カテゴリ:ノコノコ( 28 )

石垣島 2018.6.25〜29

6月25日、ANA995羽田9時20分→沖縄13時40分(座席19F外が見えない)ANA1767沖縄13時30分(13E)1時間遅れ→石垣14時40分。16時50分レンタカーで、防風林→大浜海岸 探鳥へ、カタグロトビ、エリグロアジサシ、クロサギ、オサハシブトカラス、シロハラクイナ、★リュウキュウヒヨドリなどを見た。空も海も青く、長年鳥を見ている人の会話は要注意!!シロハラは、「シロハラクイナ」、カラスは「オサハシブトカラス」予備知識なく行くと?がいっぱい。
1カタグロトビが枯れ枝に止まっていた
f0131669_09474340.jpg
2
f0131669_12010503.jpg
3
f0131669_12020962.jpg
4ガがいた 虫の数が少ないのは、暑いから
f0131669_12033451.jpg
5ハマユウ
f0131669_12041169.jpg
6クサトベラ
f0131669_12050606.jpg
7異国のゴミが打ち上げられていた
f0131669_12054294.jpg
8
f0131669_12063949.jpg
9
f0131669_12071338.jpg
10トンボ
f0131669_12075572.jpg
11カメムシ
f0131669_12083492.jpg
12
f0131669_12090952.jpg
13
f0131669_12093876.jpg
f0131669_12095519.jpg
14ハイビスカス
f0131669_12104153.jpg
15
f0131669_12111150.jpg
16
f0131669_12113393.jpg
17クロサギ 白いけどクロサギ
f0131669_12122793.jpg
18ヤドカリ
f0131669_12130519.jpg
19小さなヤドカリ
f0131669_21503471.jpg
小さいヤドカリは浜辺にたくさんいた アカショウビンはヤドカリも食べるとか 6月25日は近くの居酒屋「八重山村」で夕食

6月26日は6時30分朝食 県営バンナ公園(東京ドーム60個の広さ、標高230m)へお昼はコンビニの弁当持参 アカショウビンをスコープで見せてもらい満足 大浜海岸→石垣港→西表石垣国立公園→夕食後→バンナ公園ナイトハイク
ここからは写真番号にAをつける
A1シロオビアゲハ
f0131669_13134907.jpg
A2
f0131669_13142740.jpg
A3リュウキュウヒヨドリ
f0131669_13150048.jpg
A4オオゴマダラ
f0131669_13155788.jpg
A5ヤエヤマムラサキ
f0131669_13164572.jpg
A6チョウチョ橋
f0131669_13180600.jpg
A7オサハシブトカラス
f0131669_13184345.jpg
A8アカショウビンの後ろ姿
f0131669_13193648.jpg
A9ゴールデンシャワー
f0131669_13210128.jpg
A10
f0131669_13233512.jpg
A11島中に咲いていた ハイアワユキセンダングサ
f0131669_13242306.jpg
A12 何チョウかな バンナ公園
f0131669_13252029.jpg
A13ヤエヤマムラサキ
f0131669_13421169.jpg
A14オオゴマダラ
f0131669_13443547.jpg
A15ヤエヤマアサギマダラ
f0131669_13453623.jpg
A16カバマダラ

f0131669_13462471.jpg
A17イシガケチョウ
f0131669_13260187.jpg
f0131669_13262379.jpg
A18
f0131669_13270275.jpg
A19クワズイモの実がなっていた
f0131669_13274375.jpg
A20
f0131669_13283173.jpg
A21蝶園の看板
f0131669_13293942.jpg
f0131669_13301494.jpg
A22
f0131669_13504736.jpg
f0131669_13511070.jpg
A23
f0131669_13515345.jpg
A24ビンロウジュ
f0131669_13523646.jpg
f0131669_13531489.jpg
A25ザトウムシ
f0131669_13540509.jpg
A26
f0131669_13544509.jpg
A27
f0131669_13553993.jpg
A28ホウオウボク
f0131669_13562039.jpg
f0131669_13564539.jpg
A29
f0131669_13574497.jpg
A30
f0131669_13581922.jpg
A31
f0131669_13585207.jpg
A32
f0131669_13593264.jpg
f0131669_13594910.jpg
A33ゲットウ
f0131669_14003079.jpg
f0131669_14004951.jpg
A34クモ
f0131669_14014003.jpg
f0131669_14020413.jpg
A35
f0131669_14024883.jpg
A36
f0131669_14033458.jpg
A37ウリハムシに似ているけど
f0131669_14040703.jpg
A38
f0131669_14045899.jpg
A39ツバメシジミかな
f0131669_14054665.jpg
A40カエルに会った
f0131669_14064491.jpg
f0131669_14071163.jpg
f0131669_14073606.jpg
A41
f0131669_14082021.jpg
A42
f0131669_14090707.jpg
A43
f0131669_14093580.jpg
f0131669_14102787.jpg
A44
f0131669_14110950.jpg
A45
f0131669_14114234.jpg
A46アオバハゴロモかな
f0131669_14123050.jpg
A47
f0131669_14130344.jpg
A48
f0131669_14133447.jpg
A49
f0131669_14154466.jpg
A50
f0131669_14165902.jpg
f0131669_14172115.jpg
A51
f0131669_14175692.jpg
A52
f0131669_14181978.jpg
A53
f0131669_14184907.jpg
A54
f0131669_14192216.jpg
移動
A55
f0131669_13305637.jpg
A56
f0131669_13321316.jpg
A57
f0131669_13331578.jpg
f0131669_13334195.jpg
A58アオサギ
f0131669_13342283.jpg
A59
f0131669_13351309.jpg
f0131669_13353703.jpg
f0131669_13360650.jpg
A60オヒルギ
f0131669_13365273.jpg
A61アサギマダラ
f0131669_13373640.jpg
A62シオマネキ
f0131669_13383085.jpg
A63
f0131669_13390786.jpg
A64
f0131669_13400939.jpg
A65
f0131669_13404321.jpg
A66シロハラクイナ
f0131669_14212634.jpg
夕飯を早く食べて、夜はナイトハイク オオコウモリ リュウキュウコノハズク リュウキュウアオバズクの写真を撮ったのを見せてもらった。夜の森の気配を味わった。
6月27日、朝食を食べずに朝6時30分出発。バンナ公園→朝食→浄水場→サトウキビ畑→アカンマサッカー場→オモト岳入り口→エビ養殖場→昼食八重山そば→オモト下林道→バンナ公園→夕食
ここからはBをつける
B1
f0131669_15561731.jpg
B2
f0131669_15570438.jpg
B3
f0131669_15573345.jpg
B4チュウサギ
f0131669_15581965.jpg
B5リュウキュウチョウトンボ
f0131669_15585590.jpg
B6サッカー場
f0131669_16000656.jpg
B7ハイビスカス
f0131669_16010289.jpg
B8アカスジベッコウトンボがいた池
f0131669_16282354.jpg
f0131669_16013783.jpg
f0131669_16020193.jpg
B9
f0131669_16025564.jpg
B10コフキショウジョウトンボ
f0131669_16033629.jpg
B11ベニトンボ
f0131669_16041242.jpg
B12リュウキュウシジュウカラ
f0131669_16060428.jpg
B13
f0131669_16064761.jpg
B14シオマネキ
f0131669_16094350.jpg
B15ミカドアゲハ
f0131669_16104713.jpg
B16シロアリの巣にアカショウビンは巣を作る
f0131669_16115605.jpg
B17ヤエヤマイチモンジ ♂は一文字で♀はミスジ
f0131669_16131070.jpg
f0131669_16134161.jpg
f0131669_16141539.jpg
f0131669_16143490.jpg
B18レンタカー
f0131669_16165695.jpg
B19
f0131669_16174875.jpg
B20カメムシ
f0131669_16184053.jpg
B21アダン
f0131669_16192924.jpg
B22
f0131669_16200693.jpg
B23カンムリワシの風切羽根
f0131669_16210611.jpg
B24
f0131669_16215239.jpg
B25
f0131669_16222969.jpg
B26
f0131669_16233159.jpg
B27
f0131669_16240963.jpg
f0131669_16243548.jpg
B28
f0131669_16251622.jpg
B29
f0131669_16260805.jpg
B30 クモの卵のうかな
f0131669_16263042.jpg
B31
f0131669_16292288.jpg
B32ツバメシジミ
f0131669_16300846.jpg
B33面白い形のクモ
f0131669_16310099.jpg
B34
f0131669_16314110.jpg
B35 空色がきれいなカニだったが、結局、全体像は見られなかった
f0131669_16321887.jpg
B36 とても小さなカエル
f0131669_16325361.jpg
B37オオジョロウグモ 糸は粘着力が高く、小さな鳥もクモの巣にかかり、エサになるとのことを教えてもらう その方は鳥がかかっていたので逃がしたとのこと、生物多様性の理解は、難しいものだと思った 宮沢賢治の銀河鉄道の夜のサソリを思い出した 
f0131669_16334343.jpg
B38イソウロウグモ
f0131669_16343056.jpg
B39
f0131669_16350639.jpg
B40
f0131669_16355571.jpg
B41
f0131669_16363310.jpg
B42キノコ
f0131669_16371225.jpg
B43
f0131669_16374776.jpg
B44
f0131669_16382543.jpg
B45サキシマカナヘビ 
f0131669_16392417.jpg
B46
f0131669_16411020.jpg
f0131669_16413093.jpg
B47イシガキモリバッタ
f0131669_16420331.jpg
B48
f0131669_16425669.jpg
B49ハイビスカス
f0131669_16434348.jpg
B50イロガワリ
f0131669_16442436.jpg
B51
f0131669_16445373.jpg
B52 とてもいい香り
f0131669_16452062.jpg
B53
f0131669_16463475.jpg
f0131669_16465635.jpg
f0131669_16471536.jpg
バンナ公園の橋のところにいたクモは、ゴミグモの仲間かと思う 中心にクモがいて、周りのゴミがクモに見えた

6月28日6時30分出発 オモト林道→朝食9時30分→バンナ公園→昆虫館→大浜海岸→新川
ここからはCを付ける
C1
f0131669_19292793.jpg
C2カタグロトビ
f0131669_19305646.jpg
C3なんて名前の草だろうか 奥に生えている草はたくさん見かけた
f0131669_19314706.jpg
C4小さな馬がつながれていた まつげが長い
f0131669_19332570.jpg
C5チュウサギ
f0131669_19341126.jpg
C6バン
f0131669_19345939.jpg
C7いつも見かけた黄色い花、何というなの花だろうか
f0131669_19353864.jpg
C8石垣島は今は稲刈りの時期 もう少しすると田植えがまた始まる
f0131669_19372157.jpg
C9タマシギ ♂と♀は1週間だけペアになるとのこと ♀と♂の数は1対5で♀が少ない 派手な方が♀ どうして♀が派手かと尋ねると♀は子育てをしない ♂が卵を温めるとのこと 産卵後♀はまた、別の♂を求めるのだとか 行動は数で決まる??
f0131669_19382878.jpg
f0131669_19390458.jpg
f0131669_19393396.jpg
C10ジャンボタニシの卵
f0131669_19402466.jpg
C11
f0131669_19411098.jpg
C12リュウキュウコノハズク
f0131669_19420105.jpg
f0131669_19424164.jpg
C13ズアカアオバト
f0131669_19432195.jpg
C14すごい馬力の機械
f0131669_19443449.jpg
f0131669_19450212.jpg
C15
f0131669_19455192.jpg
C16
f0131669_19462897.jpg
C17セミノヌケガラ
f0131669_19471851.jpg
C18
f0131669_19480962.jpg
C19
f0131669_19490699.jpg
C20
f0131669_19493887.jpg
C21
f0131669_19501354.jpg
C22
f0131669_19505460.jpg
C23アオバセセリ
f0131669_19513290.jpg
C24
f0131669_19520405.jpg
C25小さなカエル
f0131669_19525518.jpg
C26
f0131669_19533486.jpg
C27オオジョロウグモ
f0131669_19542092.jpg
C28イソウロウしているクモ
f0131669_19550625.jpg
C29
f0131669_19553606.jpg
C30バンナ公園の昆虫館でオオゴマダラチョウ
f0131669_19565447.jpg
f0131669_19571652.jpg
f0131669_19573822.jpg
f0131669_19580307.jpg
C31昆虫館の展示 ヨンクニサン 
f0131669_19584789.jpg
f0131669_19592742.jpg
C32
f0131669_20000889.jpg
C33
f0131669_20005173.jpg
C34
f0131669_20012326.jpg
C35
f0131669_20014950.jpg
f0131669_20021484.jpg
C36
f0131669_20025161.jpg
f0131669_20030917.jpg
C37
f0131669_20034845.jpg
C38
f0131669_20042931.jpg
C39
f0131669_20051080.jpg
f0131669_20053600.jpg
C40
f0131669_20060835.jpg
C41クサトベラ
f0131669_20065780.jpg
f0131669_20071702.jpg
C42石垣島市平和都市宣言
f0131669_20083627.jpg
C43図書館
f0131669_20093107.jpg
夕食後、町を歩き、図書館で植物の本を探す クサトベラとサキシマセンダングサの名前が分かった 座敷がある図書館だった

6月29日 朝食7時 8時出発 新川でもう一度タマシギを見たいということで行ったがはずれ 川平湾→八重山ヤシ群落→新川→レンタカー返却 ANA92便15時30分発が10分遅れ(座席40F)
ここからはD
D1アオサギ
f0131669_20185899.jpg
D2ムラサキサギ
f0131669_20195584.jpg
D3バン
f0131669_20203587.jpg
D4セイタカシギ
f0131669_20212660.jpg
D5アオアシシギ
f0131669_20220542.jpg
D6コサギ
f0131669_20224187.jpg
D7アマサギ
f0131669_20255015.jpg
D8
f0131669_20233548.jpg
D9川平湾
f0131669_20241234.jpg
f0131669_20295394.jpg
D10ツマグロヒョウモン
f0131669_20244746.jpg
D11ヤサアリグモに形は似ているけど色が違うので、違う種類かな
f0131669_20272848.jpg
D12
f0131669_20281892.jpg
D13
f0131669_20284984.jpg
D14ジガバチ 獲物を殺さないで巣まで運び 幼虫のエサにするとか 結局大きすぎたのか手放した
f0131669_20303192.jpg
f0131669_20305229.jpg
D15
f0131669_20324335.jpg
D16
f0131669_20331697.jpg
D17
f0131669_20335056.jpg
f0131669_20343098.jpg
f0131669_20345153.jpg
D18
f0131669_20352709.jpg
f0131669_20354750.jpg
写真を提供してもらった ここからはEにする
E1カタグロトビ
f0131669_20404199.jpg
E2クロサギ 白いけどクロサギ
f0131669_20420586.jpg
E3アカショウビン
f0131669_20431390.jpg
E4エリグロアジサシ
f0131669_20442249.jpg
E5オオアジサシ
f0131669_20450222.jpg
E6セマルハコガメ 歩くのが早い 
f0131669_20464003.jpg
E7セッカ
f0131669_20480665.jpg
E8オオアジサシ
f0131669_20490767.jpg
E9タマシギ
f0131669_20494967.jpg
同行した皆さんは、学生時代からずっと鳥を追いかけ、その美しさに惹かれ続けている。幸せな人生だと思った。ネットでは蚊が多いとのことだったが、蚊に刺されることなく終了した。

by trust-0 | 2018-07-01 12:15 | ノコノコ

2018.6.24 見沼田んぼ 自然観察大学

◇日時 2018年6月24日 日曜日 9時45分〜12時30分
◇天気 晴れ 暑かった
浅間先生から・・・アメリカナマズ(背中に刺あり)と普通のナマズの説明があった。ナマズはアメリカザリガニの行動をおさえ、導入すると水草が回復する。唐沢先生から、駅前に25の巣を確認し、落ちた巣はカップラーメンなどの容器で代用することも可とのこと。
1黒丸のところは貝塚・・・塩水にいる貝が出土する ヤマトシジミも貝塚から見つかる 海面が5m高かった 丸木舟も出土している 芝川はお茶の水の昌平橋まで流れている
f0131669_17060738.jpg
2唐沢先生手書きの見沼歴史丸わかりイラスト 
f0131669_17065442.jpg
3カメムシ・・・ピントが合っていないがカメムシらしい
f0131669_17114439.jpg
4-1ゼニゴケ・・・雌器托
f0131669_17144103.jpg
f0131669_17155514.jpg
4-2雄器托・・・若く青いときに水を垂らすと小さな泡が見える・・・精子
f0131669_17152741.jpg
f0131669_17173026.jpg
4-3無精芽 無受粉
f0131669_17190009.jpg
5エノキウスヒゲナガハムシ
f0131669_17351237.jpg
f0131669_17353787.jpg
6カシワ タンニンが多い 染色に使う 水道水に木を付けておくと鉄と反応し黒くなる 二段構えで葉を展開する 暖かい地方の植物てはないか 痩せ地海岸に生え防風林にも利用されている
f0131669_17392785.jpg
7ウスカワマイマイ
f0131669_17401019.jpg
8ゴマダラチョウ 羽化したてで翅を乾かしていた
f0131669_17405323.jpg
f0131669_17414415.jpg
f0131669_17421493.jpg
f0131669_17424454.jpg
9ヒメウラナミジャノメ
f0131669_17432725.jpg
10チャバネアオカメムシ
f0131669_17441457.jpg
11ユキヤナギアブラムシ イタドリに移動してきた
f0131669_17451789.jpg
12シキミ 毒あり 八角はタミフルの材料
f0131669_17455786.jpg
13
f0131669_17462688.jpg
14アリグモの卵のう 卵を守っている
f0131669_17471778.jpg
15コカネグモ 幼体
f0131669_17480028.jpg
16ユウゲショウ アカハナ化午前4時から咲く 夕方にしぼむ
f0131669_17483718.jpg
17ユウゲショウにクロウリハムシでいいかな
f0131669_17490766.jpg
18イッポンセスジスズメガの幼虫 里芋につく
f0131669_17504232.jpg
f0131669_17510498.jpg
f0131669_17512248.jpg
19ノウサギの足跡
f0131669_17520074.jpg
20ヨシの葉にいた だれかな
f0131669_17523309.jpg
21ドヨウオニグモ
f0131669_17532628.jpg
22モモコフキアブラムシ アブラコバチに寄生されると白くなる
f0131669_17535150.jpg
f0131669_17541791.jpg
23ジュウサンホシテントウ かな
f0131669_17544463.jpg
24マルバスミレの実 表面はつるつる 実が低い位置につく アオイスミレは表面毛あり
f0131669_17552929.jpg
25エサキモンキツノカメムシ ♀は守っているだけ 50〜100の卵 ♂のハートは黄色っぽい
f0131669_17561324.jpg
26ヒダリマキマイマイ カラの入り口が反り返っているのが成体
f0131669_17564708.jpg
27ヤスデは葉を食べる
f0131669_17572332.jpg
28アカメガシワの実 雌株
f0131669_17581537.jpg
29イイギリ 雌雄異株
f0131669_17584948.jpg
30スミレ 帰りの道で
f0131669_17592276.jpg
f0131669_17594256.jpg

by trust-0 | 2018-06-24 18:11 | ノコノコ

2018.6.19 生田緑地

暑い一日、午前中だけ生田緑地を散策した。
1コマツナギの花が咲いていた
f0131669_07011248.jpg
2ヒヨドリバナ
f0131669_07143682.jpg
3コブシの実
f0131669_07152048.jpg
4ツリフネソウの葉
f0131669_07155688.jpg
5ミゾソバの花が咲いていた
f0131669_07163697.jpg
6看板も整備されている この場所は日本民家園、岡本太郎美術館、かわさき宙(そら)と緑の博物館、伝統工芸館といろいろそろっている。
f0131669_07173879.jpg
7
f0131669_07210715.jpg
8カタハリウズクモかな
f0131669_07215840.jpg
9カサスゲ
f0131669_07223217.jpg
10イオウイロハシリグモ
f0131669_07231501.jpg
11フモトシダ
f0131669_07240396.jpg
12看板
f0131669_07245095.jpg
13ヒメドコロ 花は葉の下に
f0131669_07255171.jpg
14☆ヨツスジカミキリ
f0131669_07262130.jpg
15ホタルの看板
f0131669_07273924.jpg
f0131669_07280490.jpg
f0131669_07291685.jpg
f0131669_07293877.jpg
16-1オオバノトンボソウ
f0131669_07302073.jpg
16-2
f0131669_07304087.jpg
17
f0131669_07310495.jpg
18カシワバハグマ
f0131669_07314547.jpg
19イヌザクラの実が落ちていた
f0131669_07323598.jpg
20ハナイカダの実 熟した実は一つだけ
f0131669_07331863.jpg
21オトコエシの葉
f0131669_07341868.jpg
22オカタツナミ
f0131669_07345795.jpg
23カタツムリ
f0131669_07352967.jpg
24ノアザミ
f0131669_07360473.jpg
25 川崎市高津区出身の岡本太郎 青空に映えていた
f0131669_07363318.jpg
26ネジバナ 左巻きと右巻きは半々とツイッター情報
f0131669_07373887.jpg
27-1ウマノミツバ 
f0131669_07381809.jpg
27-2
f0131669_07384117.jpg

28宙と緑の博物館内
f0131669_07394290.jpg
f0131669_07401033.jpg
f0131669_07403102.jpg
f0131669_07410009.jpg
f0131669_07411627.jpg
f0131669_07413507.jpg
埼玉にもこのような森、ネイチャーセンター、美術館があるといいなと思いながら帰途についた。

by trust-0 | 2018-06-20 07:52 | ノコノコ

2018.5.27民家園から調整池

◇日時 2018年5月27日 9時〜
◇場所 浦和くらしの博物館民家園→調整池→民家園
◇天気 晴れ 暑いくらいであったが木陰は涼しかった
◇鳥 カイツブリ アオサギ シジュウカラ スズメ オオヨシキリ
◇昆虫 コフキトンボ キイロサナエ イチモンジチョウ
◇生きもの アカミミガメ
◇メモ コウモリが減ったとの話があった カワウ、オオヨシキリが調整池で繁殖している ☆キャプション二宮さん 
1
f0131669_16123335.jpg
2モンシロチョウ
f0131669_08274398.jpg
3ジョロウグモのまどい
f0131669_08281632.jpg
4☆ホソバセダカモクメ ハルノノゲシやアキノノゲシを食草としている
f0131669_08291247.jpg
5マテバシイの雄花
f0131669_08300288.jpg
6ハグロハバチの幼虫
f0131669_08305737.jpg
7☆ホオヅキカメムシ
f0131669_08315988.jpg
8ネズミムギ 花の時期に草刈りすると良いかな 実がなってからだと増えてしまう
f0131669_08324818.jpg
9☆ナガメの幼虫
f0131669_08353824.jpg
10ナガメ カメムシ科
f0131669_08361041.jpg
11-1ハエトリグモ科かな
f0131669_08383530.jpg
11-2
f0131669_08414140.jpg
12クワにいた虫 アメリカシロヒトリの幼虫 終齢幼虫になると単独行動をする
f0131669_08423910.jpg
13コフキゾウムシ
f0131669_08441131.jpg
14☆ホソヘリカメムシ
f0131669_08451327.jpg
15☆クズにいたメダカナガカメムシ
f0131669_08460437.jpg
16カキネガラシ
f0131669_08470407.jpg
17クサグモかコクサグモかな
f0131669_08474087.jpg
18木陰でひと休み
f0131669_08482504.jpg
19ハナグモ♂ カニグモ科
f0131669_08485933.jpg
20イチモンジチョウ
f0131669_08500068.jpg
21ウロコアシナガグモだと思う
f0131669_08510130.jpg
22-1オニウシノケグサ イネ科 ヨーロッパ原産
f0131669_08540814.jpg
22-1
f0131669_08543595.jpg
23☆ヨツボシウスキヒメシャク
f0131669_09012803.jpg
24☆セッカニワゼキショウ 民家園に咲いていた
f0131669_09015707.jpg
途中で帰途についた。

by trust-0 | 2018-05-27 16:12 | ノコノコ

2018.5.6北本 埼玉県自然学習センター

2018年5月6日
1カマキリ あまり小さくて
f0131669_19484785.jpg
2だれかな
f0131669_19513847.jpg
3エノキトガリタマフシ(形成者 エノキトガリタマバエ)
f0131669_19533922.jpg
4ウシハコベ ナデシコ科 茎上部やがく片に腺毛あり 花柱5
f0131669_19562928.jpg
5だれかな
f0131669_19593698.jpg
6チチコグサ? 入り口付近の草地保護ゾーンで
f0131669_20012698.jpg
7オオニワゼキショウ? アヤメ科 
f0131669_20025008.jpg
8クワコ
f0131669_20081042.jpg
9コクサグモ?
f0131669_20092075.jpg
10
f0131669_20101786.jpg
10-2
f0131669_20110777.jpg
11-1イヌトウバナ? シソ科
f0131669_20121294.jpg
11-2
f0131669_20125140.jpg
12-1クモの団居
f0131669_20133776.jpg
12-2
f0131669_20145298.jpg
13カマツカの実
f0131669_20154620.jpg
14
f0131669_20161946.jpg
15コナラ虫こぶ
f0131669_20170350.jpg
16アリ
f0131669_20174865.jpg
17ベビイチゴ
f0131669_20182928.jpg
18
f0131669_20190613.jpg
19ヤブタビラコ
f0131669_20194854.jpg
20ハナモグリ
f0131669_20202294.jpg
21ガマズミ
f0131669_20205758.jpg
22ヒダリマキマイマイ
f0131669_20214421.jpg
23クモ
f0131669_20223383.jpg
24ヤブヘビイチゴの実
f0131669_20231692.jpg
25ヘビイチゴの実
f0131669_20234643.jpg
26ホソコメツキ?
f0131669_20241494.jpg
27ギシギシにアブラムシとアリ
f0131669_20254069.jpg
28イヌガラシ アブラナ科 花弁は4 実は円柱形
f0131669_20275856.jpg
29カラスノエンドウにアブラムシとアリ
f0131669_20294510.jpg
30-1ウキヤガラ カヤツリグサ科
f0131669_20340319.jpg
30-2
f0131669_20343741.jpg
31キンバエ?
f0131669_20350937.jpg
32
f0131669_20361518.jpg
33
f0131669_20365640.jpg
34ノイバラ
f0131669_20382416.jpg
35-1アゼナルコ カヤツリグサ科
f0131669_20390912.jpg
35-2
f0131669_20393509.jpg
36-1
f0131669_20401302.jpg
36-2
f0131669_20404162.jpg
37
f0131669_20412044.jpg
38
f0131669_20420224.jpg
39モモブトカミキリモドキ?
f0131669_20423903.jpg
40モモブトカミキリモドキ
f0131669_20434791.jpg
41セイヨウミツバチ?
f0131669_20443845.jpg
42ヒメウラナミジャノメ
f0131669_20451870.jpg
43-1コシロガネグモ?
f0131669_20462223.jpg
43-2
f0131669_20464985.jpg
43-3
f0131669_20472175.jpg
43-4
f0131669_20475255.jpg
44コウホネ
f0131669_20483358.jpg
45クモ
f0131669_20491657.jpg
46フタリシズカ
f0131669_20495828.jpg
47-1クサヨシ?イネ科 
f0131669_20503828.jpg
47-2
f0131669_20510212.jpg
48シオカラトンボ♂
f0131669_20515223.jpg
49イ イグサ科
f0131669_20523317.jpg
50ホソヒラタアブ?
f0131669_20530015.jpg
51ミズキの実 ミズキ科
f0131669_20533769.jpg
52
f0131669_20540263.jpg
53アオカモジグサ イネ科 カモジグサどちらかな?
f0131669_20543808.jpg
オオヨシキリの鳴き声がしきり、リュウジョが飛び、ノイバラの香りを感じよい時間を持てた。施設内の展示も毎回変化に富み勉強になった。このような施設が埼玉県内に多くあるとうれしい♫

by trust-0 | 2018-05-07 21:41 | ノコノコ

2018.4.11風布

◇日時 2018年4月11日水曜日9時40分 波久礼駅集合 
◇天気 曇り
◇案内 二宮靖男さん
◇参加者 19名          キャプション 二宮靖男さん 写真 加倉井範子
1波久礼駅前で
f0131669_23270278.jpg
2新緑のグラションと満々たる水を湛えた荒川(玉淀ダム湖)
f0131669_23273875.jpg
3コスミレ
f0131669_23281465.jpg
4キランソウ びっしりと這うことから地獄の釜の蓋の名も
f0131669_23290179.jpg
5ムラサキサギゴケ
f0131669_23294467.jpg
6畑の大根も開花中
f0131669_23302371.jpg
7スズメノエンドウ 花は白紫色
f0131669_23313498.jpg
8カスマグサ 花は淡青紫色
f0131669_23320156.jpg
9カラスノエンドウ 花は紅紫色
f0131669_23323168.jpg
10-1オオイヌノフグリ ホシノヒトミ(星の瞳)と呼びたい 
f0131669_23344728.jpg
10-2オオイヌノフグリの白花タイプ
f0131669_23340476.jpg
11シナレンギョウ
f0131669_23380464.jpg
12クサイチゴ 草とついても木本
f0131669_23384045.jpg
13ヤエムグラ
f0131669_23393027.jpg
14エゾタンポポ 総苞外片に突起がなく円やか
f0131669_23401690.jpg
15ゲンゲ(標準和名)一般的にはレンゲソウ 、レンゲ
f0131669_23405373.jpg
16クサグモかな
f0131669_23413247.jpg
17コモリグモかな
f0131669_23420351.jpg
18ネコノメソウ 葉は対生につく
f0131669_23430884.jpg
19-1ヤブタビラコ 葉の先は野球のホームペース型
f0131669_23441443.jpg
19-2ヤブタビラコの花 花弁の先は切形
f0131669_23444332.jpg
20キュウリグサ
f0131669_23452109.jpg
21-1ミツバアケビ雄花
f0131669_23462699.jpg
21-2ミツバアケビの葉は文字通り3枚 アケビは5枚
f0131669_23470500.jpg
21-3ミツバアケビ雌花
f0131669_23473302.jpg
22ご利益があるように
f0131669_23495020.jpg
22-2
f0131669_23484405.jpg
23ヤマブキ
f0131669_23502833.jpg
24タネツケバナ
f0131669_23511339.jpg
25ヤブヘビイチゴ
f0131669_23515437.jpg
26ミヤマキケマン
f0131669_23524289.jpg
27マルバコンロンソウ
f0131669_23534252.jpg
28オオバノイノモトソウ
f0131669_23550417.jpg
29
f0131669_23571199.jpg
30カテンソウ
f0131669_00050538.jpg
31ミドリハコベ 5弁だが基部近くまで2裂するので10弁に見える
f0131669_23595152.jpg
32 風布川沿いを行く
f0131669_00002174.jpg
33マルバスミレ
f0131669_00011322.jpg
34-1レンプクソウ 横に4個上に1個つくので、五輪花の名も
f0131669_00031015.jpg
34-2
f0131669_00034456.jpg
35セントウソウ
f0131669_00060467.jpg
36-1風布川 川石にはりつくナルコスゲ
f0131669_00073669.jpg
36-2
f0131669_00065954.jpg
37水性昆虫 トビケラ
f0131669_00081710.jpg
38-1ニリンソウ
f0131669_00090422.jpg
38-2
f0131669_00092735.jpg
39ジュウモンジシダ
f0131669_00100382.jpg
40ウワバミソウ (山菜名ミズ)
f0131669_00104529.jpg
41-1アオキの雄花
f0131669_00114813.jpg
41-2アオキの実
f0131669_00122647.jpg
42ヒシバッタ
f0131669_00135300.jpg
43ササクサ
f0131669_00143786.jpg
44コンロンソウ
f0131669_00152258.jpg
45
f0131669_00160512.jpg
46ヒメニラ
f0131669_00164200.jpg
47ツルカノコソウ
f0131669_00174452.jpg
48マメヅタ
f0131669_00181825.jpg
49ヒメカンスゲ
f0131669_00190313.jpg
50スズメノヤリ
f0131669_00194382.jpg
51アメリカスミレサイシン
f0131669_00203416.jpg
52
f0131669_00210413.jpg
53オニグルミ
f0131669_00214244.jpg
54ロウバイの実
f0131669_00222586.jpg
55
f0131669_00231489.jpg
56ケヤキハフクレフシ 形成者はケヤキヒトスジアワムシ
f0131669_00234819.jpg
57フキ
f0131669_00242528.jpg
58テマリカンボクの蕾
f0131669_00252295.jpg
59ウズクモ
f0131669_00255514.jpg
60
f0131669_00263950.jpg
61エイザンスミレの実
f0131669_00271521.jpg
62
f0131669_00275153.jpg
63オクモミジハグマ
f0131669_00291922.jpg
64天狗岩
f0131669_00283730.jpg
65風のみち
f0131669_00304639.jpg
66白いイカリソウ
f0131669_00313699.jpg
67-1☆アリアケスミレ
f0131669_00323268.jpg
67-2

by trust-0 | 2018-04-12 01:19 | ノコノコ

2017.11.10 荒川大麻生公園 

◇日時 2017年11月10日 金曜日 電車が遅れ鴻巣で立ち往生、熊谷10時05分の電車で行く
◇天気 晴れ
◇参加者 9名
◇鳥 モズ ハシブトカラス シジュウカラ メジロ ハクセキレイ セグロセキレイ エナガ オオタカ ウグイス シメ タシギ トビ ツグミ
1カワラケツメイ(利尿剤になるとか)
f0131669_19233554.jpg
2カワラヨモギ 漢方名は(茵陳蒿インチンコウ)で頭花を乾燥したもので、消炎、解熱、利尿です
f0131669_19264346.jpg
3
f0131669_19280797.jpg
4メハジキ
f0131669_19285719.jpg
5ホソヒラタアブの仲間
f0131669_19294442.jpg
6ワルナスビの実
f0131669_19304383.jpg
7ヤマトシジミ♂♀
f0131669_19320162.jpg
8アワコガネギク アブラムシがいるみたい
f0131669_19332201.jpg
8-2
f0131669_19353338.jpg
9スズメウリの実
f0131669_19343872.jpg
10-1センダングサ 種は皆返し針が
f0131669_19371957.jpg
10-2
f0131669_19410430.jpg
11ノコンギク
f0131669_19383110.jpg
12-1テリハノイバラの実
f0131669_19401958.jpg
12-2テリハノイバラの花(咲き残り)
f0131669_19570945.jpg
13イボタノキの実 イボタノキはライラックの台木
f0131669_19420091.jpg
14ツルウメモドキの実
f0131669_19424901.jpg
14-2繁茂するツルウメモドキ きれいな果実が見頃
f0131669_19522203.jpg
15-1タンキリマメの実
f0131669_19433684.jpg
15-2 葉は菱形 毛あり
f0131669_19452162.jpg
15-3
f0131669_19473472.jpg
16アオツヅラフジの実
f0131669_19443871.jpg
17コマツナギの実
f0131669_19483414.jpg
18センニンソウの実
f0131669_19492319.jpg
19カガイモの実
f0131669_19504862.jpg
20ハリエンジュの葉痕 刺は托用葉の変化したもの
f0131669_19513677.jpg
21カワラナデシコ
f0131669_19532295.jpg
22メカルカヤ
f0131669_19541873.jpg
23オカルカヤ
f0131669_19552125.jpg
24
f0131669_19582890.jpg
25カワラハハコ 葉の幅は2〜3ミリ
f0131669_19591507.jpg
26カワラサイコ
f0131669_20003658.jpg
27イヌハギ
f0131669_20013156.jpg
28オトコヨモギ
f0131669_20024663.jpg
28-2
f0131669_20090270.jpg
29荒川
f0131669_20102529.jpg
30ヨモギハべリマキフシ
f0131669_20111874.jpg
31コセンタングサにセイヨウミツバチかな
f0131669_20125994.jpg
32シベリアメドハギ
f0131669_20152511.jpg
33クコの実
f0131669_20162105.jpg
34ママコノシリヌグイ
f0131669_20171174.jpg
35イヌアワ
f0131669_20181374.jpg
36カテンソウ
f0131669_20185907.jpg
37オオタカの食痕 捕食されたカラスの羽
f0131669_20193285.jpg
38アメリカネナシカズラ
f0131669_20200655.jpg
以上、参加者の皆さんに教えていただきキャプションを入れた。感謝。

by trust-0 | 2017-11-10 20:25 | ノコノコ

2017.10.27岩殿

◇日時 2017年10月27火金曜日 10時から12時
◇天気 晴れ
待ち合わせで会えなかったので、バスで移動市民の森へ
1市民の森のテーダマツ(かつての試験林)
f0131669_18183726.jpg
2コウヤボウキが咲いていた 昔、粉をひいた後にこれで作った箒で掃除したとのことを道行く人に教えてもらった 
f0131669_18221397.jpg
3コカマキリ
f0131669_18224509.jpg
4シラヤマギク
f0131669_18233246.jpg
5花後のオケラ
f0131669_18241131.jpg
6きのこ
f0131669_18244553.jpg
7ナメクジ
f0131669_18251964.jpg
8ジカキムシ
f0131669_18260644.jpg
9-1コウヤボウキにクチナガガガンボ
f0131669_18265291.jpg
9-2クチナガガガンボの吸蜜
f0131669_18271984.jpg
9-3
f0131669_18275197.jpg
10オトコヨウゾメの実
f0131669_18284563.jpg
11ハシゴシダ
f0131669_18292391.jpg
12アキノキリンソウ
f0131669_18301117.jpg
13ササクサ ヒッツキムシで衣類にたくさん実がついた
f0131669_18305302.jpg
14-1 オナガグモ
f0131669_18313115.jpg
14-2
f0131669_18315309.jpg
15ツルグミ 葉裏は金色
f0131669_18324255.jpg
16コガタコガネグモ
f0131669_18332510.jpg
17ヤブムラサキの果実 萼・果柄・小枝に毛が密生
f0131669_18340391.jpg
18ノガリヤス
f0131669_18343779.jpg
19ナガバノコウヤボウキの実
f0131669_18354307.jpg
20ヤクシソウ
f0131669_18365337.jpg
21タカラダニかな
f0131669_18373077.jpg
22スギゴケの仲間
f0131669_18380006.jpg
23センブリ
f0131669_18383263.jpg
24キバナアキギリ
f0131669_18391440.jpg
25シロヒトリの幼虫
f0131669_18395567.jpg
26カメムシ
f0131669_18402959.jpg
27だれかな
f0131669_18412052.jpg
28-1オクモミジハグマ
f0131669_18415997.jpg
28-2
f0131669_18423924.jpg
28-3オクモミジハグマの花
f0131669_18430793.jpg
29カンアオイ
f0131669_18435997.jpg
以上 秋を感じた一日になった。コウヤボウキとガガンボでYouTubaで調べると面白いとの情報をもらった。早速調べガガンボの名前がわかった。クチナガガガンボのようだ。キャプションは坂田さん、二宮さんに手直ししていただいた。感謝。

by trust-0 | 2017-10-28 18:44 | ノコノコ

2017.10.7トラスト8号地

雨のち晴れ 午前中の研修後の8号地散策 オオブタクサが少なくなっていた ボランティアの力は大きい 2017年の春はアカガエルの産卵が確認出来なかったとか・・・来年に期待したい。 
1北本野外活動センター
f0131669_22025531.jpg
2ナガコガネグモ
f0131669_22033063.jpg
3-1
f0131669_22041741.jpg
3-2
f0131669_22045615.jpg
4カラムシにアカハタハの幼虫?
f0131669_22054787.jpg
5きれいなカメムシ
f0131669_22062942.jpg
6ワキグロサツマノミダマシ
f0131669_22071546.jpg
7だれかな とてもちいさかった
f0131669_22080224.jpg
8白いイヌタデは初めてみた
f0131669_22084999.jpg
9ハナタデ
f0131669_22093128.jpg
10ミゾソバ
f0131669_22101179.jpg
11-1ワタラセツリフネソウ
f0131669_22111135.jpg
11-2
f0131669_22113853.jpg
12ヤブミョウガ
f0131669_22121132.jpg
13
f0131669_22125024.jpg
14
f0131669_22132651.jpg
15シダレザクラが大きくなっていた
f0131669_22142543.jpg
16センダンの木の下で
f0131669_22151384.jpg
以上

by trust-0 | 2017-10-07 22:19 | ノコノコ

見沼自然の家 2017.10.1

◇日時 2017年10月1日 日曜日 10時〜12時(午後まであったが午前中までの参加)
◇天気 晴れ
◇案内 吉田さん他皆さん
埼玉県生態系保護協会の観察会に参加した。支部の方が多く、ちょっと場違いだったかなと思ったが、いろいろなことを学ぶことが出来た。白いハギも咲いていた。スズメガの幼虫は触ってもOK。ハンノキが紅葉しないのは、根っこに菌を住まわせ、空気中の窒素を獲得できるので、紅葉する必要がないのである。菌と樹は共生しているのである。リッチな樹は紅葉する必要がなく、美しい紅葉は樹の倹約の賜なのである。★写真で同定して頂いた
1とても気持ちのよい青空
f0131669_10265011.jpg
2ジャコウアゲハの幼虫 食草ウマノスズクサ
f0131669_10272988.jpg
3ホタルガ♂ マダラガ科 岩手県ではレッド 食草ヒサカキ、ツバキ マサキ 昼間に活動する 出現記は5〜7月と8〜9月年2回。幼虫で越冬。
f0131669_10283799.jpg
4キドクガの幼虫?
f0131669_10445863.jpg
★5 ヒヨドリバナにコスカシバ 
f0131669_10453465.jpg
6ヒメジャノメ? 田んぼのアゼなど明るい環境を好む
f0131669_10463780.jpg
7ヒヨドリバナにアズチグモ
f0131669_10474121.jpg
8コミスジ タテハチョウ科 平地では年に3回、4月下旬〜5月 7月下旬〜8月 9月下旬〜10月。本州中部では2回、北海道では1回 幼虫越冬 食草クズ フジ キハギ等のマメ科 時にケヤキ ニレ エノキ アオギリなど食べる
f0131669_10481579.jpg
9ヒヨドリバナにキンケハラナガツチバチ ツチバチの仲間は地面を掘って、土の中に潜っていき、コガネムシの幼虫を見つけると一時的に麻酔をして幼虫の体表に産卵する 
f0131669_10485418.jpg
★10ツマグロキンバエ 
f0131669_10493732.jpg
11ヒメクロオトシブミ オトシブミ科 出現期は本によれば4〜7月 雌はバラ ナラ クヌギなどの葉を切って巻く ふ化した幼虫は内部の葉を食べて成長し、ゆりかごの中で蛹になる。
f0131669_10501562.jpg
★12クサギカメムシ
f0131669_10505171.jpg
★13モリチャバネゴキブリ(幼虫)
f0131669_10512243.jpg
★14カナムグラにキタテハ(幼虫) 成虫越冬 5月頃から年に2〜5回発生 
f0131669_10520241.jpg
15アキアカネ
f0131669_10523314.jpg
16ハラビロカマキリ 手の鎌がすごい
f0131669_10531288.jpg
17エンマコオロギかな
f0131669_10535720.jpg
18ヨコヅナサシガメ サクラ エノキ ケヤキの大木にいることが多い
f0131669_10543287.jpg
★19ヤチガガンボ 
f0131669_10550736.jpg
20 コバネイナゴ イナゴ科 
f0131669_10555199.jpg
21外来種 マダラコウラナメクジ
f0131669_10562632.jpg
参考 「虫のしわざ」 文一総合出版 「校庭の昆虫」 全国農村教育協会

以上

by trust-0 | 2017-10-04 11:09 | ノコノコ