<   2016年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2016.7.25 岩殿調査

◇日時 2016年7月25日 月曜日
◇天気 くもり 
◇場所 東松山 岩殿地区
◇参加者 6名  ◇参考文献 野に咲く花 山と渓谷社
梅雨明け報道もない曇り空の一日、雨にもあわず調査できました。
 ウグイス(声) ガビチョウ(声)
花が咲いていた植物  ヤマユリ オオバギボウシ ヒヨドリバナ ヌマトラノオ ミズタマソウ ヤマノイモ アキノタムラソウ キツネノマゴ ベニバナボロギク ヒメジョオン イヌタデ オトギリソウ コケオトギリ ハキダメギク ツユクサ ブタナ ケキツネノボタン ヒメドコロ ハエドクソウ ハハコグサ ザクロソウ ウリクサ オヘビイチゴ タチカタバミ トキワハゼ ヤブタビラコ セリ イヌガラシ(実が長い)ウシハコベ ミゾカクシ ユウガギク アメリカイヌホオズキ ママコノシリヌグイ オヘビイチゴ オニドコロ コナスビ ヒメヨツバムグラ シロツメクサ ハルジオン ニワゼキショウ ヒメムカシヨモギ

1オトギリソウ オトギリソウ科 日本全土 葉を油に浸したむものを切り傷、神経痛、関節炎に使用する
f0131669_8351338.jpg

2アキノタムラソウ
f0131669_83943100.jpg

3オオバギボウシ ユリ科 
f0131669_8404649.jpg

4ヤマユリ ユリ科
f0131669_8442935.jpg

★5ベニバナボロギク キク科 アフリカ原産
f0131669_8461621.jpg

6ササキリ幼虫
f0131669_8482986.jpg

7ミスジガガンボ
f0131669_925439.jpg

8コケオトギリ
f0131669_8511314.jpg

9ルリボシカミキリ
f0131669_8523363.jpg

10コチャバネセセリ♂(次回のレットデータブックで準絶滅危惧種に指定される予定)
f0131669_854483.jpg

11マダラアシナガバエ
f0131669_926335.jpg

12ヌマトラノオ サクラソウ科 湿地に生える 本州四国九州
f0131669_8554212.jpg

13ミズタマソウ アカバナ科 北、本州、四国、九州
f0131669_8584489.jpg

14ザトウムシ
f0131669_912615.jpg

15ナガコガネグモ コガネグモ科
f0131669_92342.jpg

16ニホンカナヘビ
f0131669_933016.jpg

17ウリクサ ゴマノハグサ科 
f0131669_943029.jpg

18アシグロツユムシ 幼体 花びらや花粉が大好物
f0131669_96061.jpg

19キタテハ
f0131669_962930.jpg

20オニドコロ ヤマノイモ科
f0131669_971615.jpg

21センチコガネ
f0131669_99045.jpg

22セリ セリ科 
f0131669_992257.jpg

23ニホンアマガエル
f0131669_911064.jpg

24ユウガギク キク科
f0131669_91217.jpg

25ヤマトシジミ♀
f0131669_914850.jpg

26ウマオイsp 幼虫
f0131669_915171.jpg

27ツルマルシラホシカメムシ(ムラサキシラホシカメムシ)
f0131669_9164245.jpg

28ウキクサ3種(ウキクサ アオウキクサ イチョウウキゴケ) 撮影;二宮
f0131669_9172361.jpg

29クサギ クマツヅラ科 花が咲いていました 撮影;二宮
f0131669_9175993.jpg

30ウラギンシジミ ♀ クズの花が咲いていました 撮影;二宮
f0131669_920512.jpg

31ミツバアケビ ヤマノイモ クサコアカソ
f0131669_9395633.jpg

32カニクサ アマチャヅル
f0131669_9402138.jpg

33アオミズ ヤノネグサ ノブドウ ノササゲ
f0131669_9404495.jpg

34クマヤナギ ハリガネワラビオトギリソウ ミゾソバ ヒメジソ
f0131669_9411159.jpg

35ケキツネノボタン ヒメドコロ ミドリヒメワラビ
f0131669_9412920.jpg

36 セミの抜け殻 ヒグラシ ニイニイゼミ アブラゼミ
f0131669_942985.jpg

by trust-0 | 2016-07-27 09:20 | 岩殿

2016.7.24 日影沢で昆虫研修

□日時 2016年7月24日(日) JR高尾駅9時32分のバス
□講師:武部 令 さん
□場所:日影沢 参加者20名
 午前中は、川沿いの道を歩きながら主に陸生昆虫の観察をしました。涼しかったので虫の数は多くなかったとのことでしたが、メモするのも大変なほどの生きものに会いました。ポケモンの発売が話題の時期、虫探しの方が楽しいのにという声も聞こえてきました。午後は川に入り水生生物を観察しました。
〇セミ(ミンミンゼミは、都市化して乾燥すると増える。アブラゼミは湿っているところがすき。ニイニイゼミは土中でも乾燥を気にしている。粘りけのある排泄物→糖度がある樹液で泥パック)
〇ミカドフキバッタは翅が退化し、短いチョッキのようになっており、飛ぶことができない。故に地域ごとの変異差が大きい。フキバッタには前足の間に小さなこぶ状の突起・(喉仏状のもの)がある。
〇蜂の子の味・・・オオスズメバチはクリームチーズ ハチは蜜の味 
〇チョウ・・・ヤマトシジミは羽を開かない。暑いときだけ温度調節でひらく。カラスアゲハ クロアゲハ
〇ガの幼虫・・・スジモンヒトリガ (茶色 )黒 白と黒の毛もあり触ると動物の猫のような感触
〇マメコガネ・・・アメリカでオレンジを食い尽くした
〇カタツムリ・・・3年くらいの寿命。カルシュウムは石から取っている。入り口を増築しながら大きくなる。明暗が分かる程度で目は見えない。長い角が臭いのある方、短い角は好きな物 ヤリは生殖器で巻き方が違うのは交尾が出来ず、別の種類。カタツムリは右巻きが多い オオケマイマイ
〇キセルガイ・・・左巻き
午後は全員で冷たすぎる川に入り、水生昆虫採取。4つの箱に分けて観察
1.サワガニ・・・この水域最強 雑食性、水のギャング。さるかに合戦のカニはこれ。卵を抱えて育てる。
2.ヘビトンボ・ヤゴ(ミルンヤンマ・ヒメクロサナエ・クロサナエ・ミヤマカワトンボ・ニホンカワトンボ)
3.カワゲラ(オオヤマカワゲラ、ヒメオオヤマカワゲラ、ヒロバネアミメカワゲラ)
 トビケラ(ヒゲナガカワトビケラ・マルバネトビケラ・ヨツメトビケラ)カワゲラはカゲロウを食べる。
4.カゲロウ(タニガワカゲロウ・チラカゲロウ・フタスジモンカゲロウ)・ガガンボ(ミカドガガンボ、他1種)
その他 魚アブラハヤ(きれいな水に棲む)幼魚・プラナリア・アオグロハシリグモ
日本のトンボは200種 ヨーロッパは100種
きれいな水とは、酸素濃度が高い物を言う 
〇沢ガニは卵を抱えたまま子ガニを育てる ふんどしはずらせる。春の後交尾

1クルマスズメ
f0131669_1563372.jpg

2オオコシアカハバチの幼虫・・・子どもは葉っぱを食べている。足の数6本。他の足は腹筋5対はチョウやガ 6対以上はハチ 
f0131669_15141117.jpg

f0131669_1593374.jpg

3ホタル・・・オバボタル 陸生のホタルでうっすら光る 食べ物はセキル貝
f0131669_15101539.jpg

4マムシグサ
f0131669_10265027.jpg

5ダイコンソウにホソヒラタアブ
f0131669_10175489.jpg

6コケ
f0131669_10183072.jpg

7ハク゜ロソウ
f0131669_1019646.jpg

8ウンモンクチバ?
f0131669_1019535.jpg

9フキバッタ
f0131669_10211514.jpg

10ミスジマイマイ
f0131669_102253.jpg

11キドクガの幼虫
f0131669_10225264.jpg

12カラスアゲハ
f0131669_10234416.jpg

13ウヅキコモリグモ♂成体
f0131669_10243535.jpg

14フクログモ属の一種
f0131669_10251457.jpg

15フクログモ属の一種
f0131669_10254898.jpg

16冬虫夏草・・・カメムシタケ (マニアは虫草と呼ぶ)が多数生息。 赤いのがフレッシュ。地上部先端が細く鮮やかなオレンジ色、地下部分にはカメムシ(死んでいる)の姿もそのまま残っていた。
f0131669_15145981.jpg

17ハナサナギタケ(幼虫の時に入りこんでさなぎの時にでる)
f0131669_15181464.jpg

18ザトウムシ・・・ダニの仲間 体長1〜25㎜。世界に約4600種。日本では80種が確認されている。前から2対の足が長い 触覚の代わり 目が悪く明暗が分かる程度 生きている物も捕まえる 肉食でソシャクする
f0131669_1520652.jpg

19写真はエダナナフシ 一般的にナナフシモドキは、フナナシとよばれている
 どちらも風で揺れる枝を想定しているので、無風状態だと揺れているので見つけやすい。ナナフシモドキは触角が短く、単為生殖なのに対し、エダナナフシは前脚と同じくらい触角が長く、有性生殖である。
f0131669_15212111.jpg

20スケバハゴロモ・・・スケバハゴロモの幼虫は脱皮する。ベッコウハゴロモの幼虫は茶の模様が入る。成虫は2本のライン。
f0131669_15245883.jpg

f0131669_15303237.jpg

21サワガニ きれいな水に棲む
f0131669_10151633.jpg

22フタスジモンカゲロウ
f0131669_15362089.jpg

23ミルンヤンマ
f0131669_15373033.jpg

24ガガンボ・・・細い方が頭 オシリはトゲトゲでエラ ミカドガガンボ
チラカゲロウ フタスジモンカゲロウ
f0131669_15391143.jpg

25カワトンボ・・・ニホンカワトンボ♀羽に白いワンポイント ミヤマカワトンボは羽が茶色。胸の筋肉は90% カワトンボは予備運動が必要で長く捕まえていると体が冷えて飛べなくなる。イトトンボは胸が細いのでゆっくり飛ぶ
f0131669_15553792.jpg

26タマアジサイにホソヒラタアブ
f0131669_15442188.jpg

27ヘビトンボは肉食で腹足にはえらがある 成虫、サナギ、幼虫 すべてかみつく。 マゴタロウムシでかんの虫の薬
f0131669_15461511.jpg

28スミナガシ
f0131669_15563560.jpg

29-1 アオオビハエトリ  日影沢のバス停で
f0131669_9575024.jpg

29-2アオオビハエトリ
f0131669_9584399.jpg

31オオケマイマイ
f0131669_1033288.jpg

by trust-0 | 2016-07-26 15:59 | ノコノコ

ヤマトコマチグモ コマチグモ科

1−1ヤマトコマチグモ♀ コマチグモ科 母親は子グモが巣立つまで住居の中で保護する
f0131669_8284434.jpg

1−2
1−3
by trust-0 | 2016-07-18 08:28 | クモ図鑑

ハナグモ カニグモ科

1ハナグモ♂ カニグモ科 2ヶ月弱で成熟。
f0131669_8333281.jpg
2-1 アリに近づく 撮影日2017.8.4 マルコ
f0131669_15514679.jpg
2-2 ハナグモ♀ 100〜200卵。撮影日2017.8.4 マルコ
f0131669_15522484.jpg
2-3ハナグモ♀ カントウヨメナに 撮影 2017.9.1 マルコ
f0131669_10015829.jpg
3456789

by trust-0 | 2016-07-17 21:14 | クモ図鑑

コガネグモ コガネグモ科

1−1コガネグモ♀ コガネグモ科 産卵期は7〜9月。250〜1800卵、平均1000個。種名はラテン語由来の優美なの意味
f0131669_18522256.jpg

1−2 コガネグモ♀
f0131669_18533754.jpg

by trust-0 | 2016-07-17 18:55 | クモ図鑑

クサグモ タナグモ科

1−1クサグモ タナグモ科  2016.7.17 さいたま市綠区上野田
f0131669_2035226.jpg

by trust-0 | 2016-07-17 18:44 | クモ図鑑

ミスジハエトリ ハエトリグモ科

ハエトリグモは視力が良く、ジャンプ力もある
1ミスジハエトリ♂ ハエトリグモ科  屋内を徘徊。屋外にいることもある。
f0131669_188351.jpg

2ミスジハエトリ♂
f0131669_189686.jpg

3ミスジハエトリ♂ ハエトリグモ科 さいたま市綠区氷川女体神社2016.6.3
f0131669_21173326.jpg

4ミスジハエトリ♂ さいたま市綠区氷川女体神社2016.6.3
f0131669_21183314.jpg

by trust-0 | 2016-07-17 18:35 | クモ図鑑

モニタリング調査 2016.7.17

□日時 2016年7月17日 12時40分〜14時50分
□場所 53396585上野田
□天気 くもり
生きもの・・・チョウトンボ オオシオカラトンボ ウラギンシジミ ナガサキアゲハ シマヘビ ツマグロヒョウモン ナミアゲハ ミンミンゼミ アカボシゴマダラ ナツアカネ キチョウヨツスジトラカミキリ キアゲハ 

1シラカシのドングリ
f0131669_16355369.jpg

2ヨツスジトラカミキリ
f0131669_16371758.jpg

3アオミズが群生していました
f0131669_16411636.jpg

4★ヒメヒオウギズイセン アヤメ科 南アフリカ原産 多年草 モントブレチアの名で明治の中頃観賞用に導入された
f0131669_1642037.jpg

5★モウソウチク
f0131669_16471269.jpg

6セリ セリ科 日本全土
f0131669_16482560.jpg

7★ヒメムカシヨモギ キク科 北アメリカ原産 明治初期
f0131669_1732644.jpg

8クビキリギス
f0131669_1741732.jpg

9ニジュウヤボシテントウ
f0131669_1754714.jpg

10アメリカオニアザミ キク科 ヨーロッパ原産 昭和20年代以降 メヒシバの群落の中で
f0131669_178571.jpg

11ベニバナボロギク キク科 アフリカ原産の一年草 第二次世界大戦後拡大
f0131669_17505894.jpg

12アオバハゴロモ
f0131669_17115486.jpg

13コセンダングサ キク科 熱帯アメリカ原産 江戸時代に渡来 種が出来ていました
f0131669_17152336.jpg

14★ユウゲショウ アカバナ科 熱帯アメリカ原産 明治年間花卉として導入
f0131669_17262859.jpg

15ウチワヤンマ
f0131669_17272886.jpg

16狛犬 足立神社
f0131669_1728188.jpg

17ゴボウの花が咲いていました
f0131669_17285493.jpg

18★ヨウシュヤマゴボウ ヤマゴボウ科 北アメリカ原産 明治年間渡来
f0131669_17304973.jpg

20ヒルザキツキミソウ アカバナ科 北アメリカ原産 第二次世界大戦後逸出
f0131669_17331914.jpg

21★マルバルコウソウ ヒルガオ科 熱帯アメリカ原産 つる性の一年草 1850年前後に花卉として渡来
f0131669_17421115.jpg

22ガガイモ ガガイモ科 
f0131669_17455360.jpg

by trust-0 | 2016-07-17 17:48 | モニタリング調査

ニュースレターNo.1

1面
f0131669_1643634.jpg

2面
f0131669_16434281.jpg

by trust-0 | 2016-07-09 16:43 | 伝伝

ニュースレターNo.2

1面
f0131669_16412047.jpg

2面
f0131669_16415350.jpg

by trust-0 | 2016-07-09 16:42 | 伝伝