カテゴリ:岩殿( 31 )

2018.11.29

◇日時 2018年11月29日 木曜日 高坂9時30分〜青木の入り16時30分
◇天気 晴れ
◇参加者 4名
◇鳥 アオジ 
◇生きもの キンケハラナガツチバチ ヤマトシジミ 
◇クモ ジョロウグモ
◇花の咲いていた植物 C地区 ベニバナボロギク トキワハゼ ハハコグサ ハナイバナ コセンダングサ イヌタデ アメリカイヌホオヅキ ハキダメギク ノミノフスマ キツネノマゴ ウシハコベ ノハラアザミ イヌガラシ コナスビ スズメノカタビラ トキワハゼ ナズナ タネツケバナ オニタビラコ F地区 ヒメジョオン タネツケバナ イヌタデ ウシハコベ ベニバナボロギク セイタカアワダチソウ コセンダングサ アメリカイヌホオヅキ(ネムノキがこの地区のシンボルツリー) 
1C地区からみた林縁のアズマネザサは残すという意見が多かった
f0131669_21435712.jpg
2ササ刈りが終わっていた
f0131669_21513074.jpg
3ウリカエデの黄色がきれい
f0131669_21523082.jpg
4沼の水はなく、クサギの実も残り少なくなっていた
f0131669_21541281.jpg
5
f0131669_21543892.jpg
6ノハラアザミ
f0131669_21551211.jpg
7アゼトウガラシ
f0131669_21563991.jpg
8コナスビ
f0131669_21572308.jpg
9ヒメガヤツリ
f0131669_21580118.jpg
10ノミノフスマ
f0131669_21583379.jpg
11カボチャの雄しべ
f0131669_21591541.jpg
12ハハコグサ
f0131669_21594942.jpg
13トキワハゼの実
f0131669_22002695.jpg
14オニノゲシ
f0131669_22005928.jpg
f0131669_22011900.jpg
15ケチヂミザサ
f0131669_22020571.jpg
16草刈り
f0131669_22131652.jpg
17スズメウリの実
f0131669_22140644.jpg
18ベニバナボロギク
f0131669_22034529.jpg
f0131669_22040865.jpg
19ヤブミョウガの実
f0131669_22044603.jpg
20アメリカイヌホオヅキ
f0131669_22052458.jpg
21オギ
f0131669_22055945.jpg
22
f0131669_22114568.jpg
23 H地区 ヤナギ類 
f0131669_22154323.jpg
24アカハナワラビ
f0131669_22173554.jpg
25草刈りの刃が・・・
f0131669_22182321.jpg
26コスミレ
f0131669_22190456.jpg
27ナワシロイチゴ
f0131669_22194225.jpg
28ツタ
f0131669_22204823.jpg
29ヘクソカズラの実
f0131669_22201212.jpg
30ナガバジャノヒゲのタネ
f0131669_22215769.jpg
31アカシデ
f0131669_22222638.jpg
32ダイコンソウ
f0131669_22240179.jpg
33ミズタマソウの実
f0131669_22245106.jpg
34タコノアシ
f0131669_22253370.jpg
35
f0131669_22255736.jpg
36
f0131669_22262281.jpg
37
f0131669_22270056.jpg
38イチョウウキゴケ
f0131669_22274159.jpg
39ヤノネグサ
f0131669_22282400.jpg
40オオジシバリ
f0131669_22290016.jpg
41アメリカイヌホオヅキ
f0131669_22294459.jpg
42アカシデ
f0131669_22305068.jpg
青木の入り4時30分終了 急に寒くなった

by trust-0 | 2018-11-29 22:31 | 岩殿

2018.10.28 岩殿

◇日時 2018年10月28日 日曜日 9時30分高坂→青木の入り16時51分
◇天気 晴れ
◇参加者 4名
◇打合せメモ 11/18観察会実施 カシワのドングリの粉は1.5キロで1万円で買えるとのこと岩殿の地質について セメントを作る場合岩殿の砂岩が必要だった。
◇鳥 ガビチョウ モズ ハクセキレイ
◇生きもの アシグロツユムシ ツチイナゴ  アキアカネ イトトンボの仲間 ヤマシシジミ カナヘビ ルリハムシ オオカマキリ コカマキリ オンブバッタ
◇クモ ジョロウグモ ドヨウオニグモ スジアカハシリグモ その他
C地区
1ヒメクグ
f0131669_09223816.jpg
2ミズガヤツリ
f0131669_09244833.jpg
3ヤノネグサ
f0131669_09251975.jpg
4ハシカグサ
f0131669_09254763.jpg
5イヌコウジュ
f0131669_09261819.jpg
6ベニバナボロギク
f0131669_09265391.jpg
7ヌカキビ
f0131669_09272222.jpg
8アオミズ
f0131669_09275309.jpg
9スズメウリの実
f0131669_09282989.jpg
10アメリカタカサブロウ
f0131669_09290278.jpg
11イヌタデ群落
f0131669_09292918.jpg
12ヒメジソ
f0131669_09310091.jpg
13クサギの実が色づいて 沼の風景に彩り
f0131669_09313132.jpg
14コミカンソウの実
f0131669_09324516.jpg
15ムラサキシキブの実
f0131669_09340443.jpg
16トキンソウ
f0131669_09345083.jpg
トキンソウ 両性花と雌花
f0131669_09350679.jpg
17イヌビユ 葉の先がへこんでいる
f0131669_09355247.jpg
18ヒデリコの群生
f0131669_09361561.jpg
19アキノウナギツカミ
f0131669_09364729.jpg
20ヒデリコ
f0131669_09374832.jpg
21タネツケバナ
f0131669_09384103.jpg
22トキワハゼ
f0131669_09392048.jpg
トキワハゼ 花冠上唇側から写す
f0131669_09394370.jpg
23アゼトウガラシ
f0131669_09405356.jpg
24ノミノフスマ
f0131669_09415129.jpg
25ヤマハッカ
f0131669_09424106.jpg
26タマガヤツリ
f0131669_09430983.jpg
27ボントクタデ
f0131669_09434271.jpg
28斜面
f0131669_09440800.jpg
29チゴユリの実
f0131669_09451512.jpg
30コウヤボウキ
f0131669_09445121.jpg
31コナスビ
f0131669_09460886.jpg
昼休憩をはさみ F地区
32
f0131669_09475998.jpg
33コメナモミ
f0131669_09490297.jpg
コメナモミ 総苞片には腺毛がある
f0131669_09492182.jpg
34ウシハコベ
f0131669_09495600.jpg
35赤い色のケチヂミザサ
f0131669_09503558.jpg
36ミゾソバは場所によって花の色が違っていた
f0131669_09513698.jpg
f0131669_09520222.jpg
37カナムグラの実
f0131669_09530173.jpg
38ヤノネグサの草紅葉
f0131669_09534117.jpg
39ノダケ 花の後 未熟な果実の集まり
f0131669_09540971.jpg
40アキノタムラソウ
f0131669_09545227.jpg
41スイカズラの実
f0131669_09552640.jpg
42イボタノキの実
f0131669_09555566.jpg
H地区へ
43カニクサ つる性のシダ 胞子囊をつけた裂片部分
f0131669_09565320.jpg
44ヌスビトハギの実
f0131669_09582801.jpg
45キツネノマゴ
f0131669_09585603.jpg
46チヂミザサ 柱頭が見える
f0131669_09593932.jpg
47ミズヒキ
f0131669_10000995.jpg
48フユノハナワラビ 裸葉と栄養葉(胞子囊穂)
f0131669_10003949.jpg
胞子囊穂につく丸い胞子囊群
f0131669_10005878.jpg
49
f0131669_10014393.jpg
50アカネ
f0131669_10021562.jpg
51ゴンズイの実 種子が落ちてしまった後の肉質の果皮
f0131669_10025726.jpg
52手前と後ろの葉の様子が違う
f0131669_10032637.jpg
53
f0131669_10042096.jpg
54コシロノセンダングサ
f0131669_10045678.jpg
A地区へ
55ヒメヒラテンツキ
f0131669_10054971.jpg
56カワラスガナ
f0131669_10061862.jpg
57ヌメリグサ
f0131669_10064932.jpg
58コアゼガヤツリ
f0131669_10072548.jpg
59ミゾソバ ピンク色できれい
f0131669_10080687.jpg
60ヤノネグサ
f0131669_10084861.jpg
61イチョウウキゴケ
f0131669_10092751.jpg
B地区へ
62サヤヌカクサ 節に毛あり
f0131669_10105987.jpg
f0131669_10111684.jpg
63ユウガギク
f0131669_10115843.jpg
64チカラシバ 針状の毛に包まれた小穂
f0131669_10122941.jpg
65キカシグサ 蕚に包まれた果実
f0131669_10130061.jpg
66コナギ
f0131669_10133173.jpg
67カントウヨメナ
f0131669_10140339.jpg
68ツユクサ
f0131669_10143285.jpg
69ノハラアザミ
f0131669_10153240.jpg
70イヌビエ 葉のふちが白い
f0131669_10163857.jpg
f0131669_10165526.jpg
D地区
71ミゾソバ群落
f0131669_10174763.jpg
72ダイコンソウ
f0131669_10181907.jpg
73スミレ属
f0131669_10185376.jpg
E地区
74トダシバ
f0131669_10193759.jpg
75アメリカイヌホオヅキ
f0131669_10201481.jpg
76アイ
f0131669_10204220.jpg
77ワレモコウ
f0131669_10211399.jpg
青木の入りに向かう途中の道で
78スミレ属
f0131669_10220583.jpg
f0131669_10222442.jpg
79雑種タンポポ 痩果と冠毛
f0131669_10225222.jpg
青木の入り
80
f0131669_10233012.jpg
81
f0131669_10235664.jpg
82シロツメクサ
f0131669_10242980.jpg
83イヌタデ
f0131669_10250354.jpg
84ナズナ
f0131669_10253415.jpg
85イヌガラシ
f0131669_10260608.jpg
日暮れが早くなった。季節の移ろいを感じた。

by trust-0 | 2018-10-29 08:25 | 岩殿

2018.9.17 岩殿

◇2018年9月17日 月曜日 高坂9時30分〜17時高坂
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇写真に撮れなかったが、確認した生きもの ツクツクボウシ ナミアゲハ キチョウ ツマグロヒョウモン ニホントカゲ シュレーゲルアオガエル
◇打合せメモ シンポジウム参加の報告(「市民参加による里山林の保全・管理を考える」講師森林総合研究所 多摩森林科学園 島田和則氏)夏の下刈りは保全にマイナス、同じ名前のついた物でも他の地域から持ち込んだ物はエイリアン→出来ることはこれ以上絶滅させない→多様性の(植物)保全=地域のフロラの保全 下層管理の考え方として選択的除去の提案 中途半端な管理は酷いことに 最終的に「どうしたいか」が重要 適切な目標林型を設定 永続的に責任を持って管理を継続できるのか モニタリング 問題があったときにフィードバックして修正する仕組みを作れるか 頂いた資料から抜粋した。とても参考になった。
◇咲いていて花(☆キャプション手直し坂田さん)

1ハナイバナ
f0131669_22503602.jpg
2ウスゲチョウジタデ
f0131669_22533639.jpg
3チョウジタデ
f0131669_22545008.jpg
4ハイヌメリ
f0131669_08451574.jpg
5ボントクタデ
f0131669_08455465.jpg
f0131669_08461798.jpg
6
f0131669_08470178.jpg
f0131669_08512936.jpg
7ヤマジノホトトギス
f0131669_08475955.jpg
8イボクサ
f0131669_08483589.jpg
9ケチヂミザサ
f0131669_08491208.jpg
10ヒヨドリバナ
f0131669_08501375.jpg
11コケオトギリ
f0131669_08504510.jpg
12ヌスビトハギ
f0131669_08522242.jpg
13イヌザンショ☆雌株雌花
f0131669_08530590.jpg
14イヌタデ
f0131669_08535256.jpg
15ノハラアザミ
f0131669_08542630.jpg
16アゼトウガラシ
f0131669_08551049.jpg
f0131669_08552702.jpg
17☆キンエノコロ
f0131669_08561897.jpg
18ヒメキンミズヒキ
f0131669_08565161.jpg
19タマゴタケ
f0131669_08575153.jpg
20トキンソウ
f0131669_08582284.jpg
21ミゾソバ
f0131669_08585935.jpg
22ノササゲ
f0131669_08593065.jpg
f0131669_08594639.jpg
23スズメウリ ☆雄花と雌花こちらを向いているのは雄花に見えますので、下向きのは雌花
f0131669_09002061.jpg
24コツブキンエノコロ
f0131669_09005178.jpg
25とても蒸し暑かった
f0131669_09020131.jpg
26オオイヌタデ
f0131669_09030956.jpg
27ノダケ ☆つぼみ
f0131669_09033684.jpg
28カナムグラ雄花
f0131669_09041074.jpg
29アキノタムラソウ
f0131669_09045183.jpg
30ミズタマソウ
f0131669_09052670.jpg
31オオブタクサ
f0131669_09055999.jpg
32ベビイチゴ
f0131669_09062982.jpg
33アキノウナギツカミ
f0131669_09065924.jpg
34ゴンズイの実
f0131669_09074123.jpg
35ノアズキ(別名ヒメクズ)
f0131669_09092966.jpg
36
f0131669_09094914.jpg
37クズ
f0131669_09102627.jpg
38スズメノヒエ
f0131669_09111500.jpg
39ダイコンソウ
f0131669_09114575.jpg
40アマチャヅルの実
f0131669_09123795.jpg
41ハナタデ
f0131669_09131115.jpg
42コアゼガヤツリ
f0131669_09134182.jpg
43ヒデリコ
f0131669_09141123.jpg
44ヒメクグ
f0131669_09144172.jpg
45カワラスガナ
f0131669_09150944.jpg
46タイヌビエ
f0131669_09154351.jpg
47テンツキ
f0131669_09161221.jpg
48ヌマトラノオ
f0131669_09171888.jpg
49コゴメカヤツリ
f0131669_09180220.jpg
50タコノアシ
f0131669_09183553.jpg
51ヒナタイノコズチ
f0131669_09192369.jpg
52
f0131669_09195810.jpg
53トダシバ
f0131669_09202309.jpg
54ワレモコウ
f0131669_09213124.jpg
55青木の入りにて終了 前回より早く終わったが、日が短くなったことを実感 
f0131669_09215413.jpg
植物の勢いがその年によって違う事を感じた。カナムグラの勢いをセーブし、クズ、セイタカアワダチソウ、ダンドボロギクを侵入させないように管理していくと、心地よい風景が維持できると思った。

by trust-0 | 2018-09-18 20:52 | 岩殿

2018年度 岩殿の生きものたち No.2

No.2の岩殿の生きものたち ☆二宮さん同定
1☆オオチャバネセセリ 撮影2018.8.20
f0131669_12154495.jpg
2 ☆ミヤマアカネ 撮影2018.8.20
f0131669_12165738.jpg
3オンブバッタ 撮影2018.8.20
f0131669_12172731.jpg
4☆ベッコウシリアゲ 撮影2018.8.20
f0131669_12181052.jpg
5 ☆オオキトンボ 撮影2018.8.20
f0131669_12183670.jpg
6ダイミョウセセリ 撮影2018.8.20
f0131669_12191408.jpg
7☆オオカマキリ 撮影2018.8.20
f0131669_12195075.jpg
8☆マダラスズの幼虫 撮影2018.8.20
f0131669_12202996.jpg
9☆シャクガの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_12210935.jpg
10ショウリョウバッタ 撮影2018.8.20
f0131669_12215012.jpg
11☆コカマキリ 黒い帯が特徴 撮影2018.8.20
f0131669_12240824.jpg
12☆コノシメトンボ 逆U字の線でノシメトンボ と見分ける 撮影2018.8.20
f0131669_12244880.jpg
13ハエの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_12252479.jpg
14 ☆ササキリ 撮影2018.8.20
f0131669_12261660.jpg
15 ☆ササキリの幼体 撮影2018.8.20
f0131669_12264339.jpg
16カノコガ 撮影2018.8.20
f0131669_13165614.jpg
17☆マイマイガ 撮影2018.8.20
f0131669_13173484.jpg
18ニホンアマガエル 撮影2018.8.20
f0131669_13182063.jpg
19シュレーゲルアオガエル 撮影2018.8.20
f0131669_13192530.jpg
f0131669_13195044.jpg
21☆アシグロツユムシ
f0131669_13202584.jpg
22☆ツマグロオオヨコバイ 撮影2018.8.20
f0131669_13211369.jpg
23☆ホソハリカメムシ 5齢幼虫 撮影2018.8.20
f0131669_13215444.jpg
24 ☆オオヘリカメムシの幼虫 撮影2018.8.20
f0131669_13305298.jpg
f0131669_13311942.jpg
25 撮影2018.8.20
f0131669_13314654.jpg
26マメコガネ 撮影2018.8.20
f0131669_13322175.jpg
27 ☆オンブバッタ 撮影2018.8.20
f0131669_13330407.jpg
28シオカラトンボ♂ 撮影2018.8.20
f0131669_13333094.jpg
29☆シャクガの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_13342887.jpg
30ヘビ 茶色のひも状のもの ☆ヒバカリ? 撮影2018.8.20
f0131669_13352119.jpg
31☆エダナナフシ 触覚が長い 撮影2018.8.20
f0131669_13360256.jpg
32サトキマダラヒカゲ 撮影2018.8.20
f0131669_13364021.jpg
33 ☆キマダラセセリ 撮影2018.8.20
f0131669_13371850.jpg
34☆ツチイナゴの幼虫 成虫は赤褐色になる 撮影2018.8.20
f0131669_13375954.jpg
35☆ウラナミシジミ 撮影2018.8.20
f0131669_13384633.jpg
36☆ナカキエダシャク 撮影2018.8.20
f0131669_13392885.jpg
37☆オジロアシナガゾウムシ 撮影2018.8.20
f0131669_13401486.jpg
38 ☆マユタテアカネ 顔に豚の鼻のような眉紋が2つ 撮影2018.8.20
f0131669_13411227.jpg
39 ☆モノサシトンボ♂ 撮影2018.8.20
f0131669_13415225.jpg
f0131669_13422138.jpg
40 ☆モノサシトンボ♀ 撮影2018.8.20
f0131669_13431313.jpg
41 撮影2018.8.20
f0131669_13455102.jpg
42オオシオカラトンボ♂ 撮影2018.8.20
f0131669_13464601.jpg
43☆ツチバチの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_13472227.jpg
44アカスジカメムシ 撮影2018.8.20
f0131669_13475991.jpg
45☆エンマコオロギ 撮影2018.8.20
f0131669_13484541.jpg
46マドガ 撮影2016.8.20 二宮さん撮影
f0131669_20153811.jpg
2018年9月17日蒸し暑い一日であったが、空高くトンボが飛んでいた一日だった。 
47☆ゾウムシの仲間 撮影2018.9.17
f0131669_16354551.jpg
48 撮影2018.9.17
f0131669_16364959.jpg
49ヒラタアブ 撮影2018.9.17
f0131669_16373213.jpg
50カナヘビ 撮影2018.9.17
f0131669_16381899.jpg
51オンブバッタ 撮影2018.9.17
f0131669_16390165.jpg
52イチモンジセセリ 撮影2018.9.17
f0131669_16395845.jpg
53セスジスズメの幼虫 撮影2018.9.17
f0131669_16404690.jpg
54☆ショウジョウトンボ 撮影2018.9.17
f0131669_16444725.jpg
55☆ツチガエル(別名イボガエル) 撮影2018.9.17
f0131669_16452992.jpg
56撮影2018.9.17
f0131669_16473615.jpg
57アオドウガネ 撮影2018.9.17
f0131669_16460706.jpg
58☆チョウセンカマキリ 撮影2018.9.17
f0131669_16464261.jpg
59☆アカサシガメ 撮影2018.9.17
f0131669_16483781.jpg
60アシグロツユムシ 撮影2018.9.17
f0131669_16493462.jpg
f0131669_16495299.jpg
61だれの家かな? 素敵♬ 撮影2018.9.17
f0131669_16502465.jpg
62☆シロオビノメイガ 撮影2018.9.17
f0131669_16511109.jpg
63☆マイコアカネ♂ 撮影2018.9.17
f0131669_16515065.jpg
f0131669_16521710.jpg
64ダイミョウセセリ 撮影2018.9.17
f0131669_16530660.jpg
65☆ホソハリカメムシ 撮影2018.9.17
f0131669_16534112.jpg
66オナジマイマイ(伊藤舜氏同定) 撮影2018.9.17
f0131669_16542335.jpg
67シオカラトンボ♀ 撮影2018.9.17
f0131669_16550856.jpg
68オクラに☆フタトガリアオイガの幼虫 食草はフヨウ ムクゲ アオイ オクラ等のアオイ科 撮影2018.9.17
f0131669_16555675.jpg
69アカハネナガウンカ 撮影2018.9.17
f0131669_16590531.jpg
70☆ベツコウシリアゲ 撮影2018.9.17
f0131669_17001035.jpg
71☆オンブバッタ♀ 撮影2018.9.17
f0131669_17004856.jpg
暑さもこれでおしまいになるだろうか?
72撮影10.28
f0131669_21542065.jpg
73産卵中のアキアカネ 撮影2018.10.28
f0131669_21553772.jpg
74カナヘビ 撮影2018.10.28
f0131669_21565967.jpg
75ウサギの糞 撮影2018.10.28
f0131669_21574443.jpg
76ルリハムシ たくさんいた 撮影2018.10.28
f0131669_21582656.jpg
77
f0131669_21584874.jpg
78アキアカネ 撮影2018.10.28
f0131669_21593111.jpg
79アシグロツユムシ 撮影2018.10.28
f0131669_22002036.jpg
80ツチイナゴ 撮影2018.10.28
f0131669_22011199.jpg
f0131669_22013159.jpg
81カマキリの仲間 撮影2018.10.28
f0131669_22022173.jpg
82オオカマキリ 無事に卵を産んでね 撮影2018.10.28
f0131669_22032195.jpg
f0131669_22034767.jpg
83オンブバッタ 撮影2018.10.28
f0131669_22114816.jpg
84ヤマトシジミとウラナミシジミ 撮影2018.10.28
f0131669_22122103.jpg
85撮影2018.10.28
f0131669_22130173.jpg
生きものたちも少なくなってちょっと寂しい♬
2018.11.29 トンボとヤマトシジミも確認したが写真は撮れなかった 
86フユシャク♂ メスは飛べない 撮影2018.11.29
f0131669_22342051.jpg
87キンケハラナガツチバチ 撮影2018.11.29
f0131669_22352640.jpg
88オオカマキリ もぐもぐタイムだった 撮影2018.11.29
f0131669_22360705.jpg
f0131669_22363154.jpg
89ルリハムシ 撮影2018.11.29 
f0131669_22461522.jpg
f0131669_22464059.jpg
90

by trust-0 | 2018-08-22 12:26 | 岩殿

2018.8.20 岩殿

◇日時 2018年8月20日 月曜日 高坂9時30分〜青木の入り17時30分
◇天気 曇り
◇参加者 5名
◇打ち合わせメモ ・11/18観察会を実施 目的はガイド養成 キーワード→岩殿、オオタカ、漫喫クラブ
本の紹介 ・日本の野生植物 平凡社 ・雑草大図鑑 全農協
◇鳥 ガビチョウ
◇生きもの ツクツクボウシ ヒグラシ ミンミンゼミ キタテハ ウラギンシジミ サトキマダラヒカゲ チャバネセセリ オンブバッタ シリアゲムシの仲間 ダイミョウセセリ カマキリ コオロギの仲間 ノシメトンボ ショウリョウバッタ アカスジカメムシ オオシオカラトンボ シオカラトンボ ツチイナゴ ガの仲間
◇クモ シロカネグモの仲間 ジョロウグモ ナガコガネグモ イオウイロハシリグモ ワキグロサツマノミダマシ ハナグモ
◇両生類 ニホンアマガエル シュレーゲルアオガエル 
◇花の咲いていた植物 C地区 アキノタムラソウ アメリカタカサブロウ イヌガラシ イヌタデ イノコヅチ ウリクサ エノキグサ エノコログサ オオアレチノギク オオチドメ オオバギボウシ オッタチカタバミ オニドコロ オヒシバ カタバミ キツネノマゴ クサギ コウガイゼキショウ コケオトギリ コゴメカヤツリ コチヂミザサ コニシキソウ ザクロソウ ダイズ ツユクサ テンツキ トキワハゼ ヌマトラノオ ノハラアザミ ハキダメギク ハシカグサ ハハコグサ ヒナタイノコヅチ ヒメキンミズヒキ ヒメジョオン ヒメミカンソウ ヒメムカシヨモギ ヒヨドリジョウゴ ヒヨドリバナ ヘクソカズラ ベニバナボロギク ミズタマソウ ミズヒキ ミゾカクシ メギ ヤマノイモ F地区 アキノタムラソウ 
1アメリカタカサブロウ
f0131669_12113657.jpg
f0131669_12122728.jpg
2メヒシバ
f0131669_12125794.jpg
4ザクロソウ
f0131669_12133141.jpg
5イヌタデ
f0131669_12140877.jpg
6イノコヅチ
f0131669_12145003.jpg
7ノハラアザミ
f0131669_12153378.jpg
f0131669_12155776.jpg
8クサギの花が咲いていた
f0131669_12170272.jpg
9ヤマノイモ
f0131669_12173611.jpg
10
f0131669_12180884.jpg
11オオチドメ
f0131669_12184339.jpg
12ヌマトラノオ
f0131669_12191733.jpg
13ミズタマソウ
f0131669_12200515.jpg
14ウリクサ
f0131669_12204489.jpg
15コケオトギリ
f0131669_12211689.jpg
16ツリガネニンジン
f0131669_12215344.jpg
17イヌコウジュ
f0131669_12223129.jpg
18ヒメジソ
f0131669_12230740.jpg
19ヒメムカシヨモギ
f0131669_12240081.jpg
20ヒメキンミズヒキ
f0131669_12245286.jpg
21アキノタムラソウ
f0131669_12252714.jpg
22ミズヒキ
f0131669_12255970.jpg
23ヤブミョウガ
f0131669_12263638.jpg
24ヌマトラノオ
f0131669_12270911.jpg
25
f0131669_12274147.jpg
26セリ
f0131669_12282448.jpg
27スズメウリ
f0131669_12285645.jpg
28
f0131669_12295634.jpg
29イボタノキの実
f0131669_12304146.jpg
30アマチャヅル
f0131669_12312593.jpg
31ヌスビトハギ
f0131669_12320269.jpg
32クリの実
f0131669_12330768.jpg
33ヒメジョオン
f0131669_12334343.jpg
34ガガイモ
f0131669_12341875.jpg
35ママコノシリヌグイ
f0131669_12350515.jpg
36ノアズキ 別名ヒメクズ
f0131669_12354630.jpg
下記は二宮さんから届いた写真、葉が入っていた方がいい感じ
f0131669_20112417.jpg
37コマツナギ
f0131669_12362358.jpg
38ブタクサ
f0131669_12370035.jpg
39ダイコンソウ
f0131669_12374137.jpg
f0131669_12380757.jpg
40ミゾソバ
f0131669_12393627.jpg
41ユウガギク
f0131669_12402087.jpg
42ヌマトラノオ
f0131669_12410331.jpg
43クサボケの実
f0131669_12415474.jpg
44エノキグサ
f0131669_12423534.jpg
45カヤツリグサ
f0131669_12431496.jpg
46ヒメコミカンソウの実
f0131669_12440036.jpg
47ココメカヤツリ
f0131669_12444711.jpg
48ワレモコウ
f0131669_12452951.jpg
49タイヌビエ
f0131669_12461063.jpg
50タマガヤツリ
f0131669_12465807.jpg
51テンツキ
f0131669_12474176.jpg
52タコノアシ
f0131669_12482282.jpg
53イネ
f0131669_12491012.jpg
54イヌホタルイ
f0131669_12495400.jpg
55ヒデリコ
f0131669_12505939.jpg
56ホタルイ
f0131669_10514800.jpg
57アメリカアゼナ
f0131669_10525044.jpg
58カヤツリグサ
f0131669_10535543.jpg
59ムラサキサギゴケ
f0131669_10544650.jpg
60カントウヨメナ
f0131669_10552427.jpg
61コアカソ
f0131669_10560812.jpg
青木の入り17時30分終了 生きものやクモ別ブログにいれた。

by trust-0 | 2018-08-22 10:41 | 岩殿

2018.7.16 岩殿

◇日時 2018年7月16日 月曜日 9時30分から17時
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇打ち合わせメモ ワラビは取らないと減ってしまう 夏場に刈る
◇鳥 ウグイス ホトトギス ガビチョウ 
◇生きもの ニイニイゼミ キチョウ コミスジ モンシロチョウ コシアキトンボ ヒグラシ
◇花の咲いていた植物(場所)△帰化植物 アキノウナギツカミ(GH) アキノタムラソウ(CFI) △アメリカイヌホオズキ(CGAD) △アメリカタカサブロウ(CF) イヌテダ(CHA) ウシハコベ(GH) △ウラジロチチコグサ(青) オオチドメ(CIA) オオバギボウシ(CI) オカトラノオ(C) オトギリソウ(C) オニチビラコ(C) オニドコロ(C) △オニノゲシ(C) オヒシバ(C) オヘビイチゴ(E) カントウヨメナ(I) キツネノマゴ(C) クサイ(C) ケキツネノボタン(CIAE青) ケチチミザサ(C) コアゼガヤツリ(A) コウガイゼキショウ(C) コケオトギリ(C) △コニシキソウ(C) コマツナギ(C) ザクロソウ(C) サジガンクビソウ(CI) △雑種タンポポ(C) サヤヌカクサ(IA) △シロツメクサ(青) スズメノテッポウ(CA) セリ(CHIAD) ダイコンソウ(I) タイヌビエ(C) チタケサシ(I) ツユクサ(CFA青) トキワハゼ(C) ドクダミ(CI) ナガバハエドクソウ(C) ニガナ(C) ヌマトラノオ(FIADE) ネムノキ(F) △ハキダメギク(C) ハナイバナ(C) ハハコグサ(C) △ヒメジョオン(CFHIE青) ヒメミカンソウ(C) ヒメヤブラン(C) ヘクソカズラ(H)ベニバナボロギク(C) ホタルイ(A) ママコノシリヌグイ(HI) ミズタマソウ(FI) ミズヒキ(FGH) ミゾカクシ(A) ミゾソバ(FGI) ミツバ(I)ムラサキサギゴケ(IA) メヒシバ(CFI) ヤブミョウガ(F) ヤブラン(D) ヤマユリ(CI) ユウガギク(I) △ユウゲショウ(青) △ヨウシュヤマゴボウ(青)
1オオバギボウシ
f0131669_19574147.jpg
f0131669_20003408.jpg
2ヌマトラノオ
f0131669_19595893.jpg
3とても暑い日で熱中症にならないように、気を使いながらの調査だった
f0131669_20011044.jpg
4オトギリソウ
f0131669_20031927.jpg
f0131669_20035588.jpg
5キツネノマゴ
f0131669_20045363.jpg
6ヒメヤブラン
f0131669_20055332.jpg
7コウガイゼキショウ
f0131669_20072694.jpg
8ミゾカクシ
f0131669_20080379.jpg
9サジガンクビソウ キク科
f0131669_20084989.jpg
10ベニバナボロギク
f0131669_20093223.jpg
11オニドコロ雌株  ヤマノイモ科 雌雄異株 雌花序は垂れ下がる
f0131669_20120281.jpg
f0131669_20124755.jpg
12コマツナギ
f0131669_20132911.jpg
f0131669_20135324.jpg
13ミズタマソウ
f0131669_20144370.jpg
f0131669_20151035.jpg
14アキノタムラソウ
f0131669_20154535.jpg
15ミゾソバ
f0131669_20162889.jpg
16セリ
f0131669_20171300.jpg
17ミズヒキ
f0131669_20180883.jpg
18イヌタデ
f0131669_20184723.jpg
19ダイコンソウ
f0131669_20192610.jpg
20ヤマユリ
f0131669_20202005.jpg
f0131669_20204976.jpg
21シュンランの実
f0131669_20213367.jpg
22ユウガギク
f0131669_20222199.jpg
23ムラサキサギゴケ
f0131669_20230012.jpg
24コアゼガヤツリ
f0131669_20232788.jpg
25ホタルイ
f0131669_20241376.jpg
26ヤブラン
f0131669_20250730.jpg
27ミズキの実
f0131669_20254370.jpg
28ケキツネノボタン
f0131669_20262966.jpg
ヌマトラノオ、ヒメヤブラン、コマツナギなどが増えたように思う。17時に終了。

by trust-0 | 2018-07-17 19:18 | 岩殿

2018.6.18 岩殿

◇日時 2018年6月18日 月曜日
◇天気 曇り時々小雨
◇参加者 4名
◇調査コース C→F→G→H→I(入山沼)→B→A→D→E→青木の入り
◇話し合いメモ 持続可能な社会を創造するための学びについて 
◇鳥 ガビチョウ ウグイス コジュケイ
◇生き物 カナヘビ オタマジャクシ ニホンアマガエル ニホンアカガエル ハラビロトンボ♂♀ ツバメシジミ ヤマトシジミ 
◇花の咲いていた植物 C地区 アメリカフウロ イヌガラシ イヌタデ ウシハコベ エンバク オオチドメ オカトラノオ オッタチカタバミ オニタビラコ オヘビイチゴ カタバミ カモジグサ ケキツネノボタン ザクロソウ 雑種タンポポ ジシバリ スズメノカタビラ タチチチコグサ ツメクサ ツユクサ トキワハゼ ドクダミ ナズナ ヌカボ ネジバナ ハイヌメリ ハエドクソウ ハキダメギク ハハコグサ ハルジオン ハルノノゲシ ヒメジョオン ブタナ ヘビイチゴ ミミナグサ ムラサキシキブ メヒシバ F地区 アメリカイヌホオズキ ウシハコベ ツユクサ ドクダミ ネムノキ ヒメジョオン G地区 イボタノキ ウシハコベ ドクダミ ヨウシュヤマゴボウ H地区 アカメガシワ イヌタデ オヘビイチゴ コモチマンネン ニガナ ハハコグサ ハルジオン ヒメジョオン I地区 エナシヒゴクサ オカトラノオ ママコノシリヌグイ ムラサキシキブ B地区 アオカモジグサ アメリカフウロ オオチドメ オヘビイチゴ キツネアザミ ケキツネノボタン コモチマンネングサ スズメノカタビラ ドクダミ ハハコグサ ハルジオン ヒメジョオン ブタナ ミゾカクシ ムラサキサギゴケ A地区 アメリカイヌホオズキ アメリカフウロ ウラジロチチコグサ オヘビイチゴ カタバミ ケキツネノボタン 雑種タンポポ タネツケバナ ニガナ ノチドメ ハキダメギク ハハコグサ ハルジオン ヒメジョオン ホトケノザ ヤノネグサ ジャガイモ D地区 イヌガラシ ウシハコベ オヘビイチゴ カモジグサ ケキツネノボタン コチヂミザサ コモチマンネングサ ドクダミ ネジバナ ハハコグサ ハルノノゲシ E地区 アメリカイヌホオズキ アメリカフウロ ウラジロチチコグサ オオジシバリ オヘビイチゴ カキドオシ カタバミ コウガイゼキショウ トキワハゼ ニガナ ノチドメ ハハコグサ ヒメジョオン 青木の入り アメリカフウロ ウツギ オニノゲシ オヘビイチゴ キュウリグサ ケキツネノボタン ゲンゲ シロツメクサ ハハコグサ ヒメジョオン ユウゲショウ
1
f0131669_23355009.jpg
2
f0131669_23362604.jpg
3
f0131669_23370045.jpg
4
f0131669_23373225.jpg
5
f0131669_23380964.jpg
6-1ケキツネノボタン
f0131669_23390333.jpg
6-2
f0131669_23393521.jpg
6-3
f0131669_23400182.jpg
7ハキダメギク
f0131669_23404808.jpg
8雑種タンポポ
f0131669_23420284.jpg
9ニガナ
f0131669_23425014.jpg
10-1オカトラノオ
f0131669_23435232.jpg
10-2
f0131669_23442445.jpg
11ムラサキシキブ
f0131669_23452807.jpg
12-1オオチドメ
f0131669_23463807.jpg
12-2
f0131669_23471011.jpg
13ザクロソウ
f0131669_23480173.jpg
14タチチチコグサ
f0131669_23484390.jpg
15ウシハコベ
f0131669_23494724.jpg
16ハエドクソウ
f0131669_23503657.jpg
17-1ミミナグサ
f0131669_23512261.jpg
17-2
f0131669_23515205.jpg
18ヌカボ
f0131669_23523071.jpg
19
f0131669_23530370.jpg
20オヘビイチゴ
f0131669_23535605.jpg
21アメリカイヌホオヅキ
f0131669_23550017.jpg
22アオミズ
f0131669_23555098.jpg
22イボタノキの実
f0131669_23564660.jpg
23イヌタデ
f0131669_23575132.jpg
24
f0131669_23583069.jpg
25-1チダケサシ
f0131669_23592836.jpg
25-2
f0131669_00004792.jpg
26ママコノシリヌグイ
f0131669_00014399.jpg
27ケキツネノボタン群落
f0131669_00021898.jpg
28-1ブタナ
f0131669_00031639.jpg
28-2
f0131669_00034981.jpg
29ノチドメ
f0131669_00045078.jpg
30ヤノネグサ
f0131669_00053866.jpg
31-1コウガイゼキショウ
f0131669_00062818.jpg
31-2
f0131669_00071007.jpg
32
f0131669_00074818.jpg
33ネジバナ
f0131669_00082648.jpg
34ヒメコウゾの実
f0131669_00090537.jpg
35ヒロハギシギシ
f0131669_00094949.jpg
36イロハモミジが枯れていた
f0131669_00101837.jpg
37ドクダミ
f0131669_00105452.jpg
38-1ウラジロチチコグサ
f0131669_00113876.jpg
38-2ウラジロチチコグサ 
f0131669_00121997.jpg
39-1コアカソ 木本
f0131669_00130763.jpg
39-2
f0131669_00133120.jpg
17時15分に終了。青木の入りにアメリカオニアザミが出ていた。

by trust-0 | 2018-06-19 00:16 | 岩殿

2018.5.21 岩殿

◇日時 2018年5月21日 月曜日 9時30分 高坂駅
◇天気 晴れ 
◇調査メンバー 二宮靖男 坂田智代 加倉井範子 地元メンバー 稲田滋夫 渡部栄一
◇鳥 ガビチョウ ウグイス ◇昆虫 ハルゼミ(声) ウラギンシシミ キタテハ ハラビロトンボ 
◇メモ ハルゼミは松のあるところ キショウブは水質浄化にもなる ヤブキリの幼体は背中が茶色 レンゲの種まきは9月
◇調査順路 C→F→G→H→I→B→A→D→E→青木の入り
1
f0131669_23262577.jpg
2ムラサキサギゴケ (サギゴケ)ハエドクソウ科 根元からの長い送出枝を何本も放射状に出している様子がよく写っている。花冠の長さは1.3〜2cmで(トキワハゼのそれは1〜1.2cm)大きい。
f0131669_23275628.jpg
3クサイチゴ バラ科 葉は花枝では3小葉、徒長枝では、5葉よりなる。果実は大型。本州、四国、九州に普通にみられる。萼裂片は尾状に伸びている。キイチゴ属共通に隆起する花托(花床)に小核果(小さい粒状に見える)をつけ集合果となり、いわゆるイチゴを形成する。
f0131669_23283890.jpg
4ジュズスゲ カヤツリグサ科 大きな株をつくる。茎は直立し、葉の幅は5〜10mm。頂小穂は雄性で細く、雌小穂に隠れるようだ。和名は数珠菅で、雌小穂の形から。
f0131669_23291734.jpg
5ヒメゴウソ カヤツリグサ科 湿地に生える。茎は株をつくる。葉の幅は2〜6mm。全体に粉白色。頂小穂は雄性で細い。果胞は細かい突起を密生する。
f0131669_23300116.jpg
6-1ニガナ キク科 この属は冠毛が不揃い。根出葉は切れ込むことがある。葉は茎を抱く。多数の頭花をつけ、各頭花には5〜7の小花。単為生殖。
f0131669_23304593.jpg
6-2
f0131669_23313732.jpg
7ゴウソ カヤツリグサ科 平地の湿ったところに生える。葉の幅4〜6mm。果胞は広卵形、著しくふくらみ、小突起を密生、灰緑色〜灰褐色。
f0131669_23322096.jpg
8ハリガネワラビ ヒメジタ科 最下羽片は、ハの字型に逆行する葉脈は葉縁に達する 葉柄は黒褐色から緑色
f0131669_23330437.jpg
9ヤワラシダ ヒメシダ科 最下羽片の基部は狭くなる。小脈は辺縁に達しない。
f0131669_23335737.jpg
10-1トウゴクシソバタツナミ 茎に開出毛が多い
f0131669_23351357.jpg
10-2
f0131669_23354836.jpg
11タチシオデの実
f0131669_23363540.jpg
12-1イグサ (トウシンソウ)イグサ科 花序の基部から出る苞が茎と同じ形になって立つので、花序が側生のように見える。変異が多く、畳表やゴザの原料になるのはコヒゲという栽培品種。
f0131669_23372751.jpg
12-2
f0131669_23375991.jpg
13
f0131669_23383291.jpg
14
f0131669_23391206.jpg
15ミズタマソウ
f0131669_23400474.jpg
16マルバヤナギの果実 この果実から綿毛をもったタネが風に乗り飛び散っていく
f0131669_23404095.jpg
17アシボソ
f0131669_23411959.jpg
18ミツバツチグリ 根茎がかたまりになっている 葉は3個の小葉からなる
f0131669_23421439.jpg
19ナワシロイチゴ
f0131669_23425977.jpg
20ウツギ
f0131669_23434099.jpg
21ボントクタデ
f0131669_23442213.jpg
22イボタノキ
f0131669_23450930.jpg
23エナシヒゴクサ カヤツリグサ科 ヒゴクサによく似るが側生する小穂は柄がなく直立する。ヒゴクサと同じような所に生息する。果胞は著しく膨らみ開出し、楕円形でやや厚く、多少海綿質状。
f0131669_23455850.jpg
24スイカズラ
f0131669_23465672.jpg
25-1オヘビイチゴ
f0131669_23474824.jpg
25-2
f0131669_23495208.jpg
26ノブドウ
f0131669_23482634.jpg
27
f0131669_23490492.jpg
28マグワの実
f0131669_23505899.jpg
29ノチドメ
f0131669_23514943.jpg
30クサボケ
f0131669_23522312.jpg
31-1タコノアシ
f0131669_23533168.jpg
31-2葉の鋸歯先が赤い
f0131669_23540296.jpg
32ミゾカクシ
f0131669_23544036.jpg
33-1
f0131669_23551710.jpg
33-2
f0131669_23554640.jpg
33-3
f0131669_23561228.jpg
34-1キツネアザミ キク科 花冠筒の筒部は狭い。総苞片の狭部はますます狭い。そう果には15肋があり、羽毛状は内外2列で狭い。
f0131669_23585828.jpg
34-2
f0131669_23593162.jpg
34-3
f0131669_00000354.jpg
34-4
f0131669_00003399.jpg
34-5
f0131669_00011247.jpg
35-1ヤエムグラ
f0131669_00020171.jpg
35-2
f0131669_00023646.jpg
36ガマズミ
f0131669_00031773.jpg
37-1シケシダ メシダ科 包膜が目立ち全縁で長い。
f0131669_00040105.jpg
37-2
f0131669_00042763.jpg
38モミジイチゴ
f0131669_00050110.jpg
39-1ゲンゲ
f0131669_00055453.jpg
39-2
f0131669_00063210.jpg
40-1ツボミオオバコ
f0131669_00071476.jpg
40-2
f0131669_00074950.jpg
40-3
f0131669_00083587.jpg
17時49分調査終了。

by trust-0 | 2018-05-22 00:16 | 岩殿

2018年度 岩殿 生きものたち

岩殿地区は多くの生きものに出会える場所である。★高野さんに同定していただいた。☆二宮靖男さんに同定していただいた。
1 アシナガバエの仲間 羽が虹色 2018.4.16
f0131669_22404456.jpg
2ニホンアマガエル 2018.4.16
f0131669_22423806.jpg
3ヤドリニクバエの1種 ウリカエデの葉に 2018.4.16
f0131669_22434499.jpg
4 ★ヒメバチ科の1種 撮影2018.4.16
f0131669_22443623.jpg
5★クロヤマアリ 撮影2018.4.16
f0131669_22452131.jpg
6★モモブトカミキリモドキ 撮影2018.4.16
f0131669_22455583.jpg
7ホソハリカメムシ 撮影2018.4.16
f0131669_22462890.jpg
8ヤマトシジミ撮影2018.4.16
f0131669_22470123.jpg
9★ヤブキリの幼虫 撮影2018.4.16
f0131669_22474800.jpg
10★アカハネムシの1種 撮影2018.4.16
f0131669_22481915.jpg
11ルリタテハ撮影2018.4.16
f0131669_22492389.jpg
12★オオアカマルノミハムシ 撮影2018.4.16
f0131669_22501370.jpg
13-1★アカハネムシの1種 撮影2018.4.16
f0131669_22504437.jpg
13-2撮影2018.4.16
f0131669_22512356.jpg
14★モモブトカミキリモドキ 撮影2018.4.16
f0131669_22515976.jpg
15オトコヨウゾメに小さなお客さんコフキゾウムシかな 撮影2018.4.16
f0131669_22523332.jpg
16-1★クロハネシロヒゲナガ 撮影2018.4.16
f0131669_22530488.jpg
16-2撮影2018.4.16
f0131669_22534240.jpg
17ヒメバチの仲間 撮影2018.4.16
f0131669_09293441.jpg
18ベニシジミ 撮影2018.4.16
f0131669_09301806.jpg
19-1ヒシバッタ 撮影2018.4.16
f0131669_09313424.jpg
19-2ヒシバッタ 撮影2018.4.16
f0131669_09320453.jpg
◇2018年5月21日 
20ナガニジゴミムシダマシかな 撮影2018年5月21日 「昆虫博士入門 P65」
f0131669_06463220.jpg
21ドクガ 撮影2018年5月21日
f0131669_06470413.jpg
22ハグロハバチ 撮影2018年5月21日
f0131669_06475005.jpg
23-1ヒゲナガハナノミ 撮影2018年5月21日
f0131669_06492651.jpg
23-2ヒゲナガハナノミ 撮影2018年5月21日
f0131669_06593079.jpg
23-3ヒゲナガハナノミ 撮影2018年5月21日
f0131669_07182786.jpg
24-1ダイミョウセセリ 撮影2018年5月21日
f0131669_06513763.jpg
24-2撮影2018年5月21日
f0131669_07093285.jpg
25-1ウラナミアカシジミ 撮影2018年5月21日
f0131669_06523119.jpg
25-2撮影2018年5月21日
f0131669_06535557.jpg
26ハラビロトンボ♀撮影2018年5月21日
f0131669_06551761.jpg
27-1ハラビロトンボ♂撮影2018年5月21日
f0131669_06561880.jpg
27-2撮影2018年5月21日
f0131669_06571167.jpg
28アワフキムシ撮影2018年5月21日
f0131669_06581490.jpg
29☆ヒカゲチョウ 撮影2018年5月21日
f0131669_07014037.jpg
30☆シロツバメエダシャク 撮影2018年5月21日
f0131669_07025718.jpg
31☆フジハムシ 撮影2018年5月21日
f0131669_07033520.jpg
32-1キタテハ 撮影2018年5月21日
f0131669_07042641.jpg
32-2交尾中 撮影2018年5月21日
f0131669_07054425.jpg
33アワダチソウグンバイ 撮影2018年5月21日
f0131669_07065501.jpg
34撮影2018年5月21日
f0131669_07080574.jpg
35ギンツバメ 撮影2018年5月21日
f0131669_07101859.jpg
36★キアシナガバチ 撮影2018年5月21日
f0131669_07110483.jpg
37☆マダラガガンボ 撮影2018年5月21日
f0131669_07115286.jpg
38☆アオフキバッタ 撮影2018年5月21日
f0131669_07123542.jpg
39ラクダムシ 撮影2018年5月21日 「昆虫博士入門」5月にマツ林などにみられるが、発生期間は短く、幼虫はマツやサクラなどの樹皮の隙間で小昆虫を補食する。
f0131669_07135655.jpg
40ニホンアマガエル撮影2018年5月21日
f0131669_07144936.jpg
41☆ヤブキリ幼体 撮影2018年5月21日
f0131669_07153696.jpg
42-1ベニシジミ撮影2018年5月21日
f0131669_07165089.jpg
42-2ベニシジミ 撮影2018年5月21日
f0131669_07172914.jpg
43-1カギシロスジアオシャク 撮影2018年5月21日 
f0131669_07193609.jpg
43-2撮影2018年5月21日 
f0131669_07201900.jpg
44-1センニンソウに多いサビ病 撮影2018年5月21日
f0131669_07212092.jpg
44-2撮影2018年5月21日
f0131669_07215839.jpg
45ヒメギス幼体 撮影2018年5月21日
f0131669_07223647.jpg
46ナナホシテントウ撮影2018年5月21日
f0131669_07233276.jpg
47キアゲハの幼虫撮影2018年5月21日
f0131669_07242872.jpg
48-1ユウマダラエダシャク 撮影2018年5月21日
f0131669_07251732.jpg
48-2撮影2018年5月21日
f0131669_07254052.jpg
49☆ホソヘリカメムシ 撮影2018年5月21日
f0131669_07261790.jpg
50ルリタテハの幼虫 サルトリイバラにいた 撮影2018年5月21日
f0131669_07430408.jpg
51☆ヤブキリ幼体 撮影2018年5月21日
f0131669_07484685.jpg
51-2撮影2018年5月21日
f0131669_07495673.jpg
52撮影2018.6.18
f0131669_20434391.jpg
53-1ルリボシカミキリ 撮影2018.6.18
f0131669_20452597.jpg
53-2
f0131669_21050465.jpg
54☆セマダラコガネ 撮影2018.6.18
f0131669_20482399.jpg
55☆ニクバエの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_20510709.jpg
56アシナガバエの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_20515787.jpg
57撮影2018.6.18
f0131669_20524650.jpg
58☆オンブバッタ 蜘蛛の巣にかかってしまった 撮影2018.6.18
f0131669_20533213.jpg
59☆オオチャバネセセリ 白斑が4〜5ジグザク イチモンジセセリは4つがほぼ一列 撮影2018.6.18
f0131669_20543656.jpg
60オオチャバネセセリ 撮影2018.6.18
f0131669_20551606.jpg
61★ヤマシカギバ  撮影2018.6.18
f0131669_20564107.jpg
62撮影2018.6.18
f0131669_20572046.jpg
63ヤマトシジミ 撮影2018.6.18
f0131669_20583187.jpg
64ツバメシジミ 撮影2018.6.18
f0131669_21002432.jpg
65ハラビロトンボ♀ 撮影2018.6.18
f0131669_21015605.jpg
65-2ハラビロトンボ♀ 撮影2018.6.18
f0131669_21023960.jpg
66☆フキバッタ 撮影2018.6.18
f0131669_21035205.jpg
67マメコガネ 撮影2018.6.18
f0131669_21055741.jpg
68☆シマサシガメ 撮影2018.6.18
f0131669_21065057.jpg
69ウリハムシ 撮影2018.6.18
f0131669_21074400.jpg
70ガの仲間
f0131669_21082408.jpg
71カノコガ 撮影2018.6.18
f0131669_21091500.jpg
72☆ショウリョウバッタ 
撮影2018.6.18
f0131669_21101685.jpg
73★マダラアシナガバエの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_21105503.jpg
74☆コジャノメ 撮影2018.6.18
f0131669_21114052.jpg
75☆コジャノメ
f0131669_21122188.jpg
76☆ヒメギス 撮影2018.6.18
f0131669_21131594.jpg
77キアゲハの幼虫 撮影2018.6.18
f0131669_21140153.jpg
78オタマジャクシ撮影2018.6.18
f0131669_21150305.jpg
79ベニシジミ 撮影2018.6.18
f0131669_21161687.jpg
80☆キリウジガガンボ 撮影2018.6.18
f0131669_21193347.jpg
今回は曇り空の影響か、チョウが少なかった。
2018年7月16日
81★アカハナカミキリ 撮影2018.7.16
f0131669_21201856.jpg
82 ★トラマルハナバチ 撮影2018.7.16
f0131669_21211717.jpg
83 撮影2018.7.16
f0131669_21214868.jpg
84 撮影2018.7.16
f0131669_21223961.jpg
85 撮影2018.7.16
f0131669_21233598.jpg
86 撮影2018.7.16
f0131669_21243338.jpg
87クロヒカゲ 撮影2018.7.16
f0131669_21252770.jpg
88ヤマトシジミ 撮影2018.7.16
f0131669_21262650.jpg
89 ★ヒメアリ 撮影2018.7.16
f0131669_21271538.jpg
90★ヤマトフキバッタ 撮影2018.7.16
f0131669_21275967.jpg
91ヒシバッタ 撮影2018.7.16
f0131669_21290162.jpg
92ショウリョウバッタ 撮影2018.7.16
f0131669_21300785.jpg
93 撮影2018.7.16
f0131669_21305124.jpg
94エダシャク 撮影2018.7.16
f0131669_21313732.jpg
95 ササキリの幼虫 撮影2018.7.16
f0131669_21321981.jpg
96 撮影2018.7.16
f0131669_21331797.jpg
97ガ 撮影2018.7.16
f0131669_21340429.jpg
98ハラビロトンボ 撮影2018.7.16
f0131669_21351304.jpg
99タマムシ 撮影2018.7.16
f0131669_21371310.jpg
f0131669_21374938.jpg
100撮影2018.7.16
f0131669_21390497.jpg
101
f0131669_21394042.jpg
102ガ 撮影2018.7.16
f0131669_21402032.jpg
103ヨモギ虫こぶ 撮影2018.7.16
f0131669_21411330.jpg
104 ★ミズイロオナガシジミ 撮影2018.7.16
f0131669_21415308.jpg
105トビナナフシ 撮影2018.7.16
f0131669_21425172.jpg
f0131669_21431779.jpg
106何の巣かな 撮影2018.7.16
f0131669_21451219.jpg
107 ★モノサシトンボ♂ 撮影2018.7.16
f0131669_21455857.jpg
f0131669_21462630.jpg
108★アカハナカキキリ 撮影2018.7.16
f0131669_21470663.jpg
109ヒラタアブ 撮影2018.7.16
f0131669_21475719.jpg
110ベニシジミ 撮影2018.7.16
f0131669_21483999.jpg
112★エンマコオロギの幼虫 撮影2018.7.16
f0131669_21492149.jpg
113★ヌマガエル かな 撮影2018.7.16
f0131669_21500463.jpg
114撮影2018.7.16
f0131669_21504672.jpg
115★オオシオカラトンボ 撮影2018.7.16
f0131669_21514837.jpg
116★オオチャバネセセリ 撮影2018.7.16
f0131669_21523457.jpg
117撮影2018.7.16
f0131669_21531897.jpg
118撮影2018.7.16
f0131669_21535231.jpg
119★クロアナバチ? 撮影2018.7.16
f0131669_21543995.jpg
120キアゲハ♂と♀ 撮影2018.7.16
f0131669_21553000.jpg
f0131669_21555410.jpg
f0131669_21561092.jpg
121シオカラトンボ♂ 撮影2018.7.16
f0131669_21563768.jpg
122キタテハ 撮影2018.7.16
f0131669_21574920.jpg
7月終了。よく観るとたくさんの生きものがいて、いろいろな営みをしていることに驚く。



by trust-0 | 2018-04-19 22:55 | 岩殿

2018.4.16岩殿

◇日時 2018年4月16日 月曜日 9時30分高坂
◇天気 晴れ ◇調査メンバー 二宮靖男 坂田智代 加倉井範子 地元メンバー 稲田滋夫 渡部栄一
◇鳥 カビチョウ ウグイス ハシブトカラス
今年度からクモと昆虫などは別にした。(キャプション坂田智代 写真加倉井範子)
1タンポポ キク科 帯化現象 茎同士がくっついてしまった様子。
f0131669_21113200.jpg
2-1ツボスミレ スミレ科 湿気のあるところを好みます。花はスミレの中では小さめで唇弁(正面の花弁)に紫色の筋が入ります。
f0131669_21125605.jpg
2-2ツボスミレ スミレ科 距は短めで、全草無毛です。
f0131669_21132542.jpg
3新緑で美しい森 C地区からの眺め
f0131669_21141701.jpg
4-1クサイチゴ バラ科 花枝では3小葉をつけ、他の枝では5小葉をつけます。実は大きく食べると甘いです。
f0131669_21154561.jpg
4-2クサイチゴ バラ科 細い刺があり、花枝先に1.2個の大きめの花をつけ。花弁は平開します。
f0131669_21162640.jpg
5ノボロギクのロゼット キク科 中心にまだ縮まった花序が見えます
f0131669_21171707.jpg
6-1ヤマジノホトトギス ユリ科 山野に生えるホトトギスの仲間。ホトトギスの葉は黒い斑点状のシミみたいなものが出てきます。
f0131669_21182917.jpg
6-2ヤマジノホトトギス ユリ科 茎には下向きの毛が生えているのでヤマジノホトトギスとわかります。名のよく似るヤマホトトギスも茎の毛は下向きですが、疎らにつくので区別がつきます。
f0131669_21185860.jpg
7ベニシダ オシダ科 常緑性シダ。若芽が赤いことからこの名がつきました。
f0131669_21194235.jpg
8シケシダ
f0131669_21202304.jpg
9ノミノフスマ ナデシコ科 葉の形をノミの布団に見立ててこの名がつきました。5弁花だが、切れ込みが深く10弁花のように見えます。葉が無毛であることが大事な見分けのポイントです。原野や畑のへりなどに多いです。
f0131669_21222726.jpg
9-2ノミノフスマ ナデシコ科 細い糸状の茎が根元から枝分かれし、枝の分かれ目ごとに花がつきます。
f0131669_22185613.jpg
10-1ミツバツチグリ バラ科 根茎は塊状のふくらみがあります。葉は3個の小葉からなり、花の茎は10数個の花をつけます。
f0131669_21232181.jpg
10-2ミツバツチグリ バラ科 太く短い雌しべが1、雄しべは多数、5枚の花弁です。
f0131669_21240543.jpg
11-1スズメノヤリ イグサ科 山野のどこにでも見られる多年草です。イグサ科の中でもスズメノヤリのグループは葉の縁に長い毛があり、葉の先端は硬くなっています。
f0131669_21250398.jpg
11-2スズメノヤリ イグサ科 花は集まって1個の花のように見える形をとります。花の集まりの様子が大名行列の毛槍に似ているのでこの名がついたそうです。
f0131669_21253237.jpg
12イヌシデ カバノキ科 葉柄に毛が目立ちます。側脈は葉裏の方に突出しています。葉の表面には伏せ毛があり、鋸歯は鋭く細かいです。
f0131669_21261632.jpg
13シダ?
f0131669_21272014.jpg
14ウメモドキ モチノキ科 雌雄異株で葉は細かい鋸歯があり、雌株には赤い実がなります。
f0131669_21282780.jpg
15オニタビラコ キク科 群生もするが独立していることが多いです。花のあとは冠毛のあるそう果ができます。北方では5〜10月に咲くが、南方では年中開花します。
f0131669_21291397.jpg
16ハルジオン キク科 頭花は蕾の時は下を向きます。北アメリカからの帰化植物です。
f0131669_21302283.jpg
17ムラサキサギゴケ ゴマノハグサ科 やや湿気のある田の畔などに生えます。花の柱頭が上下に分かれ、触れると閉じる動きが目で確かめられます。
f0131669_21311691.jpg
18-1ミミナグサ ナデシコ科 田畑や道端に見られます。ヨーロッパ原産のオランダミミナグサに比べ、花序はややまばらに花をつけます。花弁は少し2つに分かれます。葉に柄はありません。
f0131669_21320951.jpg
18-2ミミナグサ ナデシコ科
f0131669_21323931.jpg
19スズメノテッポウ イネ科 花穂は線状円柱形で、葯は乾くと橙色になります。和名は細い花穂を鉄砲に見立てたものです。
f0131669_21335320.jpg
20セトガヤ  イネ科 スズメノテッボウに似ていますが、葯の色は白っぽいままです。
f0131669_21352140.jpg
21アオスゲ
f0131669_21371643.jpg
22カタバミ カタバミ科 この仲間は全草にシュウ酸を含み、かむと酸っぱいです。この仲間は夜になると葉をたたんで閉じます。
f0131669_21381486.jpg
23-1ケキツネノボタン キンポウゲ科 萼片は反り返り花弁の付けの鱗片下から蜜が出ます。雌しべは多数でらせん状に並びます。
f0131669_21391760.jpg
23-2ケキツネノボタン キンポウゲ科 集合果は丸く金平糖型に並びます。
f0131669_21400648.jpg
23-3ケキツネノボタン キンポウゲ科 群生
f0131669_22253062.jpg
24イヌガラシ アブラナ科 花弁4枚で円柱形の実をつけます。葉の縁には鋭い不規則な鋸歯があります。水田や畑地の強害草です。
f0131669_21405152.jpg
25ベビイチゴ バラ科 長い花柄の先に1個ずつ花をつけます。栽培イチゴに似た果実をつけますが、食べておいしいものではありません。
f0131669_21414512.jpg
26オオジシバリ キク科 茎は細長くて浅く地中に延び、また地面をはって節から根を出します。舌状花の先に5歯があるのが分かります。雌しべの花柱の先がくるりとまいています。
f0131669_21422591.jpg
27-1サルトリイバラ サルトリイバラ科 茎は節ごとに曲がり、托葉が変化したつるがあり、他のものに巻き付きます。
f0131669_21432238.jpg
27-2サルトリイバラ サルトリイバラ科 雌雄異株。雄花。花は多数集まって球形の花序をつくります。
f0131669_21434860.jpg
28-1ヒメコウゾ クワ科 新しい枝の上部に赤い花柱が見える雌の花。
f0131669_21451040.jpg
28-2ヒメコウゾ クワ科 下部に薄黄色の葯が見える雄の花がつきます。
f0131669_22294136.jpg
29-1チゴユリ イヌサフラン科 山野の林下に普通に生えます。花は茎の先に普通1個咲きます。
f0131669_21461396.jpg
29-2チゴユリ イヌサフラン科
f0131669_21471980.jpg
30クマヤナギ クロウメモドキ科 落葉性のつる植物ですが、林の縁に生えいた、まだ、若いつるです。丸い葉に羽状の脈が特徴的です。
f0131669_21475712.jpg
31-1ゼンマイ シダ植物のゼンマイ科 林縁・林床を好みます。早春だけに見られる胞子葉です。
f0131669_21483836.jpg
31-2ゼンマイ シダ植物のゼンマイ科 幼葉で綿毛がついていますが、生長するとこの毛は落ちて無毛になります。幼葉は食用になります。
f0131669_21490103.jpg
32ハナイカダ ハナイカダ科 雌雄異株の落葉低木で、この株は雄株で表面の中脈に緑色の雄花を数個付けます。雌株の雌花は普通1個つけます。
f0131669_21494214.jpg
33ゴンズイの冬芽 ミツバウツギ科 葉の落ちた痕を葉痕といいますが、丸くくっきりとして、維管束痕がならんでいるのがわかります。
f0131669_21502002.jpg
34キッコウハグマ キク科 写真のように亀甲型の葉が茎の下の方に集まってつきます。白熊(はぐま)とはヤクの毛で作った槍や僧侶の持つ法具をいい、秋に咲く白い花冠の細長い裂片の様子を白熊にみたてたもの。
f0131669_21505612.jpg
35オクモミジハグマ キク科 葉の形がモミジに似ているというモミジハグマより北に分布しているというのでついた名前
f0131669_21515464.jpg
36-1物見山のトイレ側に咲いていた
f0131669_21533825.jpg
36-2
f0131669_21540447.jpg
37タチイヌノフグリ オオバコ科 外来種で花はオオイヌノフグリに似ているが、ずっと小型で、茎が立っていることからついた名前と想像されます。
f0131669_21543109.jpg
38-1アカメヤナギ (別名マルバヤナギ)ヤナギ科 樹冠の広い高木となります。雌雄異株で雄花序も雌花序も柄に葉を付けています。雄花
f0131669_21563160.jpg
38-2アカメヤナギ 
f0131669_21572767.jpg
53ヤナギ類の柳絮(リュウジョ) タネが綿毛に包まれて飛んでいきます。
f0131669_22102515.jpg
39アカネ アカネ科 つる性。托葉が大きく発達していて葉と同じ形になっています。茎は4稜があるので、四角張っています。葉の腋に花序を伸ばした数の花をつけます。
 
f0131669_21581275.jpg
40カキドオシ シソ科 名は、茎が長くつる状になって延び、垣根を通り越すということからついたようです。葉は縁に丸みのある鋸歯があり、紅紫色の花には下側に紫色の斑点があります。
f0131669_21585365.jpg
41コジュズスゲ
f0131669_21593571.jpg
42ホソバカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)マメ科 カラスノエンドウの細葉タイプ葉の先も矢筈になりません。カラスノエンドウは、道端や野原に普通に生える草で、先端に普通3つに分かれる巻きひげがあります。花の後黒熟する果実が裂開します。
f0131669_22002418.jpg
55カラスノエンドウの根粒 マメ科は土中の菌と共生して根粒をつくり、空気中の窒素を利用します。カラスノエンドウも根に根粒を付けています。
f0131669_22143293.jpg
43クサボケ バラ科 低木で枝は横にはうか、斜め上にあがり枝分かれします。花の色は朱色です。
f0131669_22012256.jpg
44カスマグサ
f0131669_22020644.jpg
45オヘビイチゴ バラ科 原野や田畑の湿ったところに生えます。花は直立した茎につき、狭く長い楕円形の掌葉を付けています。
f0131669_22025367.jpg
46虫こぶ クヌギエダイガフシ
f0131669_22034101.jpg
47キンラン ラン科 黄色い唇弁に5〜7個の赤い隆状線がありますが、花はあまりひらきません。葉は厚く縦脈が目立ちます。
f0131669_22043067.jpg
48オトコヨウゾメ レンプクソウ科 高さ1〜3m落葉低木。お椀状の花冠で浅く切れ込みます。葉は乾くと黒くなります。
f0131669_22052356.jpg
49-1タチシオデ サルトリイバラ科 シオデに似ているが葉裏が白く、茎ははじめは立つが生長すると他物に絡み付きます。雌雄異株。
f0131669_22064100.jpg
49-2雄花
f0131669_22070974.jpg
50ヤマツツジ ツツジ科 酸性の土地によく生えます。半落葉低木で花冠は朱色で上側内面に斑点あり、昆虫の口吻を誘導する蜜標と言われています。
f0131669_22074704.jpg
51マルバアオダモ モクセイ科 浅い山に普通に生える落葉高木で雌雄異株。新しく伸びた枝に白い花を密につけます。
f0131669_22082932.jpg
52タネツケバナ アブラナ科 荒れ地や道端に多く、茎は下部から枝をわけます。和名は種漬花で、イネの種籾を水に漬けて、苗代を準備する頃に花が咲くことによります。
f0131669_22094923.jpg
54-1ゲンゲの花 マメ科 緑肥として栽培されていたものが野生化することが多いです。1カ所に7〜10の花をつけます。
f0131669_22115130.jpg
54-2ゲンゲの花が終わって実(豆果)になるところ。豆果の先が尖る様子がよくわかります。
f0131669_22122737.jpg
54-3ゲンゲの根粒 根に根粒をつけ、窒素を固定し養分として利用できるようにしています。
f0131669_22131190.jpg
56
f0131669_22152079.jpg
57ワレモコウ バラ科 楕円形の小葉をつけます。花期は8〜10月、柔らかく刺はありません。
f0131669_22160134.jpg
58キツネアザミ キク科 道端や田畑に普通に生えます。頭花は茎先に集まります。アザミの仲間ではなく、刺はありません。
f0131669_22171028.jpg
59-1ネギ
f0131669_22204822.jpg
59-2
f0131669_22211691.jpg
60アメリカフウロ フウロソウ科 北アメリカ原産です。花や葉に荒い毛が密生します。花弁は萼片より短く、先は凹入します。
f0131669_22215628.jpg
61-1スイバ果実 タデ科 野原や人家近くに多く、雌雄異株です。全体に赤みおび高さ30〜100cmになります。
f0131669_22224426.jpg
61-2スイバ雄花
f0131669_22231612.jpg
62イロハモミジ ムクロジ科 花と蕾。蕾は暗紫色萼片に包まれ、花は開くと黄緑色を帯びます。多くの園芸種があります。
f0131669_22235938.jpg
63ミツバアケビ アケビ科 雄花の萼片が3枚。雄花は花序のもっと先の方についています。実は熟すと食べられるのはよく知られています。
f0131669_22243858.jpg
64アゼスゲ カヤツリグサ科 果胞に細脈がある きわめて短いくちばしがある(植物検索ハンドブックより)
f0131669_22261223.jpg
65ツボミオオバコ オオバコ科 北アメリカ原産で道端や荒れ地に生えます。全体に曲がった白い毛が密に生えています。花冠がほとんど開かないので蕾のように見えることから名がつきました。
f0131669_22270173.jpg
終了 18時 範囲が広がり時間がかかった。

by trust-0 | 2018-04-19 22:31 | 岩殿