 探鳥へ、カタグロトビ、エリグロアジサシ、クロサギ、オサハシブトカラス、シロハラクイナ、★リュウキュウヒヨドリなどを見た。空も海も青く、長年鳥を見ている人の会話は要注意!!シロハラは、「シロハラクイナ」、カラスは「オサハシブトカラス」予備知識なく行くと?がいっぱい。
1カタグロトビが枯れ枝に止まっていた
f0131669_09474340.jpg
2
f0131669_12010503.jpg
3
f0131669_12020962.jpg
4ガがいた 虫の数が少ないのは、暑いから
f0131669_12033451.jpg
5ハマユウ
f0131669_12041169.jpg
6クサトベラ
f0131669_12050606.jpg
7異国のゴミが打ち上げられていた
f0131669_12054294.jpg
8
f0131669_12063949.jpg
9
f0131669_12071338.jpg
10トンボ
f0131669_12075572.jpg
11カメムシ
f0131669_12083492.jpg
12
f0131669_12090952.jpg
13
f0131669_12093876.jpg
f0131669_12095519.jpg
14ハイビスカス
f0131669_12104153.jpg
15
f0131669_12111150.jpg
16
f0131669_12113393.jpg
17クロサギ 白いけどクロサギ
f0131669_12122793.jpg
18ヤドカリの仲間
f0131669_12130519.jpg
19シオマネキ
f0131669_21503471.jpg
小さいヤドカリは浜辺にたくさんいた アカショウビンはヤドカリも食べるとか 6月25日は近くの居酒屋「八重山村」で夕食

6月26日は6時30分朝食 県営バンナ公園(東京ドーム60個の広さ、標高230m)へお昼はコンビニの弁当持参 アカショウビンをスコープで見せてもらい満足 大浜海岸→石垣港→西表石垣国立公園→夕食後→バンナ公園ナイトハイク
ここからは写真番号にAをつける
A1シロオビアゲハ
f0131669_13134907.jpg
A2
f0131669_13142740.jpg
A3リュウキュウヒヨドリ
f0131669_13150048.jpg
A4オオゴマダラ
f0131669_13155788.jpg
A5ヤエヤマムラサキ
f0131669_13164572.jpg
A6チョウチョ橋
f0131669_13180600.jpg
A7オサハシブトカラス
f0131669_13184345.jpg
A8アカショウビンの後ろ姿
f0131669_13193648.jpg
A9ゴールデンシャワー
f0131669_13210128.jpg
A10
f0131669_13233512.jpg
A11島中に咲いていた ハイアワユキセンダングサ
f0131669_13242306.jpg
A12 何チョウかな バンナ公園
f0131669_13252029.jpg
A13ヤエヤマムラサキ
f0131669_13421169.jpg
A14オオゴマダラ
f0131669_13443547.jpg
A15ヤエヤマアサギマダラ
f0131669_13453623.jpg
A16カバマダラ

f0131669_13462471.jpg
A17イシガケチョウ
f0131669_13260187.jpg
f0131669_13262379.jpg
A18
f0131669_13270275.jpg
A19クワズイモの実がなっていた
f0131669_13274375.jpg
A20
f0131669_13283173.jpg
A21蝶園の看板
f0131669_13293942.jpg
f0131669_13301494.jpg
A22
f0131669_13504736.jpg
f0131669_13511070.jpg
A23
f0131669_13515345.jpg
A24ビンロウジュ
f0131669_13523646.jpg
f0131669_13531489.jpg
A25ザトウムシ
f0131669_13540509.jpg
A26
f0131669_13544509.jpg
A27
f0131669_13553993.jpg
A28ホウオウボク
f0131669_13562039.jpg
f0131669_13564539.jpg
A29
f0131669_13574497.jpg
A30
f0131669_13581922.jpg
A31
f0131669_13585207.jpg
A32
f0131669_13593264.jpg
f0131669_13594910.jpg
A33ゲットウ
f0131669_14003079.jpg
f0131669_14004951.jpg
A34クモ
f0131669_14014003.jpg
f0131669_14020413.jpg
A35
f0131669_14024883.jpg
A36
f0131669_14033458.jpg
A37ウリハムシに似ているけど
f0131669_14040703.jpg
A38
f0131669_14045899.jpg
A39ツバメシジミかな
f0131669_14054665.jpg
A40カエルに会った
f0131669_14064491.jpg
f0131669_14071163.jpg
f0131669_14073606.jpg
A41
f0131669_14082021.jpg
A42
f0131669_14090707.jpg
A43
f0131669_14093580.jpg
f0131669_14102787.jpg
A44
f0131669_14110950.jpg
A45
f0131669_14114234.jpg
A46アオバハゴロモかな
f0131669_14123050.jpg
A47
f0131669_14130344.jpg
A48
f0131669_14133447.jpg
A49
f0131669_14154466.jpg
A50
f0131669_14165902.jpg
f0131669_14172115.jpg
A51
f0131669_14175692.jpg
A52
f0131669_14181978.jpg
A53
f0131669_14184907.jpg
A54
f0131669_14192216.jpg
移動
A55
f0131669_13305637.jpg
A56
f0131669_13321316.jpg
A57
f0131669_13331578.jpg
f0131669_13334195.jpg
A58アオサギ
f0131669_13342283.jpg
A59
f0131669_13351309.jpg
f0131669_13353703.jpg
f0131669_13360650.jpg
A60オヒルギ
f0131669_13365273.jpg
A61アサギマダラ
f0131669_13373640.jpg
A62シオマネキ
f0131669_13383085.jpg
A63
f0131669_13390786.jpg
A64
f0131669_13400939.jpg
A65
f0131669_13404321.jpg
A66シロハラクイナ
f0131669_14212634.jpg
夕飯を早く食べて、夜はナイトハイク オオコウモリ リュウキュウコノハズク リュウキュウアオバズクの写真を撮ったのを見せてもらった。夜の森の気配を味わった。
6月27日、朝食を食べずに朝6時30分出発。バンナ公園→朝食→浄水場→サトウキビ畑→アカンマサッカー場→オモト岳入り口→エビ養殖場→昼食八重山そば→オモト下林道→バンナ公園→夕食
ここからはBをつける
B1
f0131669_15561731.jpg
B2
f0131669_15570438.jpg
B3
f0131669_15573345.jpg
B4チュウサギ
f0131669_15581965.jpg
B5リュウキュウチョウトンボ
f0131669_15585590.jpg
B6サッカー場
f0131669_16000656.jpg
B7ハイビスカス
f0131669_16010289.jpg
B8アカスジベッコウトンボがいた池
f0131669_16282354.jpg
f0131669_16013783.jpg
f0131669_16020193.jpg
B9
f0131669_16025564.jpg
B10コフキショウジョウトンボ
f0131669_16033629.jpg
B11ベニトンボ
f0131669_16041242.jpg
B12リュウキュウシジュウカラ
f0131669_16060428.jpg
B13
f0131669_16064761.jpg
B14シオマネキ
f0131669_16094350.jpg
B15ミカドアゲハ
f0131669_16104713.jpg
B16シロアリの巣にアカショウビンは巣を作る
f0131669_16115605.jpg
B17ヤエヤマイチモンジ ♂は一文字で♀はミスジ
f0131669_16131070.jpg
f0131669_16134161.jpg
f0131669_16141539.jpg
f0131669_16143490.jpg
B18レンタカー
f0131669_16165695.jpg
B19
f0131669_16174875.jpg
B20カメムシ
f0131669_16184053.jpg
B21アダン
f0131669_16192924.jpg
B22
f0131669_16200693.jpg
B23カンムリワシの風切羽根
f0131669_16210611.jpg
B24
f0131669_16215239.jpg
B25
f0131669_16222969.jpg
B26
f0131669_16233159.jpg
B27
f0131669_16240963.jpg
f0131669_16243548.jpg
B28
f0131669_16251622.jpg
B29
f0131669_16260805.jpg
B30 クモの卵のうかな
f0131669_16263042.jpg
B31
f0131669_16292288.jpg
B32ツバメシジミ
f0131669_16300846.jpg
B33面白い形のクモ
f0131669_16310099.jpg
B34
f0131669_16314110.jpg
B35 空色がきれいなカニだったが、結局、全体像は見られなかった
f0131669_16321887.jpg
B36 とても小さなカエル
f0131669_16325361.jpg
B37オオジョロウグモ 糸は粘着力が高く、小さな鳥もクモの巣にかかり、エサになるとのことを教えてもらう その方は鳥がかかっていたので逃がしたとのこと、生物多様性の理解は、難しいものだと思った 宮沢賢治の銀河鉄道の夜のサソリを思い出した 
f0131669_16334343.jpg
B38イソウロウグモ
f0131669_16343056.jpg
B39
f0131669_16350639.jpg
B40
f0131669_16355571.jpg
B41
f0131669_16363310.jpg
B42キノコ
f0131669_16371225.jpg
B43
f0131669_16374776.jpg
B44
f0131669_16382543.jpg
B45サキシマカナヘビ 
f0131669_16392417.jpg
B46
f0131669_16411020.jpg
f0131669_16413093.jpg
B47イシガキモリバッタ
f0131669_16420331.jpg
B48
f0131669_16425669.jpg
B49ハイビスカス
f0131669_16434348.jpg
B50イロガワリ
f0131669_16442436.jpg
B51
f0131669_16445373.jpg
B52 とてもいい香り
f0131669_16452062.jpg
B53
f0131669_16463475.jpg
f0131669_16465635.jpg
f0131669_16471536.jpg
バンナ公園の橋のところにいたクモは、ゴミグモの仲間かと思う 中心にクモがいて、周りのゴミがクモに見えた

6月28日6時30分出発 オモト林道→朝食9時30分→バンナ公園→昆虫館→大浜海岸→新川
ここからはCを付ける
C1
f0131669_19292793.jpg
C2カタグロトビ
f0131669_19305646.jpg
C3なんて名前の草だろうか 奥に生えている草はたくさん見かけた
f0131669_19314706.jpg
C4小さな馬がつながれていた まつげが長い
f0131669_19332570.jpg
C5チュウサギ
f0131669_19341126.jpg
C6バン
f0131669_19345939.jpg
C7いつも見かけた黄色い花、何というなの花だろうか
f0131669_19353864.jpg
C8石垣島は今は稲刈りの時期 もう少しすると田植えがまた始まる
f0131669_19372157.jpg
C9タマシギ ♂と♀は1週間だけペアになるとのこと ♀と♂の数は1対5で♀が少ない 派手な方が♀ どうして♀が派手かと尋ねると♀は子育てをしない ♂が卵を温めるとのこと 産卵後♀はまた、別の♂を求めるのだとか 行動は数で決まる??
f0131669_19382878.jpg
f0131669_19390458.jpg
f0131669_19393396.jpg
C10ジャンボタニシの卵
f0131669_19402466.jpg
C11
f0131669_19411098.jpg
C12リュウキュウコノハズク
f0131669_19420105.jpg
f0131669_19424164.jpg
C13ズアカアオバト
f0131669_19432195.jpg
C14すごい馬力の機械
f0131669_19443449.jpg
f0131669_19450212.jpg
C15
f0131669_19455192.jpg
C16
f0131669_19462897.jpg
C17セミノヌケガラ
f0131669_19471851.jpg
C18
f0131669_19480962.jpg
C19
f0131669_19490699.jpg
C20
f0131669_19493887.jpg
C21
f0131669_19501354.jpg
C22
f0131669_19505460.jpg
C23アオバセセリ
f0131669_19513290.jpg
C24
f0131669_19520405.jpg
C25小さなカエル
f0131669_19525518.jpg
C26
f0131669_19533486.jpg
C27オオジョロウグモ
f0131669_19542092.jpg
C28イソウロウしているクモ
f0131669_19550625.jpg
C29
f0131669_19553606.jpg
C30バンナ公園の昆虫館でオオゴマダラチョウ
f0131669_19565447.jpg
f0131669_19571652.jpg
f0131669_19573822.jpg
f0131669_19580307.jpg
C31昆虫館の展示 ヨンクニサン 
f0131669_19584789.jpg
f0131669_19592742.jpg
C32
f0131669_20000889.jpg
C33
f0131669_20005173.jpg
C34
f0131669_20012326.jpg
C35
f0131669_20014950.jpg
f0131669_20021484.jpg
C36
f0131669_20025161.jpg
f0131669_20030917.jpg
C37
f0131669_20034845.jpg
C38
f0131669_20042931.jpg
C39
f0131669_20051080.jpg
f0131669_20053600.jpg
C40
f0131669_20060835.jpg
C41クサトベラ
f0131669_20065780.jpg
f0131669_20071702.jpg
C42石垣島市平和都市宣言
f0131669_20083627.jpg
C43図書館
f0131669_20093107.jpg
夕食後、町を歩き、図書館で植物の本を探す クサトベラとサキシマセンダングサの名前が分かった 座敷がある図書館だった

6月29日 朝食7時 8時出発 新川でもう一度タマシギを見たいということで行ったがはずれ 川平湾→八重山ヤシ群落→新川→レンタカー返却 ANA92便15時30分発が10分遅れ(座席40F)
ここからはD
D1アオサギ
f0131669_20185899.jpg
D2ムラサキサギ
f0131669_20195584.jpg
D3バン
f0131669_20203587.jpg
D4セイタカシギ
f0131669_20212660.jpg
D5アオアシシギ
f0131669_20220542.jpg
D6コサギ
f0131669_20224187.jpg
D7アマサギ
f0131669_20255015.jpg
D8
f0131669_20233548.jpg
D9川平湾
f0131669_20241234.jpg
f0131669_20295394.jpg
D10ツマグロヒョウモン
f0131669_20244746.jpg
D11ヤサアリグモに形は似ているけど色が違うので、違う種類かな
f0131669_20272848.jpg
D12
f0131669_20281892.jpg
D13
f0131669_20284984.jpg
D14ジガバチ 獲物を殺さないで巣まで運び 幼虫のエサにするとか 結局大きすぎたのか手放した
f0131669_20303192.jpg
f0131669_20305229.jpg
D15
f0131669_20324335.jpg
D16
f0131669_20331697.jpg
D17
f0131669_20335056.jpg
f0131669_20343098.jpg
f0131669_20345153.jpg
D18
f0131669_20352709.jpg
f0131669_20354750.jpg
写真を提供してもらった ここからはEにする
E1カタグロトビ
f0131669_20404199.jpg
E2クロサギ 白いけどクロサギ
f0131669_20420586.jpg
E3アカショウビン
f0131669_20431390.jpg
E4エリグロアジサシ
f0131669_20442249.jpg
E5オオアジサシ
f0131669_20450222.jpg
E6セマルハコガメ 歩くのが早い 
f0131669_20464003.jpg
E7セッカ
f0131669_20480665.jpg
E8オオアジサシ
f0131669_20490767.jpg
E9タマシギ
f0131669_20494967.jpg
同行した皆さんは、学生時代からずっと鳥を追いかけ、その美しさに惹かれ続けている。幸せな人生だと思った。ネットでは蚊が多いとのことだったが、蚊に刺されることなく終了した。

by trust-0 | 2018-07-01 12:15 | ノコノコ