カテゴリ:モニタリング調査( 42 )

2018.11.11 第1調整池-明の星周辺

1
f0131669_21372016.jpg
2明の星の下、シャクチリソバ群生
f0131669_21384896.jpg
f0131669_21514601.jpg
3
f0131669_21524659.jpg
4アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21532308.jpg
5調整池はいつ完成するのだろうか
f0131669_21534337.jpg
6クコの実
f0131669_21543517.jpg
7クコの花
f0131669_21550498.jpg
8
f0131669_21552503.jpg
9
f0131669_21555027.jpg
10
f0131669_21561037.jpg
11コセンダングサの実
f0131669_21565507.jpg
12セイバンモロコシ
f0131669_21573448.jpg
13ツユクサに似た小さな花が
f0131669_21581871.jpg
14キュウリグサ
f0131669_21585324.jpg
15ヒメジョオン
f0131669_21592447.jpg
16ヒラタアブかな
f0131669_21595964.jpg
17ツマグロヒョウモン♂
f0131669_22011074.jpg
18オオジシバリにアブ
f0131669_22013865.jpg
19セイタカアワダチソウ群落
f0131669_22023687.jpg
20
f0131669_22030654.jpg
21
f0131669_22032766.jpg
22
f0131669_22034743.jpg
23アメリカオニアザミのロゼツト 大きい
f0131669_22043536.jpg
24ナガメ
f0131669_22050288.jpg
25オオイヌノフグリ 何かの虫かな
f0131669_22053366.jpg
26シロザかな
f0131669_22062037.jpg
27
f0131669_22065138.jpg
28
f0131669_22071396.jpg
29茎が四角形 何かな
f0131669_22073885.jpg
30ヨモギ
f0131669_22084123.jpg
f0131669_22085993.jpg
31イモカタバミ
f0131669_22093211.jpg
32捨てられていた 持ち帰って我が家の植木鉢に入れ替えた 庭の植物と野生植物の場所の棲み分けを
f0131669_22104272.jpg
モニタリングの調査もこれで終了

by trust-0 | 2018-11-14 22:13 | モニタリング調査

2018.11.5 桜橋

1
f0131669_21223746.jpg
2ウメモドキの実
f0131669_21242583.jpg
3セイタカアワダチソウ 北アメリカ原産 明治年間観賞用として導入 晩秋まで花があるので養蜂家が全国に広めたことがある
f0131669_21251039.jpg
4ネズミムギの葉が光っていた ヨーロッパ原産 飼料作物イタリアンライグラスとして栽培され、野生化した
f0131669_21263154.jpg
5アカカタバミ
f0131669_21275432.jpg
6ハナイバナ 
f0131669_21293998.jpg
7アゼガヤ 畔茅 イネ科
f0131669_21302304.jpg
8芝川
f0131669_21310113.jpg
9ジュズダマ
f0131669_21313310.jpg
10セスジスズメ 食草はサトイモ(サトイモ科)、ヤブガラシ(ブドウ科)、ホウセンカ(ツリフネソウ科) 道路横断中だったので草むらに移動した。冷たい感触が・・・。
f0131669_21320765.jpg
11
f0131669_21334827.jpg
12
f0131669_21341638.jpg
13
f0131669_21343584.jpg
14
f0131669_21350405.jpg
15
f0131669_21353431.jpg
16アレチウリ 北アメリカ原産 1952年静岡で見つかる
f0131669_21361575.jpg
17アメリカイヌホオズキ ナス科 北アメリカ原産 1951年に兵庫県で採集
f0131669_21365387.jpg
18ハキダメギク 熱帯アメリカ原産 畑地雑草 大正年間に侵入
f0131669_21371282.jpg
よく見ると可愛いハキダメギク

by trust-0 | 2018-11-10 21:45 | モニタリング調査

2018.10.30 下野田緑地

下野田緑地◇日時 2018年10月30日火曜日 15時30分〜17時◇天気 晴れ
1開発が進んでいる
f0131669_21293425.jpg
2ブタナ ヨーロッパ原産 
f0131669_21422415.jpg
f0131669_21424252.jpg
3アメリカオニアザミ ロゼット
f0131669_21432373.jpg
4タンポポ ロゼット
f0131669_21440103.jpg
5アレチニシキソウ コニシキソウのように葉に斑点がない 実に毛も少ない
f0131669_21450890.jpg
f0131669_21452642.jpg
6メマツヨイグサ ロゼツト 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_21461374.jpg
7セイヨウタンポポ ヨーロッパ原産 
f0131669_21470048.jpg
8セイバンモロコシ群生/セイバンモロコシ 地中海地域原産 1945年前後に関東地方で確認される
f0131669_21480948.jpg
f0131669_21482795.jpg
f0131669_21485079.jpg
9コセンダングサ 熱帯アメリカ原産 江戸時代に渡来
f0131669_21492358.jpg
10ハエの仲間
f0131669_21495333.jpg
11アキノノゲシ
f0131669_21502632.jpg
12ヒメオドリコソウ ヨーロッパ原産 明治中期の1893年東京で確認された
f0131669_21511279.jpg
13アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21514619.jpg
14キュウリグサ ロゼット
f0131669_21522127.jpg
15下野田緑地
f0131669_21531538.jpg
16ハエの仲間
f0131669_21534788.jpg
17チョウゲンボウが止まっていた
f0131669_21545130.jpg
18ヒメジョオン 北アメリカ原産 江戸時代末期に観賞用として導入 若い苗は食べられる
f0131669_21552741.jpg
19ムラサキツメクサ ヨーロッパ原産
f0131669_21555517.jpg
20アレチヌスビトハギ 北アメリカ原産
f0131669_21571695.jpg
f0131669_21573309.jpg
21ヒメムカシヨモギ 明治初期に帰化 花の舌片は白色、先は浅く2裂
f0131669_21580587.jpg
22ガの仲間
f0131669_21583611.jpg
23セイヨウカラシナ 
f0131669_21590695.jpg
24ヘラオオバコ ロゼット ヨーロッパ原産 江戸時代末期に渡来
f0131669_21594504.jpg
25コメツブツメクサ ヨーロッパから西アジアにかけて原産 
f0131669_22001820.jpg
26メマツヨイグサ 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_22010372.jpg
27ヒメムカシヨモギ 北アメリカ原産
f0131669_22015502.jpg
28キツネアザミ ロゼット
f0131669_22023602.jpg
29ノボロギク ヨーロッパ原産 明治初期に帰化
f0131669_22031636.jpg
30サッカースタジアムが遠くに見える
f0131669_22041718.jpg
31アメリカオニアザミの実 ヨーロッパ原産 昭和20年代以降、物資の交流により分布を広げた
f0131669_22050911.jpg
32この風景も見納め、次に来たときには建物が建っているだろう
f0131669_22053411.jpg
33ユウゲショウ 熱帯アメリカ原産 明治年間花卉として導入
f0131669_22065917.jpg
34はじめて見た花
f0131669_22074512.jpg
f0131669_22080330.jpg
35夕焼けがきれいだった
f0131669_22083450.jpg
西武地区には多いがここでは、少ないブタナはどんな運命をたどるのだろうか。開発で全てが消えるのだろうか。

by trust-0 | 2018-10-30 22:49 | モニタリング調査

2018.10.10向小学校

1アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21540139.jpg
2シャリンバイ
f0131669_21544561.jpg
f0131669_21550256.jpg
3
f0131669_21552305.jpg
f0131669_21554067.jpg
4ドングリを拾った
f0131669_21561462.jpg
5ヤマトシジミ
f0131669_21565992.jpg
6セセリチョウの仲間
f0131669_21573958.jpg
7
f0131669_21582873.jpg
8アカカタバミ
f0131669_21590108.jpg
9セイタカアワダチソウ
f0131669_22005742.jpg
10
f0131669_22013825.jpg


by trust-0 | 2018-10-22 22:02 | モニタリング調査

2018.10.9 ルーテル学院 

浦和大学でクヌギのドングリを拾った。
1大崎公園の駐車場
f0131669_21063689.jpg
2コセンダングサ
f0131669_21081035.jpg
3ナナホシテントウ
f0131669_21083397.jpg
4セイタカアワダチソウ
f0131669_21102022.jpg
5
f0131669_21104688.jpg
6
f0131669_21112381.jpg
7マメアサガオ
f0131669_21115977.jpg
f0131669_21121333.jpg
f0131669_21123624.jpg
8マルバルコウソウ
f0131669_21125773.jpg
9ルーテル学院
f0131669_21133396.jpg
10オオイヌノフグリ
f0131669_21153784.jpg
11ヒルザキツキミソウ
f0131669_21160391.jpg
12ハゼラン 別名サンジソウ
f0131669_21165913.jpg
13シロバナセンダングサ
f0131669_21181498.jpg
f0131669_21185546.jpg
14セイタカアワダチソウが元気
f0131669_21192422.jpg
15アメリカオニアザミ
f0131669_21201078.jpg
16オオニシキソウ
f0131669_21210736.jpg
17アメリカセンダングサ
f0131669_21214990.jpg
18メドウセージ
f0131669_21221713.jpg
19ホシホウジャクが飛んでいた
f0131669_21232829.jpg


by trust-0 | 2018-10-22 21:26 | モニタリング調査

2018.7.26下野田緑地

◇日時 2018年7月26日 17時から18時30分
◇場所 6577 美園駅西側
◇天気 晴れ
◇記録した帰化植物 アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アレチヌスビトハギ イヌムギ オオブタクサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ シマスズメノヒエ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ チチコグサモドキ ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ヒメジョオン ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨウグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ 
久しぶりに気温が下がったので、調査に出かけた。こんなにたくさんのアメリカオニアザミは初めてだった。昔田んぼで造成したところで、セイバンモロコシやヒメムカシヨモギも多かった。

1今後何が出来るのだろうか
f0131669_15314578.jpg
2セイバンモロコシ
f0131669_15363279.jpg
f0131669_15325912.jpg
f0131669_15331656.jpg
3アメリカオニアザミ
f0131669_15334740.jpg
f0131669_15395238.jpg
f0131669_15403267.jpg
4アメリカオニアザミにお客さん
f0131669_15342518.jpg
5アメリカオニアザミの種
f0131669_15352732.jpg
6シマスズメノヒエ
f0131669_15375959.jpg

7ここの緑地は帰化植物が多かった
f0131669_15390714.jpg
8遠くにサッカー場が見える
f0131669_15410606.jpg
9ムラサキツメクサにお客さん
f0131669_15414725.jpg
10露頭
f0131669_15423590.jpg
11セセリチョウの仲間
f0131669_15430533.jpg
12
f0131669_15433497.jpg
アメリカオニアザミは、ロゼットから小さい背丈(多分草刈り後に出たと思われるもの)もの大きいものいろいろあった。


by trust-0 | 2018-07-28 15:55 | モニタリング調査

2018.7.19ルーテル学院

◇日時 2018年7月19日 8時45分〜10時30分
◇天気 晴れ 暑い日だった大崎公園の駐車場に車を止める
◇確認した帰化植物 アメリカオニアザミ アメリカセンダングサ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ キクイモ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ ダンドボロギク ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ノボロギク ハキダメギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ ヘラオオバコ ホソアオゲイトウ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ヨウシュヤマゴボウ 
1ユウゲショウが咲いていた
f0131669_22052405.jpg
2ムクドリの大群がミズキの実を食べに
f0131669_22062609.jpg
3カラスウリの実
f0131669_22072058.jpg
4ノブドウ
f0131669_22083324.jpg
5
f0131669_22092384.jpg
6ノボロギク
f0131669_22095999.jpg
7オッタチカタバミ
f0131669_22103391.jpg
8コニシキソウ
f0131669_22114499.jpg
9ルーテル学院
f0131669_22121711.jpg
10サボテンが自生していた
f0131669_22125597.jpg
11ヒルザキツキミソウにヤマトシジミ
f0131669_22140834.jpg
12セイバンモロコシ
f0131669_22152938.jpg
13オオシオカラトンボ♀
f0131669_22164903.jpg
14メマツヨイグサ
f0131669_22182701.jpg
15
f0131669_22203072.jpg
16ムシトリナデシコ べたつかなかった
f0131669_22210752.jpg
17この植物は初めて見た 触ると茎がべたべたしていた その手をなめると苦かった
f0131669_22224287.jpg
f0131669_22230340.jpg
暑くて途中、浦和大学で飲み物を飲んで一息入れた。

by trust-0 | 2018-07-24 22:41 | モニタリング調査

2018.7.5 谷田公民館

◇6534
◇日時 2018年7月5日 9時10分〜11時20分 
◇天気 くもり時々雨
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アメリカフウロ アレチギシギシ イヌムギ イモカタバミ ウラジロチチコグサ(群生) オオキンケイギク オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コバンソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ ナガミヒナゲシ ハキダメギク ハゼラン ハルジオン ハルシャギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ(群生) メマツヨイグサ ユウゲショウ(群生) ヨウシュヤマゴボウ ワルナスビ 33種
1ハルシャギク キク科 北アメリカ原産
f0131669_06354692.jpg
2
f0131669_06362812.jpg
3ミチタネツケバナ
f0131669_06393289.jpg
4ヘクソカズラ 花が2種類あった
f0131669_06402074.jpg
f0131669_06411447.jpg
5谷田公民館
f0131669_06423877.jpg
6ヒメイワダレソウ クマツヅラ科 イワダレソウ属
f0131669_06435490.jpg
7コマツヨウグサ アカバナ科 北アメリカ原産 こんな隙間にしっかりと根付いていた
f0131669_06474935.jpg
8ユウゲショウの群落
f0131669_06511965.jpg
9ワルナスビ 刺がすごい
f0131669_06522183.jpg
10
f0131669_06533645.jpg
11キアゲハの幼虫
f0131669_06541268.jpg
朝、車をマーケットの駐車場に停めた。戻ってきたら駐車場に入る車が順番待ちで恐縮。何も買わないのも悪いと思い買い物をした。店に入いると価格が安いことと品揃えが豊富であることが分かった。価格はどうやって決まるのだろうか。いずれ、カーボン・プライシス(CO2、プラスス価格)の時代がやってきたら、ものの値段や人の価値観はどのように変わるのだろうか。地元のマーケットより、魚は新鮮であったが、自転車で来るにはちょっと遠い。CO2のことを考えた暮らしも必要な時代がいずれやってくることだろうと思った。

by trust-0 | 2018-07-06 08:18 | モニタリング調査

2018.7.4向小学校

◇6535
◇日時2018年7月4日 9時50分〜11時20分
◇天気 くもり
◇アカボシゴマダラ
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ チチコグサモドキ ナガハギシギシ ナガミヒナゲシ ネズミムギ ハキダメギク ハルジオン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ
◇その他気づいた外来種 ヨコハママンネングサ ゴウシュアリタソウ
1コニシキソウ
f0131669_20392831.jpg
2ヤブガラシは蜜がイッパイ
f0131669_20413469.jpg
3クズの葉にコフキゾウムシ
f0131669_20423383.jpg
4向小学校
f0131669_20431893.jpg
5空き地には外来種がいっぱい
f0131669_20440717.jpg
6ウラジロチチコグサ 
f0131669_20451399.jpg
7アメリカイヌホオズキ
f0131669_20455287.jpg
8普通のお宅だが茅葺き屋根・・・思わずシャッターをおしてしまった
f0131669_20463070.jpg
この地区はおいしいパン屋さんがあったり、茅葺き屋根の家があったりと町探検のようで楽しかった。朝は涼しかったがだんだん暑くなった。

by trust-0 | 2018-07-04 21:04 | モニタリング調査

2018.6.30 氷川神社

6月29日、梅雨が明けが発表された。6月の梅雨明けは初めてである。梅雨入りと梅雨明けは、秋に再検討され、見直されることもあるそうであるが、梅雨入りが6月6日、梅雨の日数は23日と一番短い。暑いけれど風が心地よい日であった。コモディーイイダに駐車する。
◇6536
◇日時 2018年6月30日 土曜日 9時30分〜11時30分
◇モンシロチョウ アオズジアゲハ カダヤシと思われる魚
◇指定外来種 アメリカセンダングサ オッタチカタバミ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ ナガバギシギシ ネズミムギ ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ホソアオゲイトウ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ ユウゲショウ
1天気は快晴
f0131669_17221048.jpg
2水路の中にはアメリカセンダングサ カダヤシと思われる魚を確認
f0131669_17344308.jpg
3ニシキソウ トウダイグサ科 茎は這う 茎に立毛散生
f0131669_17360346.jpg
4コニシキソウ トウダイグサ科 帰化植物 
f0131669_17390874.jpg
5市街地は除草剤が散布されている
f0131669_17395511.jpg
6除草剤の散布されていないところにはエノコログサが生えている エノコログサは子どもの好きな植物 雑草でもあった方が情操的にもいいと思う 
f0131669_17411846.jpg
7ブタクサ キク科 帰化植物
f0131669_17450963.jpg
8氷川神社 須佐之男命
f0131669_17455213.jpg
9チチコグサモドキ キク科 帰化植物 熱帯アメリカ原産 
f0131669_17464766.jpg
10ツタバウンラン ゴマノハグサ科 帰化植物 地中海原産 観賞用に大正期に入る 2カ所で確認
f0131669_17482421.jpg
f0131669_17523503.jpg
11シロツメクサにヤマトシジミ
f0131669_17514269.jpg
12ヨコハママンネングサ 帰化植物 葉の先に乳頭状突起あり この植物は増えているように思う 庭に植えたものが逸脱しているのを何箇所かで確認
f0131669_17530184.jpg
帰化植物 種類。ウシガエルの鳴き声。水路にはカダヤシと思われる魚がいた。

by trust-0 | 2018-06-30 18:05 | モニタリング調査