<   2018年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2018.6.30 氷川神社

6月29日、梅雨が明けが発表された。6月の梅雨明けは初めてである。梅雨入りと梅雨明けは、秋に再検討され、見直されることもあるそうであるが、梅雨入りが6月6日、梅雨の日数は23日と一番短い。暑いけれど風が心地よい日であった。コモディーイイダに駐車する。
◇6536
◇日時 2018年6月30日 土曜日 9時30分〜11時30分
◇モンシロチョウ アオズジアゲハ カダヤシと思われる魚
◇指定外来種 アメリカセンダングサ オッタチカタバミ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ ナガバギシギシ ネズミムギ ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ホソアオゲイトウ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ ユウゲショウ
1天気は快晴
f0131669_17221048.jpg
2水路の中にはアメリカセンダングサ カダヤシと思われる魚を確認
f0131669_17344308.jpg
3ニシキソウ トウダイグサ科 茎は這う 茎に立毛散生
f0131669_17360346.jpg
4コニシキソウ トウダイグサ科 帰化植物 
f0131669_17390874.jpg
5市街地は除草剤が散布されている
f0131669_17395511.jpg
6除草剤の散布されていないところにはエノコログサが生えている エノコログサは子どもの好きな植物 雑草でもあった方が情操的にもいいと思う 
f0131669_17411846.jpg
7ブタクサ キク科 帰化植物
f0131669_17450963.jpg
8氷川神社 須佐之男命
f0131669_17455213.jpg
9チチコグサモドキ キク科 帰化植物 熱帯アメリカ原産 
f0131669_17464766.jpg
10ツタバウンラン ゴマノハグサ科 帰化植物 地中海原産 観賞用に大正期に入る 2カ所で確認
f0131669_17482421.jpg
f0131669_17523503.jpg
11シロツメクサにヤマトシジミ
f0131669_17514269.jpg
12ヨコハママンネングサ 帰化植物 葉の先に乳頭状突起あり この植物は増えているように思う 庭に植えたものが逸脱しているのを何箇所かで確認
f0131669_17530184.jpg
帰化植物 種類。ウシガエルの鳴き声。水路にはカダヤシと思われる魚がいた。

by trust-0 | 2018-06-30 18:05 | モニタリング調査

2018.6.24 見沼田んぼ 自然観察大学

◇日時 2018年6月24日 日曜日 9時45分〜12時30分
◇天気 晴れ 暑かった
浅間先生から・・・アメリカナマズ(背中に刺あり)と普通のナマズの説明があった。ナマズはアメリカザリガニの行動をおさえ、導入すると水草が回復する。唐沢先生から、駅前に25の巣を確認し、落ちた巣はカップラーメンなどの容器で代用することも可とのこと。
1黒丸のところは貝塚・・・塩水にいる貝が出土する ヤマトシジミも貝塚から見つかる 海面が5m高かった 丸木舟も出土している 芝川はお茶の水の昌平橋まで流れている
f0131669_17060738.jpg
2唐沢先生手書きの見沼歴史丸わかりイラスト 
f0131669_17065442.jpg
3カメムシ・・・ピントが合っていないがカメムシらしい
f0131669_17114439.jpg
4-1ゼニゴケ・・・雌器托
f0131669_17144103.jpg
f0131669_17155514.jpg
4-2雄器托・・・若く青いときに水を垂らすと小さな泡が見える・・・精子
f0131669_17152741.jpg
f0131669_17173026.jpg
4-3無精芽 無受粉
f0131669_17190009.jpg
5エノキウスヒゲナガハムシ
f0131669_17351237.jpg
f0131669_17353787.jpg
6カシワ タンニンが多い 染色に使う 水道水に木を付けておくと鉄と反応し黒くなる 二段構えで葉を展開する 暖かい地方の植物てはないか 痩せ地海岸に生え防風林にも利用されている
f0131669_17392785.jpg
7ウスカワマイマイ
f0131669_17401019.jpg
8ゴマダラチョウ 羽化したてで翅を乾かしていた
f0131669_17405323.jpg
f0131669_17414415.jpg
f0131669_17421493.jpg
f0131669_17424454.jpg
9ヒメウラナミジャノメ
f0131669_17432725.jpg
10チャバネアオカメムシ
f0131669_17441457.jpg
11ユキヤナギアブラムシ イタドリに移動してきた
f0131669_17451789.jpg
12シキミ 毒あり 八角はタミフルの材料
f0131669_17455786.jpg
13
f0131669_17462688.jpg
14アリグモの卵のう 卵を守っている
f0131669_17471778.jpg
15コカネグモ 幼体
f0131669_17480028.jpg
16ユウゲショウ アカハナ化午前4時から咲く 夕方にしぼむ
f0131669_17483718.jpg
17ユウゲショウにクロウリハムシでいいかな
f0131669_17490766.jpg
18イッポンセスジスズメガの幼虫 里芋につく
f0131669_17504232.jpg
f0131669_17510498.jpg
f0131669_17512248.jpg
19ノウサギの足跡
f0131669_17520074.jpg
20ヨシの葉にいた だれかな
f0131669_17523309.jpg
21ドヨウオニグモ
f0131669_17532628.jpg
22モモコフキアブラムシ アブラコバチに寄生されると白くなる
f0131669_17535150.jpg
f0131669_17541791.jpg
23ジュウサンホシテントウ かな
f0131669_17544463.jpg
24マルバスミレの実 表面はつるつる 実が低い位置につく アオイスミレは表面毛あり
f0131669_17552929.jpg
25エサキモンキツノカメムシ ♀は守っているだけ 50〜100の卵 ♂のハートは黄色っぽい
f0131669_17561324.jpg
26ヒダリマキマイマイ カラの入り口が反り返っているのが成体
f0131669_17564708.jpg
27ヤスデは葉を食べる
f0131669_17572332.jpg
28アカメガシワの実 雌株
f0131669_17581537.jpg
29イイギリ 雌雄異株
f0131669_17584948.jpg
30スミレ 帰りの道で
f0131669_17592276.jpg
f0131669_17594256.jpg

by trust-0 | 2018-06-24 18:11 | ノコノコ

モニタリング調査 2018.6.22 大牧小学校

◇6546
◇日時 2018年6月22日 13時から15時
◇天気 晴れ
◇指定外来種 アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ オニノゲシ コセンダングサ コニシキソウ コバンソウ シャクチリソバ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシチチコグサモドキ ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ネズミムギ ノボロギク ハキダメギク ハゼラン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキカタバミ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ 30種
市街地なので、種数は多かったが、量的には少なかった。
1アメリカオニアザミ 帰化植物 市街化なので、群生はなく、1本だけあることが多い。この地区全体では、大小含め10本くらい確認した。
f0131669_08191201.jpg
2ヤブガラシにだれかな 
f0131669_08193863.jpg
3大牧小学校
f0131669_08204164.jpg
4タチチチコグサ 帰化植物
f0131669_08211839.jpg
5ハキダメギク 帰化植物
f0131669_08215079.jpg
6ヨコハママンネングサ 帰化植物
f0131669_08233421.jpg
4ヌルデ 虫こぶかな
f0131669_08241371.jpg
7ハゼラン(別名 サンジソウ) ハゼラン科
f0131669_08245494.jpg
f0131669_08251579.jpg
ハゼランは午後3時頃開花するので、サンジソウ(3時草)とも言う。観察したのが3時頃だったので、花の咲いているのを確認できた。西インド諸島原産、一年生草本。全体に無毛。明治期に花卉として導入、その後逸脱し、野生化した。

by trust-0 | 2018-06-24 08:37 | モニタリング調査

ベルダの植物たち 2018年6月

T地区
f0131669_07553794.jpg
1マメグンバイナズナ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07545859.jpg
2オッタチカタバミ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07561930.jpg
3チダケサシ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07570944.jpg
f0131669_07574283.jpg
4ヒヨドリジョウゴ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07583388.jpg
5シオデ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07590350.jpg
6ハエドクソウ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_08000065.jpg
7ヤブカンゾウが咲き出した 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08005743.jpg
8ヤブカンゾウ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08030351.jpg
9コヒルガオ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08034311.jpg
10シオデ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08050369.jpg
11タカトウダイ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08061465.jpg
f0131669_08063656.jpg
12チダケサシ撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08072775.jpg
13イヌゴマ撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08085862.jpg
14ヒメジョオン 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08094465.jpg
15撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08102348.jpg
16ハンゲショウ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08105894.jpg
17イヌヌマトラノオ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08114095.jpg
f0131669_08121436.jpg
18ネズミムギ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08131401.jpg
19ママコノシリヌグイ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08135243.jpg
2021222324252627282930

by trust-0 | 2018-06-24 08:14 | ベルダ

2018.6.19 生田緑地

暑い一日、午前中だけ生田緑地を散策した。
1コマツナギの花が咲いていた
f0131669_07011248.jpg
2ヒヨドリバナ
f0131669_07143682.jpg
3コブシの実
f0131669_07152048.jpg
4ツリフネソウの葉
f0131669_07155688.jpg
5ミゾソバの花が咲いていた
f0131669_07163697.jpg
6看板も整備されている この場所は日本民家園、岡本太郎美術館、かわさき宙(そら)と緑の博物館、伝統工芸館といろいろそろっている。
f0131669_07173879.jpg
7
f0131669_07210715.jpg
8カタハリウズクモかな
f0131669_07215840.jpg
9カサスゲ
f0131669_07223217.jpg
10イオウイロハシリグモ
f0131669_07231501.jpg
11フモトシダ
f0131669_07240396.jpg
12看板
f0131669_07245095.jpg
13ヒメドコロ 花は葉の下に
f0131669_07255171.jpg
14☆ヨツスジカミキリ
f0131669_07262130.jpg
15ホタルの看板
f0131669_07273924.jpg
f0131669_07280490.jpg
f0131669_07291685.jpg
f0131669_07293877.jpg
16-1オオバノトンボソウ
f0131669_07302073.jpg
16-2
f0131669_07304087.jpg
17
f0131669_07310495.jpg
18カシワバハグマ
f0131669_07314547.jpg
19イヌザクラの実が落ちていた
f0131669_07323598.jpg
20ハナイカダの実 熟した実は一つだけ
f0131669_07331863.jpg
21オトコエシの葉
f0131669_07341868.jpg
22オカタツナミ
f0131669_07345795.jpg
23カタツムリ
f0131669_07352967.jpg
24ノアザミ
f0131669_07360473.jpg
25 川崎市高津区出身の岡本太郎 青空に映えていた
f0131669_07363318.jpg
26ネジバナ 左巻きと右巻きは半々とツイッター情報
f0131669_07373887.jpg
27-1ウマノミツバ 
f0131669_07381809.jpg
27-2
f0131669_07384117.jpg

28宙と緑の博物館内
f0131669_07394290.jpg
f0131669_07401033.jpg
f0131669_07403102.jpg
f0131669_07410009.jpg
f0131669_07411627.jpg
f0131669_07413507.jpg
埼玉にもこのような森、ネイチャーセンター、美術館があるといいなと思いながら帰途についた。

by trust-0 | 2018-06-20 07:52 | ノコノコ

2018.6.18 岩殿

◇日時 2018年6月18日 月曜日
◇天気 曇り時々小雨
◇参加者 4名
◇調査コース C→F→G→H→I(入山沼)→B→A→D→E→青木の入り
◇話し合いメモ 持続可能な社会を創造するための学びについて 
◇鳥 ガビチョウ ウグイス コジュケイ
◇生き物 カナヘビ オタマジャクシ ニホンアマガエル ニホンアカガエル ハラビロトンボ♂♀ ツバメシジミ ヤマトシジミ 
◇花の咲いていた植物 C地区 アメリカフウロ イヌガラシ イヌタデ ウシハコベ エンバク オオチドメ オカトラノオ オッタチカタバミ オニタビラコ オヘビイチゴ カタバミ カモジグサ ケキツネノボタン ザクロソウ 雑種タンポポ ジシバリ スズメノカタビラ タチチチコグサ ツメクサ ツユクサ トキワハゼ ドクダミ ナズナ ヌカボ ネジバナ ハイヌメリ ハエドクソウ ハキダメギク ハハコグサ ハルジオン ハルノノゲシ ヒメジョオン ブタナ ヘビイチゴ ミミナグサ ムラサキシキブ メヒシバ F地区 アメリカイヌホオズキ ウシハコベ ツユクサ ドクダミ ネムノキ ヒメジョオン G地区 イボタノキ ウシハコベ ドクダミ ヨウシュヤマゴボウ H地区 アカメガシワ イヌタデ オヘビイチゴ コモチマンネン ニガナ ハハコグサ ハルジオン ヒメジョオン I地区 エナシヒゴクサ オカトラノオ ママコノシリヌグイ ムラサキシキブ B地区 アオカモジグサ アメリカフウロ オオチドメ オヘビイチゴ キツネアザミ ケキツネノボタン コモチマンネングサ スズメノカタビラ ドクダミ ハハコグサ ハルジオン ヒメジョオン ブタナ ミゾカクシ ムラサキサギゴケ A地区 アメリカイヌホオズキ アメリカフウロ ウラジロチチコグサ オヘビイチゴ カタバミ ケキツネノボタン 雑種タンポポ タネツケバナ ニガナ ノチドメ ハキダメギク ハハコグサ ハルジオン ヒメジョオン ホトケノザ ヤノネグサ ジャガイモ D地区 イヌガラシ ウシハコベ オヘビイチゴ カモジグサ ケキツネノボタン コチヂミザサ コモチマンネングサ ドクダミ ネジバナ ハハコグサ ハルノノゲシ E地区 アメリカイヌホオズキ アメリカフウロ ウラジロチチコグサ オオジシバリ オヘビイチゴ カキドオシ カタバミ コウガイゼキショウ トキワハゼ ニガナ ノチドメ ハハコグサ ヒメジョオン 青木の入り アメリカフウロ ウツギ オニノゲシ オヘビイチゴ キュウリグサ ケキツネノボタン ゲンゲ シロツメクサ ハハコグサ ヒメジョオン ユウゲショウ
1
f0131669_23355009.jpg
2
f0131669_23362604.jpg
3
f0131669_23370045.jpg
4
f0131669_23373225.jpg
5
f0131669_23380964.jpg
6-1ケキツネノボタン
f0131669_23390333.jpg
6-2
f0131669_23393521.jpg
6-3
f0131669_23400182.jpg
7ハキダメギク
f0131669_23404808.jpg
8雑種タンポポ
f0131669_23420284.jpg
9ニガナ
f0131669_23425014.jpg
10-1オカトラノオ
f0131669_23435232.jpg
10-2
f0131669_23442445.jpg
11ムラサキシキブ
f0131669_23452807.jpg
12-1オオチドメ
f0131669_23463807.jpg
12-2
f0131669_23471011.jpg
13ザクロソウ
f0131669_23480173.jpg
14タチチチコグサ
f0131669_23484390.jpg
15ウシハコベ
f0131669_23494724.jpg
16ハエドクソウ
f0131669_23503657.jpg
17-1ミミナグサ
f0131669_23512261.jpg
17-2
f0131669_23515205.jpg
18ヌカボ
f0131669_23523071.jpg
19
f0131669_23530370.jpg
20オヘビイチゴ
f0131669_23535605.jpg
21アメリカイヌホオヅキ
f0131669_23550017.jpg
22アオミズ
f0131669_23555098.jpg
22イボタノキの実
f0131669_23564660.jpg
23イヌタデ
f0131669_23575132.jpg
24
f0131669_23583069.jpg
25-1チダケサシ
f0131669_23592836.jpg
25-2
f0131669_00004792.jpg
26ママコノシリヌグイ
f0131669_00014399.jpg
27ケキツネノボタン群落
f0131669_00021898.jpg
28-1ブタナ
f0131669_00031639.jpg
28-2
f0131669_00034981.jpg
29ノチドメ
f0131669_00045078.jpg
30ヤノネグサ
f0131669_00053866.jpg
31-1コウガイゼキショウ
f0131669_00062818.jpg
31-2
f0131669_00071007.jpg
32
f0131669_00074818.jpg
33ネジバナ
f0131669_00082648.jpg
34ヒメコウゾの実
f0131669_00090537.jpg
35ヒロハギシギシ
f0131669_00094949.jpg
36イロハモミジが枯れていた
f0131669_00101837.jpg
37ドクダミ
f0131669_00105452.jpg
38-1ウラジロチチコグサ
f0131669_00113876.jpg
38-2ウラジロチチコグサ 
f0131669_00121997.jpg
39-1コアカソ 木本
f0131669_00130763.jpg
39-2
f0131669_00133120.jpg
17時15分に終了。青木の入りにアメリカオニアザミが出ていた。

by trust-0 | 2018-06-19 00:16 | 岩殿

ベルダの植物たち2018年6月

トラストの定例活動日1ハエドクソウ 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21111334.jpg
2チャノキの実 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21122199.jpg
3-1ヤブコウジ
f0131669_21133796.jpg
3-2
f0131669_21141054.jpg
4コブシの実が落ちていた
f0131669_21145471.jpg
5コヤブラン 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21153715.jpg
6478910

by trust-0 | 2018-06-17 21:16 | ベルダ

2018.6.11〜13 フォント レラの森 レスト

6月はマダケのタケノコが出る季節なので、フォントに行くと隣の敷地まで、タケノコがたくさん生えていた。ノコギリですぐ倒せるので目についたものは、すべて切った。キャプション☆二宮さん◇佐井さんにお世話になった。感謝♫
1ニワトコにたくさんの◆ツマキヘリカメムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_22163316.jpg
2☆コハクオナジマイマイ ヤブミョウガの上にいた 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23355207.jpg
3☆オナジマイマイ コクサギの葉裏にいた 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23373385.jpg
4アマチャヅルの葉にトホシテントウ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23381459.jpg
5☆トチバニンジン 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23400193.jpg
6ザトウムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23410989.jpg
7キノコ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23420493.jpg
8ニワトコの実 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23425422.jpg
9ヤブヘビイチゴの実 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23434483.jpg
10-1シュレーゲルアオガエル 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23450942.jpg
10-2
f0131669_23454580.jpg
11-1シロカネグモ属の仲間 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23465619.jpg
11-2
f0131669_23473526.jpg
12◆ニホンカワトンボ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23484454.jpg
13キノコ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23494625.jpg
14☆クロツヤクシコメツキ 笹の葉にいた だれかな 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23505482.jpg
15◆マダラホソアシナガバエ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23532264.jpg
16☆ドクダミの花 黄色いのは雄しべの役白いのは雌しべの柱頭 白い花弁状のものは苞 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23543510.jpg
17ヤマトシリアゲ 撮影2018.6.12 午前 フォント 
f0131669_23552337.jpg
18フォントの風景 今年中にマダケ伐採を完了したい シダレザクラ生長した 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23560833.jpg
19クモ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23584054.jpg
20エサキモンキツノカメムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23594384.jpg
21☆ベニシタヒトリ ヒトリガ科 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00003098.jpg
22カメムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00011581.jpg
23☆ルリクチブトカメムシの幼虫 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00020846.jpg
24シロスジショウジョウグモ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00024929.jpg
25フォントの景色 マダケがまだ残っている 畑の多くは業者に貸しているとのこと 撮影2018.6.12 午前 フォント 
f0131669_00042870.jpg
26これからレラの森へ撮影2018.6.12 午前 レラの森へ 畑は業者によって大豆が植えられていた 
f0131669_00061152.jpg
27カノコガ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00075811.jpg
28オニノヤガラ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00091754.jpg
29スジアカハシリグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00111165.jpg
30とても小さかった 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00114691.jpg
31☆シロキクラゲ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00125409.jpg
32サイハイランの実 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00141420.jpg
32ニホンアマガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森 握りこぶしが可愛い
f0131669_00152397.jpg
33-1カタハリウズグモかな 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00163607.jpg
33-2
f0131669_00173591.jpg
34-1☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00183752.jpg
34-2
f0131669_00191755.jpg
35キタテハ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00200222.jpg
36☆ヒシウンカ クズの葉にいた小さな虫撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00212124.jpg
37☆フキバツタ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00222772.jpg
38-1撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00234646.jpg
38-2
f0131669_00242346.jpg
39ノジトラノオかな 葉が細いので 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00255288.jpg
40-1ナガコガネグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00264528.jpg
40-2
f0131669_00272024.jpg
41イオウイロハシリグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00281285.jpg
42ヤマトシジミ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00285721.jpg
43カエルの声が聞こえ、たくさんの小さなカエルが道路を渡っていた
f0131669_00293265.jpg
44☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00314290.jpg
45ヒカゲチョウ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00325266.jpg
46ホタルブクロ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00341050.jpg
47ニガイチゴ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道 実は甘くておいしかった
f0131669_00351017.jpg
47-2
f0131669_00354581.jpg
48ゴミグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00370482.jpg
49☆キゴシカガンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00382700.jpg
50マメコガネ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00391782.jpg
51☆アシナガバエの仲間 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00403255.jpg
52まだしっぽがついているカエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00430477.jpg
53☆ヒカゲチョウ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00440492.jpg
54コガネムシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00444668.jpg
55☆メヤブマオ イラクサ科 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00454398.jpg
56☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00464063.jpg
57トウキョウダルマガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道の田んぼの中で
f0131669_00472024.jpg
58シュレーゲルアオガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00483106.jpg
59トウキョウダルマガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道の田んぼの中で
f0131669_00490703.jpg
60ヒメジャノメ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00501234.jpg
61☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00511904.jpg
62ヤマシロオニグモ アトグロ型かな 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00521804.jpg
63☆オオチャバネセセリ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00550985.jpg
64イヌガラシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道 小さなアリが見える
f0131669_00562802.jpg
65☆コガネムシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00572207.jpg
66ハナウドの実 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00580795.jpg
67◇アゲハモドキ アゲハモドキガ科 触角の先端にふくらみがないこと、後翅の赤模様と後翅の形で区別。数が少ないので珍しい。 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00585286.jpg
68メヤブマオにヒメバチの仲間 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00594054.jpg
69セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01011163.jpg
70クモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01021315.jpg
71オニタビラコの花と実 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01030364.jpg
72ササについていた 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01040072.jpg
73-1☆ナミガタシロナミシャク 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01043663.jpg
73-2
f0131669_01051298.jpg
74モンキチョウ 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01062755.jpg
75ウメエダシャク 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01073296.jpg
76◆コガシラアワフキ 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01082174.jpg
77☆マイマイガの幼虫 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01093545.jpg
午後から茨城大学の方々と森へ 午前中謎だったものが分かるととてもうれしい♫ アワブキ、ミツバウツギ、オニノヤガラ、オクマワラビ、サルナシ、ホタルの仲間、ギンラン、リョウメンシダ、ヤマガシュウなど教えていただいた。
78レラの森 入り口付近
f0131669_01104208.jpg
79ニホンアマガエル 撮影2018.6.12 午後 レラの森 お腹で水を吸っているのかな
f0131669_01165112.jpg
80キノコ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01182934.jpg
81-1撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01190702.jpg
81-2
f0131669_01194420.jpg
82
f0131669_01200784.jpg
83オクマワラビ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01204798.jpg
84☆ヤホシホソマダラ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01212125.jpg
85ニガナ 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01220881.jpg
86アオツヅラフジ 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01231501.jpg
87ミツバウツギ 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01240667.jpg
88◆オバボタル 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01250071.jpg
89サルナシにアオハダトンボかな 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01260210.jpg
90◇キベリネズミホソバ ヒトリガ科 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01264834.jpg
91ヨモギに 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01273229.jpg
92クモ撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01282349.jpg
93ママコノシリヌグイ 撮影2018.6.12 午後 レラの森下の入り口付近の祠があるところは、ヌスビトハギ、オオバギボウシ、キバナアキギリ、ノハラアザミなどが生えている。奥の方は、今までは、セイタカアワダチソウの群落であったが、2017年からクズの侵入が目につくようになった。
f0131669_01295358.jpg
94アカスジキンカメムシ 撮影2018.6.12 午後 レラの森下の入り口付近
f0131669_01350191.jpg
95アカスジハシリグモ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01410530.jpg
96ザトウムシ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01414917.jpg
97◆ムネアカオオアリ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01424133.jpg
2018年6月13日 朝から梅の木の下に浦和の地元の農家さんから購入したジャノヒゲを植える。農薬が心配なところに生えていたウマノスズクサ、お墓の除草剤をかけられそうなところのホタルブクロ、ナルコユリを移植した。小屋の脇にキジの卵らしいもの発見。ヒバリが窓ガラスにあたって脳しんとうを起こしていたようだ。
98ヒバリ 窓ガラスにあたったようだったが、しばらくして動き出した ほっ♫ 撮影2018.6.13
f0131669_01433367.jpg
99キジの卵かな撮影2018.6.13 小屋の脇で 
f0131669_01445652.jpg
100☆ムシトリナデシコにオオスガシバ 撮影2018.6.13 午後 お隣の畑
f0131669_01455278.jpg
寒暖の差が激しく、夜は寒かった。水戸は、今までは年に5〜6回行けばと思っていたが、茨城大学の研究に森を利用していただけることになり、月に1回は行くという目標をたてた。どんなことでもいろいろな人と関わることにより、充実していくのだと思う。今回は皆さんと森を周り、いろいろと教えていただきとても楽しい時間になった。皆さんと別れた後に、土砂降りの雨が振り出し、天候にも恵まれたことにも感謝。


by trust-0 | 2018-06-14 02:08 | 水戸

風景メモ

2018年4月24日〜風景の写真をまとめた 
1撮影2018.4.24畑定例作業
f0131669_09192504.jpg

2撮影2018.5.1 福畑
f0131669_09284558.jpg
3-1撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09295544.jpg
3-2撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09311610.jpg
3-3撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09315480.jpg
3-4撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09322463.jpg

4-1撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09210549.jpg
4-2撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09220081.jpg
4-3撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09224847.jpg
4-4撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09232028.jpg
4-5撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09235590.jpg
6-1撮影2018.5.10 マルコ ノイバラが咲いている 定例活動だったが雨 草刈りとセイタカアワダチソウを抜いた
f0131669_09250659.jpg
6-2撮影2018.5.10 マルコ
f0131669_09255462.jpg
6-3撮影2018.5.10 マルコ イチゴツナギの群落その下にはイヌヌマトラノオがスタンバイ
f0131669_09262648.jpg
7撮影2018.5.24 マルコ 
f0131669_09273555.jpg
8グランドワークin芝川のゴミ拾い 参加者7名 洗濯機、テレビが捨ててあった 燃えるゴミ6 不燃物1 撮影2018.6.9 午前9時から10時 とても暑い日だった 暑気払いの約束をして解散
f0131669_08195834.jpg
9ジャガイモ堀 里山.com 撮影2018.6.9 午後13時15分〜15時 収穫したジャガイモはおやつで茹でて食べた お土産はインゲンとジャガイモ(インカノメザメ、アンデスレッド、タワラヨーデル)10家族参加 スタッフ5名 参加者一人足をねん挫した
f0131669_08211075.jpg
10畑の定例日 8時30分からということだったが、8時から来ているメンバーもあり、木陰の休憩は必須 撮影2018.7.3
f0131669_20341256.jpg
11トラスト定例活動日 総持院脇 時期遅れで草刈り 実験中 撮影2018.7.7 この日に刈ったヤブマオを無媒染で染色したら淡い紅色になった 植物の奥は深い
f0131669_21262141.jpg
12マルコみんなの広場 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21273860.jpg
13落枝が多く片付ける 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15350077.jpg
14ジロウガキは枯れてしまった 撮影2018.7.8 F畑
f0131669_15355226.jpg
15撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18305872.jpg
16撮影2018.7.10 定例畑の日 夏野菜の収穫 ミニトマト マンガンジ キュウリ ナスなど
f0131669_18313039.jpg
17里山.com 撮影2018.7.14 ミニトマト収穫 会員限定 6家族参加
f0131669_22590890.jpg
18畑定例作業日 2018.7.17 トラスト畑
f0131669_21042280.jpg
19畑定例作業日 2018.7.17 エコ畑
f0131669_21064105.jpg
20撮影2018.7.17 T地区は立ち入り禁止なのに誰かが穴を掘っていた 
f0131669_21140075.jpg
21用水沿いはオオタカの写真を撮る人がいた
f0131669_21150615.jpg
22マルコとトラストの調査をした撮影2018.7.31 M地区 KK
f0131669_22331734.jpg
23調査風景 撮影2018.7.31 M地区
f0131669_22341784.jpg
24調査日はとても暑かった 撮影2018.7.31 M地区 KK
f0131669_22351575.jpg
2018年8月11日 9時からの10時30分。グランドワークin芝川 水質調査を行った。参加者6名
放置自転車有り、警察に連絡
25ミヤコグサ マメ科 ヨーロッパ原産 撮影 北宿大橋下左岸
f0131669_06404887.jpg
26 気温が高く地面の温度は36.2℃ 鳥 イソシギ ホウジロ ハシボソガラス スズメ ツバメ キジバト
f0131669_06431367.jpg
27 水質検査結果 COD 8μg/L以上,PH7.0, NH4+0.2μg/L, NO2-0.2μg/L ,PO3-0.7μg/L
判定指標生物は確認出来なかった。やや汚い水と判定した。
f0131669_06445387.jpg
28モツゴ 
f0131669_06504310.jpg
29カダヤシ
f0131669_06510914.jpg
30スジエビの仲間
f0131669_06514855.jpg
31音育&食育 撮影2018.9.23
f0131669_22401375.jpg
32五斗蒔の溝をきれいにしてくれたのはSさん 撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22412576.jpg
33雨の日が多く耕耘は出来ない 撮影2018.9.25 五斗蒔 
f0131669_22420110.jpg
343536373839

by trust-0 | 2018-06-10 08:33 | ベルダ

2018.6.3 自然観察大学 昆虫探検ウォーク

◇日時 2018年6月3日 10時〜14時
◇天気 晴れ
◇講師 山崎秀雄氏 平井氏
脚は6本ではなく、3対という。タテハチョウは4本脚に見えるのが特徴。
1
f0131669_20230049.jpg
2アオカミキリモドキ ♀ 弱い毒あり
f0131669_20240171.jpg
3
f0131669_20253494.jpg
4モンキゴミムシダマシ
f0131669_20473205.jpg
5ニホンカナヘビ
f0131669_20481552.jpg
6キノコ
f0131669_20485066.jpg
7クロウリハムシ トレンチ行動をする 幼虫も成虫も同じ種類の植物を食べる
f0131669_20495538.jpg
8トレンチ行動の葉
f0131669_20504512.jpg
9カメムシの卵にはフタがある
f0131669_20513068.jpg
10ヒメギス 羽が短い 湿ったところが好き 横腹に白い筋あり
f0131669_20524716.jpg
11トホシクビホソハムシの幼虫 別名クコドロオイムシ 自分の糞を背中に乗せている
f0131669_20532258.jpg
12トホシクビボソハムシ
f0131669_20552212.jpg
13
f0131669_20560508.jpg
14
f0131669_20570280.jpg
15トラップ
f0131669_20590019.jpg
16コフキトンボ♀
f0131669_20594003.jpg
17
f0131669_21001742.jpg
18カマキリ
f0131669_21010350.jpg
19
f0131669_21013617.jpg
20モリチャバネゴキブリ
f0131669_21024110.jpg
21キバラヘリカメムシ 青リンゴの臭いと言われたが・・・
f0131669_21032434.jpg
22テントウノミハムシ ヒイラギについていた
f0131669_21043274.jpg
23タケウチトゲアワフキ シナノキについていた
f0131669_21052143.jpg
24タケウチトゲアワフキの幼虫の出た後
f0131669_21061836.jpg
25シナノキの花
f0131669_21065481.jpg
26-1アオヤンマ
f0131669_21074934.jpg
26-2
f0131669_21082142.jpg
26-3
f0131669_21085765.jpg
27-1ナミアメンボ 重さは0.0028グラム カメムシの仲間
f0131669_21095578.jpg
27-2
f0131669_21102844.jpg
28羽の説明
f0131669_21114532.jpg
29山崎先生が持参した標本のハンミョウ
f0131669_21124888.jpg
説明
f0131669_21134874.jpg
先生方の話メモ
★鳥の腸は短い ★糞 肉食の糞はとがっている 草食の糞は丸い ★バタフライトラップ ★日本の昆虫1.2文一 ★昆虫の体重測定福音館 

by trust-0 | 2018-06-03 21:26 | 見沼自然公園