カテゴリ:岩殿( 23 )

2018年度 岩殿 生きものたち

岩殿地区は多くの生きものに出会える場所である。
1 羽が虹色 2018.4.16
f0131669_22404456.jpg
2ニホンアマガエル 2018.4.16
f0131669_22423806.jpg
3ウリカエデの葉に 2018.4.16
f0131669_22434499.jpg
4 撮影2018.4.16
f0131669_22443623.jpg
5撮影2018.4.16
f0131669_22452131.jpg
6撮影2018.4.16
f0131669_22455583.jpg
7撮影2018.4.16
f0131669_22462890.jpg
8ヤマトシジミ撮影2018.4.16
f0131669_22470123.jpg
9撮影2018.4.16
f0131669_22474800.jpg
10撮影2018.4.16
f0131669_22481915.jpg
11ルリタテハ撮影2018.4.16
f0131669_22492389.jpg
12撮影2018.4.16
f0131669_22501370.jpg
13-1撮影2018.4.16
f0131669_22504437.jpg
13-2撮影2018.4.16
f0131669_22512356.jpg
14撮影2018.4.16
f0131669_22515976.jpg
15撮影2018.4.16
f0131669_22523332.jpg
16-1撮影2018.4.16
f0131669_22530488.jpg
16-2撮影2018.4.16
f0131669_22534240.jpg
17181920



by trust-0 | 2018-04-19 22:55 | 岩殿

2018.4.16岩殿

◇日時 2018年4月16日 月曜日
◇天気 晴れ◇参加者 5名
◇鳥 カビチョウ ウグイス ハシブトカラス
今年度からクモと昆虫などは別にした。
1帯化現象 タンポポ
f0131669_21113200.jpg
2-1ツボスミレ
f0131669_21125605.jpg
2-2
f0131669_21132542.jpg
3新緑で美しい森 C地区からの眺め
f0131669_21141701.jpg
4-1クサイチゴ
f0131669_21154561.jpg
4-2
f0131669_21162640.jpg
5何のロゼットかな
f0131669_21171707.jpg
6-1ヤマジノホトトギス
f0131669_21182917.jpg
6-2
f0131669_21185860.jpg
7ベニシダ
f0131669_21194235.jpg
8シケシダ
f0131669_21202304.jpg
9ノミノフスマ
f0131669_21222726.jpg
9-2
f0131669_22185613.jpg
10-1ミツバツチグリ
f0131669_21232181.jpg
10-2
f0131669_21240543.jpg
11-1スズメノヤリ
f0131669_21250398.jpg
11-2
f0131669_21253237.jpg
12イヌシデ
f0131669_21261632.jpg
13シダ?
f0131669_21272014.jpg
14ウメモドキ
f0131669_21282780.jpg
15オニタビラコ
f0131669_21291397.jpg
16ハルジオン
f0131669_21302283.jpg
17ムラサキサギゴケ
f0131669_21311691.jpg
18-1ミミナグサ
f0131669_21320951.jpg
18-2
f0131669_21323931.jpg
19スズメノテッポウ
f0131669_21335320.jpg
20セトガヤ
f0131669_21352140.jpg
21アオスゲ
f0131669_21371643.jpg
22カタバミ
f0131669_21381486.jpg
23-1ケキツネノボタン
f0131669_21391760.jpg
23-2
f0131669_21400648.jpg
23-3
f0131669_22253062.jpg
24イヌガラシ
f0131669_21405152.jpg
25ベビイチゴ
f0131669_21414512.jpg
26オオジシバリ
f0131669_21422591.jpg
27-1サルトリイバラ
f0131669_21432238.jpg
27-2
f0131669_21434860.jpg
28-1ヒメコウゾ 雌花
f0131669_21451040.jpg
28-2
f0131669_22294136.jpg
29-1チゴユリ
f0131669_21461396.jpg
29-2
f0131669_21471980.jpg
30クマヤナギ
f0131669_21475712.jpg
31-1ゼンマイ
f0131669_21483836.jpg
31-2
f0131669_21490103.jpg
32ハナイカダ
f0131669_21494214.jpg
33ゴンズイ
f0131669_21502002.jpg
34キッコウハグマ
f0131669_21505612.jpg
35オクマモミジ
f0131669_21515464.jpg
36-1物見山のトイレ側に咲いていた
f0131669_21533825.jpg
36-2
f0131669_21540447.jpg
37タチイヌノフグリ
f0131669_21543109.jpg
38-1アカメヤナギ雄花
f0131669_21563160.jpg
38-2アカメヤナギ雌花
f0131669_21572767.jpg
39アカネ
f0131669_21581275.jpg
40カキドオシ
f0131669_21585365.jpg
41コジュズスゲ
f0131669_21593571.jpg
42ヤハズノエンドウ
f0131669_22002418.jpg
43クサボケ
f0131669_22012256.jpg
44カスマグサ
f0131669_22020644.jpg
45オヘビイチゴ
f0131669_22025367.jpg
46ムシコブ
f0131669_22034101.jpg
47キンラン
f0131669_22043067.jpg
48オトコヨウゾメ・・・小さな虫が
f0131669_22052356.jpg
49-1
f0131669_22064100.jpg
49-2
f0131669_22070974.jpg
50ヤマツツジ
f0131669_22074704.jpg
51マルバアオダモ
f0131669_22082932.jpg
52タネツケバナ
f0131669_22094923.jpg
53ヤナギのリュウジョ
f0131669_22102515.jpg
54-1ゲンゲ
f0131669_22115130.jpg
54-2
f0131669_22122737.jpg
54-3ゲンゲの根
f0131669_22131190.jpg
55カラスノエンドウの根
f0131669_22143293.jpg
56
f0131669_22152079.jpg
57ワレモコウ
f0131669_22160134.jpg
58キツネアザミ
f0131669_22171028.jpg
59-1ネギ
f0131669_22204822.jpg
59-2
f0131669_22211691.jpg
60アメリカフウロ
f0131669_22215628.jpg
61-1スイバ雌花
f0131669_22224426.jpg
61-2雄花
f0131669_22231612.jpg
62イロハモミジ
f0131669_22235938.jpg
63ミツバアケビ雌花
f0131669_22243858.jpg
64
f0131669_22261223.jpg
65ツボミオオバコ
f0131669_22270173.jpg
終了 18時 範囲が広がり時間がかかった

by trust-0 | 2018-04-19 22:31 | 岩殿

2018年度 岩殿 クモ

毎月、岩殿を訪れていると画像を仕分けしたくなり、クモだけを入れてみた。農薬を撒いていない田畑には多くのクモがいて、歩くとたくさんのクモが一斉に動き出す。クモは、自然の豊かさのバロメーターである。
1C地区林縁 2018.4.16
f0131669_00265201.jpg
2すべての地区にいた2018.4.16
f0131669_00282893.jpg
3C地区 2018.4.16
f0131669_00294583.jpg
4C地区田んぼ 2018.4.16
f0131669_00310807.jpg
5物見山駐車場で2018.4.16
f0131669_00325108.jpg
6-1C地区 2018.4.16
f0131669_00342658.jpg
6-2
f0131669_00351240.jpg
8F地区 2018.4.16
f0131669_00363763.jpg
9B地区2018.4.16
f0131669_00375534.jpg
1011121314

by trust-0 | 2018-04-16 23:25 | 岩殿

2018年3月19日 岩殿

◇日時 2018年3月19日 月曜日 9時30分〜16時
◇天気 くもり
◇参加 5名
◇鳥 ガビチョウ ウグイス ハシブトカラス
◇昆虫など キタテハ ビロードツリアブ
◇会議 場所拡大 A〜Iに広がり、650平米→1万平米 岩殿丘陵の入山谷津 散策路を木陰に作りたい アカマツ林も管理したい 落ち葉溜め周辺の植生も調査したい 今年度中に植生調査を2本立てでまとめたい(地区全体の植生とA〜I)G地区は湿田でマムシが多い HI地区はアズマネザサを刈った。
◇花 ミチタネツケバナ アセビ カワズザクラ ヒサカキ オオイヌノフグリ トキワハゼ シュンラン カワヤナギ ノジスミレ クサボケ スイバ ムラサキサギゴケ カキドオシ ハルジオン スズメノカタビラ カワヤナギ ヒメカンスゲ キュウリグサ オランダミミナグサ ホトケノザ ナズナ コハコベ アブラナ
1A地区からの眺め

2タラノキ ウコギ科(新芽をタラの芽と言って山菜として人気がある)冬芽の下の葉痕が大きくVの字をして一周するくらい大きい
f0131669_11183180.jpg
3無農薬の畑にはクモがたくさんいた
f0131669_11195651.jpg
4-1ミチタネツケバナ アブラナ科 タネツケバナによく似ている 長い果実が上向きに立つようについている
f0131669_11215953.jpg
4-2ミチタネツケバナ
f0131669_11231634.jpg
5-1アセビ ツツジ科
f0131669_11252360.jpg
5-2アセビの花の内部を見ると、各雄しべに二本ずつ刺状の突起がでている
f0131669_11243684.jpg
6モミジイチゴ バラ科 芽吹き
f0131669_11260706.jpg
7ムラサキシキブの裸芽 シソ科
f0131669_11270448.jpg
8アオキの実 ガリア科 雌雄別株
f0131669_11275693.jpg
9ヒサカキ サカキ科 花の臭気が強い 雌雄別株
f0131669_11283137.jpg
10クロコブタケ シイタケの原木の風通しが悪く、蒸れやすいような高温多湿の条件で発生。浸害された部分からは、シイタケの菌はまん延できない。
f0131669_11285567.jpg
11カワラタケ 腐朽力が強い
f0131669_11293462.jpg
12カイガラタケ 裏にヒダがある 腐朽力が強い
f0131669_11300722.jpg
13アカシデ カバノキ科 雄花序
f0131669_11305970.jpg
14オオイヌノフグリ オオバコ科 各区画に群生
f0131669_11314372.jpg
15ロゼット各種 ハハコグサ オランダミミナグサ 雑種タンポポ オニタビラコ ハルジオンなど
f0131669_11321909.jpg
16ハルジオン キク科
f0131669_11331000.jpg
17カナムグラ アサ科 芽生え
f0131669_11335694.jpg
18ミゾソバ タデ科 芽生え
f0131669_11345261.jpg
19-1マルバアオダモ モクセイ科 樹皮
f0131669_11361406.jpg
19-2マルバアオダモ冬芽
f0131669_11364403.jpg
20コナラ ブナ科 冬芽
f0131669_11373153.jpg
21クモ
f0131669_11380321.jpg
22カキドオシ シソ科
f0131669_11385629.jpg
23イボタノキ モクセイ科 芽吹き 葉の中央脈が目立つ
f0131669_11401837.jpg
24 アカハネムシ
f0131669_11405704.jpg
25看板
f0131669_11413130.jpg
26コウヤボウキ キク科 そう果
f0131669_11421126.jpg
27-1ヒメカンスゲ カヤツリグサ科 上の方の雄小穂、下の方の雌小穂それぞれから雄しべ雌しべがでている
f0131669_11425972.jpg
27-2
f0131669_11432062.jpg
28フデリンドウ リンドウ科 莟
f0131669_11440855.jpg
29カワヤナギ ヤナギ科 雌花序をつけている
f0131669_11444453.jpg
30キンミズヒキ バラ科 
f0131669_11452390.jpg
31キショウブの群落
f0131669_11461163.jpg
32
f0131669_11464792.jpg
33ミツバアケビ アケビ科 花芽
f0131669_11472094.jpg
34ノジスミレ スミレ科
f0131669_11475279.jpg
35-1スイバ タデ科
f0131669_11483334.jpg
35-2スイバ
f0131669_11485446.jpg
36セイヨウミツバチ
f0131669_11492687.jpg
37ムラサキサギゴケ ハエドクソウ科
f0131669_11495937.jpg
38スズメノカタビラ イネ科
f0131669_11503253.jpg
39ツクシ(スギナの苞子茎)シダ植物 トクサ科
f0131669_11510749.jpg
40イヌシデメフクレフシ
f0131669_11514012.jpg
41ホトケノザ シソ科
f0131669_11523839.jpg
42アメリカオニアザミ ギク科 ロゼット在来種と競合する 鋭い刺がある
f0131669_11521020.jpg
43コハコベ ナデシコ科
f0131669_11532461.jpg
農薬を撒いているところには、クモの姿が少なく自然農法の場所には、多くのクモが生息していた。
 

by trust-0 | 2018-03-20 07:06 | 岩殿

2017年12月23日 岩殿 焼き芋の会

2017年12月23日 岩殿 焼き芋の会
f0131669_06012630.jpg
最初に記念撮影
f0131669_06021512.jpg
f0131669_06030706.jpg
f0131669_06033823.jpg
f0131669_06035565.jpg
f0131669_06041881.jpg
f0131669_06044154.jpg
f0131669_06045797.jpg
f0131669_06051462.jpg
f0131669_06060582.jpg
f0131669_06062220.jpg
f0131669_06064926.jpg
f0131669_06071081.jpg
f0131669_06073289.jpg
f0131669_06074729.jpg
f0131669_06080986.jpg
f0131669_06032419.jpg

by trust-0 | 2017-12-24 06:08 | 岩殿

2017.11.27岩殿

◇日時 2017年11月27日月曜日 9時30分〜15時40分
◇天気 晴れのちくもり
◇参加 4名
◇鳥 ウグイス アオジ ハシボソカラス
◇花 C地区 ハキダメギク ベニバナボロギク オランダミミナグサ ノハラアザミ ハハコグサ セイタカワアダチソウ イヌタデ コセンダングサ ヒメムカシヨモギ アメリカイヌホオヅキ ハナイバナ F地区 ノミノフスマ セイタカアワダチソウ B地区 タネツケバナ ウシハコベ ノミノフスマ A地区 イヌタデ E地区 イヌガラシ イヌタデ ウシハコベ D地区 ハナイバナ ウシハコベ イヌタデ アメリカイヌホオヅキ カントウヨメナ ノハラアザミ ノジスミレ
1岩殿丘陵 入山谷津田の晩秋
f0131669_21264153.jpg
2タラノキの葉痕 維管束痕は30個以上
f0131669_21274047.jpg
3カワラタケ
f0131669_21281566.jpg
4キッコウハグマの冠毛
f0131669_21292362.jpg
5ハシゴシダ 葉柄が長い
f0131669_21301533.jpg
6ジョロウグモ 
f0131669_21313680.jpg
7トキリマメの赤いサヤと黒いマメ(種子)
f0131669_21325991.jpg
8里山にはたき火が似合う 火を燃やすにおいが懐かしく感じられた
f0131669_21341862.jpg
9ハキダメギクの頭花 黄色い筒状花まわりに白い舌状花が5枚並ぶ
f0131669_21344639.jpg
10ベニバナボロギクの頭花
f0131669_21354132.jpg
11オランダミミナグサのつぼみ
f0131669_21364093.jpg
12ノハラアザミの冠毛のある痩果 白い冠毛で風散布
f0131669_21374087.jpg
13ムラサキシキブの果実 冬芽は裸芽
f0131669_21383395.jpg
14サルトリイバラの赤く熟した液果
f0131669_21393776.jpg
15ハモグリバエの食痕 エカキムシ(ジカキムシ)とよばれる
f0131669_21403294.jpg
16アメリカセンダングサ 熟した果実は球形に広がる
f0131669_21414047.jpg
17コシアブラの複葉の葉柄基部 頂芽
f0131669_21423666.jpg
18ワカバグモ 待機型
f0131669_21440447.jpg
19かかった獲物と小型のクモ
f0131669_21451158.jpg
20ハラタケ科のキノコ
f0131669_21461082.jpg
21ヤマコウバシの冬芽(混芽)水滴型で赤みを帯びる
f0131669_21470171.jpg
22一幅の風景画のような斜面林の風景
f0131669_21481703.jpg
23ヤブムラサキの果実(核果)下部が萼片に包まれる
f0131669_21491627.jpg
24市民の森のコナラ林 褐葉が美しい
f0131669_21501046.jpg
25タコノアシの果実 
f0131669_21510977.jpg
26タネツケバナの花と長角果
f0131669_21514661.jpg
27初冬の谷津田 午後になると太陽が雲に隠れ気温が低下
f0131669_21524280.jpg
28ヤノネグサの草紅葉
f0131669_21542168.jpg
29ヌマトラノオの草紅葉
f0131669_21560290.jpg
30初冬に咲くカントウヨメナ 田んぼの畦や草地周辺にみられる
f0131669_21571050.jpg
31ウワミズザクラの冬芽 2年以上の枝は落ち、落枝痕となる
f0131669_21580801.jpg
32-1ノジスミレ 距は細長く果柄に白毛が多い
f0131669_21591543.jpg
32-2ノジスミレ 側弁には毛がないのも見分けのポイント
f0131669_22011477.jpg
33クサギの冬芽(裸芽)U字に並ぶ維管束痕 この葉痕を「総入れ歯」とも表現する
f0131669_22021250.jpg
34アカシデメムレマツカサフシ
f0131669_22030475.jpg
35収穫後の谷津田の風景
f0131669_22040763.jpg
36オオジシバリの痩果 白い冠毛が密につく
f0131669_22044264.jpg
37エゾギシギシ(別名ヒロハギシギシ)
f0131669_22053275.jpg
15時36分終了 太陽が見えなくなったら、寒くなった。今年の調査は今日で終了。

by trust-0 | 2017-11-27 22:26 | 岩殿

2017.10.27岩殿調査

◇日時 2017年10月27日金曜日
◇天気 晴れ
◇参加 3名
市民の森から下に降りた。谷津田は枯れ草が多く晩秋の風景であった。セイタカアワダチソウ、シロダモの実とつぼみ、フユノハナワラビの胞子葉がみられた。ノハラアザミ、ミゾソバ、ユウガギク、カントウヨメナ、ワレモコウなどがみられた。外来種ではハキダメギク、ペニバナボロギクの花が咲いていた。時季外れのツボスミレとノジスミレが一輪咲いていた。
1秋深まる岩殿給料の谷津田
f0131669_18480166.jpg
2-1キッコウハグマの解放花
f0131669_10055346.jpg
2-2
f0131669_10064215.jpg
2-3葉の形の亀甲が和名の由来
f0131669_10071148.jpg
3チヂミザサ なぜか岩殿のはピンク
f0131669_10080535.jpg
4ミゾソバにだれかな
f0131669_10083961.jpg
5ミゾソバ 
f0131669_10090725.jpg
6ヤブマメの閉鎖花の果実
f0131669_10105612.jpg
6-2ヤブマメの実
f0131669_10114918.jpg
7-1
f0131669_10123813.jpg
7-2
f0131669_10130432.jpg
8アオミズ
f0131669_10134296.jpg
9
f0131669_10141407.jpg
10シロスジベッコウハナアブ
f0131669_10143979.jpg
11
f0131669_10150665.jpg
12コメナモミ
f0131669_10154884.jpg
13カワラタケの仲間
f0131669_10162191.jpg
14カワラタケの仲間
f0131669_10165483.jpg
15カワラタケの仲間
f0131669_10172819.jpg
16ムラサキシキブの実
f0131669_10181326.jpg
17セイタカアワダチソウの群落
f0131669_10184178.jpg
18
f0131669_10194614.jpg
19
f0131669_10202089.jpg
20
f0131669_10204855.jpg
21ノハラアザミ
f0131669_10220454.jpg
21-2
f0131669_10223471.jpg
22-1オオアオイトトンボ
f0131669_10232962.jpg
22-2
f0131669_10235709.jpg
22-3
f0131669_10242782.jpg
23ノハラアザミの実
f0131669_10253136.jpg
24-1キタテハ
f0131669_10262581.jpg
24-2
f0131669_10265399.jpg
24-3
f0131669_10271831.jpg
25ヤナギタデ 葉をかむと辛い
f0131669_10280535.jpg
26クモヘリカメムシ
f0131669_10284514.jpg
27
f0131669_10294788.jpg
28
f0131669_10301594.jpg
29
f0131669_10304150.jpg
30
f0131669_10311879.jpg
31アキノノゲシ
f0131669_10320222.jpg
32コケ
f0131669_10323433.jpg
33ハシカグサの実
f0131669_10331657.jpg
34
f0131669_10334391.jpg
35キンケハラナガツチバチ
f0131669_10343433.jpg
36オオセンチコガネ
f0131669_10345922.jpg
37ナツハゼ 実は酸っぱくて美味
f0131669_10354914.jpg
38ツボスミレ
f0131669_10362612.jpg
39
f0131669_10365222.jpg
40ワレモコウ 花粉を初めて見た
f0131669_10383199.jpg
41オヘビイチゴ
f0131669_10391455.jpg
42タネツケバナ
f0131669_10394820.jpg
43キクモの紅葉
f0131669_10403444.jpg
44アメリカイヌホオヅキの実
f0131669_10411742.jpg
45ヌマトラノオの幼葉
f0131669_10420545.jpg
46オオイヌノフグリ
f0131669_10423995.jpg
47ヤエムグラ
f0131669_10432152.jpg
48アカメヤナギの木が倒れていた
f0131669_10441330.jpg
49ノウサギの糞
f0131669_10450024.jpg
50ハナイバナ
f0131669_10454823.jpg
51オンブバッタ
f0131669_10462658.jpg
52カントウヨメナにいもむし
f0131669_10471267.jpg
53アメリカセンダングサ
f0131669_10475157.jpg
54アズマキシダグモかな
f0131669_10481965.jpg
55ノジスミレ
f0131669_10485428.jpg
56アザミにハチ
f0131669_10494282.jpg
帰りはバス停まで歩く
57アワコガネ
f0131669_10505058.jpg
58ハナトラノオ
f0131669_10512555.jpg
58-2
f0131669_10515614.jpg
59メランポジウム 
f0131669_10522506.jpg
60-1シュウカイドウ 雄花
f0131669_10531841.jpg
60-2シュウカイドウ 雌花
f0131669_10533339.jpg
歩き疲れた一日だった。キャプションは二宮さんに手直ししていただいた。


by trust-0 | 2017-10-28 18:48 | 岩殿

2017.9.25岩殿調査

◇日時 2017年9月25日 9時30分〜16時30分
◇天気 晴れ
◇参加 5名
谷津田の稲架木のある風景は収穫の秋の象徴。谷津田を背景に黄色い雄花の葯を下げたススキは絵になる。ミツバアケビの実もまだ青いが大きく膨らんできた。今、谷津田は、タデ科の花の季節。休耕田一面にミゾソバ、アキノウナギツカミ、ヤノネグサが群落をつくっている。畑地ではイヌタデ、林縁のヤブタデなどと咲き競う。水辺に咲くキク科のユウガギクは白花、カントウヨメナは青紫色で秋の野の風景を競演する。中秋とはいえ上空は夏のような青空。斜面林ではガビチョウが鳴き、谷津田の上空は、ショウジョウトンボ シオカラトンボ アキアカネたちが田面の上を群れる。チョウも草むらの野草に訪花、雨後で動きが素早い。おなじみのダイミョウセセリやイチモンジセセリを確認した。以下、この日、岩殿の谷津田に開花していた野草たちを紹介する。             文・二宮靖男、写真・加倉井範子
C地区ノハラアザミ ボントクタデ コチヂミザサ ヌカキビ ヤノネグサ アメリカセンダングサ ヒナタイノコヅチ ヒメジソ コケオトギリ ヒメクグ ホソギヒメジョオン ハイヌメリ コアゼガヤツリ ハキダメギク スズメウリ テンツキ メヒシバ ウリクサ アシボソ アオミズ オオバコ キンエノコロ エノキグサ ツユクサ イヌタデ コニシキソウ ニワホコリ トキワハゼ ヤマハツカ ベニバナボロギク トキンソウ ヒデリコ ザクロソウ サジガンクビソウ ヒメミカンソウ フユノハナワラビ(胞子葉) アキノノゲシ オヒシバ アゼガヤツリ スズメノトウガラシ アゼトウガラシ コナギ センニンソウ ヒメムカシヨモギ キツネノマゴ イボクサ
F地区ミゾソバ ボントクタデ ヒナタイノコヅチ ヨモギ カナムグラ ミズタマソウ アキノウナギツカミ ノダケ アオミズ ツユクサ アメリカイヌホオズキ ヌカキビ ヤノネグサ
B地区カントウヨメナ ユウガギク ヒナタイノコヅチ ボントクタデ ヤブツルアズキ ヒメジソ アシボソ ヌカキビ アキノウナギツカミ ヤブタデ ミゾソバ ヤノネグサ アゼガヤツリ アオミズ ススキ ノハラアザミ アメリカイヌホオヅキ コブナグサ ハシカグサ コセンダングサ アメリカセンダングサ タマガヤツリ チヂミザサ ダンドボロギク タイヌビエ コケオトギリ エノキグサ カワラスガナ キンエノコロ チカラシバ ヒロハホウキギク ワレモコウ タカアザミ ミズマツバ キカシグサ ハリイ アゼトウガラシ スズメノトウガラシ ノミノフスマ
A地区アシボソ コナギ キカシグサ キクモ ヤノネグサ ユウガギク キンエノコロ キツネノマゴ ボントクタデ ヤブツルアズキ ヒメジソ ツユクサ メヒシバ ミゾカクシ コシロネ アメリカセンダングサ ハキダメギク テンツキ カワラスガナ ヒメジョオン ヌカキビ アメリカタカサブロウ カタバミ ハイヌメリ アキノタムラソウ ヌメリグサ
D地区 チカラシバ ススキ アメリカイヌホオヅキ ヤブツルアズキ ノハラアザミ ヤブマメ アオミズ ヒメジソ ヌカキビ ヤノネグサ ボントクタデ タイアザミ エノキグサ アメリカイヌホオヅキ チヂミザサ アシボソ ヒナタイノコヅチ キツネノマゴ ダイコンソウ イヌコウジュ フユノハナワラビ(胞子葉) 
E地区 ヤノネグサ ヒデリコ メヒシバ タマガヤツリ コゴメカヤツリ コセンダングサ アメリカセンダングサ イヌタデ ヤノネグサ ヒメクグ ワレモコウ ユウガギク ヌカキビ ヒメジョオン カタバミ 
青木の入り メヒシバ イヌビエ キンエノコロ ニワホコリ イヌガラシ アメリカタカサブロウ ヨモギ シマスズメノヒエ イヌタデ ヒメジョオン ヨモギ シロツメクサ コセンダングサ チカラシバ ノハラアザミ クワクサ キツネノマゴ エノキグサ ヒメヨツバムグラ ハイヌメリ
1C地区の風景
f0131669_06553233.jpg
2C地区の風景
f0131669_06560866.jpg
3イボクサ
f0131669_06565645.jpg
4コカマキリ
f0131669_06575243.jpg
5ノハラアザミにオオチャバネセセリ
f0131669_07003225.jpg
6ハシカグサ
f0131669_07034638.jpg
7キバナアキギリ
f0131669_07043180.jpg
8ササキリ
f0131669_07045756.jpg
9ヌカキビ
f0131669_07071382.jpg
10アメリカイヌホオヅキ
f0131669_07083662.jpg
11ベニバナボロギク
f0131669_07091874.jpg
12-1コチヂミザサ
f0131669_07095406.jpg
12-2コチヂミザサ ピンク色が目についた
f0131669_07102264.jpg
13ツユクサ
f0131669_07112013.jpg
14
f0131669_07120531.jpg
15タネツケバナ
f0131669_07124014.jpg
16
f0131669_07130840.jpg
17ノハラアザミ
f0131669_07135089.jpg
18ヤノネグサ
f0131669_07145048.jpg
19カメムシ 通常のカメムシより大きかった
f0131669_07152048.jpg
20
f0131669_07154357.jpg
21コケオトギリ
f0131669_07161960.jpg
22ヒメクグ
f0131669_07170432.jpg
23ハイヌメリ
f0131669_07174372.jpg
24ホウキギク
f0131669_07182462.jpg
25ヒメヒラテンツキ
f0131669_07190166.jpg
26
f0131669_07193314.jpg
27ハヤシノウマオイ
f0131669_07200661.jpg
28コオロギ
f0131669_07221219.jpg
29キツネノマゴ
f0131669_07224954.jpg
30トキワハゼ
f0131669_07232549.jpg
31トキンソウ
f0131669_07235709.jpg
32
f0131669_07244550.jpg
33フユノハナワラビ
f0131669_07252200.jpg
34アキノノゲシ
f0131669_07260235.jpg
35ノガリヤス
f0131669_07263547.jpg
36ザトウムシ
f0131669_07271649.jpg
37ツマグロヒョウモン♀
f0131669_07285480.jpg
38イヌタデ
f0131669_07293902.jpg
39カナヘビ
f0131669_07301192.jpg
40ササグモ
f0131669_07304374.jpg
41クロヒカゲ
f0131669_07312259.jpg
42モノサシトンボ
f0131669_07315205.jpg
43-1アキノウナギツカミ
f0131669_07323711.jpg
43-2
f0131669_07331286.jpg
44ツバメシジミ
f0131669_07341361.jpg
45セスジツユムシ
f0131669_07345259.jpg
46アリ
f0131669_07352604.jpg
47アシグロツユムシ
f0131669_07360000.jpg
48カナムグラ雄花
f0131669_07373270.jpg
49ベッコウハゴロモ
f0131669_07380955.jpg
50 ?
f0131669_07383798.jpg
51きのこ
f0131669_07391750.jpg
52セスジススメの幼虫
f0131669_07394305.jpg
53ウラギンシジミ
f0131669_07403043.jpg
54
f0131669_07410194.jpg
55アキノタムラソウ
f0131669_07413714.jpg
56クモ
f0131669_07420706.jpg
57ユウガギク
f0131669_07425868.jpg
58ユウガギクにハチ
f0131669_07440646.jpg
59タコノアシ
f0131669_07445813.jpg
60オナジマイマイ  1.5〜2.0 mm 前後のカタツムリ形の陸貝 草地に生息非常に乾燥に強い
f0131669_07453188.jpg
61ナガコガネグモ
f0131669_07462194.jpg
62コアゼガヤツリ?
f0131669_07465860.jpg
63タマガヤツリ
f0131669_07472996.jpg
64-1ヤブツルアズキの実
f0131669_07481031.jpg
64-2ヤブツルアズキ
f0131669_07483720.jpg
65タカアザミ
f0131669_07501080.jpg
66カワラスガナ
f0131669_07510329.jpg
67ヒデリコ
f0131669_07513572.jpg
68コシロネ
f0131669_07522110.jpg
69キカシグサ
f0131669_07530644.jpg
70ミズマツバ
f0131669_07534049.jpg
71ノミノフスマ
f0131669_07541006.jpg
72ウヅキコモリグモ
f0131669_07552897.jpg
73
f0131669_07562011.jpg
74ウスカワマイマイ 球形の陸貝 草地に生息非常に乾燥に強い 
f0131669_07570388.jpg
75
f0131669_07572720.jpg
76アメリカセンダングサ
f0131669_07580730.jpg
77クモヘリカムーメムシ
f0131669_07582479.jpg

by trust-0 | 2017-09-25 21:12 | 岩殿

2017.8.21

◇日時 2017年8月21日 9時30分高坂集合→16時終了
◇天気 くもり 蒸し暑い日であったが、風が吹くと涼しく感じられた。
◇参加 5名
カビチョウ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミが鳴き、シオカラトンボが飛び交っていた。
花の咲いていた植物
C地区・・・コニシキソウ メヒシバ ヒナタイノコヅチ ヌマトラノオ ヒヨトリバナ(蕾)ヌマトラノオ ノハラアザミ クサギ コケオトギリ ベニバナボロギク ノハラアザミ ケキツネノボタン ハキダメギク アメリカタカサブロウ スズメウリ ヤマノイモ アオツヅラフジ キツネノマゴ ヒメジョオン ヌスビトハギ カタバミ ザクロソウ メヒシバ エノキグサ センニンソウ オトギリソウ ヒデリコ ヘクソカズラ タイヌビエ テンツキ(コヤブタバコ イヌガラシ ウリクサ トキワハゼ セリ ハナタデ ヒメコミカンソウ )
F地区・・・ヒナタイノコヅチ ミズタマソウ チヂミザサ ヒヨドリジョウゴ コバノカモメヅル ヤブミョウガ ヌマトラノオ ツユクサ オニドコロ ダイコンソウ 
B地区・・・ヌマトラノオ アオツヅラフジ アキノタムラソウ イヌタデ ノブドウ ヒナタイノコヅチ ヌスビトハギ ツユクサ イヌホタルイ タマガヤツリ ヒデリコ オニノゲシ コケオトギリ メヒシバ タネツケバナ カントウヨメナ ケイヌビエ ハハコグサ ベニバナボロギク タコノアシ イグサ スズメウリ ケキツネノボタン ノゲシ (ミズタマソウ アゼトウガラシ エノキグサ コバノカモメヅル)
A地区・・・ミズオオバコ イヌタデ タイヌビエ テンツキ アメリカイヌホオヅキ キンエノコロ アメリカタカサブロウ コゴメカヤツリ メヒジハ ツユクサ アキノタムラソウ
D地区・・・ヒナタイノコヅチ ワレモコウ ダイコンソウ タチカタバミ ツユクサ エノキグサ チカラシバ スズメウリ チヂミザサ ヤブタデ ヒメコミカンソウ
E地区・・・コゴメカヤツリ キツネノマゴ アキノノゲシ ツユクサ ヒナタイノコヅチ アメリカイフホオヅキ ワレモコウ
青木の入・・・シマスズメノヒエ メヒシバ タイヌビエ ヒメジョオン ハナイバナ エノキグサ ユウゲショウ オヒシバ コゴメカヤツリ
 
1ザクロソウ
f0131669_16192806.jpg
2コニシキソウ
f0131669_16203462.jpg
 3 C地区駐車場から山側を望む
f0131669_16210656.jpg
4 C地区から田んぼを望む
f0131669_16213608.jpg
5オトギリソウ
f0131669_16221832.jpg
6ヤマトシジミ
f0131669_16225470.jpg
7アリ
f0131669_16232321.jpg
8コケオトギリ
f0131669_16240845.jpg
9-1ヌマトラノオ
f0131669_16250668.jpg

9-2
f0131669_16254508.jpg
10-1ヤマトフキバツタ
f0131669_16262824.jpg
10-2
f0131669_16271254.jpg
11ノハラアザミにアズチグモ
f0131669_16291178.jpg
12アオツヅラフジ
f0131669_16304759.jpg
13スズメウリ
f0131669_16312536.jpg
14ササキリの幼体
f0131669_16321074.jpg
15ナガコガネグモ
f0131669_16324405.jpg
16タマゴタケ
f0131669_16332409.jpg
17-1ヒメミカンソウ
f0131669_16341701.jpg
17-2
f0131669_16344655.jpg
18マドガ
f0131669_16354190.jpg
19コヤブタバコ
f0131669_16361985.jpg
20
f0131669_16381798.jpg
21ミドリヒメワラビ
f0131669_16384663.jpg
22ヒデリコ
f0131669_16394899.jpg
23カメムシ
f0131669_16404105.jpg
24
f0131669_16411168.jpg
25ニホントカゲ
f0131669_16415795.jpg
26ササキリ
f0131669_16423320.jpg
27ミズタマソウ
f0131669_16431263.jpg
28ニホンアマガエル 
f0131669_16434824.jpg
29コバノカモメヅル
f0131669_16450670.jpg
30ハエトリグモの仲間
f0131669_16453513.jpg
30-2
f0131669_16464436.jpg
31セスジツユムシ
f0131669_16471691.jpg
32
f0131669_16474255.jpg
33ウズグモ
f0131669_16481194.jpg
34-1ササキリの幼体
f0131669_16490316.jpg
34-2
f0131669_16493457.jpg
35アカハネナガウンカ
f0131669_16501096.jpg
36-1 ヒダリマキマイマイ 稚貝のため巻き数が少ないのが特徴
f0131669_16513081.jpg
36-2 オナジマイマイ
f0131669_16521843.jpg
36-3 オナジマイマイ
f0131669_16525389.jpg
36-4 オナジマイマイ
f0131669_16532634.jpg
37キノコ
f0131669_16542311.jpg
38シュレーゲルアオガエル
f0131669_16555760.jpg
39何ガエルかな? ツチガエル ヌマガエル
f0131669_08560471.jpg
40キツネノマゴにキタキチョウ
f0131669_08581679.jpg
41ヒメキマダラセセリ?
f0131669_08584000.jpg
42トキリマメ
f0131669_08592255.jpg
43
f0131669_08595011.jpg
44ハナタデ
f0131669_09004988.jpg
45-1クサギ 同じ花の受粉をさけるため、雄しべが先に伸びて、花粉を運んでもらう
f0131669_09014436.jpg
45-2 花粉がなくなると雄しべは下を向き、雌しべが上を向く 
f0131669_09021084.jpg
46コマツナギ
f0131669_09064800.jpg
47イヌタデ
f0131669_09072702.jpg
48ミズオオバコ
f0131669_09541558.jpg
49イネ
f0131669_09544696.jpg
50エゴノネコアシアブラムシの幼虫
f0131669_09551677.jpg
51オオカマキリ
f0131669_09555075.jpg
52アキノタムラソウ
f0131669_09562525.jpg
53イヌホタルイ
f0131669_09571383.jpg
54
f0131669_09575750.jpg
55タマガヤツリ
f0131669_09584269.jpg
56ナガメ
f0131669_09591695.jpg
57アゼトウガラシ
f0131669_10000066.jpg
58だれかな
f0131669_10003990.jpg
59ケイヌビエにカメムシ
f0131669_10010959.jpg
60ユウガギクにホソヒラタアブ
f0131669_10023066.jpg
61タコノアシ
f0131669_10080223.jpg
62ヌマトラノオにベニシジミ
f0131669_10084563.jpg
63
f0131669_10092483.jpg
64ヌマトラノオにお客さん
f0131669_10095021.jpg
65カヤツリグサ
f0131669_10110197.jpg
66ダイコンソウ
f0131669_10114046.jpg
67オオチャバネセセリ
f0131669_10121403.jpg
68ワレモコウ
f0131669_10131186.jpg
69ミツバアケビの実
f0131669_10135159.jpg
70ゴイシジミ 幼虫はササや竹につくアブラムシを食べる。成虫はアブラムシのお尻から出た蜜を好み、花の蜜は吸わないようだ。
f0131669_10171286.jpg
71ウズキコモリグモ?
f0131669_10174311.jpg
72ケキツネノボタン
f0131669_10182912.jpg
73ツチイナゴ
f0131669_10190637.jpg
74
f0131669_10193468.jpg
参考 「いろんな場所の虫さがし」福音館書店 (写真 加倉井範子)

by trust-0 | 2017-08-28 16:56 | 岩殿

2017.8.21

◇日時 2017年8月21日 9時30分高坂集合→16時終了
◇天気 くもり 蒸し暑い日であったが風が吹くと涼しく感じられた
◇参加 5名 
1ザクロソウ
f0131669_16192806.jpg
2コニシキソウ
f0131669_16203462.jpg
3
f0131669_16210656.jpg
4
f0131669_16213608.jpg
5オトギリソウ
f0131669_16221832.jpg
6ヤマトシジミ
f0131669_16225470.jpg
7アリ
f0131669_16232321.jpg
8コケオトギリ
f0131669_16240845.jpg
9-1ヌマトラノオ
f0131669_16250668.jpg

9-2
f0131669_16254508.jpg
10-1
f0131669_16262824.jpg
10-2
f0131669_16271254.jpg
11ノハラアザミにアズチグモ
f0131669_16291178.jpg
12アオツヅラフジ
f0131669_16304759.jpg
13スズメウリ
f0131669_16312536.jpg
14ヒメギスの幼体
f0131669_16321074.jpg
15ナガコガネグモ
f0131669_16324405.jpg
16タマゴタケ
f0131669_16332409.jpg
17-1
f0131669_16341701.jpg
17-2
f0131669_16344655.jpg
18マドガ
f0131669_16354190.jpg
19コヤブタバコ
f0131669_16361985.jpg
20
f0131669_16381798.jpg
21ミドリヒメワラビ
f0131669_16384663.jpg
22ヒデリコ
f0131669_16394899.jpg
23カメムシ
f0131669_16404105.jpg
24
f0131669_16411168.jpg
25ニホントカゲ
f0131669_16415795.jpg
26
f0131669_16423320.jpg
27ミズタマソウ
f0131669_16431263.jpg
28ニホンアマガエル 
f0131669_16434824.jpg
29コバノカモメヅル
f0131669_16450670.jpg
30
f0131669_16453513.jpg
30-2
f0131669_16464436.jpg
31
f0131669_16471691.jpg
32
f0131669_16474255.jpg
33ウズグモ
f0131669_16481194.jpg
34-1
f0131669_16490316.jpg
34-2
f0131669_16493457.jpg
35ウンカ
f0131669_16501096.jpg
36-1
f0131669_16513081.jpg
36-2
f0131669_16521843.jpg
36-3
f0131669_16525389.jpg
36-4
f0131669_16532634.jpg
37キノコ
f0131669_16542311.jpg
38シュレーゲルアオガエル

3940

by trust-0 | 2017-08-28 16:56 | 岩殿