2018.12.9〜12/11 風の谷マダケ伐採 レラの森マダケ地区マダケ伐採

2018.12.10 フォントという名前より「風の谷」のほうが良いとのことで風の谷に表記を切り替える。午前午後とマダケ伐り、夕方からレラの森の見回り。12.11はトラストのメンバーが細工用のマダケを取りに来てくれた。人が来てくれるだけでうれしい♬
1レストの草たちに氷がついていた
f0131669_09212232.jpg
2ハンカチノキの冬芽にも氷がついていた
f0131669_09223204.jpg
3ネムノキにも
f0131669_09230234.jpg
4サザンカが咲いていた
f0131669_09234658.jpg
5ドウダンツツジ
f0131669_09241809.jpg
6この冬に草刈りをしたい 今回は途中までで終了 手が回らなかった
f0131669_09243931.jpg
7マダケ伐採 竹でよく見えなかったケンポナシが青空に映えている 後3日あれば、風の谷のマダケ皆伐できそう
f0131669_09270482.jpg
8レラの森入り口にスミレが咲いていた
f0131669_09281765.jpg
9-1
f0131669_09291406.jpg
9-2
f0131669_09293222.jpg
9-3
f0131669_09294722.jpg
10ウグイスカグラの花がもう咲いていた
f0131669_09304127.jpg
11ヤブランの実
f0131669_09312698.jpg
12
f0131669_09314572.jpg
13隣のクズ原
f0131669_09322887.jpg
14下の農道
f0131669_09330159.jpg
15オオイヌノフグリ
f0131669_09334044.jpg
16ヒメオドリコソウ
f0131669_09341283.jpg
17タネツケバナ
f0131669_09344409.jpg
18ヤマコウバシ
f0131669_09351343.jpg
19アカネ
f0131669_09354763.jpg
20ヒメジョオン
f0131669_09362333.jpg
21-1
f0131669_09365041.jpg
21-2
f0131669_09370766.jpg
22
f0131669_09372854.jpg
23ホトケノザ
f0131669_09380461.jpg
24ナガバジャノヒゲのタネ
f0131669_09384292.jpg
25トラストのメンバー3名が細工用のマダケを伐採に来てくれた 竹細工には節間の長いマダケがベストとか
f0131669_09395789.jpg
26
f0131669_09404329.jpg
27
f0131669_09410235.jpg
28残った枝葉は集めた
f0131669_09420951.jpg
いつもトラストでモウソウチクの手入れをしているメンバー。手入れしている埼玉の竹林とは大違い。人の手が入らず、竹が侵入するとこんな荒れた森になることを見て、竹の管理の重要さを実感してくれたようだった。午後から雨の予想で昼食後帰途についた。

# by trust-0 | 2018-12-12 09:48 | 水戸

2018.11.29

◇日時 2018年11月29日 木曜日 高坂9時30分〜青木の入り16時30分
◇天気 晴れ
◇参加者 4名
◇鳥 アオジ 
◇生きもの キンケハラナガツチバチ ヤマトシジミ 
◇クモ ジョロウグモ
◇花の咲いていた植物 C地区 ベニバナボロギク トキワハゼ ハハコグサ ハナイバナ コセンダングサ イヌタデ アメリカイヌホオヅキ ハキダメギク ノミノフスマ キツネノマゴ ウシハコベ ノハラアザミ イヌガラシ コナスビ スズメノカタビラ トキワハゼ ナズナ タネツケバナ オニタビラコ F地区 ヒメジョオン タネツケバナ イヌタデ ウシハコベ ベニバナボロギク セイタカアワダチソウ コセンダングサ アメリカイヌホオヅキ(ネムノキがこの地区のシンボルツリー) 
1C地区からみた林縁のアズマネザサは残すという意見が多かった
f0131669_21435712.jpg
2ササ刈りが終わっていた
f0131669_21513074.jpg
3ウリカエデの黄色がきれい
f0131669_21523082.jpg
4沼の水はなく、クサギの実も残り少なくなっていた
f0131669_21541281.jpg
5
f0131669_21543892.jpg
6ノハラアザミ
f0131669_21551211.jpg
7アゼトウガラシ
f0131669_21563991.jpg
8コナスビ
f0131669_21572308.jpg
9ヒメガヤツリ
f0131669_21580118.jpg
10ノミノフスマ
f0131669_21583379.jpg
11カボチャの雄しべ
f0131669_21591541.jpg
12ハハコグサ
f0131669_21594942.jpg
13トキワハゼの実
f0131669_22002695.jpg
14オニノゲシ
f0131669_22005928.jpg
f0131669_22011900.jpg
15ケチヂミザサ
f0131669_22020571.jpg
16草刈り
f0131669_22131652.jpg
17スズメウリの実
f0131669_22140644.jpg
18ベニバナボロギク
f0131669_22034529.jpg
f0131669_22040865.jpg
19ヤブミョウガの実
f0131669_22044603.jpg
20アメリカイヌホオヅキ
f0131669_22052458.jpg
21オギ
f0131669_22055945.jpg
22
f0131669_22114568.jpg
23 H地区 ヤナギ類 
f0131669_22154323.jpg
24アカハナワラビ
f0131669_22173554.jpg
25草刈りの刃が・・・
f0131669_22182321.jpg
26コスミレ
f0131669_22190456.jpg
27ナワシロイチゴ
f0131669_22194225.jpg
28ツタ
f0131669_22204823.jpg
29ヘクソカズラの実
f0131669_22201212.jpg
30ナガバジャノヒゲのタネ
f0131669_22215769.jpg
31アカシデ
f0131669_22222638.jpg
32ダイコンソウ
f0131669_22240179.jpg
33ミズタマソウの実
f0131669_22245106.jpg
34タコノアシ
f0131669_22253370.jpg
35
f0131669_22255736.jpg
36
f0131669_22262281.jpg
37
f0131669_22270056.jpg
38イチョウウキゴケ
f0131669_22274159.jpg
39ヤノネグサ
f0131669_22282400.jpg
40オオジシバリ
f0131669_22290016.jpg
41アメリカイヌホオヅキ
f0131669_22294459.jpg
42アカシデ
f0131669_22305068.jpg
青木の入り4時30分終了 急に寒くなった

# by trust-0 | 2018-11-29 22:31 | 岩殿

2018.11.11〜13 フォント竹切り

今年度中には、フォントのマダケを皆伐することが目標。12日は午前午後とフォントで作業した。2人で80本は伐ったかな
夕方にレラの森から下の道を回ったが、日暮れは駆け足。あまり写真は撮れなかった。
1カラタチバナ
f0131669_22390199.jpg
2アカスジキンカメムシ2齢
f0131669_22393683.jpg
3レラの森
f0131669_22402321.jpg
f0131669_22403745.jpg
4キノコ
f0131669_22411524.jpg
5コウヤボウキは盛りを過ぎていた
f0131669_22421704.jpg
6イヌコウジュ
f0131669_22425110.jpg
7キツネノマゴ
f0131669_22432181.jpg
8ハキダメギク
f0131669_22440002.jpg
9ヤマユリの実
f0131669_22443806.jpg
10アオツヅラフジの実
f0131669_22451484.jpg
11いつも迷うホソアオゲイトウかな
f0131669_22461009.jpg
12ツリフネソウの実
f0131669_22465343.jpg
13シロダモの実
f0131669_22473472.jpg
14ツリバナ
f0131669_22480250.jpg
15
f0131669_22482863.jpg
16ガの仲間
f0131669_22491333.jpg
17オオジシバリの実
f0131669_22493708.jpg
18オオジシバリ
f0131669_22501659.jpg
19フユノハナワラビ 畑の土手に
f0131669_22504629.jpg
20オオハナワラビ? 林縁に
f0131669_22514248.jpg
21次の日はフォントへ モウソウチクを伐ってトチノミを蒔いた モウソウチクを伐る前
f0131669_22523121.jpg
22伐った後 ここも皆伐したい
f0131669_22530833.jpg
23ツチグリがいっぱい
f0131669_22532817.jpg
24フォント 倒れたスギを伐って橋をかけた
f0131669_22543045.jpg
25ウラギンシジミが死んでいた
f0131669_22550768.jpg
途中の景色も竹林で駄目になりつつある森が多い。竹が侵入すると木が駄目になってしまう。この場所も大きな木があったようで朽ちた大きな切り株があった。

# by trust-0 | 2018-11-14 23:07 | 水戸

2018.11.11 第1調整池-明の星周辺

1
f0131669_21372016.jpg
2明の星の下、シャクチリソバ群生
f0131669_21384896.jpg
f0131669_21514601.jpg
3
f0131669_21524659.jpg
4アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21532308.jpg
5調整池はいつ完成するのだろうか
f0131669_21534337.jpg
6クコの実
f0131669_21543517.jpg
7クコの花
f0131669_21550498.jpg
8
f0131669_21552503.jpg
9
f0131669_21555027.jpg
10
f0131669_21561037.jpg
11コセンダングサの実
f0131669_21565507.jpg
12セイバンモロコシ
f0131669_21573448.jpg
13ツユクサに似た小さな花が
f0131669_21581871.jpg
14キュウリグサ
f0131669_21585324.jpg
15ヒメジョオン
f0131669_21592447.jpg
16ヒラタアブかな
f0131669_21595964.jpg
17ツマグロヒョウモン♂
f0131669_22011074.jpg
18オオジシバリにアブ
f0131669_22013865.jpg
19セイタカアワダチソウ群落
f0131669_22023687.jpg
20
f0131669_22030654.jpg
21
f0131669_22032766.jpg
22
f0131669_22034743.jpg
23アメリカオニアザミのロゼツト 大きい
f0131669_22043536.jpg
24ナガメ
f0131669_22050288.jpg
25オオイヌノフグリ 何かの虫かな
f0131669_22053366.jpg
26シロザかな
f0131669_22062037.jpg
27
f0131669_22065138.jpg
28
f0131669_22071396.jpg
29茎が四角形 何かな
f0131669_22073885.jpg
30ヨモギ
f0131669_22084123.jpg
f0131669_22085993.jpg
31イモカタバミ
f0131669_22093211.jpg
32捨てられていた 持ち帰って我が家の植木鉢に入れ替えた 庭の植物と野生植物の場所の棲み分けを
f0131669_22104272.jpg
モニタリングの調査もこれで終了

# by trust-0 | 2018-11-14 22:13 | モニタリング調査

2018.11.5 桜橋

1
f0131669_21223746.jpg
2ウメモドキの実
f0131669_21242583.jpg
3セイタカアワダチソウ 北アメリカ原産 明治年間観賞用として導入 晩秋まで花があるので養蜂家が全国に広めたことがある
f0131669_21251039.jpg
4ネズミムギの葉が光っていた ヨーロッパ原産 飼料作物イタリアンライグラスとして栽培され、野生化した
f0131669_21263154.jpg
5アカカタバミ
f0131669_21275432.jpg
6ハナイバナ 
f0131669_21293998.jpg
7アゼガヤ 畔茅 イネ科
f0131669_21302304.jpg
8芝川
f0131669_21310113.jpg
9ジュズダマ
f0131669_21313310.jpg
10セスジスズメ 食草はサトイモ(サトイモ科)、ヤブガラシ(ブドウ科)、ホウセンカ(ツリフネソウ科) 道路横断中だったので草むらに移動した。冷たい感触が・・・。
f0131669_21320765.jpg
11
f0131669_21334827.jpg
12
f0131669_21341638.jpg
13
f0131669_21343584.jpg
14
f0131669_21350405.jpg
15
f0131669_21353431.jpg
16アレチウリ 北アメリカ原産 1952年静岡で見つかる
f0131669_21361575.jpg
17アメリカイヌホオズキ ナス科 北アメリカ原産 1951年に兵庫県で採集
f0131669_21365387.jpg
18ハキダメギク 熱帯アメリカ原産 畑地雑草 大正年間に侵入
f0131669_21371282.jpg
よく見ると可愛いハキダメギク

# by trust-0 | 2018-11-10 21:45 | モニタリング調査

2018.10.30 下野田緑地

下野田緑地◇日時 2018年10月30日火曜日 15時30分〜17時◇天気 晴れ
1開発が進んでいる
f0131669_21293425.jpg
2ブタナ ヨーロッパ原産 
f0131669_21422415.jpg
f0131669_21424252.jpg
3アメリカオニアザミ ロゼット
f0131669_21432373.jpg
4タンポポ ロゼット
f0131669_21440103.jpg
5アレチニシキソウ コニシキソウのように葉に斑点がない 実に毛も少ない
f0131669_21450890.jpg
f0131669_21452642.jpg
6メマツヨイグサ ロゼツト 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_21461374.jpg
7セイヨウタンポポ ヨーロッパ原産 
f0131669_21470048.jpg
8セイバンモロコシ群生/セイバンモロコシ 地中海地域原産 1945年前後に関東地方で確認される
f0131669_21480948.jpg
f0131669_21482795.jpg
f0131669_21485079.jpg
9コセンダングサ 熱帯アメリカ原産 江戸時代に渡来
f0131669_21492358.jpg
10ハエの仲間
f0131669_21495333.jpg
11アキノノゲシ
f0131669_21502632.jpg
12ヒメオドリコソウ ヨーロッパ原産 明治中期の1893年東京で確認された
f0131669_21511279.jpg
13アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21514619.jpg
14キュウリグサ ロゼット
f0131669_21522127.jpg
15下野田緑地
f0131669_21531538.jpg
16ハエの仲間
f0131669_21534788.jpg
17チョウゲンボウが止まっていた
f0131669_21545130.jpg
18ヒメジョオン 北アメリカ原産 江戸時代末期に観賞用として導入 若い苗は食べられる
f0131669_21552741.jpg
19ムラサキツメクサ ヨーロッパ原産
f0131669_21555517.jpg
20アレチヌスビトハギ 北アメリカ原産
f0131669_21571695.jpg
f0131669_21573309.jpg
21ヒメムカシヨモギ 明治初期に帰化 花の舌片は白色、先は浅く2裂
f0131669_21580587.jpg
22ガの仲間
f0131669_21583611.jpg
23セイヨウカラシナ 
f0131669_21590695.jpg
24ヘラオオバコ ロゼット ヨーロッパ原産 江戸時代末期に渡来
f0131669_21594504.jpg
25コメツブツメクサ ヨーロッパから西アジアにかけて原産 
f0131669_22001820.jpg
26メマツヨイグサ 北アメリカ原産 明治年間帰化
f0131669_22010372.jpg
27ヒメムカシヨモギ 北アメリカ原産
f0131669_22015502.jpg
28キツネアザミ ロゼット
f0131669_22023602.jpg
29ノボロギク ヨーロッパ原産 明治初期に帰化
f0131669_22031636.jpg
30サッカースタジアムが遠くに見える
f0131669_22041718.jpg
31アメリカオニアザミの実 ヨーロッパ原産 昭和20年代以降、物資の交流により分布を広げた
f0131669_22050911.jpg
32この風景も見納め、次に来たときには建物が建っているだろう
f0131669_22053411.jpg
33ユウゲショウ 熱帯アメリカ原産 明治年間花卉として導入
f0131669_22065917.jpg
34はじめて見た花
f0131669_22074512.jpg
f0131669_22080330.jpg
35夕焼けがきれいだった
f0131669_22083450.jpg
西武地区には多いがここでは、少ないブタナはどんな運命をたどるのだろうか。開発で全てが消えるのだろうか。

# by trust-0 | 2018-10-30 22:49 | モニタリング調査

2018.10.28 岩殿

◇日時 2018年10月28日 日曜日 9時30分高坂→青木の入り16時51分
◇天気 晴れ
◇参加者 4名
◇打合せメモ 11/18観察会実施 カシワのドングリの粉は1.5キロで1万円で買えるとのこと岩殿の地質について セメントを作る場合岩殿の砂岩が必要だった。
◇鳥 ガビチョウ モズ ハクセキレイ
◇生きもの アシグロツユムシ ツチイナゴ  アキアカネ イトトンボの仲間 ヤマシシジミ カナヘビ ルリハムシ オオカマキリ コカマキリ オンブバッタ
◇クモ ジョロウグモ ドヨウオニグモ スジアカハシリグモ その他
C地区
1ヒメクグ
f0131669_09223816.jpg
2ミズガヤツリ
f0131669_09244833.jpg
3ヤノネグサ
f0131669_09251975.jpg
4ハシカグサ
f0131669_09254763.jpg
5イヌコウジュ
f0131669_09261819.jpg
6ベニバナボロギク
f0131669_09265391.jpg
7ヌカキビ
f0131669_09272222.jpg
8アオミズ
f0131669_09275309.jpg
9スズメウリの実
f0131669_09282989.jpg
10アメリカタカサブロウ
f0131669_09290278.jpg
11イヌタデ群落
f0131669_09292918.jpg
12ヒメジソ
f0131669_09310091.jpg
13クサギの実が色づいて 沼の風景に彩り
f0131669_09313132.jpg
14コミカンソウの実
f0131669_09324516.jpg
15ムラサキシキブの実
f0131669_09340443.jpg
16トキンソウ
f0131669_09345083.jpg
トキンソウ 両性花と雌花
f0131669_09350679.jpg
17イヌビユ 葉の先がへこんでいる
f0131669_09355247.jpg
18ヒデリコの群生
f0131669_09361561.jpg
19アキノウナギツカミ
f0131669_09364729.jpg
20ヒデリコ
f0131669_09374832.jpg
21タネツケバナ
f0131669_09384103.jpg
22トキワハゼ
f0131669_09392048.jpg
トキワハゼ 花冠上唇側から写す
f0131669_09394370.jpg
23アゼトウガラシ
f0131669_09405356.jpg
24ノミノフスマ
f0131669_09415129.jpg
25ヤマハッカ
f0131669_09424106.jpg
26タマガヤツリ
f0131669_09430983.jpg
27ボントクタデ
f0131669_09434271.jpg
28斜面
f0131669_09440800.jpg
29チゴユリの実
f0131669_09451512.jpg
30コウヤボウキ
f0131669_09445121.jpg
31コナスビ
f0131669_09460886.jpg
昼休憩をはさみ F地区
32
f0131669_09475998.jpg
33コメナモミ
f0131669_09490297.jpg
コメナモミ 総苞片には腺毛がある
f0131669_09492182.jpg
34ウシハコベ
f0131669_09495600.jpg
35赤い色のケチヂミザサ
f0131669_09503558.jpg
36ミゾソバは場所によって花の色が違っていた
f0131669_09513698.jpg
f0131669_09520222.jpg
37カナムグラの実
f0131669_09530173.jpg
38ヤノネグサの草紅葉
f0131669_09534117.jpg
39ノダケ 花の後 未熟な果実の集まり
f0131669_09540971.jpg
40アキノタムラソウ
f0131669_09545227.jpg
41スイカズラの実
f0131669_09552640.jpg
42イボタノキの実
f0131669_09555566.jpg
H地区へ
43カニクサ つる性のシダ 胞子囊をつけた裂片部分
f0131669_09565320.jpg
44ヌスビトハギの実
f0131669_09582801.jpg
45キツネノマゴ
f0131669_09585603.jpg
46チヂミザサ 柱頭が見える
f0131669_09593932.jpg
47ミズヒキ
f0131669_10000995.jpg
48フユノハナワラビ 裸葉と栄養葉(胞子囊穂)
f0131669_10003949.jpg
胞子囊穂につく丸い胞子囊群
f0131669_10005878.jpg
49
f0131669_10014393.jpg
50アカネ
f0131669_10021562.jpg
51ゴンズイの実 種子が落ちてしまった後の肉質の果皮
f0131669_10025726.jpg
52手前と後ろの葉の様子が違う
f0131669_10032637.jpg
53
f0131669_10042096.jpg
54コシロノセンダングサ
f0131669_10045678.jpg
A地区へ
55ヒメヒラテンツキ
f0131669_10054971.jpg
56カワラスガナ
f0131669_10061862.jpg
57ヌメリグサ
f0131669_10064932.jpg
58コアゼガヤツリ
f0131669_10072548.jpg
59ミゾソバ ピンク色できれい
f0131669_10080687.jpg
60ヤノネグサ
f0131669_10084861.jpg
61イチョウウキゴケ
f0131669_10092751.jpg
B地区へ
62サヤヌカクサ 節に毛あり
f0131669_10105987.jpg
f0131669_10111684.jpg
63ユウガギク
f0131669_10115843.jpg
64チカラシバ 針状の毛に包まれた小穂
f0131669_10122941.jpg
65キカシグサ 蕚に包まれた果実
f0131669_10130061.jpg
66コナギ
f0131669_10133173.jpg
67カントウヨメナ
f0131669_10140339.jpg
68ツユクサ
f0131669_10143285.jpg
69ノハラアザミ
f0131669_10153240.jpg
70イヌビエ 葉のふちが白い
f0131669_10163857.jpg
f0131669_10165526.jpg
D地区
71ミゾソバ群落
f0131669_10174763.jpg
72ダイコンソウ
f0131669_10181907.jpg
73スミレ属
f0131669_10185376.jpg
E地区
74トダシバ
f0131669_10193759.jpg
75アメリカイヌホオヅキ
f0131669_10201481.jpg
76アイ
f0131669_10204220.jpg
77ワレモコウ
f0131669_10211399.jpg
青木の入りに向かう途中の道で
78スミレ属
f0131669_10220583.jpg
f0131669_10222442.jpg
79雑種タンポポ 痩果と冠毛
f0131669_10225222.jpg
青木の入り
80
f0131669_10233012.jpg
81
f0131669_10235664.jpg
82シロツメクサ
f0131669_10242980.jpg
83イヌタデ
f0131669_10250354.jpg
84ナズナ
f0131669_10253415.jpg
85イヌガラシ
f0131669_10260608.jpg
日暮れが早くなった。季節の移ろいを感じた。

# by trust-0 | 2018-10-29 08:25 | 岩殿

2018.10.15〜17

前日にコープみらいフェスタのイベントが終わったので、やっと水戸に来た。最近は忙しく水戸にいる時間が静かで事務処理もなくある意味良い時間。
今年から少し植物を保護し、選択的除草を心がけたらユウガギクがいい感じで咲いていた。
レスト
1ユウガギク
f0131669_22170328.jpg
f0131669_22185402.jpg
f0131669_22192925.jpg
2イヌタデ
f0131669_22195888.jpg
3クコ
f0131669_22203034.jpg
4アシボソにアブラムシ 
f0131669_22210919.jpg
フォント
5シュレーゲルアオガエル 
f0131669_22212928.jpg
6ヤブミョウガの実
f0131669_22231392.jpg
7ツリフネソウがたくさん咲いていた
f0131669_22235704.jpg
8タイアザミ 小泉さん側に咲いていた
f0131669_22244084.jpg
9ヒヨドリバナ 小泉さん側に咲いていた
f0131669_22253242.jpg
フォントからレラの森に向かう畑
10スカシタゴボウ 撮影場所 畑
f0131669_22263261.jpg
レラの森
11イヌガラシ
f0131669_22271251.jpg
12レラの森入り口 9月に草を刈ったので奥までよく見えた
f0131669_22282213.jpg
13アシの取れたイオウイロハシリグモ
f0131669_22290366.jpg
14
f0131669_22292695.jpg
15レラの森にもツリフネソウ
f0131669_22300777.jpg
16クリが落ちていた 栗おこわにしたら、なかなか美味しかった
f0131669_22310532.jpg
17ヤブランの実
f0131669_22314681.jpg
18カラタチバナの実
f0131669_22322163.jpg
19サイハイラン
f0131669_22324008.jpg
20サンショの実
f0131669_22332498.jpg
21ツチグリ
f0131669_22335169.jpg
22
f0131669_22341247.jpg
f0131669_22342914.jpg
23台風の被害で八幡様が倒れていた 近いうちに石の八幡様に変えたい
f0131669_13363681.jpg
24レラの森
f0131669_13521127.jpg
f0131669_13524686.jpg
25コウヤボウキ
f0131669_13531901.jpg
26ノガリヤス
f0131669_13535039.jpg
27カントウヨメナ
f0131669_13542443.jpg
28イヌコウジュ ガクがとがっている
f0131669_13581969.jpg
29アメリカイヌホオヅキ
f0131669_13585599.jpg
f0131669_13591566.jpg
30ノイバラの実
f0131669_13594574.jpg
31ミヤマヨメナ
f0131669_14002279.jpg
32イトトンボの仲間
f0131669_14010130.jpg
33クモ
f0131669_14015804.jpg
34アキアカネかな
f0131669_14023135.jpg
35クモ
f0131669_14030283.jpg
36ミゾソバの花の色はいろいろ
f0131669_14034324.jpg
f0131669_14040349.jpg
f0131669_14042311.jpg
37ノハラアザミ
f0131669_14045761.jpg
38ヒメムカシヨモギのロゼット
f0131669_14053521.jpg
39キュウリグサのロゼット
f0131669_14061000.jpg
40ボントクタデ
f0131669_14065743.jpg
41アオミズ
f0131669_14073189.jpg
42ノダケ
f0131669_14080110.jpg
43
f0131669_14082803.jpg
44アメリカセンダングサ
f0131669_14090575.jpg
45ツリフネソウはフォントとレラの森と下の道の三カ所に咲いていた
f0131669_14101368.jpg
46
f0131669_14103653.jpg
47イヌタデ
f0131669_14111380.jpg
48アキノウナギツカミ
f0131669_14115009.jpg
49クサギの実
f0131669_14122401.jpg
50キノコ
f0131669_14124991.jpg
f0131669_14130809.jpg
51ヒメジョオン
f0131669_14134139.jpg
52オオジシバリ
f0131669_14141186.jpg
53ノシメトンボ
f0131669_14144538.jpg
54アキノキリンソウ
f0131669_14151758.jpg
55キバナアキギリにスジアカハシリグモ
f0131669_14175366.jpg
56シラヤマギク
f0131669_14182482.jpg
57ヌスビトハギの実
f0131669_14185835.jpg
58以前はセイタカアワダチソウの群生地だったが、今はクズが群生
f0131669_14195278.jpg
f0131669_14201441.jpg
59ミズヒキ
f0131669_14204020.jpg
昨年までは年4回ほど水戸に来ていたが、今年度から毎月来ることを目標にした。植物や生きものの変化が観察出来て楽しい♬

# by trust-0 | 2018-10-22 22:34 | 水戸

2018.10.10向小学校

1アイノコセイヨウタンポポ
f0131669_21540139.jpg
2シャリンバイ
f0131669_21544561.jpg
f0131669_21550256.jpg
3
f0131669_21552305.jpg
f0131669_21554067.jpg
4ドングリを拾った
f0131669_21561462.jpg
5ヤマトシジミ
f0131669_21565992.jpg
6セセリチョウの仲間
f0131669_21573958.jpg
7
f0131669_21582873.jpg
8アカカタバミ
f0131669_21590108.jpg
9セイタカアワダチソウ
f0131669_22005742.jpg
10
f0131669_22013825.jpg


# by trust-0 | 2018-10-22 22:02 | モニタリング調査

2018.10.9 ルーテル学院 

浦和大学でクヌギのドングリを拾った。
1大崎公園の駐車場
f0131669_21063689.jpg
2コセンダングサ
f0131669_21081035.jpg
3ナナホシテントウ
f0131669_21083397.jpg
4セイタカアワダチソウ
f0131669_21102022.jpg
5
f0131669_21104688.jpg
6
f0131669_21112381.jpg
7マメアサガオ
f0131669_21115977.jpg
f0131669_21121333.jpg
f0131669_21123624.jpg
8マルバルコウソウ
f0131669_21125773.jpg
9ルーテル学院
f0131669_21133396.jpg
10オオイヌノフグリ
f0131669_21153784.jpg
11ヒルザキツキミソウ
f0131669_21160391.jpg
12ハゼラン 別名サンジソウ
f0131669_21165913.jpg
13シロバナセンダングサ
f0131669_21181498.jpg
f0131669_21185546.jpg
14セイタカアワダチソウが元気
f0131669_21192422.jpg
15アメリカオニアザミ
f0131669_21201078.jpg
16オオニシキソウ
f0131669_21210736.jpg
17アメリカセンダングサ
f0131669_21214990.jpg
18メドウセージ
f0131669_21221713.jpg
19ホシホウジャクが飛んでいた
f0131669_21232829.jpg


# by trust-0 | 2018-10-22 21:26 | モニタリング調査

ベルダの植物たち 2018年10月

10/1今日は調査の1日目、メモ取りが主なので写真は少なめ
1ハナタデ T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06324440.jpg
2シロバナサクラタデ T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06342401.jpg
3ミョウガ T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06350717.jpg
4クサギの実 T地区 撮影2018.10.1
f0131669_06355338.jpg
5コミカンソウ 福畑 撮影2018.10.1
f0131669_06370698.jpg
6メナモミ F地区 撮影2018.10.1
f0131669_06375054.jpg
7シラヤマギク F地区 撮影2018.10.1
f0131669_06384567.jpg
8ヤマハッカ M地区 撮影2018.10.2
f0131669_06395447.jpg
9ミゾソバ M地区 撮影2018.10.2
f0131669_06403021.jpg
10ミズワラビ Jさんの畑 メンバーが農薬をまかないでとお願いした成果 撮影2018.10.9
f0131669_06580518.jpg
111213141516171819

# by trust-0 | 2018-10-18 06:41 | ベルダ

2018.9.30 見沼田んぼ 自然観察大学

台風接近の中なのに曇り空。ある意味天気に恵まれた観察会だった
1サルビア ブラジル原産 蜜が多い ハチドリが訪れる
f0131669_23184073.jpg
2ベコニア雄花
f0131669_23223775.jpg
3ベコニア雌花 花びら3枚 ガクが2枚
f0131669_23225676.jpg
4ペンタス アフリカ原産 蜜のある所まで2cmあり
f0131669_23241264.jpg
5セスジスズメ幼虫
f0131669_23252391.jpg
6
f0131669_23255529.jpg
7カナムグラ雄花
f0131669_23263269.jpg
8ルリハムシ
f0131669_23280015.jpg
9ハグロハバチかな
f0131669_23284067.jpg
10ハグロハバチ幼虫
f0131669_23292545.jpg
11解説
f0131669_23301143.jpg
12アメリカシロヒトリの幼虫
f0131669_23305241.jpg
13
f0131669_23312362.jpg
14ヒユ
f0131669_23315042.jpg
f0131669_23321452.jpg
15カシワの2度伸び
f0131669_23331161.jpg
16キマダラカメムシ
f0131669_23334689.jpg
17コケ
f0131669_23341672.jpg
f0131669_23343257.jpg
18きのこ
f0131669_23350533.jpg
19
f0131669_23354485.jpg
f0131669_23361579.jpg
20オオスカシバの幼虫 クチナシの葉にいた
f0131669_23371791.jpg
21フェアリーリング
f0131669_23374108.jpg
22ガの仲間
f0131669_23382616.jpg
23オニグモの幼体 2年かかって成体になる
f0131669_23393432.jpg
24ヤマノイモ
f0131669_23395971.jpg
25イボクサ
f0131669_23402961.jpg
26
f0131669_23405613.jpg
27ウスカワマイマイ
f0131669_23413113.jpg
28カゼクサ
f0131669_23420371.jpg
29説明 イイギリ
f0131669_23424335.jpg
30
f0131669_23432635.jpg
31
f0131669_23440041.jpg
32ガ
f0131669_23442947.jpg
33チャコウラナメクジ (伊藤舜氏同定)
f0131669_23445641.jpg
34
f0131669_23452211.jpg
35
f0131669_23454199.jpg
36
f0131669_23460730.jpg
37
f0131669_23463265.jpg
38
f0131669_23465940.jpg
f0131669_23472340.jpg
39アゼガヤ
f0131669_23475219.jpg


# by trust-0 | 2018-10-04 23:48 | ノコノコ

2018.9.17 岩殿

◇2018年9月17日 月曜日 高坂9時30分〜17時高坂
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇写真に撮れなかったが、確認した生きもの ツクツクボウシ ナミアゲハ キチョウ ツマグロヒョウモン ニホントカゲ シュレーゲルアオガエル
◇打合せメモ シンポジウム参加の報告(「市民参加による里山林の保全・管理を考える」講師森林総合研究所 多摩森林科学園 島田和則氏)夏の下刈りは保全にマイナス、同じ名前のついた物でも他の地域から持ち込んだ物はエイリアン→出来ることはこれ以上絶滅させない→多様性の(植物)保全=地域のフロラの保全 下層管理の考え方として選択的除去の提案 中途半端な管理は酷いことに 最終的に「どうしたいか」が重要 適切な目標林型を設定 永続的に責任を持って管理を継続できるのか モニタリング 問題があったときにフィードバックして修正する仕組みを作れるか 頂いた資料から抜粋した。とても参考になった。
◇咲いていて花(☆キャプション手直し坂田さん)

1ハナイバナ
f0131669_22503602.jpg
2ウスゲチョウジタデ
f0131669_22533639.jpg
3チョウジタデ
f0131669_22545008.jpg
4ハイヌメリ
f0131669_08451574.jpg
5ボントクタデ
f0131669_08455465.jpg
f0131669_08461798.jpg
6
f0131669_08470178.jpg
f0131669_08512936.jpg
7ヤマジノホトトギス
f0131669_08475955.jpg
8イボクサ
f0131669_08483589.jpg
9ケチヂミザサ
f0131669_08491208.jpg
10ヒヨドリバナ
f0131669_08501375.jpg
11コケオトギリ
f0131669_08504510.jpg
12ヌスビトハギ
f0131669_08522242.jpg
13イヌザンショ☆雌株雌花
f0131669_08530590.jpg
14イヌタデ
f0131669_08535256.jpg
15ノハラアザミ
f0131669_08542630.jpg
16アゼトウガラシ
f0131669_08551049.jpg
f0131669_08552702.jpg
17☆キンエノコロ
f0131669_08561897.jpg
18ヒメキンミズヒキ
f0131669_08565161.jpg
19タマゴタケ
f0131669_08575153.jpg
20トキンソウ
f0131669_08582284.jpg
21ミゾソバ
f0131669_08585935.jpg
22ノササゲ
f0131669_08593065.jpg
f0131669_08594639.jpg
23スズメウリ ☆雄花と雌花こちらを向いているのは雄花に見えますので、下向きのは雌花
f0131669_09002061.jpg
24コツブキンエノコロ
f0131669_09005178.jpg
25とても蒸し暑かった
f0131669_09020131.jpg
26オオイヌタデ
f0131669_09030956.jpg
27ノダケ ☆つぼみ
f0131669_09033684.jpg
28カナムグラ雄花
f0131669_09041074.jpg
29アキノタムラソウ
f0131669_09045183.jpg
30ミズタマソウ
f0131669_09052670.jpg
31オオブタクサ
f0131669_09055999.jpg
32ベビイチゴ
f0131669_09062982.jpg
33アキノウナギツカミ
f0131669_09065924.jpg
34ゴンズイの実
f0131669_09074123.jpg
35ノアズキ(別名ヒメクズ)
f0131669_09092966.jpg
36
f0131669_09094914.jpg
37クズ
f0131669_09102627.jpg
38スズメノヒエ
f0131669_09111500.jpg
39ダイコンソウ
f0131669_09114575.jpg
40アマチャヅルの実
f0131669_09123795.jpg
41ハナタデ
f0131669_09131115.jpg
42コアゼガヤツリ
f0131669_09134182.jpg
43ヒデリコ
f0131669_09141123.jpg
44ヒメクグ
f0131669_09144172.jpg
45カワラスガナ
f0131669_09150944.jpg
46タイヌビエ
f0131669_09154351.jpg
47テンツキ
f0131669_09161221.jpg
48ヌマトラノオ
f0131669_09171888.jpg
49コゴメカヤツリ
f0131669_09180220.jpg
50タコノアシ
f0131669_09183553.jpg
51ヒナタイノコズチ
f0131669_09192369.jpg
52
f0131669_09195810.jpg
53トダシバ
f0131669_09202309.jpg
54ワレモコウ
f0131669_09213124.jpg
55青木の入りにて終了 前回より早く終わったが、日が短くなったことを実感 
f0131669_09215413.jpg
植物の勢いがその年によって違う事を感じた。カナムグラの勢いをセーブし、クズ、セイタカアワダチソウ、ダンドボロギクを侵入させないように管理していくと、心地よい風景が維持できると思った。

# by trust-0 | 2018-09-18 20:52 | 岩殿

ベルダのクモたち No.2

定例作業後に
1ナガコガネグモ 撮影2018.9.13 M地区 
f0131669_10351751.jpg
2ハナグモ 撮影2018.9.13 M地区 ハエがご馳走
f0131669_10361692.jpg
3ハエトリグモの仲間 撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10381054.jpg
f0131669_10383064.jpg
f0131669_10385601.jpg
4ハエトリグモの仲間 撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10393998.jpg
f0131669_10395918.jpg
5ハエトリグモの仲間 撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10420352.jpg
6撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10424750.jpg
7ハエトリグモの仲間 撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10432234.jpg
f0131669_10434940.jpg
8ハエトリグモの仲間 撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10443844.jpg
9撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10453171.jpg
10ナガコガネグモの卵のう 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22355607.jpg
11コガネグモ幼体 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22371724.jpg
121314151617181920

# by trust-0 | 2018-09-15 10:47 | ベルダ

ベルダの植物たち 2018年9月

1トラストの定例作業日 大学生が来てくれた 撮影2018.9.1
f0131669_14581587.jpg
2ヤブラン 撮影2018.9.1
f0131669_15022693.jpg

3キツネノマゴ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_16043722.jpg
4ウスゲチョウジタデ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10152993.jpg
5ツルボ 撮影2018.9.16 M地区
f0131669_10165374.jpg
6アキノノゲシ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10175326.jpg
7ノハラアザミ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10184506.jpg
8イヌヌマトラノオ 撮影2018.9.13 M地区 アリやいろいろな虫たちが
f0131669_10194209.jpg
9オオヒナノウスツボ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10212287.jpg
10タカアザミの実 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10223303.jpg
11ノダケ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10234010.jpg
12アキノウナギツカミ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10243829.jpg
f0131669_10245537.jpg
11クズ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10255280.jpg
12ヒメジソ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10265224.jpg
13ママコノシリヌグイ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10284999.jpg
14センニンソウ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10292890.jpg
15春にノウルシが咲くところ 今年もクズに負けてしまった 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10305410.jpg
16ミチヤナギ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_21533645.jpg
17 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_21565555.jpg
18ヤマハギ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_21573918.jpg
19ヒガンバナ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_21584019.jpg
f0131669_21593631.jpg
20ハナタデ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_22002364.jpg
21キンミズヒキ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_22014189.jpg
22ケチヂミザサ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_22023284.jpg
23イノコヅチ 撮影2018.9.23 T地区
f0131669_22033419.jpg
24今年は原形保全区間はメヒシバがいっぱい 撮影2018.9.24
f0131669_21152249.jpg
25ヨモギ 見沼原形保全区間 撮影2018.9.24
f0131669_21171112.jpg
26オオニシキソウ 見沼原形保全区間 撮影2018.9.24
f0131669_21181072.jpg
f0131669_21182786.jpg
27イタドリ 見沼原形保全区間 撮影2018.9.24
f0131669_21192113.jpg
28コセンダングサも成長が早くたくさんはえている 見沼原形保全区間 撮影2018.9.24
f0131669_21211085.jpg
29ツルボ 見沼原形保全区間 撮影2018.9.24
f0131669_21215422.jpg
      
30ナンテンハギ M地区 撮影2018.9.24 
f0131669_21472077.jpg
31 五斗蒔の桜 撮影2018.9.24
f0131669_21501643.jpg
32アキノウナギツカミ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22070042.jpg
33ヌカキビ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22075514.jpg
34カナムグラ雄花 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22090407.jpg
35チカラシバ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22110609.jpg
36サクラタデ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22114488.jpg
37ボントクタデ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22122166.jpg
38アキノノゲシ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22131120.jpg
39アキカラマツ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22140028.jpg
40ツユクサ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22144806.jpg
41ミゾソバ 撮影2018.9.25 M地区
f0131669_22154480.jpg
42ヤブツルアズキ 撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22165171.jpg
43イボクサ 撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22192988.jpg
44ミゾソバ 撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22203187.jpg
45
f0131669_22213261.jpg
4647484950

# by trust-0 | 2018-09-14 15:04 | ベルダ

2018.9.9〜11 レラの森 フォント レスト

前日の防災キャンプが終わり、やっと水戸へ 9/9快晴で空は秋の気配だったが、とても蒸し暑かった 9/10と9/11も草刈りをすると暑かったが、休憩時に吹く風は心地よかった。
f0131669_20110769.jpg
1ゲンノショウコ フウロソウ科 赤色 レスト
f0131669_20065196.jpg
2ゲンノショウコ フウロソウ科 白色 レスト
f0131669_20101328.jpg
3ユウガギク 保護したら少し増えてきた レスト
f0131669_20131865.jpg
4ダイミョウセセリ レラの森
f0131669_20144652.jpg
5ママコノシリヌグイにダイミョウセセリ
f0131669_20151571.jpg
6カメムシの仲間かな レラの森
f0131669_20155780.jpg
7ツリフネソウ レラの森
f0131669_20170268.jpg
8ヤブミョウガ レラの森
f0131669_20175288.jpg
9ヤブミョウガの実 レラの森
f0131669_20182812.jpg
10ヤブラン レラの森
f0131669_20191394.jpg
11アマチャヅル レラの森
f0131669_20194736.jpg
12アレチヌスビトハギ フォント途中のあぜ道 昨年より増えている
f0131669_20204157.jpg
13コバノカモメヅル フォント途中のあぜ道
f0131669_20223228.jpg
14センニンソウ フォント途中のあぜ道
f0131669_20231511.jpg
15コハクオナジマイマイ フォント 増えている
f0131669_20242024.jpg
16イモムシ図鑑が見当たらない だれかな フォント
f0131669_20265903.jpg
17オオアオイトトンボかな フォント
f0131669_20315819.jpg
18コガタコガネグモかな レラの森への道で
f0131669_20281184.jpg
19ヌスビトハギ レラの森への道で
f0131669_20290969.jpg
20シラヤマギク レラの森への道で
f0131669_20295354.jpg
21クズの原 レラの森への道で
f0131669_20303577.jpg
22 レラの森への道で草刈り

f0131669_20310529.jpg
23クコ レスト
f0131669_20335928.jpg
23アメリカイヌホオヅキ レスト
f0131669_20343762.jpg
24ヤマボウシの実 レスト
f0131669_20364136.jpg
3日間とも大汗をかいた。しだれ桜の保護とおおざっぱな草刈りをした。カナムグラの雄花が咲いていたので、とりあえず重点的に刈った。来年はどうなるだろうか。

# by trust-0 | 2018-09-12 20:54 | 水戸

2018.8.25 トラスト黒浜沼 トンボ観察会

シオカラトンボ
成熟したシオカラトンボの♂の複眼は青い、成熟した♀の複眼は緑色。
接続器付近・・・尾端の違い
オスの腹8節〜10節すっきりとだんだんに細くなる。
メスは腹8節部分の両端に膨らみがある。尾毛のあいだに半円形が見える。
未成熟の場合は色だけでは区別がつかない事もある。
1虫あみを持って出発
f0131669_15232350.jpg
2シオカラトンボ♂ 眼が青い
f0131669_15261593.jpg
3アジアイトトンボ
f0131669_15275210.jpg
f0131669_15353927.jpg
f0131669_15360442.jpg
4ギンヤンマ♂
f0131669_15375386.jpg
5ギンヤンマ♀
f0131669_15382541.jpg
6セセリチョウの仲間かな
f0131669_15391353.jpg
7トウキョウダルマガエル
f0131669_15395173.jpg
8コフキトンボの眼は黒い
f0131669_15420383.jpg
9ガガイモ
f0131669_15431934.jpg
10ナガコガネグモ
f0131669_15442916.jpg
11ハナグモ
f0131669_15450285.jpg
12グンバイムシの仲間
f0131669_15454815.jpg
13ヤマトシジミ
f0131669_15462369.jpg
14水路にはトンボがいっぱい。
f0131669_15494018.jpg
f0131669_15474179.jpg
f0131669_15480324.jpg
15ヒシが復活したとの事
f0131669_15490049.jpg
ちょっとトンボに近付くことができた。


# by trust-0 | 2018-08-25 16:00 | ノコノコ

2018年度 岩殿の生きものたち No.2

No.2の岩殿の生きものたち ☆二宮さん同定
1☆オオチャバネセセリ 撮影2018.8.20
f0131669_12154495.jpg
2 ☆ミヤマアカネ 撮影2018.8.20
f0131669_12165738.jpg
3オンブバッタ 撮影2018.8.20
f0131669_12172731.jpg
4☆ベッコウシリアゲ 撮影2018.8.20
f0131669_12181052.jpg
5 ☆オオキトンボ 撮影2018.8.20
f0131669_12183670.jpg
6ダイミョウセセリ 撮影2018.8.20
f0131669_12191408.jpg
7☆オオカマキリ 撮影2018.8.20
f0131669_12195075.jpg
8☆マダラスズの幼虫 撮影2018.8.20
f0131669_12202996.jpg
9☆シャクガの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_12210935.jpg
10ショウリョウバッタ 撮影2018.8.20
f0131669_12215012.jpg
11☆コカマキリ 黒い帯が特徴 撮影2018.8.20
f0131669_12240824.jpg
12☆コノシメトンボ 逆U字の線でノシメトンボ と見分ける 撮影2018.8.20
f0131669_12244880.jpg
13ハエの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_12252479.jpg
14 ☆ササキリ 撮影2018.8.20
f0131669_12261660.jpg
15 ☆ササキリの幼体 撮影2018.8.20
f0131669_12264339.jpg
16カノコガ 撮影2018.8.20
f0131669_13165614.jpg
17☆マイマイガ 撮影2018.8.20
f0131669_13173484.jpg
18ニホンアマガエル 撮影2018.8.20
f0131669_13182063.jpg
19シュレーゲルアオガエル 撮影2018.8.20
f0131669_13192530.jpg
f0131669_13195044.jpg
21☆アシグロツユムシ
f0131669_13202584.jpg
22☆ツマグロオオヨコバイ 撮影2018.8.20
f0131669_13211369.jpg
23☆ホソハリカメムシ 5齢幼虫 撮影2018.8.20
f0131669_13215444.jpg
24 ☆オオヘリカメムシの幼虫 撮影2018.8.20
f0131669_13305298.jpg
f0131669_13311942.jpg
25 撮影2018.8.20
f0131669_13314654.jpg
26マメコガネ 撮影2018.8.20
f0131669_13322175.jpg
27 ☆オンブバッタ 撮影2018.8.20
f0131669_13330407.jpg
28シオカラトンボ♂ 撮影2018.8.20
f0131669_13333094.jpg
29☆シャクガの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_13342887.jpg
30ヘビ 茶色のひも状のもの ☆ヒバカリ? 撮影2018.8.20
f0131669_13352119.jpg
31☆エダナナフシ 触覚が長い 撮影2018.8.20
f0131669_13360256.jpg
32サトキマダラヒカゲ 撮影2018.8.20
f0131669_13364021.jpg
33 ☆キマダラセセリ 撮影2018.8.20
f0131669_13371850.jpg
34☆ツチイナゴの幼虫 成虫は赤褐色になる 撮影2018.8.20
f0131669_13375954.jpg
35☆ウラナミシジミ 撮影2018.8.20
f0131669_13384633.jpg
36☆ナカキエダシャク 撮影2018.8.20
f0131669_13392885.jpg
37☆オジロアシナガゾウムシ 撮影2018.8.20
f0131669_13401486.jpg
38 ☆マユタテアカネ 顔に豚の鼻のような眉紋が2つ 撮影2018.8.20
f0131669_13411227.jpg
39 ☆モノサシトンボ♂ 撮影2018.8.20
f0131669_13415225.jpg
f0131669_13422138.jpg
40 ☆モノサシトンボ♀ 撮影2018.8.20
f0131669_13431313.jpg
41 撮影2018.8.20
f0131669_13455102.jpg
42オオシオカラトンボ♂ 撮影2018.8.20
f0131669_13464601.jpg
43☆ツチバチの仲間 撮影2018.8.20
f0131669_13472227.jpg
44アカスジカメムシ 撮影2018.8.20
f0131669_13475991.jpg
45☆エンマコオロギ 撮影2018.8.20
f0131669_13484541.jpg
46マドガ 撮影2016.8.20 二宮さん撮影
f0131669_20153811.jpg
2018年9月17日蒸し暑い一日であったが、空高くトンボが飛んでいた一日だった。 
47☆ゾウムシの仲間 撮影2018.9.17
f0131669_16354551.jpg
48 撮影2018.9.17
f0131669_16364959.jpg
49ヒラタアブ 撮影2018.9.17
f0131669_16373213.jpg
50カナヘビ 撮影2018.9.17
f0131669_16381899.jpg
51オンブバッタ 撮影2018.9.17
f0131669_16390165.jpg
52イチモンジセセリ 撮影2018.9.17
f0131669_16395845.jpg
53セスジスズメの幼虫 撮影2018.9.17
f0131669_16404690.jpg
54☆ショウジョウトンボ 撮影2018.9.17
f0131669_16444725.jpg
55☆ツチガエル(別名イボガエル) 撮影2018.9.17
f0131669_16452992.jpg
56撮影2018.9.17
f0131669_16473615.jpg
57アオドウガネ 撮影2018.9.17
f0131669_16460706.jpg
58☆チョウセンカマキリ 撮影2018.9.17
f0131669_16464261.jpg
59☆アカサシガメ 撮影2018.9.17
f0131669_16483781.jpg
60アシグロツユムシ 撮影2018.9.17
f0131669_16493462.jpg
f0131669_16495299.jpg
61だれの家かな? 素敵♬ 撮影2018.9.17
f0131669_16502465.jpg
62☆シロオビノメイガ 撮影2018.9.17
f0131669_16511109.jpg
63☆マイコアカネ♂ 撮影2018.9.17
f0131669_16515065.jpg
f0131669_16521710.jpg
64ダイミョウセセリ 撮影2018.9.17
f0131669_16530660.jpg
65☆ホソハリカメムシ 撮影2018.9.17
f0131669_16534112.jpg
66オナジマイマイ(伊藤舜氏同定) 撮影2018.9.17
f0131669_16542335.jpg
67シオカラトンボ♀ 撮影2018.9.17
f0131669_16550856.jpg
68オクラに☆フタトガリアオイガの幼虫 食草はフヨウ ムクゲ アオイ オクラ等のアオイ科 撮影2018.9.17
f0131669_16555675.jpg
69アカハネナガウンカ 撮影2018.9.17
f0131669_16590531.jpg
70☆ベツコウシリアゲ 撮影2018.9.17
f0131669_17001035.jpg
71☆オンブバッタ♀ 撮影2018.9.17
f0131669_17004856.jpg
暑さもこれでおしまいになるだろうか?
72撮影10.28
f0131669_21542065.jpg
73産卵中のアキアカネ 撮影2018.10.28
f0131669_21553772.jpg
74カナヘビ 撮影2018.10.28
f0131669_21565967.jpg
75ウサギの糞 撮影2018.10.28
f0131669_21574443.jpg
76ルリハムシ たくさんいた 撮影2018.10.28
f0131669_21582656.jpg
77
f0131669_21584874.jpg
78アキアカネ 撮影2018.10.28
f0131669_21593111.jpg
79アシグロツユムシ 撮影2018.10.28
f0131669_22002036.jpg
80ツチイナゴ 撮影2018.10.28
f0131669_22011199.jpg
f0131669_22013159.jpg
81カマキリの仲間 撮影2018.10.28
f0131669_22022173.jpg
82オオカマキリ 無事に卵を産んでね 撮影2018.10.28
f0131669_22032195.jpg
f0131669_22034767.jpg
83オンブバッタ 撮影2018.10.28
f0131669_22114816.jpg
84ヤマトシジミとウラナミシジミ 撮影2018.10.28
f0131669_22122103.jpg
85撮影2018.10.28
f0131669_22130173.jpg
生きものたちも少なくなってちょっと寂しい♬
2018.11.29 トンボとヤマトシジミも確認したが写真は撮れなかった 
86フユシャク♂ メスは飛べない 撮影2018.11.29
f0131669_22342051.jpg
87キンケハラナガツチバチ 撮影2018.11.29
f0131669_22352640.jpg
88オオカマキリ もぐもぐタイムだった 撮影2018.11.29
f0131669_22360705.jpg
f0131669_22363154.jpg
89ルリハムシ 撮影2018.11.29 
f0131669_22461522.jpg
f0131669_22464059.jpg
90

# by trust-0 | 2018-08-22 12:26 | 岩殿

2018.8.20 岩殿

◇日時 2018年8月20日 月曜日 高坂9時30分〜青木の入り17時30分
◇天気 曇り
◇参加者 5名
◇打ち合わせメモ ・11/18観察会を実施 目的はガイド養成 キーワード→岩殿、オオタカ、漫喫クラブ
本の紹介 ・日本の野生植物 平凡社 ・雑草大図鑑 全農協
◇鳥 ガビチョウ
◇生きもの ツクツクボウシ ヒグラシ ミンミンゼミ キタテハ ウラギンシジミ サトキマダラヒカゲ チャバネセセリ オンブバッタ シリアゲムシの仲間 ダイミョウセセリ カマキリ コオロギの仲間 ノシメトンボ ショウリョウバッタ アカスジカメムシ オオシオカラトンボ シオカラトンボ ツチイナゴ ガの仲間
◇クモ シロカネグモの仲間 ジョロウグモ ナガコガネグモ イオウイロハシリグモ ワキグロサツマノミダマシ ハナグモ
◇両生類 ニホンアマガエル シュレーゲルアオガエル 
◇花の咲いていた植物 C地区 アキノタムラソウ アメリカタカサブロウ イヌガラシ イヌタデ イノコヅチ ウリクサ エノキグサ エノコログサ オオアレチノギク オオチドメ オオバギボウシ オッタチカタバミ オニドコロ オヒシバ カタバミ キツネノマゴ クサギ コウガイゼキショウ コケオトギリ コゴメカヤツリ コチヂミザサ コニシキソウ ザクロソウ ダイズ ツユクサ テンツキ トキワハゼ ヌマトラノオ ノハラアザミ ハキダメギク ハシカグサ ハハコグサ ヒナタイノコヅチ ヒメキンミズヒキ ヒメジョオン ヒメミカンソウ ヒメムカシヨモギ ヒヨドリジョウゴ ヒヨドリバナ ヘクソカズラ ベニバナボロギク ミズタマソウ ミズヒキ ミゾカクシ メギ ヤマノイモ F地区 アキノタムラソウ 
1アメリカタカサブロウ
f0131669_12113657.jpg
f0131669_12122728.jpg
2メヒシバ
f0131669_12125794.jpg
4ザクロソウ
f0131669_12133141.jpg
5イヌタデ
f0131669_12140877.jpg
6イノコヅチ
f0131669_12145003.jpg
7ノハラアザミ
f0131669_12153378.jpg
f0131669_12155776.jpg
8クサギの花が咲いていた
f0131669_12170272.jpg
9ヤマノイモ
f0131669_12173611.jpg
10
f0131669_12180884.jpg
11オオチドメ
f0131669_12184339.jpg
12ヌマトラノオ
f0131669_12191733.jpg
13ミズタマソウ
f0131669_12200515.jpg
14ウリクサ
f0131669_12204489.jpg
15コケオトギリ
f0131669_12211689.jpg
16ツリガネニンジン
f0131669_12215344.jpg
17イヌコウジュ
f0131669_12223129.jpg
18ヒメジソ
f0131669_12230740.jpg
19ヒメムカシヨモギ
f0131669_12240081.jpg
20ヒメキンミズヒキ
f0131669_12245286.jpg
21アキノタムラソウ
f0131669_12252714.jpg
22ミズヒキ
f0131669_12255970.jpg
23ヤブミョウガ
f0131669_12263638.jpg
24ヌマトラノオ
f0131669_12270911.jpg
25
f0131669_12274147.jpg
26セリ
f0131669_12282448.jpg
27スズメウリ
f0131669_12285645.jpg
28
f0131669_12295634.jpg
29イボタノキの実
f0131669_12304146.jpg
30アマチャヅル
f0131669_12312593.jpg
31ヌスビトハギ
f0131669_12320269.jpg
32クリの実
f0131669_12330768.jpg
33ヒメジョオン
f0131669_12334343.jpg
34ガガイモ
f0131669_12341875.jpg
35ママコノシリヌグイ
f0131669_12350515.jpg
36ノアズキ 別名ヒメクズ
f0131669_12354630.jpg
下記は二宮さんから届いた写真、葉が入っていた方がいい感じ
f0131669_20112417.jpg
37コマツナギ
f0131669_12362358.jpg
38ブタクサ
f0131669_12370035.jpg
39ダイコンソウ
f0131669_12374137.jpg
f0131669_12380757.jpg
40ミゾソバ
f0131669_12393627.jpg
41ユウガギク
f0131669_12402087.jpg
42ヌマトラノオ
f0131669_12410331.jpg
43クサボケの実
f0131669_12415474.jpg
44エノキグサ
f0131669_12423534.jpg
45カヤツリグサ
f0131669_12431496.jpg
46ヒメコミカンソウの実
f0131669_12440036.jpg
47ココメカヤツリ
f0131669_12444711.jpg
48ワレモコウ
f0131669_12452951.jpg
49タイヌビエ
f0131669_12461063.jpg
50タマガヤツリ
f0131669_12465807.jpg
51テンツキ
f0131669_12474176.jpg
52タコノアシ
f0131669_12482282.jpg
53イネ
f0131669_12491012.jpg
54イヌホタルイ
f0131669_12495400.jpg
55ヒデリコ
f0131669_12505939.jpg
56ホタルイ
f0131669_10514800.jpg
57アメリカアゼナ
f0131669_10525044.jpg
58カヤツリグサ
f0131669_10535543.jpg
59ムラサキサギゴケ
f0131669_10544650.jpg
60カントウヨメナ
f0131669_10552427.jpg
61コアカソ
f0131669_10560812.jpg
青木の入り17時30分終了 生きものやクモ別ブログにいれた。

# by trust-0 | 2018-08-22 10:41 | 岩殿

ベルダの植物たち 2018年8月

トラストの定例活動日 2018.8.18

1ガガイモ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06145326.jpg
2ヤブミョウガの実 T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06163287.jpg
3ヘクソカズラ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06171951.jpg
4イヌシデの実 T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06181760.jpg
5キツネノカミソリ M地区 撮影2018.8.18
f0131669_06191432.jpg
6カラスウリ M地区 撮影2018.8.18 昼頃なのに咲いていた
f0131669_06202490.jpg
2018年8月23日 臨時の草刈り
7ツユクサ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12535458.jpg
8キンミズヒキ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12542929.jpg
9ジュズダマ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12551084.jpg
10ヒメクグ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12565539.jpg
11カヤツリグサの仲間 M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12590573.jpg
21イヌタデ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12595738.jpg
23メヒシバ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_13052383.jpg
f0131669_13054731.jpg
14ミゾソバ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_13062323.jpg
畑の定例作業日2018.8.28 昨夜の雷雨のお陰で涼しくなったが、体感的には蒸し暑かった。
15アメリカタカサブロウ 帰化植物 T畑撮影2018.8.28
f0131669_17083013.jpg
16ウリクサ T畑撮影2018.8.28
f0131669_17093241.jpg
17コアゼガヤツリ 撮影2018.8.28 畑途中の道で
f0131669_17105765.jpg
18オオニシキソウ 撮影2018.8.28 畑途中の道で
f0131669_17121489.jpg
19福畑でカンピョウができた 撮影2018.8.28
f0131669_17131673.jpg
20F地区風景 撮影2018.8.28
f0131669_17142021.jpg
21ヤマユリの実 撮影2018.8.28 F地区
f0131669_17152432.jpg
22アキカラマツ 撮影2018.8.28 F地区
f0131669_17162509.jpg
23 F地区 撮影2018.8.28
f0131669_17165254.jpg
24福畑 撮影2018.8.28
f0131669_17180757.jpg
25福畑 撮影2018.8.28
f0131669_17185846.jpg
26マメアサガオ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17201818.jpg
27コブナグサ 今年はとても多い 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17210271.jpg
28ヤブガラシ
f0131669_17214260.jpg
f0131669_17220363.jpg
29メマツヨイグサ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17230479.jpg
30色の薄いツユクサ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17235938.jpg
31コセンダングサ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17244456.jpg
32アキノノゲシ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17252841.jpg
33カントウヨメナ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17261305.jpg
34キツネノカミソリ あと一株咲いていた 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17270438.jpg
35コバノカモメヅル 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17274985.jpg
36センニンソウ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17282426.jpg
37オオヒナノウスツボ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17291461.jpg
38ママコノシリヌグイ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17295735.jpg
39イヌゴマ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17303785.jpg
f0131669_17310619.jpg
f0131669_17313056.jpg
40ノハラアザミにコアオハナムグリ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17324543.jpg
41ワレモコウ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17335573.jpg
42ノダケ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17343956.jpg
43コバギボウシ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17355382.jpg
44ウスゲチョウジタデ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17363448.jpg
45ヤブラン 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17371011.jpg
46メヤブマオウ 撮影2018.8.28 M地区
f0131669_17375077.jpg
47風景 2018.8.31
f0131669_19180241.jpg
48アカバナ 畑途中 撮影2018.8.31
f0131669_19192422.jpg
49カラスウリの実 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19203885.jpg
50ツルニンジン 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19220250.jpg
51アキカラマツ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19224414.jpg
52コバギボウシ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19234076.jpg
53クサギ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19245333.jpg
54ヒヨドリジョウゴ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19255414.jpg
55アキノノゲシ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19264318.jpg
56チヂミザサ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19274240.jpg
57585960

# by trust-0 | 2018-08-19 06:20 | ベルダ

No2 ベルダの生きものたち 2018.8.4〜

昆虫の世界はすごい。No2のブログに突入。1年でどれくらいの撮影出来るだろうか。
1ノシメトンボ T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21431167.jpg
f0131669_21434074.jpg
2ニイニイゼミのぬけ殻 T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21441549.jpg
3ツユクサにアリ T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21445378.jpg
4クロウリハムシ? T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21454554.jpg
5ヤマトシジミ T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21470396.jpg
67セミの抜け殻 T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21474564.jpg
8セミのぬけがら T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21482992.jpg
9シオカラトンボ♀ T地区 撮影2018.8.4
f0131669_21490574.jpg
トラストを早退して、見沼自然公園に向かう(2018.8.4)
2018.8.11 芝川の清掃が終わり、マルコとトラストの水質も検査した
トラスト PH7.5 COD8μg/L以上,60μg/L,NO2-0.05μg/L ,NH4+2μg/L4μg/L    評価 汚れている

・マルコ PH6.5 COD 5μg/L13μg/LNO2-0.005μg/L 以下,NH4+0.2μg/L     評価 やや汚れている

10イチモンジセセリ 用水沿い 撮影2018.8.11
f0131669_07140742.jpg
11-1誰かな 用水沿い 撮影2018.8.11
f0131669_07165237.jpg
11-2
f0131669_07171085.jpg
11-3
f0131669_07172786.jpg
2018.8.18トラスト定例会活動日 用水沿いのセイタカアワダチソウとクズを抜いた。久しぶりに気温が低く快適な日。
12シロネにキンケハラナガツチバチ? T地区 撮影2018.8.18
f0131669_05550138.jpg
13ヤマトシジミ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_05590154.jpg
14キタテハ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_05594387.jpg
15ギンツバメ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06002110.jpg
16カノコガ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06010441.jpg
17コガネムシの仲間 T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06014717.jpg
18ノシメトンボ T地区 撮影2018.8.18
f0131669_06022944.jpg
19ベニシジミ M地区 撮影2018.8.18
f0131669_06031513.jpg
20シオカラトンボ♂ M地区 撮影2018.8.18
f0131669_06043901.jpg
21クズとカナムグラが繁茂したので、草刈をした
f0131669_12044399.jpg
22ギンツバメ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12040032.jpg
23サトキマダラヒカゲ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12065629.jpg
24オンブバッタ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12344030.jpg
25キバラヘリカメムシ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12354336.jpg
26シオカラトンボ♂ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12365059.jpg
27キタテハ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12372818.jpg
28イナゴ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12381525.jpg
29ホシハラビロカメムシ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12392237.jpg
30チャバネセセリ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12401736.jpg
31アジアイトトンボ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12410376.jpg
32ヤマトシジミ M地区 撮影2018.8.23
f0131669_12415660.jpg
2018年8月28日は畑の定例作業日。蒸し暑い一日だったが、記録的な暑さからは解放されたので、一回りして写真を撮った。
33イチモンジセセリ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15102448.jpg
34ミカドジガバチ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15115166.jpg
35ツチイナゴ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15130590.jpg
36アリとウヅキコモリグモ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15141404.jpg
37イチヂクの実はごちそう アリとだれかな 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15150218.jpg
38ヒシバッタ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15162010.jpg
39ウリハムシ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15175000.jpg
40イチモンジセセリ 撮影2018.8.28 エコ畑
f0131669_15185112.jpg
41だれかな 撮影2018.8.28 Fの森
f0131669_15254116.jpg

42コノシメトンボ 撮影2018.8.28 福畑
f0131669_15271207.jpg
43オオシオカラトンボ♀ 撮影2018.8.28 畑の途中で
f0131669_15281694.jpg
44キマダラセセリ 撮影2018.8.28 畑の途中で
f0131669_15294429.jpg
45マメコガネ 撮影2018.8.28 畑の途中で
f0131669_15310685.jpg
46ミンミンゼミ 撮影2018.8.28 畑の途中で
f0131669_15321302.jpg
47とても小さく1㎝未満 クズの葉裏で 撮影2018.8.28 畑の途中で
f0131669_15324261.jpg
48ヤブガラシの葉を食べていたセスジスズメの幼虫かな 撮影2018.8.28 用水沿い
f0131669_15341985.jpg
49サトイモ畑で アリ 撮影2018.8.28 Hさんの畑
f0131669_15381454.jpg
50サトイモ畑で アリ 撮影2018.8.28 Hさんの畑
f0131669_15384701.jpg
51バッタの仲間 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15404923.jpg
52ホオズキカメムシに似てるけど 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15415969.jpg
53コアオハナムグリ 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15453548.jpg
54撮影2018.8.28M地区
f0131669_15472950.jpg
55フクラスズメの幼虫 カラムシの葉に 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15483423.jpg
56撮影2018.8.28M地区
f0131669_15491123.jpg
57ツマグロオオヨコバイ 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15501055.jpg
58カノコガ 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15505617.jpg
59シオカラトンボ♂ 眼が青いので成熟したオス 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15520373.jpg
60ウチワヤンマ 大きな獲物を食べていた 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15534530.jpg
61ウスゲチョウジタデにアリ 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15544302.jpg
62カラムシに来ていた アカタテハかな 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15555634.jpg
63撮影2018.8.28M地区
f0131669_15562246.jpg
64カゲロウの仲間 撮影2018.8.28M地区
f0131669_15570998.jpg
65サトキマダラヒカゲ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19292487.jpg
66ヒメウラナミジャノメ 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19300715.jpg
67カゲロウの仲間 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19310919.jpg
68イモムシだれかな 撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19320968.jpg
69撮影2018.8.31 M地区
f0131669_19331802.jpg
70アカボシゴマダラ 撮影2018.8.31 M地区 撮影KK
f0131669_19341943.jpg
71エサキモンキツノカメムシ 撮影2018.9.1 T地区
f0131669_15055438.jpg
72カメムシの仲間かな 撮影2018.9.1 T地区
f0131669_15073175.jpg
73オオカマキリ 撮影2018.9.1 T地区
f0131669_15081389.jpg
f0131669_15083708.jpg
74ウスバキトンボ 撮影2018.9.13 M地区 定例作業日に
f0131669_10521372.jpg
75キバラヘリカメムシ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10530159.jpg
76ガの仲間 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10534807.jpg
77撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10542614.jpg
78ヒメアカタテハ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10551325.jpg
79キタテハ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10561481.jpg
80ツマグロヒョウモン♀ 撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10571076.jpg
81撮影2018.9.13 M地区
f0131669_10581018.jpg
f0131669_10583987.jpg
82撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_10593019.jpg
83ミノムシの仲間 撮影2018.9.13 用水沿いの手すり
f0131669_11003764.jpg
84ツチイナゴ 撮影2018.9.23
f0131669_22235190.jpg
85ヤマトシジミ 撮影2018.9.25 T地区
f0131669_22312204.jpg
86
f0131669_22261625.jpg
87ガの仲間 撮影2018.9.25 用水沿い
f0131669_22264662.jpg
88ツマグロヒョウモン♀ 撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22274654.jpg
89撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22282106.jpg
90ダイサギ 撮影2018.9.25 五斗蒔
f0131669_22291982.jpg
91アオスジアゲハの幼虫がヤブニッケイにいた T地区 撮影2018.10.1
f0131669_07014722.jpg
f0131669_07020978.jpg
92キアゲハの幼虫がノダケにいた T地区 撮影2018.10.1
f0131669_07030877.jpg
93何かな T地区 撮影2018.10.1
f0131669_07034477.jpg
94何かな T地区 撮影2018.10.1
f0131669_07043414.jpg
95ハチ T地区 2018.10.1
f0131669_07140771.jpg
96ツマグロヒョウモン♂ F地区 撮影2018.10.1
f0131669_07054847.jpg
97ツチイナゴ M地区 撮影2018.10.2
f0131669_07072426.jpg
98カマキリ M地区 撮影2018.10.2
f0131669_07080599.jpg
99ゲジ 撮影2018.10.4 エコ畑
f0131669_07092210.jpg
100オオカマキリの卵 F地区 撮影2018.10.9
f0131669_07112794.jpg


# by trust-0 | 2018-08-15 21:57 | ベルダ

2018.8.12〜13 レスト レラの森

前日のイベントが終了したので、7月休んだので、草刈りにでかけた。アキノエノコログサ、メリケンカルカヤなどが目に付いた。奧の方はキツネノボタンが多かった。コハクオナジマイマイやニホンアマガエルいた。
1コハクオナジマイマイ いろいろな場所に居た
f0131669_00162308.jpg
2ウメの木にハチの巣があった
f0131669_00194027.jpg

3ヒメハラナガツチバチ ?
f0131669_04431358.jpg
4タケニグサ
f0131669_04441495.jpg
5-1エノキグサ
f0131669_04451893.jpg
5-2エノキグサ
f0131669_04454711.jpg
6ナガコガネグモ
f0131669_04464881.jpg
7道に出ていたものなどを集めて植えた花畑
f0131669_04473384.jpg
8コガネムシ ?
f0131669_04521029.jpg
9スケバハゴロモ
f0131669_04531797.jpg
10
f0131669_04540279.jpg
11アオバハゴロモ
f0131669_04545410.jpg
12キツネノマゴ
f0131669_04554493.jpg
13-1
f0131669_04562415.jpg
13-2
f0131669_04570873.jpg
14ヤブキリ ?
f0131669_04575472.jpg
15マミジロハエトリ
f0131669_04582493.jpg
レラの森の道の草刈をした。2人×1.5時間。その後森を歩いた。今回はフォントには行けなかった。
16草刈り前
f0131669_05020676.jpg
17草刈後
f0131669_05043539.jpg
f0131669_05035263.jpg
18ママコノシリヌグイ
f0131669_05054329.jpg
19
f0131669_05064758.jpg
20スケバハゴロモ
f0131669_05080672.jpg
21-1
f0131669_05084463.jpg
21-2
f0131669_05092048.jpg
21-3
f0131669_05095537.jpg
22ヤブミョウガ
f0131669_05133432.jpg
23カラタチバナの実
f0131669_05142628.jpg
24ニホンアマガエル
f0131669_05151771.jpg
25-1トチバニンジン 隣りの敷地に生えていた
f0131669_05164846.jpg
25-2トチバニンジンの実
f0131669_05171250.jpg
26フタリシズカの実
f0131669_05180329.jpg
27-1
f0131669_05185221.jpg
27-2
f0131669_05192596.jpg
28
f0131669_05201238.jpg
29
f0131669_05204149.jpg
30ニホンアカガエル
f0131669_05213754.jpg
31ガンクビソウ
f0131669_05252524.jpg
32サイハイランの実
f0131669_05272200.jpg
33オニドコロの雌花と実
f0131669_05283797.jpg
34ハエの仲間
f0131669_05294536.jpg
35ツチイナゴ
f0131669_05302497.jpg
36ハグロトンボ♀
f0131669_05313614.jpg
37ハグロトンボ♂
f0131669_05320530.jpg
38
f0131669_05324219.jpg
39イチモンジセセリ
f0131669_05333110.jpg
40アメリカイヌホオヅキ
f0131669_05343422.jpg
41
f0131669_05351519.jpg
42ミズタマソウにアリ
f0131669_05355592.jpg
43マミジロハエトリ♀かな
f0131669_05365145.jpg
44チャバネセセリ
f0131669_05373812.jpg
45アブラチャン クスノキ科
f0131669_05410993.jpg
46アオツヅラフジの実
f0131669_05420471.jpg
47ニホンアマガエル
f0131669_05430462.jpg
48スジアカハシリグモ
f0131669_05435105.jpg
49オオヒナノウスツボ
f0131669_05443776.jpg
50ベッコウハゴロモ
f0131669_05452320.jpg
51シロカネグモの仲間
f0131669_05462009.jpg
52ベニバナボロギク
f0131669_05470404.jpg
53ハキダメギク
f0131669_05474368.jpg
54クサギの花にセセリチョウ
f0131669_05484550.jpg
55ハナグモに捕えられたセセリチョウ
f0131669_05493055.jpg
56ジャコウアゲハ
f0131669_05503129.jpg
57ジャコウアゲハの幼虫
f0131669_05514733.jpg
58ジャコウアゲハの蛹
f0131669_05521489.jpg
59キツネノカミソリ
f0131669_05531316.jpg
f0131669_05534783.jpg
60ヌスビトハギ
f0131669_05542691.jpg
61ヤナギイノコヅチ
f0131669_05580321.jpg
62キノコ 
f0131669_05584539.jpg
63
f0131669_05593541.jpg
暑い2日間だったが、夜は過ごしやすかった。

# by trust-0 | 2018-08-14 00:15 | 水戸

恋する生きものたち

生きものの写真を撮っていると、虫たちのツーショットの姿がそれぞれで、まとめてみたくなった。トンボは雄が雌の背中を押さえる。ハートの形に見える。
1アジアイトトンボ 見沼自然公園 撮影2018.8.4
f0131669_20574732.jpg
2キバラヘリカメムシ 見沼自然公園 撮影2018.8.5 青リンゴの臭いがする・・・あまり好きな臭いではなかった
f0131669_21221588.jpg
3キアゲハ 岩殿地区 208.5.21
f0131669_14485309.jpg
4カノコガ 岩殿地区 2018.6.18
f0131669_14492312.jpg
5ヤマトシジミ 岩殿地区 2018.7.16
f0131669_14494700.jpg
6ハラビロトンボ 岩殿地区 2018.7.16
f0131669_14501123.jpg
7キアゲハ 岩殿地区 2018.7.16
f0131669_14504367.jpg
89101121314151617181920

# by trust-0 | 2018-08-08 21:49 | エッセイ

見沼自然公園の生きもの

2018年8月4日、夏の虫探しの下見に見沼自然公園に来た。講師の斎藤創さんは、知識豊富でお話の中に昆虫への愛が感じられた。写真を撮りたがっている私への配慮もあり、とても楽しい時間になった。
1ショウジョウトンボ 未成熟 撮影2018.8.4
f0131669_20485589.jpg
1-2 撮影2018.8.4
f0131669_20501740.jpg
1-3 撮影2018.8.4
f0131669_20485589.jpg
2ショウジョウトンボ
f0131669_20514357.jpg
3◆モンクロシャチホコ 撮影2018.8.4
f0131669_20524256.jpg
4ニイニイゼミ 撮影2018.8.4 斎藤さんが見つけてくださった2ショット
f0131669_20532752.jpg
5ヤマトシジミ 撮影2018.8.4
f0131669_20535778.jpg
6ハネナシアメンボ 羽がないので移動できない 時々羽のあるものが出ることもあるとのこと
f0131669_20543799.jpg
7アメンボ 撮影2018.8.4
f0131669_20562239.jpg
8ハエの仲間 撮影2018.8.4
f0131669_20570119.jpg
9◆アオモンイトトンボ 撮影2018.8.4
f0131669_20574732.jpg
10◆ベニイトトンボ♂ 撮影2018.8.4
f0131669_20583403.jpg
11-1 ◆ベニイトトンボ♂ 撮影2018.8.4
f0131669_20595742.jpg
11-2 ◆ベニイトトンボ♂ 撮影2018.8.4
f0131669_21010258.jpg
12ナツアカネ 撮影2018.8.4
f0131669_21015692.jpg
13コフキトンボ 撮影2018.8.4
f0131669_21023671.jpg
観察会当日、暑い日だったが、バッタ、セミ、トンボと観察して、参加者は満足そうだった
14ノコギリクワガタ 撮影2018.8.5 栄養状態で大きさが決まるとか
f0131669_21070210.jpg
15アキアカネ 撮影2018.8.5
f0131669_21131720.jpg
16チョウトンボ 卵が観察できた 撮影2018.8.5 自然公園で繁殖しているとのこと
f0131669_21144413.jpg
17暑い一日、日陰を探して
f0131669_21154415.jpg
18-1ウチワヤンマ 撮影2018.8.5
f0131669_21163075.jpg
18-2ウチワヤンマ 撮影2018.8.5
f0131669_21175008.jpg
18-3
f0131669_21254952.jpg
19-1ギンヤンマ 撮影2018.8.5 トンボは目がいい でもゆっくりの動きは気づかないとか
f0131669_21193535.jpg
19-2 撮影2018.8.5
f0131669_21203520.jpg
20キバラヘリカメムシ 撮影2018.8.5 みんなで臭いをかいだよ アオリンゴの臭い? 人によって臭いの好みはいろいろで好き嫌いが分かれたよ 大きいのが♂
f0131669_21221588.jpg
この観察会のお陰で、自然公園の魅力に気づいた人も多かったようだ 講師の斎藤さんに感謝♫(2018.8.5)


2018年8月19日はナイトハイク「クモの観察会」を行なった。セミの時よりも日が短くなり季節移ろいを実感した。
21オオミズアオ 撮影2018.8.19
f0131669_12002670.jpg
222324252627282930

# by trust-0 | 2018-08-08 21:27 | 見沼自然公園

2018.7.26下野田緑地

◇日時 2018年7月26日 17時から18時30分
◇場所 6577 美園駅西側
◇天気 晴れ
◇記録した帰化植物 アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アレチヌスビトハギ イヌムギ オオブタクサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ シマスズメノヒエ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ チチコグサモドキ ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ヒメジョオン ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨウグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ 
久しぶりに気温が下がったので、調査に出かけた。こんなにたくさんのアメリカオニアザミは初めてだった。昔田んぼで造成したところで、セイバンモロコシやヒメムカシヨモギも多かった。

1今後何が出来るのだろうか
f0131669_15314578.jpg
2セイバンモロコシ
f0131669_15363279.jpg
f0131669_15325912.jpg
f0131669_15331656.jpg
3アメリカオニアザミ
f0131669_15334740.jpg
f0131669_15395238.jpg
f0131669_15403267.jpg
4アメリカオニアザミにお客さん
f0131669_15342518.jpg
5アメリカオニアザミの種
f0131669_15352732.jpg
6シマスズメノヒエ
f0131669_15375959.jpg

7ここの緑地は帰化植物が多かった
f0131669_15390714.jpg
8遠くにサッカー場が見える
f0131669_15410606.jpg
9ムラサキツメクサにお客さん
f0131669_15414725.jpg
10露頭
f0131669_15423590.jpg
11セセリチョウの仲間
f0131669_15430533.jpg
12
f0131669_15433497.jpg
アメリカオニアザミは、ロゼットから小さい背丈(多分草刈り後に出たと思われるもの)もの大きいものいろいろあった。


# by trust-0 | 2018-07-28 15:55 | モニタリング調査

2018.7.19ルーテル学院

◇日時 2018年7月19日 8時45分〜10時30分
◇天気 晴れ 暑い日だった大崎公園の駐車場に車を止める
◇確認した帰化植物 アメリカオニアザミ アメリカセンダングサ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ キクイモ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ ダンドボロギク ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ノボロギク ハキダメギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ ヘラオオバコ ホソアオゲイトウ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ヨウシュヤマゴボウ 
1ユウゲショウが咲いていた
f0131669_22052405.jpg
2ムクドリの大群がミズキの実を食べに
f0131669_22062609.jpg
3カラスウリの実
f0131669_22072058.jpg
4ノブドウ
f0131669_22083324.jpg
5
f0131669_22092384.jpg
6ノボロギク
f0131669_22095999.jpg
7オッタチカタバミ
f0131669_22103391.jpg
8コニシキソウ
f0131669_22114499.jpg
9ルーテル学院
f0131669_22121711.jpg
10サボテンが自生していた
f0131669_22125597.jpg
11ヒルザキツキミソウにヤマトシジミ
f0131669_22140834.jpg
12セイバンモロコシ
f0131669_22152938.jpg
13オオシオカラトンボ♀
f0131669_22164903.jpg
14メマツヨイグサ
f0131669_22182701.jpg
15
f0131669_22203072.jpg
16ムシトリナデシコ べたつかなかった
f0131669_22210752.jpg
17この植物は初めて見た 触ると茎がべたべたしていた その手をなめると苦かった
f0131669_22224287.jpg
f0131669_22230340.jpg
暑くて途中、浦和大学で飲み物を飲んで一息入れた。

# by trust-0 | 2018-07-24 22:41 | モニタリング調査

2018.7.16 岩殿

◇日時 2018年7月16日 月曜日 9時30分から17時
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇打ち合わせメモ ワラビは取らないと減ってしまう 夏場に刈る
◇鳥 ウグイス ホトトギス ガビチョウ 
◇生きもの ニイニイゼミ キチョウ コミスジ モンシロチョウ コシアキトンボ ヒグラシ
◇花の咲いていた植物(場所)△帰化植物 アキノウナギツカミ(GH) アキノタムラソウ(CFI) △アメリカイヌホオズキ(CGAD) △アメリカタカサブロウ(CF) イヌテダ(CHA) ウシハコベ(GH) △ウラジロチチコグサ(青) オオチドメ(CIA) オオバギボウシ(CI) オカトラノオ(C) オトギリソウ(C) オニチビラコ(C) オニドコロ(C) △オニノゲシ(C) オヒシバ(C) オヘビイチゴ(E) カントウヨメナ(I) キツネノマゴ(C) クサイ(C) ケキツネノボタン(CIAE青) ケチチミザサ(C) コアゼガヤツリ(A) コウガイゼキショウ(C) コケオトギリ(C) △コニシキソウ(C) コマツナギ(C) ザクロソウ(C) サジガンクビソウ(CI) △雑種タンポポ(C) サヤヌカクサ(IA) △シロツメクサ(青) スズメノテッポウ(CA) セリ(CHIAD) ダイコンソウ(I) タイヌビエ(C) チタケサシ(I) ツユクサ(CFA青) トキワハゼ(C) ドクダミ(CI) ナガバハエドクソウ(C) ニガナ(C) ヌマトラノオ(FIADE) ネムノキ(F) △ハキダメギク(C) ハナイバナ(C) ハハコグサ(C) △ヒメジョオン(CFHIE青) ヒメミカンソウ(C) ヒメヤブラン(C) ヘクソカズラ(H)ベニバナボロギク(C) ホタルイ(A) ママコノシリヌグイ(HI) ミズタマソウ(FI) ミズヒキ(FGH) ミゾカクシ(A) ミゾソバ(FGI) ミツバ(I)ムラサキサギゴケ(IA) メヒシバ(CFI) ヤブミョウガ(F) ヤブラン(D) ヤマユリ(CI) ユウガギク(I) △ユウゲショウ(青) △ヨウシュヤマゴボウ(青)
1オオバギボウシ
f0131669_19574147.jpg
f0131669_20003408.jpg
2ヌマトラノオ
f0131669_19595893.jpg
3とても暑い日で熱中症にならないように、気を使いながらの調査だった
f0131669_20011044.jpg
4オトギリソウ
f0131669_20031927.jpg
f0131669_20035588.jpg
5キツネノマゴ
f0131669_20045363.jpg
6ヒメヤブラン
f0131669_20055332.jpg
7コウガイゼキショウ
f0131669_20072694.jpg
8ミゾカクシ
f0131669_20080379.jpg
9サジガンクビソウ キク科
f0131669_20084989.jpg
10ベニバナボロギク
f0131669_20093223.jpg
11オニドコロ雌株  ヤマノイモ科 雌雄異株 雌花序は垂れ下がる
f0131669_20120281.jpg
f0131669_20124755.jpg
12コマツナギ
f0131669_20132911.jpg
f0131669_20135324.jpg
13ミズタマソウ
f0131669_20144370.jpg
f0131669_20151035.jpg
14アキノタムラソウ
f0131669_20154535.jpg
15ミゾソバ
f0131669_20162889.jpg
16セリ
f0131669_20171300.jpg
17ミズヒキ
f0131669_20180883.jpg
18イヌタデ
f0131669_20184723.jpg
19ダイコンソウ
f0131669_20192610.jpg
20ヤマユリ
f0131669_20202005.jpg
f0131669_20204976.jpg
21シュンランの実
f0131669_20213367.jpg
22ユウガギク
f0131669_20222199.jpg
23ムラサキサギゴケ
f0131669_20230012.jpg
24コアゼガヤツリ
f0131669_20232788.jpg
25ホタルイ
f0131669_20241376.jpg
26ヤブラン
f0131669_20250730.jpg
27ミズキの実
f0131669_20254370.jpg
28ケキツネノボタン
f0131669_20262966.jpg
ヌマトラノオ、ヒメヤブラン、コマツナギなどが増えたように思う。17時に終了。

# by trust-0 | 2018-07-17 19:18 | 岩殿

上野田氷川神社周辺 動植物記録

埼玉県の見沼田んぼにある斜面林を調査している
1上野田氷川神社 撮影2018.7.12
f0131669_22312346.jpg
2ゴマダラチョウ 撮影2018.7.11 トラスト協会事務局長視察の折に
f0131669_22342744.jpg
f0131669_22344443.jpg
3アブの仲間 撮影2018.7.11
f0131669_22353247.jpg
4落ちていた繭 大きさは5.5cm×2.7cm 振ると中に入っている音がした 撮影2018.7.11
f0131669_22355796.jpg
植生調査第1回
◇日時 2018年7月12日 木曜日 12時30分〜14時20分
◇この日確認した植物で胸高直径の大きかったもの サカキ シラカシ ケヤキ クヌギ ヒノキ カワヤナギ マグワ ソメイヨシノ エゴノキ ムクノキ ミズキ コナラ モミ イヌシデ 
◇確認した生きもの ウズグモ ハグロトンボ ナミアゲハ シオヤアブ ヒメウラナミジャノメ キタテハ アオスジアゲハ ナガコガネグモ ヒメアカタテハ 
◇確認した植物 156種
5ニホンカナヘビ お腹が大きかった 撮影2018.7.12 
f0131669_22380585.jpg
6撮影2018.7.12
f0131669_22390239.jpg
7見沼代用水東縁
f0131669_22395497.jpg
8ニイニイゼミの抜け殻
f0131669_22412510.jpg
9ヤマトカナエグモの卵のう? 撮影2018.7.12
f0131669_22421110.jpg
10カヤの木肌 撮影2018.7.12
f0131669_22431593.jpg
11調査風景 撮影2018.7.12
f0131669_22435636.jpg
12ヤブマオ 撮影2018.7.12
f0131669_22443309.jpg
2018.8.31久しぶりに上野田斜面林を訪れた
13 撮影2018.8.31
f0131669_22094837.jpg
f0131669_22100634.jpg
14イチモンジセセリ 撮影2018.8.31
f0131669_22105444.jpg
15トンボ 撮影2018.8.31
f0131669_22114248.jpg
16ヤブラン 撮影2018.8.31
f0131669_22121630.jpg
17ジョロウグモ 撮影2018.8.31
f0131669_22133281.jpg
18セミのヌケガラ 撮影2018.8.31
f0131669_22142750.jpg
19何の実 撮影2018.8.31
f0131669_22151838.jpg
f0131669_22153822.jpg
20アブの仲間 撮影2018.8.31
f0131669_22163780.jpg

21ギンツバメ 撮影2018.8.31
f0131669_22173517.jpg
22スズメウリ 撮影2018.8.31
f0131669_22180924.jpg
23スズメウリに小さなアリ 撮影2018.8.31
f0131669_22185709.jpg
24ヒメウラナミジャノメ 撮影2018.8.31
f0131669_22194083.jpg
25ハエドクソウ 撮影2018.8.31
f0131669_22201936.jpg
26だれかな 撮影2018.8.31
f0131669_22210698.jpg
27クズの茎に不思議な生き物が 撮影2018.8.31
f0131669_22222732.jpg
28アズチグモ 撮影2018.8.31
f0131669_22230717.jpg
29ツユクサ 撮影2018.8.31
f0131669_22234373.jpg
30カメムシの仲間 撮影2018.8.31
f0131669_22242220.jpg
31だれかな 撮影2018.8.31
f0131669_22245441.jpg
32アザミ 根生葉はなかった 撮影2018.8.31
f0131669_22263042.jpg
33ヒラタアブ 撮影2018.8.31
f0131669_22270328.jpg
34サトキマダラヒカゲ 撮影2018.8.31
f0131669_22275084.jpg
35なにかな トンボ撮影2018.8.31
f0131669_22283512.jpg
36アザミの仲間 撮影2018.9.13
f0131669_11053060.jpg
37撮影2018.9.13
f0131669_11055667.jpg
f0131669_11062997.jpg
38ヌスビトハギ 撮影2018.9.13
f0131669_11072226.jpg
39イチモンジセセリ 撮影2018.9.13
f0131669_11080381.jpg
40ハエドクソウ 撮影2018.9.13
f0131669_11084087.jpg
41ジヨロウグモ 撮影2018.9.13
f0131669_11091930.jpg
42ヒガンバナ 撮影2018.9.13
f0131669_11095218.jpg
43ツルボ  撮影2018.9.13
f0131669_11103877.jpg
44ツユクサ 撮影2018.9.13
f0131669_11111382.jpg
10/2植生調査
45フジカンゾウ 撮影2018.10.2 牧野先生に確認して頂いた
f0131669_06441186.jpg
46タケカレハの幼虫に何かな 撮影2018.10.2
f0131669_06460894.jpg
47撮影2018.10.2
f0131669_06462735.jpg
484950

# by trust-0 | 2018-07-12 23:00 | 斜面林

2018.7.5 谷田公民館

◇6534
◇日時 2018年7月5日 9時10分〜11時20分 
◇天気 くもり時々雨
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アメリカフウロ アレチギシギシ イヌムギ イモカタバミ ウラジロチチコグサ(群生) オオキンケイギク オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コバンソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ ナガミヒナゲシ ハキダメギク ハゼラン ハルジオン ハルシャギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ(群生) メマツヨイグサ ユウゲショウ(群生) ヨウシュヤマゴボウ ワルナスビ 33種
1ハルシャギク キク科 北アメリカ原産
f0131669_06354692.jpg
2
f0131669_06362812.jpg
3ミチタネツケバナ
f0131669_06393289.jpg
4ヘクソカズラ 花が2種類あった
f0131669_06402074.jpg
f0131669_06411447.jpg
5谷田公民館
f0131669_06423877.jpg
6ヒメイワダレソウ クマツヅラ科 イワダレソウ属
f0131669_06435490.jpg
7コマツヨウグサ アカバナ科 北アメリカ原産 こんな隙間にしっかりと根付いていた
f0131669_06474935.jpg
8ユウゲショウの群落
f0131669_06511965.jpg
9ワルナスビ 刺がすごい
f0131669_06522183.jpg
10
f0131669_06533645.jpg
11キアゲハの幼虫
f0131669_06541268.jpg
朝、車をマーケットの駐車場に停めた。戻ってきたら駐車場に入る車が順番待ちで恐縮。何も買わないのも悪いと思い買い物をした。店に入いると価格が安いことと品揃えが豊富であることが分かった。価格はどうやって決まるのだろうか。いずれ、カーボン・プライシス(CO2、プラスス価格)の時代がやってきたら、ものの値段や人の価値観はどのように変わるのだろうか。地元のマーケットより、魚は新鮮であったが、自転車で来るにはちょっと遠い。CO2のことを考えた暮らしも必要な時代がいずれやってくることだろうと思った。

# by trust-0 | 2018-07-06 08:18 | モニタリング調査

2018.7.4向小学校

◇6535
◇日時2018年7月4日 9時50分〜11時20分
◇天気 くもり
◇アカボシゴマダラ
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ チチコグサモドキ ナガハギシギシ ナガミヒナゲシ ネズミムギ ハキダメギク ハルジオン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ
◇その他気づいた外来種 ヨコハママンネングサ ゴウシュアリタソウ
1コニシキソウ
f0131669_20392831.jpg
2ヤブガラシは蜜がイッパイ
f0131669_20413469.jpg
3クズの葉にコフキゾウムシ
f0131669_20423383.jpg
4向小学校
f0131669_20431893.jpg
5空き地には外来種がいっぱい
f0131669_20440717.jpg
6ウラジロチチコグサ 
f0131669_20451399.jpg
7アメリカイヌホオズキ
f0131669_20455287.jpg
8普通のお宅だが茅葺き屋根・・・思わずシャッターをおしてしまった
f0131669_20463070.jpg
この地区はおいしいパン屋さんがあったり、茅葺き屋根の家があったりと町探検のようで楽しかった。朝は涼しかったがだんだん暑くなった。

# by trust-0 | 2018-07-04 21:04 | モニタリング調査