人気ブログランキング |

2019年9月の畑

畑の定例作業日
1シマミミズが減ってしまったが少しはいるのでふるいに掛けて、ミミズを保護
f0131669_07485516.jpg
2堆肥の中からオケラが出てきた
f0131669_07492448.jpg
3セスジスズメガの幼虫がいた
f0131669_07494449.jpg
4草取り名人
f0131669_07501270.jpg
5福畑
f0131669_07503583.jpg
6789

# by trust-0 | 2019-09-06 07:50 |

2019年9月のベルダ

今日もマルコ草刈り(原形保全区間ツルボのための)の後、写真を撮った。
1マルコにも淡い色のツユクサがあった 2019.9.1M地区
f0131669_07212705.jpg
2イヌゴマ 2019.9.1M地区
f0131669_07251203.jpg
3今年はキツネノマゴが多い 2019.9.1M地区
f0131669_07263125.jpg
4キンミズヒキ 2019.9.1M地区 原形保全区間
f0131669_07272141.jpg
5ヒメジョオン(北アメリカ原産) 2019.9.1M地区
f0131669_07291954.jpg
6アキカラマツ 2019.9.1M地区
f0131669_07300007.jpg
7カントウヨメナ2019.9.1M地区
f0131669_07303286.jpg
8ノハラアザミ 2019.9.1M地区
f0131669_07311184.jpg
9だれかな 2019.9.1M地区
f0131669_07314440.jpg
10ホウチャクソウの実 2019.9.1M地区
f0131669_07324810.jpg
11セリ 2019.9.1M地区
f0131669_07332471.jpg
12ナガコガネグモ♂♀ 2019.9.1M地区
f0131669_07340894.jpg
13ワレモコウにハナグモ 2019.9.1M地区
f0131669_07344846.jpg
14ワレモコウ 2019.9.1M地区
f0131669_07353068.jpg
15オンブバッタ 2019.9.1M地区
f0131669_07361572.jpg
16ハマスゲ ハンノキ池が出来たら植生が変わった 2019.9.1M地区
f0131669_07372623.jpg
17ドヨウオニグモ 2019.9.1M地区
f0131669_07381738.jpg
18アシボソ 2019.9.1M地区
f0131669_07385195.jpg
19ハリカメムシ ヘリカメムシ科  2019.9.1M地区 (佐井氏同定)
f0131669_07394565.jpg
20キタテハ 2019.9.1M地区
f0131669_07402479.jpg
21コブナグサ 2019.9.1M地区
f0131669_07410194.jpg
22トノサマバッタ 2019.9.1M地区
f0131669_07414266.jpg
23シロオビトリノフンダマシ 希少種NT1 2019.9.1M地区 やっと出会えて良かった
f0131669_07441881.jpg
24252627282930

# by trust-0 | 2019-09-06 07:45 | ベルダ

2019年8月の畑

メンバーの努力で美味しいスイカを食べることが出来た。畑作業は100の知恵が必要と前トラスト協会理事長の進士先生が講話でお話ししていたことが思い出される。
1多分アライグマの仕業 2019.8.13
f0131669_08094532.jpg
2近くの畑 除草剤のまいた後 なぜかナガバジャノヒゲだけが残っている 2019.8.13
f0131669_08110064.jpg
3こちらも除草剤をまいたらしい 手前の緑色 外来種のマメアサガオ(北アメリカ原産)の群落 2019.8.13
f0131669_08130214.jpg
4カラスアゲハ♂ 夏型 五斗蒔の水路脇で (佐井氏同定)
f0131669_08142390.jpg
5スイートバジルの花 2019.8.13
f0131669_08154593.jpg
6ヒデリコ 五斗蒔畑 2019.8.13
f0131669_08163448.jpg
7周りの荒れ地にはコガネグモが 2019.8.13
f0131669_08173004.jpg
8ザクロソウ 2019.8.13 畑
f0131669_08184088.jpg
9オオセンチコガネ 畑 2019.8.13
f0131669_08193955.jpg
10収穫物 2019.8.13
f0131669_08203380.jpg
f0131669_08210025.jpg
11マメハンミョウ 2019.8.27 トラスト畑に大発生
f0131669_06182714.jpg
12クモ だれかな 2019.8.27
f0131669_06194772.jpg
13オクラの葉に だれかな 脱皮殻も残っていた 2019.8.27
f0131669_06210273.jpg
14セスジスズメガの幼虫 2019.8.27
f0131669_06224056.jpg
15アリ 2019.8.27
f0131669_06232797.jpg
16イチモンジセセリ 2019.8.27
f0131669_06242415.jpg
17マメコガネ 2019.8.27
f0131669_06255044.jpg
18トラスト畑の風景 2019.8.27 この日は事務局の村松さんが取材のため来訪、畑も手伝って下さった
f0131669_06263574.jpg
19トラスト畑 2019.8.27
f0131669_06275186.jpg
8月も終わり、皆の元気で、畑も元気♫
写真 加倉井範子

# by trust-0 | 2019-09-04 08:21 |

2019.8.22岩殿

◇日時 2019年8月22日
◇天気 晴れ
◇参加者 6名
◇生きもの ミンミンゼミ アブラゼミ ツクツクボウシ ニイニイゼミ ヒメジャノメ オニヤンマ シロオビノメイガ キタキチョウ サトキマダラヒカゲ 
◇鳥 ガビチョウ コジュケイ 
1ヒヨドリバナ
f0131669_23041821.jpg
2ヒメキンミズヒキとアキノタムラソウ
f0131669_23063387.jpg
3キツネノマゴ
f0131669_23075836.jpg
4ナガコガネグモ
f0131669_23092076.jpg
5☆アカシデの樹の下でミーティング
f0131669_23100723.jpg
6オトギリソウ
f0131669_23110392.jpg
7オナガグモ
f0131669_23114935.jpg
8ヤマトシジミ
f0131669_23123826.jpg
9コガタコガネグモ
f0131669_23132435.jpg
10コケオトギリ
f0131669_23140871.jpg
11☆水滴のついたヒデリコの小穂
f0131669_23145148.jpg
12マメコガネ
f0131669_23153306.jpg
13イオウイロハシリグモ
f0131669_23161928.jpg
14アメリカタカサブロウ
f0131669_23170927.jpg
15オンブバッタ
f0131669_23174785.jpg
16☆ヒデリコ、コゴメカヤツリなどが群生するC地区・休耕田
f0131669_23182878.jpg
17ノハラアザミ
f0131669_23191349.jpg
18ノウタケ
f0131669_23195430.jpg
19カノコガ
f0131669_23205404.jpg
20☆ホシハラビロヘリカメムシ
f0131669_23213272.jpg
21ダイコンソウ
f0131669_23222845.jpg
22カタツムリ
f0131669_23230751.jpg
23ママコノシリヌグイ
f0131669_23234883.jpg
24ツユクサ
f0131669_23244523.jpg
25エノキグサ
f0131669_23253038.jpg
26シラヤマギク
f0131669_23263907.jpg
27モノサシトンボ ☆♂
f0131669_23274236.jpg
28タコノアシの花
f0131669_23285526.jpg
29☆ヒナタイノコヅチ
f0131669_23293858.jpg
30ケイヌビエ
f0131669_23302509.jpg
31ヌマトラノオ
f0131669_23311447.jpg
32ワレモコウ ☆穂状花序 上から下に咲いていく
f0131669_23320368.jpg
33コモリグモの仲間
f0131669_23325250.jpg
34ハグロトンボ♂ ☆雄は緑色の金属光沢がある
f0131669_23333535.jpg
35草をかき分けての調査
f0131669_23342023.jpg
36カニクサの胞子葉
f0131669_23353212.jpg
37☆コハナグモ 花の下で獲物を待ち伏せる
f0131669_23361549.jpg
38☆ハグルマトモエ 幼虫の食樹はネムノキ 成虫はクヌギ、コナラ、ヤナギ類の樹液に集まる
f0131669_23365400.jpg
39☆ヒメミカンソウ 葉は長楕円形、果実は緑色で短い柄がある
f0131669_23375492.jpg
40ガガイモの花
f0131669_23384907.jpg
41コマツナギの花
f0131669_23395896.jpg
42☆コジャノメ
f0131669_23404398.jpg
43ウラギンシジミ
f0131669_23414606.jpg
44ウスバキトンボ
f0131669_23423330.jpg
45☆サジガンクビソウ
f0131669_23434209.jpg
46コバノカモメヅル
f0131669_23442928.jpg
47☆モンシロドクガ
f0131669_23450084.jpg
48ツチイナゴ ☆涙目にみえるバッタ
f0131669_23453881.jpg
49オオカマキリ
f0131669_23462173.jpg
50アカハネナガウンカ
f0131669_23471494.jpg
51チカラシバ
f0131669_23475002.jpg
52イチモンジセセリ
f0131669_23483600.jpg
53オオチャバネセセリ
f0131669_23490426.jpg
54☆キンケハラナガツチバチ
f0131669_23494805.jpg
55シオカラトンボ♂
f0131669_23505129.jpg
56カタツムリ
f0131669_23512672.jpg
57クモの円居(まどい)
f0131669_23520610.jpg
58
f0131669_23524641.jpg
今回は間を抜けてイワタバコを見に鞍掛山に移動、午後1時41分〜2時42分
59都幾川 沈下橋
f0131669_23555388.jpg
60オオニシキソウ
f0131669_23580344.jpg
61コアカソ
f0131669_23583426.jpg
62イワタバコ
f0131669_23594376.jpg
63コケにおおわれた大きな岩
f0131669_00002427.jpg
64☆オオシロカネグモ
f0131669_00005559.jpg
65サトキマダラヒカゲ ☆♂
f0131669_00014925.jpg
66☆サトキマダラヒカゲ♀
f0131669_00023843.jpg
67☆クロヒカゲ
f0131669_00030535.jpg
68アズマヒキガエル
f0131669_00034669.jpg
69鞍掛山からの眺め
f0131669_00041707.jpg
写真:加倉井範子 キャプション校正:二宮靖男

# by trust-0 | 2019-09-04 00:19 | 岩殿

2019年8月のベルダ

1サトキマダラヒカゲ トラストの保全日竹林草刈り T地区 2019.8.3 
           暑いのでソウメンとおやつを食べて解散。作業終了後駐車場草刈り
f0131669_16572464.jpg
2シロカネグモの仲間 T地区 2019.8.3
f0131669_16593407.jpg
3アキノタムラソウ T地区 2019.8.3
f0131669_17002079.jpg
朝からマルコ草刈り
4ガガンボの仲間かな 2019.8.7 M地区
f0131669_07022273.jpg
5ウズクモ 2019.8.7 M地区
f0131669_07055561.jpg
6アブラゼミ 触角の毛の多さで判断 2019.8.7 M地区
f0131669_07073093.jpg
里山.com2019.8.10
7ガの仲間 2019.8.10 T地区
f0131669_07101560.jpg
8オオシオカラトンボ♀ 2019.8.10 T地区
f0131669_07110666.jpg
9アキアカネ 2019.8.10 T地区
f0131669_07115960.jpg
朝からマルコ草刈り
10サトキマダラヒカゲ 2019.8.12 M地区
f0131669_07132452.jpg
11コバギボウシ 2019.8.12 M地区
f0131669_07150446.jpg
12クロウリハムシ 2019.8.12 M地区
f0131669_07160661.jpg
13ナガコガネグモ 2019.8.12 M地区
f0131669_07165765.jpg
14オオヒナノウスツボ 2019.8.12 M地区
f0131669_07174495.jpg
15ツチイナゴ 2019.8.12 M地区
f0131669_07183590.jpg
16ベッコウハゴロモ 2019.8.12 M地区
f0131669_07192232.jpg
17クモの円居 2019.8.12 M地区
f0131669_07204166.jpg
18アカハネナガウンカ 2019.8.12 M地区
f0131669_07213299.jpg
19ドヨウオニグモ 2019.8.12 M地区
f0131669_07222537.jpg
20クモだれかな 2019.8.12 M地区
f0131669_07232279.jpg
21だれかな 2019.8.12 M地区
f0131669_07241963.jpg
22ササキリかな 2019.8.12 M地区
f0131669_07265569.jpg
23ツバメシジミ 2019.8.12 M地区
f0131669_07274217.jpg
24ヒメジョオン 2019.8.12 M地区
f0131669_07282931.jpg
25カブトムシ♀ 2019.8.13 J地区
f0131669_07294981.jpg
マルコ朝から草刈り
26ヒシバッタ 2019.8.13 M地区 
f0131669_07314309.jpg
27タマガヤツリ 2019.8.13 M地区 
f0131669_07345587.jpg
28ツユクサ 2019.8.13 M地区
f0131669_07340477.jpg
29クリチャササグモかな 2019.8.13 M地区
f0131669_07360745.jpg
f0131669_07374024.jpg
30ドヨウオニグモ 2019.8.13 M地区
f0131669_07365109.jpg
31キンミズヒキ 2019.8.13 M地区
f0131669_07385274.jpg
32マミジロハエトリ 2019.8.13 M地区
f0131669_07393499.jpg
33みんなの広場 2019.8.13 M地区
f0131669_07402412.jpg
34みんなの広場 カヤネズミかな 2019.8.13 M地区
f0131669_07412711.jpg
35みんなの広場 コバギボウシ2019.8.13 M地区
f0131669_07423383.jpg
36カラスウリの実 2019.8.13 M地区
f0131669_07431683.jpg
37ワレモコウの芽吹き8/5草刈りしたが6月の草刈りで実験したい
f0131669_07443684.jpg
38ヒヨドリバナ よく見ると蚊が蜜を吸っている 2019.8.27 F地区
f0131669_07461033.jpg
39ツリガネニンジン 2019.8.27 F地区
f0131669_07484046.jpg
40アキカラマツ 2019.8.27 F地区
f0131669_07492486.jpg
41ヤブミョウガ 2019.8.27 F地区
f0131669_07502907.jpg
42ヤブミョウガの実 2019.8.27 F地区
f0131669_07505257.jpg
43サトキマダラヒカゲ 2019.8.27 J地区
f0131669_07515837.jpg
44途中の水路にミズワラビ 2019.8.27 
f0131669_07530181.jpg
45五斗蒔の風景 
f0131669_07543586.jpg
46許可を頂き草刈り
f0131669_07552005.jpg
47畑にキアゲハ 2019.8.27 
f0131669_07562408.jpg
48ツユクサ 畑脇
f0131669_07570390.jpg
49畑脇にコケオトギリ
f0131669_07574391.jpg
50キツネノカミソリ 2019.8.31 M地区
f0131669_07584118.jpg
51カラムシにフクラスズメの幼虫 2019.8.31 M地区
f0131669_08001270.jpg
52カントウヨメナにハナグモ 2019.8.31 M地区
f0131669_08011821.jpg
2019年の8月も終わった。今年は雨が多かったからか草の勢いが恐ろしく感じるほどだった。


# by trust-0 | 2019-08-05 17:03 | ベルダ

2019.6.29自然学習センター

両生類の研修会の後、定例観察会にも参加した。雨模様だったが、季節の変化を感じた。オオヨシキリがしきりに鳴いていた。
1入り口付近 ネムノキの花が咲いていた
f0131669_11044640.jpg
2カノコガがモデルになってくれた
f0131669_11060360.jpg
3施設内は分かりやすく表示してある ハチの住処
f0131669_11071704.jpg
4マムシの表示
f0131669_11074345.jpg
5ヒダリマキマイマイ
f0131669_11084711.jpg
6ヒダリマキマイマイ 殻の縁が巻いているので、こっちが少し大人かな
f0131669_11091699.jpg
7クモの網に水滴が
f0131669_11105572.jpg
8ヨシにも水滴が
f0131669_11115583.jpg
9ヒメガマ ガマ科 ガマ属
f0131669_11122679.jpg
10ヒメコウゾの実 クワ科 コウゾ属
f0131669_11130199.jpg
11クララ マメ科 クララ属
f0131669_11132962.jpg
12クララの実
f0131669_11135866.jpg
13とても小さな よく見る生きもの
f0131669_11144422.jpg
14網
f0131669_11152567.jpg
15中央にいたクモ ドヨウオニグモ?
f0131669_11155725.jpg
16ガマ ガマ科 ガマ属
f0131669_11163968.jpg
17エゴノキの実 エゴノキ科 エゴノキ属
f0131669_11171267.jpg
18クモ
f0131669_11173327.jpg
19橋が新しくなっていた
f0131669_11181884.jpg
20ミズキの実 ミズキ科 サンシュユ属
f0131669_11192572.jpg
21コウホネ スイレン科 コウホネ属
f0131669_11195983.jpg
22ケキツネノボタン キンポウゲ科 キンポウゲ属
f0131669_11203251.jpg
23ミゾソバ タデ科 イヌタデ属
f0131669_11210674.jpg
24目標種を決めることは大切
f0131669_11213642.jpg
25オオヨシキリ このカメラではこれが限界
f0131669_11222671.jpg
26ウロコアシナガグモかな
f0131669_11230500.jpg
27ノイバラについていたムシコブ
f0131669_11234408.jpg
28定例観察会に参加 子どもは平気でナナフシを
f0131669_11245195.jpg
29オオヒラタシデムシ 顕微鏡で見たら触角の毛がすごい
f0131669_11254480.jpg
30ネジバナ(モジズリ) ラン科 ネジバナ属 
f0131669_11261972.jpg
31マサキの花にキンバエの仲間 キンバエ類は一部の種以外は標本がなければ同定は出来ません。
同じ場所にホホグロオビキンバエがいました。(高野氏) 
f0131669_11265431.jpg
32サトキマダラヒカゲ 高野氏同定
f0131669_11282298.jpg
f0131669_11283663.jpg
見沼にもこんな学習センターがあればといいなと思いながら、帰途についた。

# by trust-0 | 2019-07-01 11:48 | 北本

2019.6.29 両生類の今を学ぶ

◇日時 2019年9月29日 土曜日 9時30分〜11時30分
◇天気 雨
◇講師 埼玉県川の博物館学芸員 藤田宏之氏
◇場所 埼玉県自然学習センター
近年増えているヌマガエルの状況もお聞きできた。両生類が生息するためには水域と陸域を必要とするので、大規模開発や圃場整備による水路のコンクリート化などの影響を受けやすくその数が減少している。また、外来種のアライグマによる捕食が深刻になっている。特にトウキョウサンショウウオやアカガエルに対する捕食圧が大きなダメージになっている。
1埼玉には18種の両生類が棲んでいる
f0131669_09265795.jpg
2本来のヌマガエルの生息域
f0131669_09275499.jpg
3埼玉県で急速に増えている
f0131669_09292808.jpg
4背中に線のあるヌマガエルは九州由来かも?キュウリの苗に紛れて入ったかも知れないが、確証はない
f0131669_09295922.jpg
5ヌマガエルは、圃場整備などに強く、近代化された水田に適応して増えている。一方、アカガエル類は適応できず減り続けているのは残念。
f0131669_09304640.jpg
6生物多様性は大切
f0131669_09312308.jpg
7ヌマガエルはお腹が白い 
f0131669_09315134.jpg
8ヌマガエルは眼と眼の間に線がある
f0131669_09321864.jpg
9こんな場所がカエルにとって良い場所
f0131669_09324459.jpg
ヌマガエルが増えている事を実感していたので、参考になった。生物多様性の保たれている場所では、大繁殖は出来ないとのことであった。保全する上でも必要な視点であると思った。
メモから
★ヌマガエルは産卵時期が遅く、高温、乾燥に強いので、最近の田植え時期が遅くなった農業に合っている。食べ物は軟らかい物が好き、共食いもするし、アマガエルやミミズも捕食する。オタマジャクシは、眼がよっていて頭がとんがっている。寿命は2年くらい。その年に成熟する。
ニホンアカガエルは高温・乾燥に弱い。寿命は2年程度なので、増えやすくて減りやすい。寒冷地では、1回で終了。オタマジャクシが梅雨時に上陸する。オスは泥の中で越冬。メスは草の中で越冬。
★シュレーゲルアオガエルはメスが大きい
★アマガエルは一定期間水があればOK
★トウキョウダルマガエルは成長が遅い.二毛作水田がよくない。7月に水を落とすとオタマジャクシが生きていけない。
★アズマヒキガエルの寿命は10年くらい
★ウシガエルは減少傾向
★アライグマはエサのない時期1月2月にアカガエルやサンショウウオを食べる。サンショウウオは頭だけ食べるので食べかすがある。アカガエルは美味しいので、2口で捕食し、たまに足先が残る。アライグマは姿勢を低くするのが嫌いなので、周りに台を置くか,網をはるのが良いが、カエルの通路を下に作る必要がある。
★イタチは食べかすが残らない
★10月になるとカエルはいなくなる。
★カエルは冬眠するときお尻から潜る。サンショウウオは頭から潜る。

後日、藤田学芸員からのメール
県東部・南部でニホンアカガエルの保全に取り組んでおられる団体をいくつか存じていますが、明暗が分かれています。
はっきりとは言えませんが夏場の高温時に上陸した当年のちいさなカエルが生き残るのが難しくなっていると考えます。具体的に日陰で涼しい雑木林が繁殖地の近くにあるといいと考えています。
アカガエルは梅雨時に上陸し、その年に成熟するのでしょうか。 2年の寿命で何回産卵するのでしょうか。
寿命は暖かい埼玉県では、生まれた翌年に産卵にやってくるのが通常と考えます。ひとシーズンの産卵でゼリーの塊ひとつですので、トータル500卵〜3000卵ぐらいのようです。大概は2シーズンぐらいで死んでしまうようです。
イタチはアカガエルを食べるのでしょうか。最近イタチとアライグマの足跡を確認しています。
イタチのエサになっています。かなり食べられていると考えますが、アライグマのように集中的な捕食とはいえず、致命的なダメージには至らないと考えます。しかし、個体数が少ないとなると、排除も考慮する必要はあります。
アズマヒキガエルの寿命が10年とのことなのでお尋ねします。5年ほど前に水路がコンクリート化されてからアズマヒキガエルの卵塊を確認出来なくなりました。万一、水路を元に戻すとカエルは戻ってくるでしょうか。
水路を戻すことも重要ですが、周囲の環境も変化すると難しいかもしれません。普段の棲家と水路の間に道路が出来てしまうだけでも減少します。ヒキガエルの減少は水辺環境の悪化だけでなく、周辺の伐採や造成も大きなダメージとなります。

一度、私たちのフィールドを見て頂きたいと思いました。(記 加倉井範子)

# by trust-0 | 2019-07-01 08:51 | 研修

2019.6.25〜6.27

畑作業が終わってから、水戸に向かった。3日間、ホトトギスの声がしきりに聞こえた。
◇月日 
2019年6月25日 晴れ 庭の草刈り   
2019年6月26日 晴れ 庭の草刈り(抜いた草 ヒメムカシヨモギ、キクイモ、ヒメジョオン、ヨウシュヤマゴボウ)→水鉄砲の材料(トラストの方3名)→午後から風の谷のマダケのタケノコ倒し   
2019年6月27日 曇り 墓の掃除草むしり→レラの森下のマダケのタケノコ倒し
◇参加人数 延べ9名
◇鳥 ホトトギス ウグイス ヒバリ 
1庭にいたクモ 一生懸命に網を作っていた 撮影2019.6.25
f0131669_11515073.jpg
2撮影2019.6.25
f0131669_11525044.jpg
3エナシヒゴクサ 小屋の前 撮影2019.6.25
f0131669_11544215.jpg
4ネジバナ 庭で初観察 撮影2019.6.25
f0131669_11554249.jpg
5ニホンアマガエル 撮影2019.6.26 レラの森で
f0131669_11574050.jpg
6キノコ 撮影2019.6.26 レラの森で
f0131669_11594772.jpg
7シロカネグモの仲間 撮影2019.6.26 レラの森で
f0131669_12012125.jpg
8ハナイカダの葉上でシロカネグモの仲間 撮影2019.6.26 レラの森で
f0131669_12024592.jpg
9アシナガバエの仲間 撮影2019.6.26 レラの森で
f0131669_12040477.jpg
10-1トチバニンジンと思ったが、図鑑を見ると葉が違うようだ 撮影2019.6.26 レラの森で
f0131669_12122550.jpg
10-2
f0131669_12125618.jpg
11庭の梅の木で クモの卵のう 撮影2019.6.26 
f0131669_12152892.jpg
12クサグモ 庭で撮影2019.6.26 
f0131669_12164831.jpg
13ヤエンオニグモかな 庭で撮影2019.6.26 
f0131669_12173645.jpg
14モモがなっていた 庭で撮影2019.6.26 
f0131669_12190967.jpg
15今年はウメはあまり実らなかった 皆さんに持ち帰って頂いた後に 伸びた枝を剪定 梅林らしくなった撮影2019.6.26
f0131669_12205269.jpg
16ハンカチの木が大きくなった撮影2019.6.26
f0131669_12385220.jpg
17レラの森 入り口 次回は八幡様を新しくしようと思う 石の方が風に強い 撮影2019.6.27
f0131669_12403592.jpg
18お墓の箒にキボシアシナガバチの巣(高野氏同定) 撮影2019.6.27
f0131669_12421510.jpg
19オオバギボウシにシロカネグモの仲間 レラの森下 撮影2019.6.27
f0131669_12434975.jpg
20ニホンアマガエル 撮影2019.6.27
f0131669_12463795.jpg
21背中にトゲのあるザトウムシは初めて 撮影2019.6.27
f0131669_12474644.jpg
22シギアブ科の一種(高野氏同定) 撮影2019.6.27
f0131669_12490592.jpg
23ハエドクソウ レラの森下竹林 撮影2019.6.27
f0131669_12502549.jpg
24ダイミョウセセリ 撮影2019.6.27
f0131669_12511398.jpg
25ヒメヒゲナガカミキリ(高野氏同定)撮影2019.6.27
f0131669_12515779.jpg
26ナミテントウ(高野氏同定) 撮影2019.6.27
f0131669_12524711.jpg
27ナミテントウ(高野氏同定) 撮影2019.6.27
f0131669_12532685.jpg
28荒れた竹林 元は杉林だったかも 目についた物は全て伐採 マダケは伐りやすくそして目立つ 撮影2019.6.27
f0131669_12542337.jpg
29撮影2019.6.27
f0131669_12560917.jpg
30オカトラノオ レラの森下 撮影2019.6.27
f0131669_12570268.jpg
31セセリチョウの仲間 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_12580951.jpg
32撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_12592682.jpg
33農地があるから美しい風景が広がり、生きものを育むことが出来る 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13000186.jpg
34イチモンジチョウ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13021674.jpg
35-1ゴイシジミ(高野氏同定) 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13031629.jpg
35-2ゴイシジミ
f0131669_13034931.jpg
36クモをクモが食している 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13042585.jpg
37サツマノミダマシ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13053706.jpg
38ハグロトンボ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13065677.jpg
39ノシメトンボ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13073902.jpg
40コガネグモ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13082604.jpg
41ヤマシロオニグモかな 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13090845.jpg
42エゴノキの実 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13101343.jpg
43ニワトコの実 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13105273.jpg
44撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13112760.jpg
45ノシメトンボを食べているハナグモ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13122991.jpg
46サツマノミダマシ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13130970.jpg
47イオウイロハシリグモ撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13140876.jpg
48-1撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13144755.jpg
48-2撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13151977.jpg
49ニホンアマガエル 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13160694.jpg
50-1サラサヤンマ♀(高野氏同定) 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13165474.jpg
50-2コケに産卵していた 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13173010.jpg
51イオウイロハシリグモ 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13181615.jpg
52ハキダメギク 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13191865.jpg
53来年も稲作が行われますように 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13200760.jpg
54-1トラノオの仲間 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13212158.jpg
54-2茎の様子撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13214698.jpg
55アキカラマツかな 撮影2019.6.27 下の農道 撮影2019.6.27
f0131669_13225843.jpg
56ヒカゲチョウ(高野氏同定) 撮影2019.6.27 レラの森 撮影2019.6.27
f0131669_13234303.jpg
57撮影2019.6.27 レラの森 撮影2019.6.27 胸部側面のアップがあれば同定できます。(高野氏コメント)
f0131669_13242988.jpg
58撮影2019.6.27 レラの森 撮影2019.6.27
f0131669_13250575.jpg
59シマヘビ 撮影2019.6.27 レラの森 撮影2019.6.27
f0131669_13255110.jpg
60撮影2019.6.27 レラの森 撮影2019.6.27
f0131669_13263247.jpg
61トウバナ 撮影2019.6.27 レラの森入り口 撮影2019.6.27
f0131669_13273350.jpg
62ザトウムシ 森が豊かな証かな 撮影2019.6.27 レラの森 撮影2019.6.27
f0131669_13280175.jpg
今回も疲労困憊なので無理せず早めに帰宅 台風接近だったが雨に遭わずにすんだ


# by trust-0 | 2019-06-28 12:05 | 水戸

ヒトが幸せになる文明とは

最近、農家の方も一般の方も普通に除草剤を使っている。お店の一番目につくところに除草剤が配置してある。これがヒトの文明の証だとしたら、とても悲しい。(撮影2019.6.13 さいたま市綠区南部領)3年前に瀕死のノカンゾウを救出したのもこの場所である。今は私たちの手入れしているマルコ(エスベラント語で湿地の意味)で今年も元気に蕾をつけている。基本、植物は移植したくはないが、このような場合は、許されると勝手に理解している。
f0131669_09510094.jpg
キイロサナエ(サナエトンボ科 2018埼玉県VU 2015環境省NT)に指定されているトンボの撮影に来ていた方は、除草剤の散布をみてがっかりしたと話してくれた。ヤゴは砂泥質の河床を好むそうである。田んぼに水が入る時期に産卵にやってくるとのことで、確認しましたと話してくださったが、まだ、写真は撮れていないとのことで、度々カメラを手に探し歩いているのを見かける。

環境保全に除草剤はNGなので、草刈りを行っている。サイサン環境保全基金の助成金で電動の草刈り機と手押しの草刈り機バロモアを購入した。草刈りは、今までより短い時間で終わり、体力の消耗が少なくなった。自然保護活動の一番の課題はボランティアの高齢化である。頼りになりそうなヒトが来ても、しばらくすると再就職して、保全活動には来なくなってしまう。社会の仕組みは自然とは関係ないと考える人も多いが実は、ヒトの生活と密接な関係がある。このままの社会の動き、経済の動きだと高齢化対策として、楽な保全を目指すことは、重要課題である。日本社会は、環境にとってより良い方向に進んでいるか疑問である。
f0131669_10062597.jpg
2019年6月6日のFIT(森林インストラクター東京会)の「子ども達に伝えたい環境教育」の内部研修があった。講師は長年小学校で教鞭をとっていた遠藤正さんであった。1949年〜2019年までの環境にまつわる年表をまとめてくださった。その中から抜粋する。
1949年 東京都「工場公害防止条例」制定 
1962年 「沈黙の春」レイチェルカーソン著 出版
1965年 プルトップ缶登場
1967年 公害対策基本法
1968年 ヤクルト プラスチック容器導入→1976年再生プラスチック定規作成
1972年 国連人間環境会議→人間環境宣言
    「尾瀬に死す」平野長靖著  自然保護運動
1973年 サントリー愛鳥キャンペーン
1975年 全国小中学校公害対策研究会から全国小中学校環境教育研究会に名前変更
1978年 日本自然保護協会「自然観察指導員」養成開始
1980年 多くの企業が週休2日制導入
1985年 トンボ王国保護区用地買い取り開始 高知県
1989年 日本環境協会「エコマーク」を制定
1990年 日本環境教育学会発足
1991年 文部省 環境教育指導資料 中高編 発行
     森林インストラクター制度発足
1995年 こどもエコクラブ発足
1996年 ペットボトル入り緑茶登場
2000年 総合的な学習の時間 段階的に実施
2001年 子どもゆめ基金 創設
2002年 完全学校週5日制の実施
2003年 反復百マス計算がベストセラー
2005年 クール・ビズ始まる
2014年 富岡製糸場と絹産業遺跡群 世界遺産に登録
     手漉き和紙 ユネスコ無形文化遺産に登録
2018年 中国 リサイクル用廃棄物輸入禁止
2019年 森林環境譲与税の創設 4月1日施行→2024年予定 森林環境税(国民が環境について考えるキッカケになるのではとのこと)
    マレーシア 廃ブラスチックを送り返す
公害対策から自然保護に向かいつつあると思うが、環境保護にお金が入る仕組みを作らないといつになっても除草剤と縁が切れないように思う。かつて訪れたコスタリカでは自然保護解説員がガイドの仕事をして生計を立てることが出来るとのことだった。グリーンツリズムと軍隊のない国コスタリカが大きく転換したのは、1996年に生物多様性法が制定された事による。法案制定に中心的役割を果たしたルイス・マルティネス・ラミレス元国会議員は「自然は全体でひとつのものであり、個別に保護しても、バランスを考えなければ意味がない。」自然の生態系は何よりも優先するという価値観を打ち出した。これは人間が持続的に発展・維持するためには、生態系のバランスを優先させるべきだという事である。

エコロジーとエコノミーの二つの頭文字をとってエコ.エコという名前にしたのも、いつもコスタリカの事が頭にあったからだ。生態系を壊す一つに、戦争があることも忘れてはいけないことである。
f0131669_17592474.jpg
ヒトに思いを伝えることは難しい。せめて美しい花が見える風景を見沼を歩く人たちに届けたいと思っている。中学生が私たちのフィールドに立ち寄ってくれたときに、ノハナショウブが咲いていた。この花が子どもたちへのプレゼントである。(加倉井範子)



# by trust-0 | 2019-06-24 11:22 | エッセイ

2019年7月のベルダ

2019年7月から月別にまとめることにした。
1-1オタマジャクシ 五斗蒔 トラスト畑水路 2019.7.2
f0131669_04213188.jpg
1-2オタマジャクシの腹側 五斗蒔 トラスト畑水路 2019.7.2
f0131669_04234603.jpg
2コガネグモ T地区 2019.7.2
f0131669_04251876.jpg
3菌類 T地区 2019.7.2
f0131669_04264511.jpg
4アライグマ捕獲用カゴ T地区 2019.7.2
f0131669_04285392.jpg
5キノコ F地区 2019.7.2
f0131669_04301795.jpg
6キノコ F地区 2019.7.2
f0131669_04310923.jpg
7キノコ F地区 2019.7.2
f0131669_04320442.jpg
8ベッコウハゴロモ T地区 2019.7.6 トラストの保全作業時水路脇
f0131669_04344746.jpg
9カマキリ T地区 2019.7.6
f0131669_04365526.jpg
10エゴノツルクビオトシブミかな T地区 2019.7.6
f0131669_04381610.jpg
11イチョウウキゴケかな 池が乾くとコケが出てきた M地区 2019.7.6
f0131669_04402704.jpg
12ヒメウラナミジャノメ M地区 2019.7.6
f0131669_04413265.jpg
13コマチグモかな M地区 2019.7.6
f0131669_04422925.jpg
14イシミカワ M地区 2019.7.6
f0131669_04433193.jpg
15ハエ M地区 2019.7.6
f0131669_04443206.jpg
16タカトウダイ M地区 2019.7.6
f0131669_04461494.jpg
17イヌゴマ M地区 2019.7.6
f0131669_04474105.jpg
18マメコガネ M地区 2019.7.6
f0131669_04483655.jpg
19ヤブカンゾウ M地区 2019.7.6
f0131669_04493702.jpg
20-1チダケサシ M地区 2019.7.6
f0131669_04505398.jpg
21ノカンゾウ M地区 2019.7.6
f0131669_04515259.jpg
22シオデ M地区 2019.7.6
f0131669_04531335.jpg
23コフキゾウムシ M地区 2019.7.6
f0131669_04540652.jpg
24ササグモ M地区 2019.7.6
f0131669_04550264.jpg
25テングタケ J地区 2019.7.6 J地区のマダケ伐り
f0131669_04560916.jpg
26アカメガシワが虫に食べられ芸術作品みたい J地区 2019.7.6
f0131669_04585461.jpg
27
f0131669_04594102.jpg
28五斗蒔の風景 J地区 2019.7.6
f0131669_05013855.jpg
29じゃぶじゃぶ田んぼでヨシ刈り 2019.7.6 17時10分
f0131669_05040036.jpg
30田んぼの風景 2016.7.6 
f0131669_05045514.jpg
31カドコオオベソマイマイ(伊藤氏同定) M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05070373.jpg
32M地区 M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05085307.jpg
33M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05105750.jpg
34カマキリ M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05114282.jpg
35タカトウダイ M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05124075.jpg
36ノカンゾウ M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05133154.jpg
37イヌヌマトラノオ M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05142212.jpg
38 コメツキの仲間とハナバチの仲間 M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05145520.jpg
39M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05155475.jpg
40セリにアリ M地区 2019.7.11 エコ保全活動日
f0131669_05171529.jpg
41ヒメウラナミジャノメ M地区 2019.7.15
f0131669_05275572.jpg
42ナガコガネグモ M地区 2019.7.15
f0131669_05291787.jpg
43オニユリ M地区 2019.7.15
f0131669_05300482.jpg
44M地区 2019.7.15
f0131669_05304637.jpg
45チダケサシ M地区 2019.7.15
f0131669_05314269.jpg
46イヌゴマにイチモンジセセリ M地区 2019.7.15
f0131669_05323914.jpg
47アカスジカメムシ M地区 2019.7.15
f0131669_05332973.jpg
48コケオトギリ M地区 2019.7.15
f0131669_05340948.jpg
49ゴマダラカミキリ M地区 2019.7.15
f0131669_05352002.jpg
50ツユクサ M地区 2019.7.15
f0131669_05361272.jpg
51エサキモンキツノカメムシ M地区 2019.7.15 ミズキの木陰にはたくさん
f0131669_05371917.jpg
52オオカバフスジドロバチかな 竹の中に泥を入れて巣を作る 部屋が出来ると卵1つ産む M地区 2019.7.15
f0131669_05381163.jpg
53ハグロトンボ♂ M地区 2019.7.15
f0131669_05390272.jpg
54セセリチョウの仲間 M地区 2019.7.15
f0131669_05395525.jpg
55龍神・マルコ M地区 2019.7.15
f0131669_05403491.jpg
56ウマノスズクサ T地区 2019.7.15
f0131669_05421577.jpg
57ジャコウアゲハの蛹 T地区 2019.7.15
f0131669_05430830.jpg
58チダケサシ T地区 2019.7.15
f0131669_05435227.jpg
59ヤブミョウガ T地区 2019.7.15
f0131669_05453201.jpg
60ハエドクソウ T地区 2019.7.15
f0131669_05461603.jpg
61ミズヒキ T地区 2019.7.15
f0131669_05470263.jpg
62セマダラコガネ T地区 2019.7.15
f0131669_05473701.jpg
63ウワミズザクラ 鷲神社付近 2019.7.15
f0131669_05485482.jpg
64オオシオカラトンボ 五斗蒔水路
f0131669_05493809.jpg
65アリ 五斗蒔畑道 2019.7.15
f0131669_05513195.jpg
66アキアカネかな 五斗蒔 2019.7.15
f0131669_05523613.jpg
67バアソブ F地区 2019.7.15
f0131669_05532467.jpg
68ヒヨドリジョウゴ F地区 2019.7.15
f0131669_05543952.jpg
69イヌゴマ F地区 2019.7.15
f0131669_05552006.jpg
70シロガネグモの仲間 F地区 2019.7.15
f0131669_05560270.jpg
71ヤブミョウガ F地区 2019.7.15
f0131669_05564652.jpg
72ヤマユリ F地区 2019.7.15
f0131669_05572438.jpg
73キノコ F地区 2019.7.15
f0131669_05575251.jpg
74ナメクジ M地区 2019.7.19 エコ保全活動
f0131669_05592215.jpg
75ワレモコウ M地区 2019.7.19 エコ保全活動
f0131669_06000653.jpg
76キアゲハの幼虫 セリの葉で M地区 2019.7.19 エコ保全活動
f0131669_06010236.jpg
77コバノカモメヅル M地区 2019.7.19 エコ保全活動 カメラの具合が変なのでここから下はいい写真ではない
f0131669_06014303.jpg
78マメコガネ M地区 2019.7.19 エコ保全活動
f0131669_06022302.jpg
79クコ M地区 2019.7.19 エコ保全活動
f0131669_06031155.jpg
80キタテハ 2019.7.24 M地区
f0131669_16010117.jpg
81カキネガラシにハチの仲間 2019.7.24 M地区
f0131669_16021990.jpg
82マルコのみんなの広場 2019.7.24 M地区 梅雨明けのような気がする
f0131669_16030539.jpg
83ウチワヤンマ 2019.7.24 M地区
f0131669_16051678.jpg
84アブの仲間 2019.7.24 M地区
f0131669_16055176.jpg
85アカハネナガウンカ 2019.7.24 M地区
f0131669_16062997.jpg
86ショウリョウバッタ 2019.7.24 M地区
f0131669_16071370.jpg
87ドヨウオニグモ 2019.7.24 M地区
f0131669_16075612.jpg
88オニユリ 2019.7.24 M地区
f0131669_16091768.jpg
89オニユリ 2019.7.24 M地区
f0131669_16095300.jpg
90ヒメジョオン 2019.7.24 M地区
f0131669_16111405.jpg
91セリ 2019.7.24 M地区
f0131669_16115068.jpg
92センニンソウ 2019.7.24 M地区
f0131669_16122384.jpg
93原形保全区間 2019.7.24 M地区
f0131669_16125485.jpg
94シラヒゲハエトリ 2019.7.24 M地区
f0131669_16135246.jpg
95ハリカメムシかな 2019.7.24 M地区
f0131669_16141913.jpg
96カドコオオベソマイマイ(伊藤氏同定) たくさんいてびっくり 大量発生することアリ2019.7.24 M地区
表面のウロコ状の毛?とひっくり返した時の大きな臍穴が特徴的な種類です。もちろん在来種で環境省のレッドリストにも指定されています。
f0131669_16151292.jpg
97ナガコガネグモ 2019.7.24 M地区
f0131669_16160025.jpg
98カグヤヒメグモかな 2019.7.24 M地区
f0131669_16164526.jpg
99コフキゾウムシ 2019.7.24 M地区
f0131669_16174721.jpg
100だれかな 2019.7.24 M地区
f0131669_16181015.jpg
101クモの円居 2019.7.24 M地区
f0131669_16185159.jpg
102クモ 2019.7.24 M地区
f0131669_16194507.jpg
103ダンゴムシがご馳走なのかな 2019.7.24 M地区
f0131669_16203691.jpg
104キノコ 2019.7.24 T地区
f0131669_16215074.jpg
f0131669_16221897.jpg
105ニイニイゼミの抜け殻 2019.7.24 T地区
f0131669_16232477.jpg
106福畑 2019.7.24 F地区
f0131669_16241334.jpg
107キンミズヒキ 2019.7.24 F地区
f0131669_16245988.jpg
108ムシトリナデシコ 2019.7.24 F地区
f0131669_16253197.jpg
109ヤマユリ 2019.7.24 F地区
f0131669_16260537.jpg
f0131669_16262838.jpg
110バアソブ 2019.7.24 F地区 花の中には虫がいっぱい
f0131669_16271188.jpg
f0131669_16273052.jpg
111F地区にも途中の畑にコガネグモ 2019.7.24 
f0131669_16284860.jpg
112カメムシの仲間かな 2019.7.24 
f0131669_16293325.jpg
113イオウイロハシリグモ 2019.7.24 さいたま市雑木林地区
f0131669_16305465.jpg
7月は生きものがたくさん
写真 加倉井範子

# by trust-0 | 2019-06-24 09:34 | ベルダ

6月の民家園

風景 撮影2019.6.12
f0131669_09364460.jpg
1ヘラオオバコ 撮影2019.6.12 武蔵野学園見学の帰りに立ち寄る
f0131669_18261808.jpg
2カタバミ 撮影2019.6.12
f0131669_18270602.jpg
3ツメクサ 撮影2019.6.12
f0131669_18322081.jpg
4ニワゼキショウ 撮影2019.6.12
f0131669_18325986.jpg
5ユウゲショウ撮影2019.6.12
f0131669_18333348.jpg
6白いユウゲショウ 撮影2019.6.12
f0131669_18343194.jpg
7ハナショウブ 撮影2019.6.12
f0131669_18352170.jpg
89

# by trust-0 | 2019-06-22 18:36 | 民家園

森の声

森の声 

昔 森は文明の力になったメソポタミア文明の栄えた地にも かつて深い森があった

教えてくれたのは古い地層に残る花粉の数々 
森は畑に変わりそして砂漠になった

森はあらゆる環境の力になっている
清浄な空気
水を貯え
多くの生きものが生きる場所が森だ

今 森を忘れることは 生態系の中のほ乳類霊長目ヒト科ヒト属を忘れることだ

森の声を聞こう 森の声を聞くことは 懐かしい未来の声を聞くことだ


幼い頃見た空と雲は二度と見られない

泣きながら見た夕焼けは二度と見られない

同じ空の色、雲の形は二度と見られない

私たちは一度しか出会えない自然の中で生きている



幼い頃 だれでも一度は雲に乗ってみたいと考えたことがあるだろう

大人になってあれは水蒸気の塊で そんなことは出来ないと知ってしまう

飛行機に乗って 雲を下から見るとまるで幼い頃の夢が叶ったような気持ちになる

今 青空に浮かんだ雲をみて 乗ってみたいと思う



朝 雪が降った

八丈島と東京の間を低気圧が通るからだと夫は言った

美しく舞い降りてくる雪の動きに目を奪われていた私は我に返る

視野を広げてくれる夫だと思い 共に暮らしている 


自然があると いいなと思ってくれたら いいな

蜘蛛は気持ち悪いって言わないで 天国の住人なんだって思ってくれたら いいな

虫の形が面白いって思ってくれたら いいな

花と虫が助け合っていると気づいてくれたら いいな

カエルがぴょんと跳ぶ姿が可愛いなと思ってくれたら いいな

葉っぱの形が違う事 不思議だなと思ってくれたら いいな

夏に木陰を作ってくれた葉っぱ 落ち葉を邪魔だと思わないでくれたら いいな

空気を吸ったとき 酸素は緑の葉っぱかが作ったと 気づいてくれたら いいな

美味しい水を飲んだとき 森が作ってくれた水だと 気づいてくれたら いいな

いろんな気づきが増えたら きっと いい未来が待っているような気がする

青空

青空は空気の色

都会の青空はちょっと疲れている

花と虫

花は人間のためにあるのではない

花が色を変えるのは 虫を集めるため
虫が見ている色と人間が見ている色は違っている

花が形を変えるのは 来て欲しい虫を選ぶため
エゴノキの花は下向き マルハナバチだけに来て欲しいため
ウマノアシガタの黄色い花は パラボナアンテナと同じ形 暖かくして虫を呼ぶため

花は虫に 花粉を運んでもらうお礼に 蜜や花粉をご馳走する 
ご馳走しないで蜜があるように騙す花もあって 結構複雑

複雑な関係の中で、花や虫たちは生きている
自然は虫たちが飢えることがないように 順番に花を咲かせる

人工的に一面に咲く花畑は 不自然で人間のご都合主義 観光→お金なんだ

自然がないと生きていけないヒトの立ち位置を知れ



# by trust-0 | 2019-06-10 11:24 |

2019.6.6大宮公園

彩遊クラブの大宮公園観察会に参加した。
1若葉が美しい季節
f0131669_22210264.jpg
2クサカゲロウの卵 うどんげの花 葉が巻いているのはネズミモチハマキワタムシの仕業
f0131669_22215450.jpg
3ビョウヤナギ オトギリソウ科 中国原産
f0131669_22235819.jpg
4ヒペリカム・カリシナム オトギリソウ科 ヨーロッパ原産
f0131669_22250865.jpg
5ヒペリカム・ヒドコート
f0131669_22265046.jpg
6ヒペリカム
f0131669_22294605.jpg
7カイツブリが営巣していた
f0131669_22320832.jpg
8ヤナギルリハムシ
f0131669_22325118.jpg
9ヤマアジサイ 葉に光沢なし
f0131669_22334124.jpg
10ヤマグワは花柱が長い
f0131669_22345819.jpg
11シロバナヤエウツギ
f0131669_22355435.jpg
12
f0131669_22374233.jpg
13サラサウツギ
f0131669_22383122.jpg
14-1ウケザキオオヤマレンゲの蕾
f0131669_22393456.jpg
14-2
f0131669_22522628.jpg
15コメツブツメクサ
f0131669_22540923.jpg
16セッカニワゼキショウ
f0131669_22532259.jpg
17ニワゼキショウ
f0131669_22545833.jpg
18アカメガシワ
f0131669_22555304.jpg
19モミジバスズカケノキ
f0131669_22563869.jpg
20-1オオバボダイジュ
f0131669_22573765.jpg
20-2 花がとてもいい香り お茶にするといいらしい
f0131669_22580733.jpg
21モチノキ
f0131669_22584157.jpg
22ニワナナカマド
f0131669_22592064.jpg
23ラミーカミキリ
f0131669_23000053.jpg
24ヒメアジサイ 葉に光沢がない 鎌倉の明月院のアジサイはこの種 命名は牧野富太郎 学名Hydrangea(ハイドランジア)は水の器の意。和名は集(あず)真藍(さあい)から。別名は七変化、よひら。
f0131669_23004954.jpg
25-1カラスビシャク 実
f0131669_23014255.jpg
25-2
f0131669_23020832.jpg
25-3 ムカゴ 
f0131669_23024096.jpg
26オオニワゼキショウ
f0131669_23032537.jpg
27カシワバアジサイ とても良い香りがした
f0131669_23043563.jpg
28アナベル
f0131669_23050676.jpg
29セイヨウアジサイ
f0131669_23055767.jpg
30ヤマアジサイ
f0131669_23063958.jpg
31ハナショウブの看板
f0131669_23073424.jpg
32ハナショウブの原種はノハナショウブ。北海道から九州まで。冷涼な地を好む。花菖蒲はこのノハナショウブから、選抜、改良され、発達してきた伝統園芸植物。江戸系 肥後系 伊勢系 アメリカ系 種間交雑種などがある。
f0131669_23080966.jpg
33
f0131669_23085036.jpg
34
f0131669_23092416.jpg
35
f0131669_23095178.jpg
36白色ノハナ
f0131669_23101733.jpg
37
f0131669_23104341.jpg
38
f0131669_23111625.jpg
39黄冠 
f0131669_23114227.jpg
40
f0131669_23123591.jpg
41
f0131669_23130887.jpg
42
f0131669_23134378.jpg
43
f0131669_23141615.jpg
44
f0131669_23145306.jpg
とても暑い日だった。二宮さんの解説で楽しい一日になった。感謝♬

# by trust-0 | 2019-06-07 23:17 | 大宮公園

2019.6.7岩殿

◇日時 2019年6月7日 月曜日 9時35分
◇天気 曇りのち雨
◇参加者 5名
◇生きもの ホトトギス シュレーゲルアオガエル カビチョウ アズマヒキガエル
1
f0131669_21253551.jpg
2オカトラノオ サクラソウ科オカトラノオ属 
f0131669_21365891.jpg
3
f0131669_21372040.jpg
4アズマイバラ(ヤマテリハノイバラ) バラ科 バラ属 
f0131669_21363510.jpg
5 C地区
f0131669_21354135.jpg
6ウメモドキ モチノキ科 モチノキ属
f0131669_21342102.jpg
7
f0131669_21345862.jpg

8クサイチゴの実 バラ科 キイチゴ属 美味しかった♬ 
f0131669_21334194.jpg
9ゴウソ カヤツリグサ科 スゲ属 アゼカゲ節
f0131669_21332660.jpg
10ヒメゴウソ(アオゴウソ)カヤツリグサ科 スゲ属 アゼスゲ節
f0131669_21330813.jpg
11ジュズスゲ カヤツリグサ科 スゲ属 シュズスゲ節
f0131669_21324509.jpg
12ツユクサ ツユクサ科 ツユクサ属
f0131669_21322469.jpg
13
f0131669_21315784.jpg
14
f0131669_21313652.jpg
15ヌマガエルかな
f0131669_21311790.jpg
16だれかな
f0131669_21310191.jpg
17
f0131669_21304508.jpg
18ツマグロオオヨコバイ
f0131669_21300969.jpg
19キアゲハ幼虫
f0131669_21295510.jpg
20ハラビロトンボ
f0131669_21293803.jpg
21コモチマンネングサ ベンケイソウ科 マンネングサ属  
f0131669_21292339.jpg
22ヤマトシリアゲ
f0131669_21290496.jpg
23ニワトコ レンプクソウ科 ニワトコ属
f0131669_21283953.jpg
24ヨシについた水玉
f0131669_21281066.jpg
25クサグモ
f0131669_21275450.jpg
26アカイロマルカメムシ
f0131669_21272570.jpg
27コジャノメ
f0131669_21265105.jpg
28一週間前に田植えしたとか
f0131669_21263587.jpg
29ノアズキ マメ科 ノアズキ属 茎や葉に密毛あり
f0131669_21261887.jpg
30雨にもめげずドヨウオニグモかな 捕食中
f0131669_21260220.jpg
12時10分雨脚が強くなり昼食のために移動。

後日二宮さんからアズマヒキガエルの画像が届いたので、追加。ノハナショウブも届きました。
31アズマヒキガエル
f0131669_11445658.jpg
32ノハナショウブ 撮影2019年6月14日 
f0131669_10363198.jpg
花が咲いたので、二宮さんが同定した。良かった♬

# by trust-0 | 2019-06-07 22:10 | 岩殿

2019.5.19虫の観察会

虫の観察会は結構人気であることが分かった。申し込んでいない方の飛び入りもあり、大人27名、子ども38名スタッフ6名という大人数の観察会になってしまった。講師の斎藤創さんには大変ご苦労をかけてしまったが、参加者の575をみると満足度の高い観察会になった。最初にヨコヅナサシガメがイモムシを食しているところを観察。なかなかこんな光景を見ることはないので、参加者の観察気分のスイッチが入ってしまった。ヨコズナサシガメはさされると痛いらしい。ゴキブリは52種いるけどモリチャバネゴキブリは安全。地上徘徊性のゴミムシは掃除屋さん。タマムシもたくさんいてケヤキにつく3〜4㎜のヤノナミガタチビタマムシ(コウチュウ目タマムシ科)もいたようだが、観察しそびれた。
1ヨコズナサシガメがイモムシを食している
f0131669_15444233.jpg
2みんなで虫探し 
f0131669_15462679.jpg
3ケヤキの樹肌にいたテントウムシ
f0131669_16014481.jpg
4ゴミムシダマシ
f0131669_15560469.jpg
5撮影2019.5.19
f0131669_16022297.jpg
6ケースの中を撮ったのでちょっとピンボケ シナノキにいたタケウチトゲアワフキ 撮影2019.5.19
f0131669_16073582.jpg

7コメツキの仲間撮影2019.5.19
f0131669_15592020.jpg
8
f0131669_16035959.jpg
9イオウイロハシリグモ 撮影2019.5.19
f0131669_15595539.jpg
9
f0131669_15584494.jpg
10
f0131669_21063899.jpg
斎藤さんの水の中で生きものを捕獲するための足裁きが印象に残った。


# by trust-0 | 2019-05-30 16:09 | エッセイ

2018年4月〜ベルダ情報

アライグマ情報
市役所からアライグマ捕獲のために罠を借りている。担当は佐井氏。感謝♬
マルコに置いてあるザリガニが最近(2019.6)、減らなくなったとの報告を鈴木氏から得ている。
◇2018年4月19日 アライグマ1頭捕獲(NO.1)
◇2018年5月14日 アライグマ1頭捕獲(NO.2)
◇2018年6月25日 アライグマ1頭捕獲(NO.3)
◇2019年3月19日火曜日 アライグマ1頭捕獲(NO.4) 場所シイタケ栽培
◇2019年3月20日火曜日 アライグマ1頭捕獲(NO.5) 場所1号地畑
◇2019年3月27日水曜日 カラス1羽 場所シイタケ栽培
◇2019年4月25日木曜日 アライグマ1頭捕獲(NO.6) 場所トラスト林内池脇
◇2019年5月14日火曜日 ハクビシン1頭捕獲 場所トラスト林内池脇
◇2019年5月29日水曜日 アライグマ1頭捕獲(NO.7) 場所エコ畑
◇2019年5月31日金曜日 ハクビシン1頭捕獲 場所シイタケ栽培
◇2019年6月4日月曜日 カラス1羽放鳥 場所シイタケ栽培
◇2019年6月5日火曜日 カラス1羽放鳥 場所シイタケ栽培
◇2019年6月19日水曜日 カラス1羽放鳥 場所シイタケ栽培
◇2019年7月3日 エサをリンゴから赤肉メロンに変更
  2019年8月は捕獲作戦はお休みとのこと
◇2019年9月4日水曜日 アライグマ1頭捕獲(NO.8)場所 福畑 ピーナッツ畑の側

その他の情報
★2019年5月27日月曜日午前、メンバーが捕獲しました。
サラサヤンマ ヤンマ科
埼玉県レッドデータブック2018  埼玉県NT2 環境省NT
【形態】全長57〜68mm 後翅長35〜41mm 翅は透明で、胸部から腹部にかけて黒地に黄班
【国内分布】北海道 本州 四国 九州 南西諸島
【主な生息環境】灌木が点在するような植生遷移がある程度進んだ湿地などに生息する。
【県内での生息環境】分布の中心は台地・丘陵帯で、低地帯にもわずかながら産地が残されている。
捕獲場所 さいたま市綠区南部領五斗蒔
1-1サラサヤンマ♀ (採取 佐井氏 同定埼玉県自然学習センター高野氏)
f0131669_21040446.jpg
1-2
f0131669_21051314.jpg
1-3
f0131669_21054897.jpg
1-4
f0131669_21065304.jpg
1-5
f0131669_21072698.jpg
★2019年5月31日 佐井氏よりマルコ新池でクロスジギンヤンマ(ヤンマ科)確認とのこと。発生時期はギンヤンマより早い4月〜7月体全体に黒っぽい。樹木に囲まれた池沼で見られる。オスは広い縄張りを持つ。
2-1ジャコウアゲハの卵かな 撮影2019.6.8
f0131669_06540328.jpg
2-2ジャコウアゲハの幼虫 撮影2019.6.8
f0131669_06522624.jpg
2-3ジャコウアゲハ サナギになっていた まだ少し動いていた 撮影2019.6.13
f0131669_06501859.jpg
★2019年6月14日 佐井氏より五斗蒔とマルコでタカネトンボ(エゾトンボ科)確認との情報
★2019年6月17日 佐井氏よりミズイロオナガシジミ 確認との情報
★2019年6月24日 魚釣りの方がウナギを捕まえたとのこと・・・佐井氏情報
3ヒメジャノメ 定例畑作業時2019.6.25 佐井氏同定
f0131669_11093092.jpg
4アキアカネ 未成熟個体 胸の黒条がポイント 定例畑作業時2019.6.25 斎藤氏同定
f0131669_11113093.jpg
5キアゲハ幼虫 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11124621.jpg
6オオシオカラトンボ 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11141798.jpg
7ピンボケだが、ベニシシミ、モンシロチョウ 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11153608.jpg
8タンポポにモンシロチョウ 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11173708.jpg
9小さなカタツムリ 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11190932.jpg
10ナガメかな 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11202474.jpg
11五斗蒔の畑奥で木が倒れた 木はそのまま生きている 池が出来ている 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11221223.jpg
12途中コガネグモを5つ発見 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11242891.jpg
13 タイワンキシタアツバ ヤガ科 定例畑作業時2019.6.25 佐井氏同定
f0131669_11253908.jpg
14イオウイロハシリグモにも遭遇 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11275903.jpg
15ハエトリグモの仲間 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11320305.jpg
16ハエトリグモの仲間 眼に空が映っている 定例畑作業時2019.6.25 
f0131669_11324810.jpg
▶佐井氏からトラストの小屋周辺で立ち小便をしている人があり、看板を立てた方がよいという提案がありました。2019.6.29
▶鈴木氏マルコのミズキ剪定 2019.7.4
17ホオジロかな エコ畑で 撮影2019.7.29
f0131669_18111436.jpg
18カラムシに幼虫 タテハチョウの仲間かな 畑途中の道で 撮影2019.7.29
f0131669_18125270.jpg
19間の畑を農家の方の許可を頂き草刈りをした。前の畑は農薬をまいたらしく草は枯れている。
因果関係は不明だが、水路の巻き貝が死んでいると佐井氏から報告あり 作業と撮影2019.7.29
f0131669_18151884.jpg
20212223242526272829




# by trust-0 | 2019-05-29 21:08 | ベルダ

2019.5.25〜26

4月は書類提出や雑用で水戸に行けなかった。季節は移りタケノコを倒すために急遽水戸に行くことになった。タケノコはもう竹に変わるところで、かなりの重労働になった。
庭の草刈りから開始その後風の谷でタケノコ倒しというか竹切りだった。倒せるのは少なくノコギリで伐ったのは9割。
1ケヤキハフクレフシ 形成者はケヤキヒトスジワタムシ 二次寄生はタケやササ
f0131669_03393256.jpg
2マスクサ カヤツリグサ科 マスクサ節 群生していた
f0131669_03442311.jpg
3ジョウカイボン(高野氏同定)
f0131669_03475516.jpg
4コチャバネセセリ セセリチョウ科 幼虫の食草はタケ科の植物
f0131669_03502661.jpg
4-2希少種 レラの森入り口でコチャバネセセリ
f0131669_03555934.jpg
5ハナウド セリ科 ハナウド属
f0131669_03594163.jpg
6ヤマトシリアゲ
f0131669_04021027.jpg
7エナシヒゴクサ カヤツリグサ科 ヒメシラスゲ節
f0131669_04032818.jpg
8風の谷にあった カサスゲの近くにあった 
f0131669_04061714.jpg
9ジュズスゲ カヤツリグサ科 ジュズスゲ節
f0131669_04074650.jpg
10ヤブヘビイチゴ バラ科 キジムシロ属
f0131669_04101450.jpg
11ネコノメソウ ユキノシタ科 ネコノメソウ属 種子に隆起したすじあり
f0131669_04131854.jpg
12カサスゲ カヤツリグサ科 ミヤマシラスゲ節 長い地下茎あり群落をつくる
f0131669_04155103.jpg
13ハナアブの仲間
f0131669_04191424.jpg

14トチノキが元気に育っている
f0131669_04195937.jpg
15ベニシダ
f0131669_04211050.jpg
16ニホンアマガエル
f0131669_04223308.jpg
17マムシグサ 
f0131669_04232298.jpg
25日は終了、作業は持ち越し
18コメツキムシの仲間 ひっくり返ってそのまま
f0131669_18284717.jpg
19
f0131669_18301504.jpg
20
f0131669_18311653.jpg
21ヤマトシロアリ?
f0131669_18315429.jpg
22ハバチの一種
f0131669_18322457.jpg
23-1クサグモ
f0131669_18331579.jpg
23-2
f0131669_18334320.jpg
24風の谷入り口 ヤブガラシにカメムシの仲間 ツマキヘリカメムシorオオツマキヘリカメムシ
f0131669_18343014.jpg
25レラの森入り口
f0131669_18363726.jpg
26レラの森 茨城大学でササ刈りしていただいたところ
f0131669_18374175.jpg
27レラの森の道だけ草刈り
f0131669_18393924.jpg
28シンミズヒキの葉
f0131669_18403351.jpg
29ミヤマヨメナにハナアブの仲間
f0131669_18412516.jpg
30たくさんのアブラムシらしきものがついていた
f0131669_18415887.jpg
31サイハイラン 周りの草は?
f0131669_18425825.jpg
32ピンボケだけど腹脚が可愛い だれかな
f0131669_18434761.jpg
33ニガナ キク科 ニガナ属
f0131669_18453532.jpg
34コゴメウツギ バラ科 スグリウツギ属 落葉低木
f0131669_18461789.jpg
35ガマズミ レンプクソウ科 ガマズミ属 別名アラゲガマズミ
f0131669_18465505.jpg
36-1暑い日で下の道でヘビ遭遇 モデルになってくれた
f0131669_18481888.jpg
36-2
f0131669_18483997.jpg
37エゴノキ エゴノキ科 エゴノキ属
f0131669_18494114.jpg
38-1ハルジオンにコチャバネセセリ
f0131669_18503463.jpg
38-2
f0131669_18513361.jpg
39ケキツネノボタン キンポウゲ科 キンポウゲ属
f0131669_18522741.jpg
40トウバナ シソ科 クルマバナ属
f0131669_18530301.jpg
41-1アオハダトンボ♂ 高野氏同定 アオハダトンボはハグロトンボより早く出現 局所的に見られる場所では、時期的に棲み分けている
f0131669_18540659.jpg
41-2アオハダの♂は翅の輪郭が丸みおび、翅脈が金色(ハグロは黒色)
f0131669_18551363.jpg
41-3
f0131669_18555236.jpg
42-4
f0131669_23261958.jpg
42-1アオハダトンボ♀高野氏同定 メスの翅には白色の擬縁紋があるのが特徴(ハグロはない)
f0131669_18563827.jpg
42-2
f0131669_18571445.jpg
43ヤエムグラの仲間
f0131669_18582826.jpg
44ニホンアマガエル
f0131669_18585891.jpg
45フクラスズメの幼虫 カラムシ(イラクサ科) アカソ類 ヤブマオが食草
f0131669_18594400.jpg
46コミスジ クズ フジ ニセアカシヤ等のマメ科が食草
f0131669_19003616.jpg
47イヌガラシ アブラナ科 イヌガラシ属
f0131669_19011663.jpg
48タンポポの種
f0131669_19022717.jpg
49ヤマカシュウ サルトリイバラ科 トゲは多いかまばら 花序は多数花
f0131669_19030629.jpg
50ヤワラスゲ カヤツリグサ科 ミヤマシラスゲ節
f0131669_19034964.jpg
51田植えが終わっていた
f0131669_19042903.jpg
52トボシガラ イネ科 ウシノケグサ属
f0131669_19051349.jpg
53スジアカハシリグモかな
f0131669_19094373.jpg
54オカタツナミソウ
f0131669_19103165.jpg
55
f0131669_19110074.jpg
56シロカネグモの仲間
f0131669_19112786.jpg
57ウマノミツバ セリ科 ウマノミツバ属
f0131669_19120860.jpg
58トホシテントウ
f0131669_19124208.jpg
59サトキマダラヒカゲ
f0131669_19131705.jpg
60ハグロハバチの幼虫(高野氏同定)
f0131669_19135556.jpg
61ウズグモの仲間
f0131669_19142292.jpg
62ダイミョウセセリ セセリチョウ科 ヤマノイモ オニドコロ などのヤマノイモ科が食草
f0131669_19150392.jpg
作業の後の散策で心はリフレッシュできたが、脚と腰は疲労困憊。


# by trust-0 | 2019-05-27 04:43 | 水戸

2019.5.13 岩殿

◇日時 2019年5月13日 月曜日
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇打合せメモ 6月の初めに田んぼに水を入れる I地区のキショウブを花の咲く前に刈った。
 打ち合わせメモの部分の明治20年云々にかかわるコトです。

「明治20年の記録32㌶のマグサ場だった 岩殿村は、80軒、10何頭の馬を飼っていた……

市民の森の地番は大字岩殿1738-1です。小字名では雪見峠です。
『武蔵国郡村誌』の「岩殿村」の記載[ http://hiki.blog.jp/archives/46850693.html ]によれば、戸数81戸数、人口367人で、牡馬16頭を飼っていました。
民有の森林57町歩が村の西南北にあり松が多いとありますが、これは市民の森の部分ではなく、「原野 官有に属す。村の西方にあり、西南は石橋・大橋[現在は鳩山町の大字]の二村、西は神戸村[現在・東松山市]。樹木なく唯茅草生ず」とあり、明治前期の様子が記されています。
このころ既に、「官有」であったらしいですが、法務局でコピーしてもらった『土地台帳』によれば、明治24年[1891年]8月に「雪見峠1738」を58町5反6畝12歩」[58㌶]の秣場[まぐさば]を「官林」[国有林]に編入しています。これが1975年以降分筆され、現在の1738-1の市民の森[32㌶]につがってきたということです。

岩殿村については、岩殿満喫クラブのブログのカテゴリー「岩殿地元学」

http://hiki.blog.jp/archives/cat_1290618.html )に『武蔵国郡村誌』・『新編武蔵風土記稿』など掲載してあります。時間があればご覧ください。

『武蔵国郡村誌』の「原野」とあるのが現在の市民の森です。「民有の森林57町歩」はおそらく現在のこども動物自然公園・大東文化大学辺りだと思います。

(稲田さんメモ) 

根を張るチカラシバが減った 紹介された本「田んぼの草花指標」
◇鳥 ウグイス ガビチョウ
◇生きもの ハルゼミ(天気が良いと鳴く)
◇植物 ケキツネノボタン オヘビイチゴ ムラサキサギゴケの群落が多く目についた
1オニタビラコ キク科 オニタビラコ属 根生葉はロゼット
f0131669_07543115.jpg
2-1ケキツネノボタン キンポウゲ科 キンポウゲ属 葉柄に開出毛あり
f0131669_07592606.jpg
3
f0131669_07595846.jpg
4オヘビイチゴ バラ科 キジムシロ属
f0131669_08020472.jpg
4-2
f0131669_22574550.jpg
4-3
f0131669_22580401.jpg
5
f0131669_08024929.jpg
6-1ムラサキサギゴケ サギゴケ科 サギゴケ属 茎に毛なし 根際から葡萄茎を伸ばす
f0131669_08033251.jpg
6-2
f0131669_08060384.jpg
7トキワハゼ サギゴケ科 サギゴケ属 葡萄茎なし 
f0131669_08084831.jpg
8ツボスミレ
f0131669_08203484.jpg
9クサイチゴ
f0131669_08210661.jpg
10-1オカトラノオ
f0131669_08215083.jpg
10-2
f0131669_08220994.jpg
11-1ハハコグサ
f0131669_08224581.jpg
11-2
f0131669_08232621.jpg
12ニガナ
f0131669_08235782.jpg
13スズメノヤリ
f0131669_08242965.jpg
14ノゲヌカスゲ
f0131669_08251383.jpg
15
f0131669_08254609.jpg
16オナガグモ
f0131669_08262135.jpg
17ノミノフスマ
f0131669_08270771.jpg
18キンラン
f0131669_08274030.jpg
19マルバウツギ
f0131669_08282214.jpg
20コナスビ
f0131669_08290579.jpg
21ホシハラビロカメムシ
f0131669_08293400.jpg
22オヤブシラミ だれかな
f0131669_08304379.jpg
23アカハネムシ
f0131669_08310909.jpg
24アカシデ
f0131669_08313789.jpg
25クサイチゴにダイミョウセセリ
f0131669_21562169.jpg
26
f0131669_21573828.jpg
27ヘビイチゴの実
f0131669_21584946.jpg
28チガヤの雌花と雄花
f0131669_22002150.jpg
29トウゴクシソバタツナミ
f0131669_22023414.jpg
30キッコウハグマ
f0131669_22345041.jpg
31ササバギンラン
f0131669_22354437.jpg
32
f0131669_22361921.jpg
33ヤマツツジ
f0131669_22371660.jpg
34ヤブデマリ
f0131669_22375735.jpg
35入山沼
f0131669_22384407.jpg
36ミヤマウグイスカグラ
f0131669_22393699.jpg
37モモグロハナカミキリ
f0131669_22402034.jpg
38マドガ
f0131669_22405736.jpg
39ハナイバナ
f0131669_22415371.jpg
40キナミシロエダシャク
f0131669_22423496.jpg
41シラヤマギク
f0131669_22432700.jpg
42
f0131669_22441414.jpg
43カワラスゲ
f0131669_22445344.jpg
44エナシヒゴクサ
f0131669_22455085.jpg
45キバラガガンボ
f0131669_22461504.jpg
46チャバネアオカメムシ 農業害虫 成虫越冬
f0131669_22470783.jpg
47コチャバネセセリ
f0131669_22475331.jpg
48カラムシにドクガの仲間
f0131669_22483458.jpg
49-1ゴウソ
f0131669_22493917.jpg
49-2
f0131669_22501052.jpg
50クサイチゴ
f0131669_22503852.jpg
51キアゲハの幼虫
f0131669_22514354.jpg
52ヒメゴウソ
f0131669_22523139.jpg
53イグサ
f0131669_22531236.jpg
54コサナエ♀
f0131669_22534059.jpg
55スイバの群落
f0131669_22542896.jpg
56カスマグサ
f0131669_22551275.jpg
57カラスノエンドウ
f0131669_22555095.jpg
58スズメノエンドウ
f0131669_22562205.jpg
59ツマグロヒョウモン♂
f0131669_22590346.jpg
60ベニシジミ
f0131669_22593291.jpg
61
f0131669_23001572.jpg
62 水が6月初旬には入る
f0131669_23004855.jpg
63-1ツバメシジミ♀ 食草クローバー 後ろ羽に突起があるのが名前の由来
f0131669_23020710.jpg
63-2 広い草地を好む
f0131669_23023076.jpg
64-1アオスゲ
f0131669_23044793.jpg
64-2
f0131669_23051348.jpg
65ケキツネノボタン群落
f0131669_23054824.jpg
66ヤマトシリアゲムシ♀
f0131669_23063740.jpg
67アゼスゲ
f0131669_23070099.jpg
68オヘビイチゴとスイバ
f0131669_23073718.jpg
69アオスゲ
f0131669_23080350.jpg
70ヒメギス幼虫
f0131669_23083852.jpg
71-1ウスバシロチヨウ 別名ウスバアゲハ 食草はケシ科のムラサキケマンなど
f0131669_23091869.jpg
71-2ウスバシロチョウ
f0131669_23094455.jpg
71-3ウスバシロチョウ♀尻についている大きな三角のものは栓。再び他の♂との交尾を防ぐため、♂が精包の材料を使って作ったもの
f0131669_23101255.jpg
72スイカズラの花 咲き始めは白、やがて黄色に キンギン花の由来
f0131669_23104415.jpg
73センニンソウにヤガの仲間
f0131669_23112357.jpg
74青木の入り
f0131669_23120152.jpg
75ニワゼキショウ
f0131669_23123459.jpg
76チガヤ群落
f0131669_23141292.jpg
来る度に違った生きものたちに出会う。自然の奥は深い。キャプション二宮さん、写真加倉井

# by trust-0 | 2019-05-15 08:35 | 岩殿

2019.3.23 トンボのすむ水辺

◇トンボのすむ水辺 池沼のエコロジカルネットワーク
◇講師 埼玉県自然学習センター 高野徹氏
◇2019年3月23日 日曜日 10時〜12時

トンボという昆虫・・・飛翔力にすぐれ、地球が生み出した最高の飛翔動物
トンボの起源 原トンボ目 古生代石炭紀後期3億2500万年前の地層から化石→メガニュラ現在のトンボのルーツ ムカシトンボ亜目 中生代三畳紀〜ジュラ紀〜白亜紀に出現。1億5000年前恐竜。日本と中国にムカシトンボの仲間が3種類現存している。カゲロウ目が近縁の昆虫。

世界(6000種、2012年5月現在)のトンボ・日本(203種)のトンボ・埼玉県(90種)ヨーロッパ全体(120種)イギリス(40〜50種) オニヤンマは大きいトンボで小さいトンボはハッチョウトンボ
日本では「勝虫」と呼ばれ後戻りしないのでも縁起が良いとされ、一方外国では「トラゴンフライ」と呼ばれ不吉な虫と思われている。

トンボの特徴
トンボの眼(大きな複眼に2個 1万〜3万個の個眼、視野は360度で色、紫外線、光の偏光面〈水面のかがやき〉、動き検出、動態視力がすごい。明るさを見る単眼は3個)
飛翔力がすごい(前後の翅を交互に動かし巧みに飛ぶ。頭部の触角や毛状感覚器官を気流センサーとして使用。翅の基部に筋肉の飛翔筋が付着し、直接翅を動かすので、素早い飛翔が可能となる。)
アキアカネやミヤマサナエは羽化後、山地〜亜高山帯まで移動して夏を過ごし、秋に繁殖水域に戻る。移動距離は翅にマーキングをつけて図ったところ70〜80キロ。イトトンボは1キロ移動。
食べ物(幼虫、成虫共に肉食、ユスリカ科、カ科の昆虫をエサ資源にしている。他種のトンボやセミなどの大型の昆虫を接食することもある。クモを食べる種としてネアカヨシヤンマ、アオヤンマ)
色彩が変化する(♂♀成熟期、未成熟期で色彩が変化する)
特別の脚(ほとんど歩けない、獲物をつかむために特化した脚。短い触角)
トンボの生活 幼虫は水生で、水環境は流水性と止水性と湿地性(ムカシヤンマ)。羽化後水域を離れる。幼虫時期最短がウスバキトンボで約30日間。オニヤンマ4〜5年。ムカシトンボは7〜8年で最長。80%のトンボは幼虫で越冬。アカネ属、ルリボシヤンマ類、アオイトトンボ類は卵で越冬。成虫越冬はオツネントンボ、ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボの3種。羽化の時間は1〜2時間で夜から明け方。成熟すると繁殖水域に戻り、オスは縄張りを持つ。オスの一次生殖器は第9腹節、精子置換し、他のオスの精子を掻き出し自らの精子を注入する。
トンボのいる場所 住む場所の違いを知ることは大切
★山間の渓流
ムカシトンボ ミルンヤンマ ミヤマカワトンボ クロサナエ
★河川中流部
アオハダトンボ アオサナエ オナガサナエ コオニヤンマ
★河川下流域や湖
オオサカサナエ ナゴヤサナエ ネガネサナエ
★河川河口付近
ヒヌマイトトンボ アオモンイトトンボ
★小川や農業用水路
ハグロトンボ ヤマサナエ キイロサナエ
★開けたため池
ギンヤンマ コシアキトンボ コフキトンボ ショウジョウトンボ クロイトトンボ オオヤマトンボ ウチワヤンマ ネギトンボ 
★森に囲まれた池沼
チョウトンボ リスアカネ モノサシトンボ

美しいトンボ マルタンヤンマ
ヤンマ類屈指の希少種 ネアカヨシヤンマ

エコロジカルネットワークを機能するには、核(生物の供給源)と回廊(つながり)と拠点(小動物の休息地)が必要である。

感想 核になる場所を保護し、結果は生きものに聞くようにして、拠点を作ることと回廊を確保ることが大切だと思った。お話しはとても参考になった♬
(記 加倉井範子)


# by trust-0 | 2019-05-05 11:58 | 研修

2019.3.26〜28

◇日時 2019年3月26日〜28日
◇作業 風の谷マダケ皆伐、池作り、枯れたスギの木の処理、庭の草刈り、レラの森観察
レラの森
1レラの森 茨城大学の援助 アズマネザサを刈って頂いた 感謝♬
f0131669_22475334.jpg
2ウグイスカグラ
f0131669_22495200.jpg
3ウバユリ レラの森下
f0131669_22504388.jpg
4ミズキ
f0131669_22512564.jpg
5サイハイランの実
f0131669_22520589.jpg
6スミレの仲間
f0131669_22524103.jpg
7-1スミレの仲間 葉裏色あり
f0131669_22530835.jpg
7-2
f0131669_22534312.jpg
風の谷
8ネコノメソウ
f0131669_22555461.jpg
9池を掘った
f0131669_22563835.jpg
10マダケ皆伐
f0131669_22572130.jpg
11アマガエルに会った
f0131669_22582473.jpg
12コブシの花
f0131669_22590358.jpg
13倒れたスギを玉伐り
f0131669_22595991.jpg
レスト 庭の風景
14トサミズキ
f0131669_23014231.jpg
15スイセン
f0131669_23020729.jpg
16プラムの花
f0131669_23023327.jpg
17桜がもう少しで咲きそう 満開の花がなかなか見られない
f0131669_23031557.jpg
課題 風の谷のモウソウチク
18モウソウチク 下草なし
f0131669_23050046.jpg


# by trust-0 | 2019-05-02 23:11 | 水戸

2019.5.2 秋が瀬 サクラソウ自生地

◇日時 2019年5月2日 10時〜15時
◇場所 西浦和10時集合
植物に詳しい方に同行して秋が瀬のサクラソウ自生地→野鳥の森を歩きました。
(参考 植物検索ハンドブック さきたま出版)
1ノミノツヅリ ナデシコ科 ノミノツヅリ属 花は小さく5mm、花びらが5枚
f0131669_08452783.jpg
2ノボロギク キク科 ノボロギク属 筒状花 総苞の基部に先の黒い小包葉あり 帰化植物
f0131669_08471161.jpg
3アオオニタビラコ キク科 オニタビラコ属 最近アオとアカに分ける説が浮上
f0131669_21404010.jpg
4スミレ スミレ科 スミレ属 距は長い 根は赤褐色 葉柄に明確な翼あり
f0131669_08485373.jpg
5オオイヌホオズキ? ナス科 ナス属 帰化植物
f0131669_21412888.jpg
6ノジシャ スイカズラ科 ノジシャ属 帰化植物 
f0131669_21422147.jpg
7鴨川
f0131669_21431461.jpg
8ナガバギシギシ 花被片の縁は全縁、3個のこぶは不同 葉が波打つ 帰化
f0131669_08500344.jpg
9-1ヤセウツボ ハマウツボ科 ハマウツボ属 帰化 シロツメクサやアカツメクサに寄生
f0131669_21435041.jpg
9-2 ヤセウツボの花の中
f0131669_21440948.jpg
10カスマグサ マメ科 ソラマメ属 果実に毛なし3〜5の種子
f0131669_21450794.jpg
11カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ) 葉の先端はへこむ 果実に毛なし5〜8の種子
f0131669_08551272.jpg
12ススメノエンドウ マメ科 ソラマメ属 果実に毛あり、1〜2個の種子
f0131669_08560710.jpg
13コメツブツメクサ マメ科 シャジクソウ属 帰化 花は黄色系やがて淡褐色に変色
f0131669_08525425.jpg
14ヘラオオバコ オオバコ科 オオバコ属 包葉は花より短い
f0131669_21454038.jpg
15ヤエムグラ アカネ科 ヤエムグラ属 葉は輪生6〜8枚 茎に下向きのトゲあり 葉先は針状
f0131669_08542880.jpg
16サクラソウ自生地へ
f0131669_08570635.jpg
17ユウガギク キク科 シオン属 
f0131669_08575702.jpg
18-1サクラソウ サクラソウ科 サクラソウ属 花の形で見分けるとのこと 
f0131669_08584798.jpg
18-2
f0131669_09023205.jpg
18-3
f0131669_09171474.jpg
18-4
f0131669_09191202.jpg
18-5
f0131669_09353497.jpg

19アオスゲ カヤツリグサ科 ヌカスゲ節
f0131669_08595390.jpg
20エナシヒゴクサ カヤツリグサ科 ヒメシラスゲ節
f0131669_09113184.jpg
21オニスゲ(野鳥の森途中) カヤツリグサ科 オニナルコスゲ節
f0131669_09264405.jpg
22レンリソウ マメ科 レンリソウ属 茎に翼あり
f0131669_09011190.jpg
23ノカラマツ キンポウゲ科 カラマツソウ属
f0131669_21462887.jpg
24ノジトラノオ サクラソウ科 オカトラノオ属 葉や茎に褐色長毛が密生 毛が下向き
f0131669_09035521.jpg

25案内板
f0131669_09123573.jpg
26スイバが目立つ風景
f0131669_21472695.jpg
27トダスゲ カヤツリグサ科 アゼスゲ節
f0131669_21482161.jpg
28ツルフジバカマ マメ科 ソラマメ属 花期8〜10月 托葉が特徴
f0131669_21492332.jpg
29ナナホシテントウ
f0131669_21495360.jpg
30ツボスミレ(ニョイスミレ) スミレ科 スミレ属 葉の基部は広く湾入
f0131669_21504075.jpg
31ハナムグラ アカネ科 ヤエムグラ属 果実毛なし 葉先は円形で微凹 葉は通常6枚
f0131669_21511661.jpg
32シロバナサクラタデ タデ科 イヌタデ属 果実に照りがある 
f0131669_21515100.jpg
33カントウタンポホ キク科 タンポホ属 
f0131669_09195145.jpg
34アマドコロ キジカクシ科 アマドコロ属 
f0131669_21522529.jpg
35-1チョウジソウ キョウチクトウ科 チョウジソウ属 湿性草地に生える
f0131669_21533963.jpg
35-2
f0131669_21540973.jpg
36ノウルシ トウダイグサ科 トウダイグサ属 果実の表面には円錐状の突起あり 
f0131669_09064575.jpg
37ヒメカメノコテントウかな
f0131669_21543624.jpg
38だれかな
f0131669_21552391.jpg
39ベニシジミ
f0131669_09181114.jpg
 40シジミチョウの仲間
f0131669_09081390.jpg
41サイカチ マメ科 サイカチ属 
f0131669_21555829.jpg
42エノキトガリタマフシ (形成者はエノキトガリタマバエ)
f0131669_09205690.jpg
43スイバ(スカンポ) タデ科 ギシギシ属 果実はなめらか
f0131669_09150541.jpg
44だれかな
f0131669_09164098.jpg
45ヒダリマキマイマイ
f0131669_09103671.jpg
野鳥の森へ
46セッカニワゼキショウ 
f0131669_09224156.jpg
47カラスムギ イネ科 カラスムギ属
f0131669_09231977.jpg
48イヌムギ イネ科 スズメノチャヒキ属
f0131669_09240518.jpg
49アカスジキンカメムシの2齢
f0131669_09242931.jpg
50ケキツネノボタン キンポウゲ科 キンポウゲ属 
f0131669_21564091.jpg
51?茎が三角
f0131669_09275926.jpg
52カサスゲ カヤツリグサ科 ミヤマシラスゲ節
f0131669_09293695.jpg
53イワタバコ イワタバコ科 イワタバコ属 根生葉あり、葉柄に翼あり
f0131669_09303226.jpg
54オニグルミ雌花 クルミ科 クルミ属
f0131669_09373535.jpg
55-1ゴマギ(ゴマキ) レンプクソウ科 ガマズミ属 葉にゴマの匂いアリ
f0131669_21572101.jpg
55-2
f0131669_21575261.jpg
56クモ
f0131669_09311739.jpg
57トウバナ シソ科 クルノバナ属
f0131669_09324275.jpg
58ハルジオンにお客さん
f0131669_21582352.jpg
59イヌガラシ アブラナ科 イヌガラシ属
f0131669_21590300.jpg
60サワラ ヒノキ科 ヒノキ属
f0131669_21593987.jpg
61いつのまにか青空が
f0131669_22000583.jpg
62ヤドリギ ビャクダン科 ヤドリギ属
f0131669_22010794.jpg
63
f0131669_22014974.jpg
64キタテハ
f0131669_09363751.jpg

65ジャノメチョウの仲間
f0131669_22021750.jpg
66バッタの仲間
f0131669_22031016.jpg
67-1ハナヤエムグラ アカネ科 ハナヤエムグラ属 ピンクの花 帰化植物
f0131669_22034698.jpg
67-2 白の花 花柄なし
f0131669_09340963.jpg
    帰りには青空 
f0131669_09350396.jpg
詳しい方に案内して頂くと、世界が広がり心もうきうき、心地よい風に吹かれて、充実した観察会でした。約1500歩きました♬

# by trust-0 | 2019-05-02 22:12 | 秋が瀬

2019.3.31〜4.2 高館山のスプリングエフェメラル

◇日時 2019年3月31日〜4月2日
◇コース 1日目 武蔵嵐山駅→気比神社→旅館仁三郞0235-73-2109     
     2日目 旅館→高館山(標高274m)→鶴岡市自然学習交流館「ほとりあ」→昼食そばや→酒蔵→漬け物や→気比神社→旅館     
     3日目 旅館→関川シナ織の里→イヨボヤ会館→昼食→帰途
◇案内 飯野幹雄氏 太田威氏
◇天気 変化多し あられ 雷 太平洋側と日本海側との違いを実感
◇イヨボヤとは村上の方言で鮭のこと。江戸時代の中頃、鮭が生まれた川に戻ってくる習性に着目し世界で初めて自然保護増殖を行った青砥武平治の功績は大きい。種川制度は寛政6年(1794年)に川の整備が完成した。生きものの生態を学ぶ姿勢は重要である。
1宿近くの岩にウミネコの群れ
f0131669_21084471.jpg
2高館山
f0131669_21102649.jpg
3-1セリバオウレン
f0131669_21122305.jpg
3-2セリバオウレン
f0131669_21132240.jpg
4シシガシラ
f0131669_21140429.jpg
5
f0131669_21153054.jpg
6アズキナシの樹肌
f0131669_21161730.jpg
7ツリバナ
f0131669_21171257.jpg
8ルイヨウボタン
f0131669_21175812.jpg
9ニリンソウの葉にあられ
f0131669_21191867.jpg
10ヒメアオキの実
f0131669_21200942.jpg
11
f0131669_21211131.jpg
12
f0131669_21215575.jpg
13キツネノサカヅキモドキ
f0131669_21234803.jpg
14ノニンジンかな
f0131669_21255592.jpg
14-2
f0131669_21264677.jpg
15
f0131669_21280245.jpg
16ツノハシバミの雌花
f0131669_21283580.jpg
17カシノナガキクイムシの対策とか
f0131669_21294153.jpg
18ニワトコ
f0131669_21304903.jpg
19ホクエツサイシン
f0131669_21315491.jpg
19-2
f0131669_21324544.jpg
20アーススター
f0131669_21334015.jpg
21ネコノメソウの仲間かな
f0131669_21353270.jpg
22サイハイランが多かった
f0131669_21361953.jpg
23ミヤマシシウド
f0131669_21371948.jpg
24キブシ
f0131669_21381369.jpg
25ミヤマカタバミ
f0131669_21390785.jpg
26スミレサイシン
f0131669_21395652.jpg
27少し晴れてきた
f0131669_21404236.jpg
28ショウジョウバカマ
f0131669_21455562.jpg
28-2
f0131669_21520645.jpg
29ヤブコウジ
f0131669_21472363.jpg
30オオクロモジ
f0131669_21485156.jpg
31
f0131669_21501804.jpg
32カヤ
f0131669_21510578.jpg
案内の太田威さん(写真家)、飯野幹雄さんお二人と参加者皆さんに感謝♬

# by trust-0 | 2019-04-03 22:09 | ノコノコ

あなたはどこからやってきたのでしょうか

ゆっくり地球の歴史をたどってみましょう。地球は今、海が70%で陸が30%ありますが、40億年前の地球はとても熱く水は蒸発していました。長い年月をかけて、奇跡的に生きものが棲める地球になりました。現在分かっている時間軸を列記してみます。新しい発見があると事実は変わっていきます。

40億年前 地球誕生
5億8000万年前 カンブリア紀 三葉虫や無脊椎動物が誕生
5億1000万年前 オルビドス紀 サンゴなどが誕生
4億4000万年前 シルル紀 空気中に酸素 植物(コケ、シダ)の上陸 魚の進化
3億9000年前 デボン紀 酸素量現在と同じ 
3億6000万年前 石炭紀 土の原形 裸子植物出現 巨大トンボ 
2億9000万年前 ベルム紀 裸子植物(風媒花)の繁栄 空を飛べる昆虫(カゲロウ バッタ ゴキブリ)
2億5000年前 三畳紀 爬虫類 恐竜時代の幕開け
2億1000万年前 ジュラ紀 恐竜全盛期(イチョウは恐竜の食べ物で種子散布は恐竜)
1億4000万年前 白亜紀 被子植物誕生 花粉を集める昆虫が出現 被子植物の森の成立 蜜腺を持つ小型の花が誕生
6500万年前 第三紀 新生代 鳥類・ほ乳類が進化
2500万年前 花蜜食の鳥が出現
160万年前 人類が誕生40万年前から4万年前 ネアンデルタール人
30〜20万年前 私たちの祖先ホモサピエンスがアフリカで誕生

これらのことを子ども向けの本では分かりやすく表現しています。地球の歴史を1年のカレンダーで表すと、1月1日に誕生した地球に生命が生まれたのは4月。生きものが増えてきたのは11月のなかばで、恐竜がいたのは12月11日から26日。人類の祖先が生まれたのは12月31日の午後8時、ヒトが文明を持ったのは、最後の1分間。12月31日の午後11時59分。およそ1万年前のことです。(「地球はえらい」より)

1億4000万年前に被子植物が現れ、花粉を集める昆虫が出現しました。虫たちは地球の先輩なのです。。20〜30万年に生まれた私たちは、地球のあらゆるところで繁栄しています。知性や協働を駆使し、食べ物を確保するための農業や漁業、豊かな世界のために多くの技術が開発されています。何一つとっても自然とのつながりのないものはありません。命は突然現れません。命のつながりの中で今の私たちがあるのです。

最近のDNAの解析でいろいろなことが分かってきました。旧人類のネアンデルタール人は現代を生きるヒトの中に遺伝子として残っているのです。NHKの番組「人類誕生・未来編 第2集そしてヒトが残った 第3集ついにヒトは海を超えた」の中で粛々と滅びていったネアンデルタール人、最後のイギリスのゴーラム洞窟には、謎の#が残されていました。

現代、SNSでは#でつながりが出来ています。地球の歴史を思い、#でつながることは、未来をより良いものにする力があるように思います。未来を思い目先の利益だけにとどまらない知性、互いの違いを認めつつ他を思い行う協働、つながりの視点を持つ想像力が必要です。あなたの来た道を途絶えさせないために。(2019.3.21)


参考 「ネアンデルタール人は私たちと交配した」スヴァンテ・ペーボ著 文藝春秋
   「生命40億年全史」リャード・フォーティ著 草思社
   「地球はえらい」香原知志著 福音館書店
   「地球」そのつくりと、活動のようす 評論社
   「おもしろ植物ランド」大日本図書
   「植物の生態図鑑」学研
   「身近な植物から花の進化を考える」
   「生命40億年はるかな旅」NHK出版
   「熱帯雨林を観る」講談社
   「地球環境を土からみると」農文教
   「丸善エンサイクロペディア」
   



# by trust-0 | 2019-03-21 17:27 | エッセイ

2019.2.24〜26 レラの森 風の谷

◇日時 2019年2月24日〜26日
1マダケ林の脅威。かつてあったケヤキの木のひこばえは、枯れてなくなった。風の谷
f0131669_10223690.jpg
2竹置き場の杭代わりにもなるので、マダケは下から切らずに伐採。風の谷
f0131669_10245870.jpg
3-1とりあえず伐採した竹は山積み 風の谷
f0131669_10264785.jpg
3-2
f0131669_10405878.jpg
3-3わき水のある所
f0131669_10443436.jpg
4風の谷を畑側から観るとマダケが減ったことが分かる 
f0131669_10281939.jpg
5-1風の谷にアリがいた。卵を運んでいるのかな 
f0131669_10304063.jpg
5-2
f0131669_10315954.jpg
6キタテハ 隣の荒れ地
f0131669_10324158.jpg
7ムラサキケマン 風の谷
f0131669_10332141.jpg
8ジロボウエンゴサクの芽生え レラの森
f0131669_10335952.jpg
9ウグイスカグラ レラの森
f0131669_10350510.jpg
10ゴンズイの冬芽
f0131669_10361455.jpg
11レラの森下のマダケ林ではスギの木が枯れているので、階段用に切る
f0131669_10365951.jpg
12レラの森下マダケ林
f0131669_10382177.jpg
13ウスタビガ レラの森
f0131669_10392897.jpg
14トチノキの冬芽 風の谷奥のモウソウチク林にトチノキを植えた
f0131669_10401184.jpg
15風の谷奥のモウソウチク林
f0131669_10461593.jpg
16ヤママユ レラの森
f0131669_10482361.jpg
17サイハイラン
f0131669_10501432.jpg
18マンリョウ
f0131669_10504405.jpg
19ヤマコウバシ冬芽
f0131669_10540910.jpg
20レラの森にサークル落ち葉ため 周りに太い木を置き中に落ち葉や小枝を入れる カブトムシの幼虫の越冬場所にもなる レラの森に現在4カ所あり
f0131669_10525649.jpg
21レラの森
f0131669_10553991.jpg
22隣の杉林 メガソーラーは設置されなくなった
f0131669_10570922.jpg
23隣の林は木を伐採してそのままの状態
f0131669_10594239.jpg
2019年2月24日 茨城大学の山村先生がレラの森のアズマネザサを刈ってくださった。感謝♪ 電動の草刈り機も見せていただいた。人が入ることで里山の森は元気になっていく。

# by trust-0 | 2019-03-19 11:05 | 水戸

2019.3.18 岩殿

◇日時 2019年3月18日
◇天気 晴れ
◇場所 東松山市岩殿地区
◇参加者 4名
◇打合せメモ 本の紹介 雑草大鑑 植物の生活型の話 日本の固有植物 自然のABC
◇鳥 ウグイス ガビチョウ ノスリ
◇生きもの キタキチョウ テングチョウ ルリタテハ ビロードツリアブ 調査範囲外トウキョウサンショウウオの卵塊
◇開花植物 オオイフノフグリ オランダミミナグサ ナズナ ミチタネツケバナ カキドオシ ノジスミレ ヒメカンスゲ カワヤナギ ムラサキサギゴケ クサボケ ゲンゲ  
1
f0131669_08575887.jpg
2オランダミミナグサ 
f0131669_08594886.jpg
3オオイヌノフグリ
f0131669_09002755.jpg
4キツネアザミのロゼット
f0131669_09011189.jpg
5ハハコグサ
f0131669_09014055.jpg
6オニタビラコのロゼット
f0131669_09022652.jpg
7テングチョウ 食草エノキ
f0131669_09025977.jpg
8オオイノフグリにお客さん
f0131669_09032279.jpg
9ミチタネツケバナ
f0131669_09040041.jpg
10
f0131669_09042395.jpg
11ヤエムグラ
f0131669_09050287.jpg
12カナムグラの芽生え
f0131669_09054787.jpg
13-1フユノハナワラビ
f0131669_09063439.jpg
13-2
f0131669_09065203.jpg
14-1カキドオシ
f0131669_09074573.jpg
14-2
f0131669_09080638.jpg
15ゲンゲ
f0131669_09084589.jpg
16
f0131669_09091085.jpg
17ノジスミレ
f0131669_09093969.jpg
18キタテハ 食草カナムグラ
f0131669_09100748.jpg
19-1シュンランにお客さん セイヨウミツバチかな
f0131669_09105251.jpg
19-2
f0131669_09111404.jpg
19-3
f0131669_09123922.jpg

20テーダマツの芽生え
f0131669_09165682.jpg
21ムラサキシキブの冬芽
f0131669_09190388.jpg
22アマチャヅル
f0131669_09212782.jpg
23林と田畑のコラボは生きものたちの住処も確保してくれる
f0131669_09245416.jpg
24ヒメカンスゲ
f0131669_09253498.jpg
25シロマダラ 山地から平野まで様々な環境に生息。夜行性。死んで木にぶら下がっていた。どんなドラマがあったのかな?

f0131669_09261164.jpg
26センニンソウ
f0131669_09270380.jpg
27ダイコンソウ
f0131669_09280145.jpg
28-1カワヤナギ
f0131669_09292144.jpg
28カワヤナギ雌花
f0131669_09294253.jpg
28-3カワヤナギ雄花
f0131669_09300979.jpg
28-4若葉の縁は裏側に巻く
f0131669_09303433.jpg
29ノハラアザミ
f0131669_09315728.jpg
30コケ
f0131669_09330726.jpg
31ドクダミの芽生え
f0131669_09334846.jpg
32ミミナグサ
f0131669_09345237.jpg
33ムラサキサギゴケ
f0131669_09360171.jpg
34セイヨウミツバチかな
f0131669_09374864.jpg
35クモ
f0131669_09384117.jpg
36クサボケ
f0131669_09395997.jpg
37マグワ
f0131669_09411865.jpg
38小さなクモ
f0131669_09415428.jpg
39ノウサギの糞
f0131669_09444475.jpg
40
f0131669_09451926.jpg
41アカシデミフクレフシ
f0131669_09455520.jpg
42アカシデメムレマツカサフシ
f0131669_09464588.jpg
43トウキョウサンショウウオの卵塊
f0131669_09471843.jpg
44こんな環境が大切
f0131669_09474127.jpg
16時30分終了。後日メンバーから素敵な写真が送られてきた。感謝♪
45ノスリ 朝一番に上空を舞っていた 
f0131669_08313959.jpg
46ビロードツリアブ 春の使者、この時期しか観られない 
f0131669_08292170.jpg
気持ちの良い暖かな一日、生きものたちに春が来たことを教えてもらった。

# by trust-0 | 2019-03-18 22:27 | 岩殿

湿地や畑や森のこと

見沼田んぼには耕作放棄地が多くあり、地元の農家さんのご理解の元、活動を行っています。

1.トラスト畑(KTさん) トラスト保全第1号地が借地料として年間1万円を地主さんに支払っています。ここでの耕耘料、苗、タネ、肥料等はトラストとエコ.エコで折半しています。作物はトラストのメンバーへの配布と里山.comの時に配布しています。畑活動日は3月〜10月まで火曜日

2.エコ畑(KYさん) NPO法人エコ.エコが借りています。借地料はなく半期毎に近況をお知らせしています。ここの半分は、今後ミミズの実験(楽しいミミズ研究会)と不耕起畑の実験を行います。景観にも配慮し菜の花やレンゲも植えます。作物はグウチョキパーティーとエコ.エコで配布。活動は不定期。

3.福畑(Hさん) 福々の森の手入れを許可の条件として畑を行っています。借地料はなく半期毎に近況をお知らせしています。ここで取れる野菜は畑の活動に来てくれる人や里山.comで配布します。畑活動日は3月〜10月まで火曜日

4.エルデのメンバーが畑(Jさん)を借ります。これから地主さんと相談予定です。2019年1月末までに決まる予定。販路も模索中。活動日を木曜
1.Jさん マダケが繁茂していたので、伐採許可頂く
2.KYさん 落ち葉集めと落ちた枝片付け 許可頂く

湿地 2012年〜
1.原野 KWさん
2.耕作放棄地 KTさん INさん TYさん ATさん


# by trust-0 | 2018-12-19 09:51 | エッセイ

6年間のエコ.エコの活動と龍の開眼式

 エコ.エコの活動場所はさいたま緑のトラスト協会保全第1号地(通称龍の森約1㌶)の西側の原野と耕作放棄地(通称マルコ=エスペラント語で湿地の意味 約1㌶)です。 エコ.エコの活動のスタートのキッカケは約1200㌶ある見沼田んぼで減少しいるニホンアカガエルの保護です。ニホンアカガエルは2018年埼玉県VU(絶滅危惧Ⅱ類)に指定されています。地主さんの理解を頂くことができ、初めて保全活動スタートしたのは氷がはる2012年12月でした。かつては田んぼとススキが繁茂していた原野の約1㌶が活動場所です。6年立った今も月2回の保全活動で、まだ、クズの勢いを減少させることはできていません。

 ここでは希少種の植物や昆虫なども確認しています。2017年に内部調査して305種類の植物(12種の希少種)64種類の昆虫(希少種2種)その他15種の両生類を含む生きもの(希少種4種)49種類のクモ(希少種2種)、54種類の鳥類(希少種7種)などを確認しました。現在は専門家に調査して頂き、信頼できるデータを残したいと考えています。 

 自然はつながっています。そのつながりの中で生態系が保たれています。つながりを考えたとき、動植物を保護するだけではなく、自然の大切さやおもしろさを伝えたいと考え、ほぼ月1回の子どもたちとの自然観察会を始めこの12月で64回を数えました。クモ、キノコ、カタツムリ、バッタ、薬草、植物、鳥、と専門の講師を迎えた観察会はメンバーにとっても学びの場になっています。 

 子どもたちにも野菜の育つところを見てもらい、食育をと考え、耕作放棄地で里山.comと言う活動も行っています。この12月で43回を数えました。無農薬で育てている畑には虫やクモやミミズなどがたくさんいて、虫に直接触れる子どもが増えました。 

 地域の学校のチャレンジスクールや民家園のしぜん塾などの支援を行い自然の不思議や驚きを伝えています。

 イベントでは、木の実などでクラフト作りを行い、木の実の形や色などを理解する場を提供しています。今年はコープ未来フェスタや見沼秋フェスに参加しました。 

 埼玉県のモニタリング調査にも関わり多くの場所の調査も行いました。耕作放棄地は外来種のオンパレードです。ささやかでも農業を営んでいるところにはカントウヨメナなどの在来種が咲いています。自然保護と農業は手をつながぐ必要があると強く感じています。 

 生物多様性のシンボルとして環境保全アートの「龍神・マルコ」も毎年作成して今年度は4代目の龍を作成する予定です。なぜ龍かというと絵本の「見沼の竜」の中に〝見沼の生きものを守ってくれるならこの見沼をあけわたそう〟と言い竜が去り、見沼には田んぼが広がったというお話しがあります。生きものを守るシンボルとしての龍を作成、もう一度見沼を新たな形で見守ってもらおうとメンバーの一致した意見で作成することにしました。エコ.エコのメンバーの多くはさいたま緑のトラスト協会保全第1号地の会員です。トラストの竹、マルコのヨシとススキで作成します。多くの場所では野焼きでヨシを燃やしますが、私たちは燃やさずヨシで龍を作ろうということになりました。かつて火野正平さん出演のNHK「こころ旅」で、なんでもないカーブと紹介された見沼原形保全区間にささやなかシンボルが出来た形になりました。この龍を作ってから、良いことも増えました。 

 4代目龍神・マルコの開眼式
 ◇日時 2019年3月9日土曜日 14時30分〜15時30分くらい
 ◇場所 場所は見沼原形保全区間内。交通は東浦和からバスで東営業所行き 総持院下車 
     トラスト地に向かい 徒歩2分 
 ◇新しい楽器 ハンドパンの演奏もあります。
 ◇申込み 不要
 見沼田んぼが生物多様性の保たれる空間になることがエコ.エコの願いです。私たち人間がこれからもこの地球で暮らすために多くの生きものの力で支えられていることを理解してくれる人が一人でも増えたらうれしいです。
f0131669_17005606.jpg
                  長さ16メートルの龍神・マルコ

(記 加倉井範子 2018.12.18) 

# by trust-0 | 2018-12-18 12:03 | エッセイ

2018.12.9〜12/11 風の谷マダケ伐採 レラの森マダケ地区マダケ伐採

2018.12.10 フォントという名前より「風の谷」のほうが良いとのことで風の谷に表記を切り替える。午前午後とマダケ伐り、夕方からレラの森の見回り。12.11はトラストのメンバーが細工用のマダケを取りに来てくれた。人が来てくれるだけでうれしい♬
1レストの草たちに氷がついていた
f0131669_09212232.jpg
2ハンカチノキの冬芽にも氷がついていた
f0131669_09223204.jpg
3ネムノキにも
f0131669_09230234.jpg
4サザンカが咲いていた
f0131669_09234658.jpg
5ドウダンツツジ
f0131669_09241809.jpg
6この冬に草刈りをしたい 今回は途中までで終了 手が回らなかった
f0131669_09243931.jpg
7マダケ伐採 竹でよく見えなかったケンポナシが青空に映えている 後3日あれば、風の谷のマダケ皆伐できそう
f0131669_09270482.jpg
8レラの森入り口にスミレが咲いていた
f0131669_09281765.jpg
9-1アカネスミレ 
f0131669_09291406.jpg
9-2
f0131669_09293222.jpg
9-3
f0131669_09294722.jpg
10ウグイスカグラの花がもう咲いていた
f0131669_09304127.jpg
11ヤブランの実
f0131669_09312698.jpg
12マルバノホロシ ナス科
f0131669_09314572.jpg
13隣のクズ原
f0131669_09322887.jpg
14下の農道
f0131669_09330159.jpg
15オオイヌノフグリ
f0131669_09334044.jpg
16ヒメオドリコソウ
f0131669_09341283.jpg
17タネツケバナ
f0131669_09344409.jpg
18ヤマコウバシ
f0131669_09351343.jpg
19アカネ
f0131669_09354763.jpg
20ヒメジョオン
f0131669_09362333.jpg
21-1セイタカアワダチソウ
f0131669_09365041.jpg
21-2セイタカアワダチソウのタネ
f0131669_09370766.jpg
22
f0131669_09372854.jpg
23ホトケノザ
f0131669_09380461.jpg
24ナガバジャノヒゲのタネ
f0131669_09384292.jpg
25トラストのメンバー3名が細工用のマダケを伐採に来てくれた 竹細工には節間の長いマダケがベストとか
f0131669_09395789.jpg
26
f0131669_09404329.jpg
27
f0131669_09410235.jpg
28残った枝葉は集めた
f0131669_09420951.jpg
いつもトラストでモウソウチクの手入れをしているメンバー。手入れしている埼玉の竹林とは大違い。人の手が入らず、竹が侵入するとこんな荒れた森になることを見て、竹の管理の重要さを実感してくれたようだった。午後から雨の予想で昼食後帰途についた。

# by trust-0 | 2018-12-12 09:48 | 水戸

2018.11.29

◇日時 2018年11月29日 木曜日 高坂9時30分〜青木の入り16時30分
◇天気 晴れ
◇参加者 4名
◇鳥 アオジ 
◇生きもの キンケハラナガツチバチ ヤマトシジミ 
◇クモ ジョロウグモ
◇花の咲いていた植物 C地区 ベニバナボロギク トキワハゼ ハハコグサ ハナイバナ コセンダングサ イヌタデ アメリカイヌホオヅキ ハキダメギク ノミノフスマ キツネノマゴ ウシハコベ ノハラアザミ イヌガラシ コナスビ スズメノカタビラ トキワハゼ ナズナ タネツケバナ オニタビラコ F地区 ヒメジョオン タネツケバナ イヌタデ ウシハコベ ベニバナボロギク セイタカアワダチソウ コセンダングサ アメリカイヌホオヅキ(ネムノキがこの地区のシンボルツリー) 
1C地区からみた林縁のアズマネザサは残すという意見が多かった
f0131669_21435712.jpg
2ササ刈りが終わっていた
f0131669_21513074.jpg
3ウリカエデの黄色がきれい
f0131669_21523082.jpg
4沼の水はなく、クサギの実も残り少なくなっていた
f0131669_21541281.jpg
5
f0131669_21543892.jpg
6ノハラアザミ
f0131669_21551211.jpg
7アゼトウガラシ
f0131669_21563991.jpg
8コナスビ
f0131669_21572308.jpg
9ヒメガヤツリ
f0131669_21580118.jpg
10ノミノフスマ
f0131669_21583379.jpg
11カボチャの雄しべ
f0131669_21591541.jpg
12ハハコグサ
f0131669_21594942.jpg
13トキワハゼの実
f0131669_22002695.jpg
14オニノゲシ
f0131669_22005928.jpg
f0131669_22011900.jpg
15ケチヂミザサ
f0131669_22020571.jpg
16草刈り
f0131669_22131652.jpg
17スズメウリの実
f0131669_22140644.jpg
18ベニバナボロギク
f0131669_22034529.jpg
f0131669_22040865.jpg
19ヤブミョウガの実
f0131669_22044603.jpg
20アメリカイヌホオヅキ
f0131669_22052458.jpg
21オギ
f0131669_22055945.jpg
22
f0131669_22114568.jpg
23 H地区 ヤナギ類 
f0131669_22154323.jpg
24アカハナワラビ
f0131669_22173554.jpg
25草刈りの刃が・・・
f0131669_22182321.jpg
26コスミレ
f0131669_22190456.jpg
27ナワシロイチゴ
f0131669_22194225.jpg
28ツタ
f0131669_22204823.jpg
29ヘクソカズラの実
f0131669_22201212.jpg
30ナガバジャノヒゲのタネ
f0131669_22215769.jpg
31アカシデ
f0131669_22222638.jpg
32ダイコンソウ
f0131669_22240179.jpg
33ミズタマソウの実
f0131669_22245106.jpg
34タコノアシ
f0131669_22253370.jpg
35
f0131669_22255736.jpg
36
f0131669_22262281.jpg
37
f0131669_22270056.jpg
38イチョウウキゴケ
f0131669_22274159.jpg
39ヤノネグサ
f0131669_22282400.jpg
40オオジシバリ
f0131669_22290016.jpg
41アメリカイヌホオヅキ
f0131669_22294459.jpg
42アカシデ
f0131669_22305068.jpg
青木の入り4時30分終了 急に寒くなった

# by trust-0 | 2018-11-29 22:31 | 岩殿

2018.11.11〜13 フォント竹切り

今年度中には、フォントのマダケを皆伐することが目標。12日は午前午後とフォントで作業した。2人で80本は伐ったかな
夕方にレラの森から下の道を回ったが、日暮れは駆け足。あまり写真は撮れなかった。
1カラタチバナ
f0131669_22390199.jpg
2アカスジキンカメムシ2齢
f0131669_22393683.jpg
3レラの森
f0131669_22402321.jpg
f0131669_22403745.jpg
4キノコ
f0131669_22411524.jpg
5コウヤボウキは盛りを過ぎていた
f0131669_22421704.jpg
6イヌコウジュ
f0131669_22425110.jpg
7キツネノマゴ
f0131669_22432181.jpg
8ハキダメギク
f0131669_22440002.jpg
9ヤマユリの実
f0131669_22443806.jpg
10アオツヅラフジの実
f0131669_22451484.jpg
11いつも迷うホソアオゲイトウかな
f0131669_22461009.jpg
12ツリフネソウの実
f0131669_22465343.jpg
13シロダモの実
f0131669_22473472.jpg
14マユミ
f0131669_22480250.jpg
15
f0131669_22482863.jpg
16ガの仲間
f0131669_22491333.jpg
17オオジシバリの実
f0131669_22493708.jpg
18オオジシバリ
f0131669_22501659.jpg
19フユノハナワラビ 畑の土手に
f0131669_22504629.jpg
20オオハナワラビ? 林縁に
f0131669_22514248.jpg
21次の日はフォントへ モウソウチクを伐ってトチノミを蒔いた モウソウチクを伐る前
f0131669_22523121.jpg
22伐った後 ここも皆伐したい
f0131669_22530833.jpg
23ツチグリがいっぱい
f0131669_22532817.jpg
24フォント 倒れたスギを伐って橋をかけた
f0131669_22543045.jpg
25ウラギンシジミが死んでいた
f0131669_22550768.jpg
途中の景色も竹林で駄目になりつつある森が多い。竹が侵入すると木が駄目になってしまう。この場所も大きな木があったようで朽ちた大きな切り株があった。

# by trust-0 | 2018-11-14 23:07 | 水戸