2018.7.16 岩殿

◇日時 2018年7月16日 月曜日 9時30分から17時
◇天気 晴れ
◇参加者 5名
◇打ち合わせメモ ワラビは取らないと減ってしまう 夏場に刈る
◇鳥 ウグイス ホトトギス ガビチョウ 
◇生きもの ニイニイゼミ キチョウ コミスジ モンシロチョウ コシアキトンボ ヒグラシ
◇花の咲いていた植物
1オオバギボウシ
f0131669_19574147.jpg
f0131669_20003408.jpg
2ヌマトラノオ
f0131669_19595893.jpg
3とても暑い日で熱中症にならないように、気を使いながらの調査だった
f0131669_20011044.jpg
4オトギリソウ
f0131669_20031927.jpg
f0131669_20035588.jpg
5キツネノマゴ
f0131669_20045363.jpg
6ヒメヤブラン
f0131669_20055332.jpg
7コウガイゼキショウ
f0131669_20072694.jpg
8ミゾカクシ
f0131669_20080379.jpg
9サジガンクビソウ キク科
f0131669_20084989.jpg
10ベニバナボロギク
f0131669_20093223.jpg
11オニドコロ雌株  ヤマノイモ科 雌雄異株 雌花序は垂れ下がる
f0131669_20120281.jpg
f0131669_20124755.jpg
12コマツナギ
f0131669_20132911.jpg
f0131669_20135324.jpg
13ミズタマソウ
f0131669_20144370.jpg
f0131669_20151035.jpg
14アキノタムラソウ
f0131669_20154535.jpg
15ミゾソバ
f0131669_20162889.jpg
16セリ
f0131669_20171300.jpg
17ミズヒキ
f0131669_20180883.jpg
18イヌタデ
f0131669_20184723.jpg
19ダイコンソウ
f0131669_20192610.jpg
20ヤマユリ
f0131669_20202005.jpg
f0131669_20204976.jpg
21シュンランの実
f0131669_20213367.jpg
22ユウガギク
f0131669_20222199.jpg
23ムラサキサギゴケ
f0131669_20230012.jpg
24コアゼガヤツリ
f0131669_20232788.jpg
25ホタルイ
f0131669_20241376.jpg
26ヤブラン
f0131669_20250730.jpg
27ミズキの実
f0131669_20254370.jpg
28ケキツネノボタン
f0131669_20262966.jpg
ヌマトラノオ、ヒメヤブラン、コマツナギなどが増えたように思う。17時に終了。

# by trust-0 | 2018-07-17 19:18 | 岩殿

上野田氷川神社周辺 動植物記録

埼玉県の見沼田んぼにある斜面林を調査している
1上野田氷川神社 撮影2018.7.12
f0131669_22312346.jpg
2ゴマダラチョウ 撮影2018.7.11 トラスト協会事務局長視察の折に
f0131669_22342744.jpg
f0131669_22344443.jpg
3アブの仲間 撮影2018.7.11
f0131669_22353247.jpg
4落ちていた繭 大きさは5.5cm×2.7cm 振ると中に入っている音がした 撮影2018.7.11
f0131669_22355796.jpg
植生調査第1回
◇日時 2018年7月12日 木曜日 12時30分〜14時20分
◇この日確認した植物で胸高直径の大きかったもの サカキ シラカシ ケヤキ クヌギ ヒノキ カワヤナギ マグワ ソメイヨシノ エゴノキ ムクノキ ミズキ コナラ モミ イヌシデ 
◇確認した生きもの ウズグモ ハグロトンボ ナミアゲハ シオヤアブ ヒメウラナミジャノメ キタテハ アオスジアゲハ ナガコガネグモ ヒメアカタテハ 
◇確認した植物 156種
5ニホンカナヘビ お腹が大きかった 撮影2018.7.12 
f0131669_22380585.jpg
6撮影2018.7.12
f0131669_22390239.jpg
7見沼代用水東縁
f0131669_22395497.jpg
8ニイニイゼミの抜け殻
f0131669_22412510.jpg
9ヤマトカナエグモの卵のう? 撮影2018.7.12
f0131669_22421110.jpg
10カヤの木肌 撮影2018.7.12
f0131669_22431593.jpg
11調査風景 撮影2018.7.12
f0131669_22435636.jpg
12ヤブマオ 撮影2018.7.12
f0131669_22443309.jpg
13

141516171819

# by trust-0 | 2018-07-12 23:00 | 斜面林

2018.7.5 谷田公民館

◇6534
◇日時 2018年7月5日 9時10分〜11時20分 
◇天気 くもり時々雨
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ アメリカフウロ アレチギシギシ イヌムギ イモカタバミ ウラジロチチコグサ(群生) オオキンケイギク オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コバンソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ ナガミヒナゲシ ハキダメギク ハゼラン ハルジオン ハルシャギク ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ(群生) メマツヨイグサ ユウゲショウ(群生) ヨウシュヤマゴボウ ワルナスビ 33種
1ハルシャギク キク科 北アメリカ原産
f0131669_06354692.jpg
2
f0131669_06362812.jpg
3ミチタネツケバナ
f0131669_06393289.jpg
4ヘクソカズラ 花が2種類あった
f0131669_06402074.jpg
f0131669_06411447.jpg
5谷田公民館
f0131669_06423877.jpg
6ヒメイワダレソウ クマツヅラ科 イワダレソウ属
f0131669_06435490.jpg
7コマツヨウグサ アカバナ科 北アメリカ原産 こんな隙間にしっかりと根付いていた
f0131669_06474935.jpg
8ユウゲショウの群落
f0131669_06511965.jpg
9ワルナスビ 刺がすごい
f0131669_06522183.jpg
10
f0131669_06533645.jpg
11キアゲハの幼虫
f0131669_06541268.jpg
朝、車をマーケットの駐車場に停めた。戻ってきたら駐車場に入る車が順番待ちで恐縮。何も買わないのも悪いと思い買い物をした。店に入いると価格が安いことと品揃えが豊富であることが分かった。価格はどうやって決まるのだろうか。いずれ、カーボン・プライシス(CO2、プラスス価格)の時代がやってきたら、ものの値段や人の価値観はどのように変わるのだろうか。地元のマーケットより、魚は新鮮であったが、自転車で来るにはちょっと遠い。CO2のことを考えた暮らしも必要な時代がいずれやってくることだろうと思った。

# by trust-0 | 2018-07-06 08:18 | モニタリング調査

2018.7.4向小学校

◇6535
◇日時2018年7月4日 9時50分〜11時20分
◇天気 くもり
◇アカボシゴマダラ
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ コセンダングサ コニシキソウ コマツヨイグサ シマスズメノヒエ セイタカアワダチソウ チチコグサモドキ ナガハギシギシ ナガミヒナゲシ ネズミムギ ハキダメギク ハルジオン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ
◇その他気づいた外来種 ヨコハママンネングサ ゴウシュアリタソウ
1コニシキソウ
f0131669_20392831.jpg
2ヤブガラシは蜜がイッパイ
f0131669_20413469.jpg
3クズの葉にコフキゾウムシ
f0131669_20423383.jpg
4向小学校
f0131669_20431893.jpg
5空き地には外来種がいっぱい
f0131669_20440717.jpg
6ウラジロチチコグサ 
f0131669_20451399.jpg
7アメリカイヌホオズキ
f0131669_20455287.jpg
8普通のお宅だが茅葺き屋根・・・思わずシャッターをおしてしまった
f0131669_20463070.jpg
この地区はおいしいパン屋さんがあったり、茅葺き屋根の家があったりと町探検のようで楽しかった。朝は涼しかったがだんだん暑くなった。

# by trust-0 | 2018-07-04 21:04 | モニタリング調査

ベルダの植物たち 2018年7月

7月に入りノカンゾウが咲き出した
1セリ 撮影2018.7.3 M地区
f0131669_08420036.jpg
2ノカンゾウ 撮影2018.7.3 M地区
f0131669_08425318.jpg
f0131669_08431945.jpg
3ヒヨドリジョウゴ 撮影2018.7.3 F地区
f0131669_08450083.jpg
f0131669_08452898.jpg
4ヤマユリ 撮影2018.7.3 F地区 4本確認
f0131669_08461919.jpg
f0131669_08464237.jpg
5ヤブミョウガ 撮影2018.7.3 F地区
f0131669_08474393.jpg
Jの森したに群生しているヤブミョウガ
f0131669_08491937.jpg
6ヒルガオ 撮影2018.7.3 F地区
f0131669_08484078.jpg
7シロネ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21304259.jpg
8キツネガヤかな 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21315156.jpg
9ハエドクソウ撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21330852.jpg
10アキノタムラソウとミズヒキ
f0131669_21342726.jpg
11アキノタムラソウ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21354961.jpg
12ハンゲショウ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21371493.jpg
13タカトウダイ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21380331.jpg
14ママコノシリヌグイ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21390551.jpg
15イヌゴマ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21403189.jpg
f0131669_21405500.jpg
16チダケサシ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21413668.jpg
17ツユクサ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21423626.jpg
18オニユリ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21431462.jpg
19カントウヨメナ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21435859.jpg
20センニンソウ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21444441.jpg
21ヒメヤブラン 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15253829.jpg
22バアソブ 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15263307.jpg
f0131669_15265528.jpg
23イシミカワの実 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15274930.jpg
24スベリヒユ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18213071.jpg
f0131669_18214609.jpg
25ザクロソウ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18222400.jpg
f0131669_18224219.jpg
26ノボロギク 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18231772.jpg
27オニノゲシ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18235555.jpg
28ツユクサ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18243728.jpg
29コゴメカヤツリ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18252481.jpg
30アカバナ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18260596.jpg
31ウリクサ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18271956.jpg
32ヤブミョウガ 撮影2018.7.10F地区
f0131669_18281136.jpg
33アメリカタカサブロウ 撮影2018.7.10 エコ畑
f0131669_18292652.jpg
34アカバナ 撮影2018.7.12 F地区へ行く途中の道で 
f0131669_23133151.jpg
35マンリョウ 撮影2018.7.14 T地区
f0131669_23033648.jpg
36ヤマノイモ 撮影2018.7.14 F地区
f0131669_23043394.jpg
37サワフタギの実 撮影2018.7.14 F地区 
f0131669_23054678.jpg
383940

# by trust-0 | 2018-07-04 08:51 | ベルダ

石垣島 2018.6.25〜29

6月25日、ANA995羽田9時20分→沖縄13時40分(座席19F外が見えない)ANA1767沖縄13時30分(13E)1時間遅れ→石垣14時40分。16時50分レンタカーで、防風林→大浜海岸 探鳥へ、カタグロトビ、エリグロアジサシ、クロサギ、オサハシブトカラス、シロハラクイナ、★リュウキュウヒヨドリなどを見た。空も海も青く、長年鳥を見ている人の会話は要注意!!シロハラは、「シロハラクイナ」、カラスは「オサハシブトカラス」予備知識なく行くと?がいっぱい。
1カタグロトビが枯れ枝に止まっていた
f0131669_09474340.jpg
2
f0131669_12010503.jpg
3
f0131669_12020962.jpg
4ガがいた 虫の数が少ないのは、暑いから
f0131669_12033451.jpg
5ハマユウ
f0131669_12041169.jpg
6クサトベラ
f0131669_12050606.jpg
7異国のゴミが打ち上げられていた
f0131669_12054294.jpg
8
f0131669_12063949.jpg
9
f0131669_12071338.jpg
10トンボ
f0131669_12075572.jpg
11カメムシ
f0131669_12083492.jpg
12
f0131669_12090952.jpg
13
f0131669_12093876.jpg
f0131669_12095519.jpg
14ハイビスカス
f0131669_12104153.jpg
15
f0131669_12111150.jpg
16
f0131669_12113393.jpg
17クロサギ 白いけどクロサギ
f0131669_12122793.jpg
18ヤドカリ
f0131669_12130519.jpg
19小さなヤドカリ
f0131669_21503471.jpg
小さいヤドカリは浜辺にたくさんいた アカショウビンはヤドカリも食べるとか 6月25日は近くの居酒屋「八重山村」で夕食

6月26日は6時30分朝食 県営バンナ公園(東京ドーム60個の広さ、標高230m)へお昼はコンビニの弁当持参 アカショウビンをスコープで見せてもらい満足 大浜海岸→石垣港→西表石垣国立公園→夕食後→バンナ公園ナイトハイク
ここからは写真番号にAをつける
A1シロオビアゲハ
f0131669_13134907.jpg
A2
f0131669_13142740.jpg
A3リュウキュウヒヨドリ
f0131669_13150048.jpg
A4オオゴマダラ
f0131669_13155788.jpg
A5ヤエヤマムラサキ
f0131669_13164572.jpg
A6チョウチョ橋
f0131669_13180600.jpg
A7オサハシブトカラス
f0131669_13184345.jpg
A8アカショウビンの後ろ姿
f0131669_13193648.jpg
A9ゴールデンシャワー
f0131669_13210128.jpg
A10
f0131669_13233512.jpg
A11島中に咲いていた ハイアワユキセンダングサ
f0131669_13242306.jpg
A12 何チョウかな バンナ公園
f0131669_13252029.jpg
A13ヤエヤマムラサキ
f0131669_13421169.jpg
A14オオゴマダラ
f0131669_13443547.jpg
A15ヤエヤマアサギマダラ
f0131669_13453623.jpg
A16カバマダラ

f0131669_13462471.jpg
A17イシガケチョウ
f0131669_13260187.jpg
f0131669_13262379.jpg
A18
f0131669_13270275.jpg
A19クワズイモの実がなっていた
f0131669_13274375.jpg
A20
f0131669_13283173.jpg
A21蝶園の看板
f0131669_13293942.jpg
f0131669_13301494.jpg
A22
f0131669_13504736.jpg
f0131669_13511070.jpg
A23
f0131669_13515345.jpg
A24ビンロウジュ
f0131669_13523646.jpg
f0131669_13531489.jpg
A25ザトウムシ
f0131669_13540509.jpg
A26
f0131669_13544509.jpg
A27
f0131669_13553993.jpg
A28ホウオウボク
f0131669_13562039.jpg
f0131669_13564539.jpg
A29
f0131669_13574497.jpg
A30
f0131669_13581922.jpg
A31
f0131669_13585207.jpg
A32
f0131669_13593264.jpg
f0131669_13594910.jpg
A33ゲットウ
f0131669_14003079.jpg
f0131669_14004951.jpg
A34クモ
f0131669_14014003.jpg
f0131669_14020413.jpg
A35
f0131669_14024883.jpg
A36
f0131669_14033458.jpg
A37ウリハムシに似ているけど
f0131669_14040703.jpg
A38
f0131669_14045899.jpg
A39ツバメシジミかな
f0131669_14054665.jpg
A40カエルに会った
f0131669_14064491.jpg
f0131669_14071163.jpg
f0131669_14073606.jpg
A41
f0131669_14082021.jpg
A42
f0131669_14090707.jpg
A43
f0131669_14093580.jpg
f0131669_14102787.jpg
A44
f0131669_14110950.jpg
A45
f0131669_14114234.jpg
A46アオバハゴロモかな
f0131669_14123050.jpg
A47
f0131669_14130344.jpg
A48
f0131669_14133447.jpg
A49
f0131669_14154466.jpg
A50
f0131669_14165902.jpg
f0131669_14172115.jpg
A51
f0131669_14175692.jpg
A52
f0131669_14181978.jpg
A53
f0131669_14184907.jpg
A54
f0131669_14192216.jpg
移動
A55
f0131669_13305637.jpg
A56
f0131669_13321316.jpg
A57
f0131669_13331578.jpg
f0131669_13334195.jpg
A58アオサギ
f0131669_13342283.jpg
A59
f0131669_13351309.jpg
f0131669_13353703.jpg
f0131669_13360650.jpg
A60オヒルギ
f0131669_13365273.jpg
A61アサギマダラ
f0131669_13373640.jpg
A62シオマネキ
f0131669_13383085.jpg
A63
f0131669_13390786.jpg
A64
f0131669_13400939.jpg
A65
f0131669_13404321.jpg
A66シロハラクイナ
f0131669_14212634.jpg
夕飯を早く食べて、夜はナイトハイク オオコウモリ リュウキュウコノハズク リュウキュウアオバズクの写真を撮ったのを見せてもらった。夜の森の気配を味わった。
6月27日、朝食を食べずに朝6時30分出発。バンナ公園→朝食→浄水場→サトウキビ畑→アカンマサッカー場→オモト岳入り口→エビ養殖場→昼食八重山そば→オモト下林道→バンナ公園→夕食
ここからはBをつける
B1
f0131669_15561731.jpg
B2
f0131669_15570438.jpg
B3
f0131669_15573345.jpg
B4チュウサギ
f0131669_15581965.jpg
B5リュウキュウチョウトンボ
f0131669_15585590.jpg
B6サッカー場
f0131669_16000656.jpg
B7ハイビスカス
f0131669_16010289.jpg
B8アカスジベッコウトンボがいた池
f0131669_16282354.jpg
f0131669_16013783.jpg
f0131669_16020193.jpg
B9
f0131669_16025564.jpg
B10コフキショウジョウトンボ
f0131669_16033629.jpg
B11ベニトンボ
f0131669_16041242.jpg
B12リュウキュウシジュウカラ
f0131669_16060428.jpg
B13
f0131669_16064761.jpg
B14シオマネキ
f0131669_16094350.jpg
B15ミカドアゲハ
f0131669_16104713.jpg
B16シロアリの巣にアカショウビンは巣を作る
f0131669_16115605.jpg
B17ヤエヤマイチモンジ ♂は一文字で♀はミスジ
f0131669_16131070.jpg
f0131669_16134161.jpg
f0131669_16141539.jpg
f0131669_16143490.jpg
B18レンタカー
f0131669_16165695.jpg
B19
f0131669_16174875.jpg
B20カメムシ
f0131669_16184053.jpg
B21アダン
f0131669_16192924.jpg
B22
f0131669_16200693.jpg
B23カンムリワシの風切羽根
f0131669_16210611.jpg
B24
f0131669_16215239.jpg
B25
f0131669_16222969.jpg
B26
f0131669_16233159.jpg
B27
f0131669_16240963.jpg
f0131669_16243548.jpg
B28
f0131669_16251622.jpg
B29
f0131669_16260805.jpg
B30 クモの卵のうかな
f0131669_16263042.jpg
B31
f0131669_16292288.jpg
B32ツバメシジミ
f0131669_16300846.jpg
B33面白い形のクモ
f0131669_16310099.jpg
B34
f0131669_16314110.jpg
B35 空色がきれいなカニだったが、結局、全体像は見られなかった
f0131669_16321887.jpg
B36 とても小さなカエル
f0131669_16325361.jpg
B37オオジョロウグモ 糸は粘着力が高く、小さな鳥もクモの巣にかかり、エサになるとのことを教えてもらう その方は鳥がかかっていたので逃がしたとのこと、生物多様性の理解は、難しいものだと思った 宮沢賢治の銀河鉄道の夜のサソリを思い出した 
f0131669_16334343.jpg
B38イソウロウグモ
f0131669_16343056.jpg
B39
f0131669_16350639.jpg
B40
f0131669_16355571.jpg
B41
f0131669_16363310.jpg
B42キノコ
f0131669_16371225.jpg
B43
f0131669_16374776.jpg
B44
f0131669_16382543.jpg
B45サキシマカナヘビ 
f0131669_16392417.jpg
B46
f0131669_16411020.jpg
f0131669_16413093.jpg
B47イシガキモリバッタ
f0131669_16420331.jpg
B48
f0131669_16425669.jpg
B49ハイビスカス
f0131669_16434348.jpg
B50イロガワリ
f0131669_16442436.jpg
B51
f0131669_16445373.jpg
B52 とてもいい香り
f0131669_16452062.jpg
B53
f0131669_16463475.jpg
f0131669_16465635.jpg
f0131669_16471536.jpg
バンナ公園の橋のところにいたクモは、ゴミグモの仲間かと思う 中心にクモがいて、周りのゴミがクモに見えた

6月28日6時30分出発 オモト林道→朝食9時30分→バンナ公園→昆虫館→大浜海岸→新川
ここからはCを付ける
C1
f0131669_19292793.jpg
C2カタグロトビ
f0131669_19305646.jpg
C3なんて名前の草だろうか 奥に生えている草はたくさん見かけた
f0131669_19314706.jpg
C4小さな馬がつながれていた まつげが長い
f0131669_19332570.jpg
C5チュウサギ
f0131669_19341126.jpg
C6バン
f0131669_19345939.jpg
C7いつも見かけた黄色い花、何というなの花だろうか
f0131669_19353864.jpg
C8石垣島は今は稲刈りの時期 もう少しすると田植えがまた始まる
f0131669_19372157.jpg
C9タマシギ ♂と♀は1週間だけペアになるとのこと ♀と♂の数は1対5で♀が少ない 派手な方が♀ どうして♀が派手かと尋ねると♀は子育てをしない ♂が卵を温めるとのこと 産卵後♀はまた、別の♂を求めるのだとか 行動は数で決まる??
f0131669_19382878.jpg
f0131669_19390458.jpg
f0131669_19393396.jpg
C10ジャンボタニシの卵
f0131669_19402466.jpg
C11
f0131669_19411098.jpg
C12リュウキュウコノハズク
f0131669_19420105.jpg
f0131669_19424164.jpg
C13ズアカアオバト
f0131669_19432195.jpg
C14すごい馬力の機械
f0131669_19443449.jpg
f0131669_19450212.jpg
C15
f0131669_19455192.jpg
C16
f0131669_19462897.jpg
C17セミノヌケガラ
f0131669_19471851.jpg
C18
f0131669_19480962.jpg
C19
f0131669_19490699.jpg
C20
f0131669_19493887.jpg
C21
f0131669_19501354.jpg
C22
f0131669_19505460.jpg
C23アオバセセリ
f0131669_19513290.jpg
C24
f0131669_19520405.jpg
C25小さなカエル
f0131669_19525518.jpg
C26
f0131669_19533486.jpg
C27オオジョロウグモ
f0131669_19542092.jpg
C28イソウロウしているクモ
f0131669_19550625.jpg
C29
f0131669_19553606.jpg
C30バンナ公園の昆虫館でオオゴマダラチョウ
f0131669_19565447.jpg
f0131669_19571652.jpg
f0131669_19573822.jpg
f0131669_19580307.jpg
C31昆虫館の展示 ヨンクニサン 
f0131669_19584789.jpg
f0131669_19592742.jpg
C32
f0131669_20000889.jpg
C33
f0131669_20005173.jpg
C34
f0131669_20012326.jpg
C35
f0131669_20014950.jpg
f0131669_20021484.jpg
C36
f0131669_20025161.jpg
f0131669_20030917.jpg
C37
f0131669_20034845.jpg
C38
f0131669_20042931.jpg
C39
f0131669_20051080.jpg
f0131669_20053600.jpg
C40
f0131669_20060835.jpg
C41クサトベラ
f0131669_20065780.jpg
f0131669_20071702.jpg
C42石垣島市平和都市宣言
f0131669_20083627.jpg
C43図書館
f0131669_20093107.jpg
夕食後、町を歩き、図書館で植物の本を探す クサトベラとサキシマセンダングサの名前が分かった 座敷がある図書館だった

6月29日 朝食7時 8時出発 新川でもう一度タマシギを見たいということで行ったがはずれ 川平湾→八重山ヤシ群落→新川→レンタカー返却 ANA92便15時30分発が10分遅れ(座席40F)
ここからはD
D1アオサギ
f0131669_20185899.jpg
D2ムラサキサギ
f0131669_20195584.jpg
D3バン
f0131669_20203587.jpg
D4セイタカシギ
f0131669_20212660.jpg
D5アオアシシギ
f0131669_20220542.jpg
D6コサギ
f0131669_20224187.jpg
D7アマサギ
f0131669_20255015.jpg
D8
f0131669_20233548.jpg
D9川平湾
f0131669_20241234.jpg
f0131669_20295394.jpg
D10ツマグロヒョウモン
f0131669_20244746.jpg
D11ヤサアリグモに形は似ているけど色が違うので、違う種類かな
f0131669_20272848.jpg
D12
f0131669_20281892.jpg
D13
f0131669_20284984.jpg
D14ジガバチ 獲物を殺さないで巣まで運び 幼虫のエサにするとか 結局大きすぎたのか手放した
f0131669_20303192.jpg
f0131669_20305229.jpg
D15
f0131669_20324335.jpg
D16
f0131669_20331697.jpg
D17
f0131669_20335056.jpg
f0131669_20343098.jpg
f0131669_20345153.jpg
D18
f0131669_20352709.jpg
f0131669_20354750.jpg
写真を提供してもらった ここからはEにする
E1カタグロトビ
f0131669_20404199.jpg
E2クロサギ 白いけどクロサギ
f0131669_20420586.jpg
E3アカショウビン
f0131669_20431390.jpg
E4エリグロアジサシ
f0131669_20442249.jpg
E5オオアジサシ
f0131669_20450222.jpg
E6セマルハコガメ 歩くのが早い 
f0131669_20464003.jpg
E7セッカ
f0131669_20480665.jpg
E8オオアジサシ
f0131669_20490767.jpg
E9タマシギ
f0131669_20494967.jpg
同行した皆さんは、学生時代からずっと鳥を追いかけ、その美しさに惹かれ続けている。幸せな人生だと思った。ネットでは蚊が多いとのことだったが、蚊に刺されることなく終了した。

# by trust-0 | 2018-07-01 12:15 | ノコノコ

2018.6.30 氷川神社

6月29日、梅雨が明けが発表された。6月の梅雨明けは初めてである。梅雨入りと梅雨明けは、秋に再検討され、見直されることもあるそうであるが、梅雨入りが6月6日、梅雨の日数は23日と一番短い。暑いけれど風が心地よい日であった。コモディーイイダに駐車する。
◇6536
◇日時 2018年6月30日 土曜日 9時30分〜11時30分
◇モンシロチョウ アオズジアゲハ カダヤシと思われる魚
◇指定外来種 アメリカセンダングサ オッタチカタバミ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ ナガバギシギシ ネズミムギ ヒメツルソバ ヒメヒオウギズイセン ヒメムカシヨモギ ホソアオゲイトウ ムシトリナデシコ ムラサキツメクサ ユウゲショウ
1天気は快晴
f0131669_17221048.jpg
2水路の中にはアメリカセンダングサ カダヤシと思われる魚を確認
f0131669_17344308.jpg
3ニシキソウ トウダイグサ科 茎は這う 茎に立毛散生
f0131669_17360346.jpg
4コニシキソウ トウダイグサ科 帰化植物 
f0131669_17390874.jpg
5市街地は除草剤が散布されている
f0131669_17395511.jpg
6除草剤の散布されていないところにはエノコログサが生えている エノコログサは子どもの好きな植物 雑草でもあった方が情操的にもいいと思う 
f0131669_17411846.jpg
7ブタクサ キク科 帰化植物
f0131669_17450963.jpg
8氷川神社 須佐之男命
f0131669_17455213.jpg
9チチコグサモドキ キク科 帰化植物 熱帯アメリカ原産 
f0131669_17464766.jpg
10ツタバウンラン ゴマノハグサ科 帰化植物 地中海原産 観賞用に大正期に入る 2カ所で確認
f0131669_17482421.jpg
f0131669_17523503.jpg
11シロツメクサにヤマトシジミ
f0131669_17514269.jpg
12ヨコハママンネングサ 帰化植物 葉の先に乳頭状突起あり この植物は増えているように思う 庭に植えたものが逸脱しているのを何箇所かで確認
f0131669_17530184.jpg
帰化植物 種類。ウシガエルの鳴き声。水路にはカダヤシと思われる魚がいた。

# by trust-0 | 2018-06-30 18:05 | モニタリング調査

2018.6.24 見沼田んぼ 自然観察大学

◇日時 2018年6月24日 日曜日 9時45分〜12時30分
◇天気 晴れ 暑かった
浅間先生から・・・アメリカナマズ(背中に刺あり)と普通のナマズの説明があった。ナマズはアメリカザリガニの行動をおさえ、導入すると水草が回復する。唐沢先生から、駅前に25の巣を確認し、落ちた巣はカップラーメンなどの容器で代用することも可とのこと。
1黒丸のところは貝塚・・・塩水にいる貝が出土する ヤマトシジミも貝塚から見つかる 海面が5m高かった 丸木舟も出土している 芝川はお茶の水の昌平橋まで流れている
f0131669_17060738.jpg
2唐沢先生手書きの見沼歴史丸わかりイラスト 
f0131669_17065442.jpg
3カメムシ・・・ピントが合っていないがカメムシらしい
f0131669_17114439.jpg
4-1ゼニゴケ・・・雌器托
f0131669_17144103.jpg
f0131669_17155514.jpg
4-2雄器托・・・若く青いときに水を垂らすと小さな泡が見える・・・精子
f0131669_17152741.jpg
f0131669_17173026.jpg
4-3無精芽 無受粉
f0131669_17190009.jpg
5エノキウスヒゲナガハムシ
f0131669_17351237.jpg
f0131669_17353787.jpg
6カシワ タンニンが多い 染色に使う 水道水に木を付けておくと鉄と反応し黒くなる 二段構えで葉を展開する 暖かい地方の植物てはないか 痩せ地海岸に生え防風林にも利用されている
f0131669_17392785.jpg
7ウスカワマイマイ
f0131669_17401019.jpg
8ゴマダラチョウ 羽化したてで翅を乾かしていた
f0131669_17405323.jpg
f0131669_17414415.jpg
f0131669_17421493.jpg
f0131669_17424454.jpg
9ヒメウラナミジャノメ
f0131669_17432725.jpg
10チャバネアオカメムシ
f0131669_17441457.jpg
11ユキヤナギアブラムシ イタドリに移動してきた
f0131669_17451789.jpg
12シキミ 毒あり 八角はタミフルの材料
f0131669_17455786.jpg
13
f0131669_17462688.jpg
14アリグモの卵のう 卵を守っている
f0131669_17471778.jpg
15コカネグモ 幼体
f0131669_17480028.jpg
16ユウゲショウ アカハナ化午前4時から咲く 夕方にしぼむ
f0131669_17483718.jpg
17ユウゲショウにクロウリハムシでいいかな
f0131669_17490766.jpg
18イッポンセスジスズメガの幼虫 里芋につく
f0131669_17504232.jpg
f0131669_17510498.jpg
f0131669_17512248.jpg
19ノウサギの足跡
f0131669_17520074.jpg
20ヨシの葉にいた だれかな
f0131669_17523309.jpg
21ドヨウオニグモ
f0131669_17532628.jpg
22モモコフキアブラムシ アブラコバチに寄生されると白くなる
f0131669_17535150.jpg
f0131669_17541791.jpg
23ジュウサンホシテントウ かな
f0131669_17544463.jpg
24マルバスミレの実 表面はつるつる 実が低い位置につく アオイスミレは表面毛あり
f0131669_17552929.jpg
25エサキモンキツノカメムシ ♀は守っているだけ 50〜100の卵 ♂のハートは黄色っぽい
f0131669_17561324.jpg
26ヒダリマキマイマイ カラの入り口が反り返っているのが成体
f0131669_17564708.jpg
27ヤスデは葉を食べる
f0131669_17572332.jpg
28アカメガシワの実 雌株
f0131669_17581537.jpg
29イイギリ 雌雄異株
f0131669_17584948.jpg
30スミレ 帰りの道で
f0131669_17592276.jpg
f0131669_17594256.jpg

# by trust-0 | 2018-06-24 18:11 | ノコノコ

モニタリング調査 2018.6.22 大牧小学校

◇6546
◇日時 2018年6月22日 13時から15時
◇天気 晴れ
◇指定外来種 アメリカイヌホオズキ アメリカオニアザミ イヌムギ ウラジロチチコグサ オッタチカタバミ オニノゲシ コセンダングサ コニシキソウ コバンソウ シャクチリソバ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシチチコグサモドキ ナガバギシギシ ナガミヒナゲシ ネズミムギ ノボロギク ハキダメギク ハゼラン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキカタバミ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ 30種
市街地なので、種数は多かったが、量的には少なかった。
1アメリカオニアザミ 帰化植物 市街化なので、群生はなく、1本だけあることが多い。この地区全体では、大小含め10本くらい確認した。
f0131669_08191201.jpg
2ヤブガラシにだれかな 
f0131669_08193863.jpg
3大牧小学校
f0131669_08204164.jpg
4タチチチコグサ 帰化植物
f0131669_08211839.jpg
5ハキダメギク 帰化植物
f0131669_08215079.jpg
6ヨコハママンネングサ 帰化植物
f0131669_08233421.jpg
4ヌルデ 虫こぶかな
f0131669_08241371.jpg
7ハゼラン(別名 サンジソウ) ハゼラン科
f0131669_08245494.jpg
f0131669_08251579.jpg
ハゼランは午後3時頃開花するので、サンジソウ(3時草)とも言う。観察したのが3時頃だったので、花の咲いているのを確認できた。西インド諸島原産、一年生草本。全体に無毛。明治期に花卉として導入、その後逸脱し、野生化した。

# by trust-0 | 2018-06-24 08:37 | モニタリング調査

ベルダの植物たち 2018年6月

T地区
f0131669_07553794.jpg
1マメグンバイナズナ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07545859.jpg
2オッタチカタバミ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07561930.jpg
3チダケサシ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07570944.jpg
f0131669_07574283.jpg
4ヒヨドリジョウゴ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07583388.jpg
5シオデ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_07590350.jpg
6ハエドクソウ 撮影2018.6.22 T地区
f0131669_08000065.jpg
7ヤブカンゾウが咲き出した 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08005743.jpg
8ヤブカンゾウ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08030351.jpg
9コヒルガオ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08034311.jpg
10シオデ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08050369.jpg
11タカトウダイ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08061465.jpg
f0131669_08063656.jpg
12チダケサシ撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08072775.jpg
13イヌゴマ撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08085862.jpg
14ヒメジョオン 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08094465.jpg
15撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08102348.jpg
16ハンゲショウ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08105894.jpg
17イヌヌマトラノオ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08114095.jpg
f0131669_08121436.jpg
18ネズミムギ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08131401.jpg
19ママコノシリヌグイ 撮影2018.6.22 M地区
f0131669_08135243.jpg
2021222324252627282930

# by trust-0 | 2018-06-24 08:14 | ベルダ

2018.6.19 生田緑地

暑い一日、午前中だけ生田緑地を散策した。
1コマツナギの花が咲いていた
f0131669_07011248.jpg
2ヒヨドリバナ
f0131669_07143682.jpg
3コブシの実
f0131669_07152048.jpg
4ツリフネソウの葉
f0131669_07155688.jpg
5ミゾソバの花が咲いていた
f0131669_07163697.jpg
6看板も整備されている この場所は日本民家園、岡本太郎美術館、かわさき宙(そら)と緑の博物館、伝統工芸館といろいろそろっている。
f0131669_07173879.jpg
7
f0131669_07210715.jpg
8カタハリウズクモかな
f0131669_07215840.jpg
9カサスゲ
f0131669_07223217.jpg
10イオウイロハシリグモ
f0131669_07231501.jpg
11フモトシダ
f0131669_07240396.jpg
12看板
f0131669_07245095.jpg
13ヒメドコロ 花は葉の下に
f0131669_07255171.jpg
14☆ヨツスジカミキリ
f0131669_07262130.jpg
15ホタルの看板
f0131669_07273924.jpg
f0131669_07280490.jpg
f0131669_07291685.jpg
f0131669_07293877.jpg
16-1オオバノトンボソウ
f0131669_07302073.jpg
16-2
f0131669_07304087.jpg
17
f0131669_07310495.jpg
18カシワバハグマ
f0131669_07314547.jpg
19イヌザクラの実が落ちていた
f0131669_07323598.jpg
20ハナイカダの実 熟した実は一つだけ
f0131669_07331863.jpg
21オトコエシの葉
f0131669_07341868.jpg
22オカタツナミ
f0131669_07345795.jpg
23カタツムリ
f0131669_07352967.jpg
24ノアザミ
f0131669_07360473.jpg
25 川崎市高津区出身の岡本太郎 青空に映えていた
f0131669_07363318.jpg
26ネジバナ 左巻きと右巻きは半々とツイッター情報
f0131669_07373887.jpg
27-1ウマノミツバ 
f0131669_07381809.jpg
27-2
f0131669_07384117.jpg

28宙と緑の博物館内
f0131669_07394290.jpg
f0131669_07401033.jpg
f0131669_07403102.jpg
f0131669_07410009.jpg
f0131669_07411627.jpg
f0131669_07413507.jpg
埼玉にもこのような森、ネイチャーセンター、美術館があるといいなと思いながら帰途についた。

# by trust-0 | 2018-06-20 07:52 | ノコノコ

2018.6.18 岩殿

◇日時 2018年6月18日 月曜日
◇天気 曇り時々小雨
◇参加者 4名
◇調査コース C→F→G→H→I→B→A→D→E→青木の入り
◇話し合いメモ 持続可能な社会を創造するための学びについて 
◇鳥 ガビチョウ ウグイス コジュケイ
◇生き物 カナヘビ オタマジャクシ ニホンアマガエル ニホンアカガエル ハラビロトンボ♂♀ ツバメシジミ ヤマトシジミ シルビアシジミ
◇花の咲いていた植物 
1
f0131669_23355009.jpg
2
f0131669_23362604.jpg
3
f0131669_23370045.jpg
4
f0131669_23373225.jpg
5
f0131669_23380964.jpg
6-1ケキツネノボタン
f0131669_23390333.jpg
6-2
f0131669_23393521.jpg
6-3
f0131669_23400182.jpg
7ハキダメギク
f0131669_23404808.jpg
8雑種タンポポ
f0131669_23420284.jpg
9ニガナ
f0131669_23425014.jpg
10-1オカトラノオ
f0131669_23435232.jpg
10-2
f0131669_23442445.jpg
11ムラサキシキブ
f0131669_23452807.jpg
12-1オオチドメ
f0131669_23463807.jpg
12-2
f0131669_23471011.jpg
13ザクロソウ
f0131669_23480173.jpg
14タチチチコグサ
f0131669_23484390.jpg
15ウシハコベ
f0131669_23494724.jpg
16ハエドクソウ
f0131669_23503657.jpg
17-1ミミナグサ
f0131669_23512261.jpg
17-2
f0131669_23515205.jpg
18ヌカボ
f0131669_23523071.jpg
19
f0131669_23530370.jpg
20オヘビイチゴ
f0131669_23535605.jpg
21アメリカイヌホオヅキ
f0131669_23550017.jpg
22アオミズ
f0131669_23555098.jpg
22イボタノキの実
f0131669_23564660.jpg
23イヌタデ
f0131669_23575132.jpg
24
f0131669_23583069.jpg
25-1チダケサシ
f0131669_23592836.jpg
25-2
f0131669_00004792.jpg
26ママコノシリヌグイ
f0131669_00014399.jpg
27ケキツネノボタン群落
f0131669_00021898.jpg
28-1ブタナ
f0131669_00031639.jpg
28-2
f0131669_00034981.jpg
29ノチドメ
f0131669_00045078.jpg
30ヤノネグサ
f0131669_00053866.jpg
31-1コウガイゼキショウ
f0131669_00062818.jpg
31-2
f0131669_00071007.jpg
32
f0131669_00074818.jpg
33ネジバナ
f0131669_00082648.jpg
34ヒメコウゾの実
f0131669_00090537.jpg
35ヒロハギシギシ
f0131669_00094949.jpg
36
f0131669_00101837.jpg
37ドクダミ
f0131669_00105452.jpg
38-1ウラジロチチコグサ
f0131669_00113876.jpg
38-2
f0131669_00121997.jpg
39-1コアカソ 木本
f0131669_00130763.jpg
39-2
f0131669_00133120.jpg
17時15分に終了。青木の入りにアメリカオニアザミが出ていた。

# by trust-0 | 2018-06-19 00:16 | 岩殿

ベルダの植物たち2018年6月

トラストの定例活動日1ハエドクソウ 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21111334.jpg
2チャノキの実 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21122199.jpg
3-1ヤブコウジ
f0131669_21133796.jpg
3-2
f0131669_21141054.jpg
4コブシの実が落ちていた
f0131669_21145471.jpg
5コヤブラン 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21153715.jpg
6478910

# by trust-0 | 2018-06-17 21:16 | ベルダ

2018.6.11〜13 フォント レラの森 レスト

6月はマダケのタケノコが出る季節なので、フォントに行くと隣の敷地まで、タケノコがたくさん生えていた。ノコギリですぐ倒せるので目についたものは、すべて切った。キャプション☆二宮さん◇佐井さんにお世話になった。感謝♫
1ニワトコにたくさんのカメムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_22163316.jpg
2☆コハクマイマイ ヤブミョウガの上にいた 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23355207.jpg
3☆オナジマイマイ コクサギの葉裏にいた 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23373385.jpg
4アマチャヅルの葉にトホシテントウ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23381459.jpg
5☆トチバニンジン 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23400193.jpg
6ザトウムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23410989.jpg
7キノコ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23420493.jpg
8ニワトコの実 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23425422.jpg
9ヤブヘビイチゴの実 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23434483.jpg
10-1シュレーゲルアオガエル 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23450942.jpg
10-2
f0131669_23454580.jpg
11-1シロカネグモ属の仲間 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23465619.jpg
11-2
f0131669_23473526.jpg
12トンボ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23484454.jpg
13キノコ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23494625.jpg
14☆クロツヤクシコメツキ 笹の葉にいた だれかな 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23505482.jpg
15☆アシナガバエの仲間 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23532264.jpg
16☆ドクダミの花 黄色いのは雄しべの役白いのは雌しべの柱頭 白い花弁状のものは苞 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23543510.jpg
17ヤマトシリアゲ 撮影2018.6.12 午前 フォント 
f0131669_23552337.jpg
18フォントの風景 今年中にマダケ伐採を完了したい シダレザクラ生長した 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23560833.jpg
19クモ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23584054.jpg
20エサキモンキツノカメムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_23594384.jpg
21☆ベニシタヒトリ ヒトリガ科 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00003098.jpg
22カメムシ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00011581.jpg
23☆ルリクチブトカメムシの幼虫 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00020846.jpg
24シロスジショウジョウグモ 撮影2018.6.12 午前 フォント
f0131669_00024929.jpg
25フォントの景色 マダケがまだ残っている 畑の多くは業者に貸しているとのこと 撮影2018.6.12 午前 フォント 
f0131669_00042870.jpg
26これからレラの森へ撮影2018.6.12 午前 レラの森へ 畑は業者によって大豆が植えられていた 
f0131669_00061152.jpg
27カノコガ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00075811.jpg
28オニノヤガラ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00091754.jpg
29スジアカハシリグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00111165.jpg
30とても小さかった 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00114691.jpg
31☆シロキクラゲ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00125409.jpg
32サイハイランの実 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00141420.jpg
32ニホンアマガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森 握りこぶしが可愛い
f0131669_00152397.jpg
33-1カタハリウズグモかな 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00163607.jpg
33-2
f0131669_00173591.jpg
34-1☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森
f0131669_00183752.jpg
34-2
f0131669_00191755.jpg
35キタテハ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00200222.jpg
36☆ヒシウンカ クズの葉にいた小さな虫撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00212124.jpg
37☆フキバツタ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00222772.jpg
38-1撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00234646.jpg
38-2
f0131669_00242346.jpg
39ノジトラノオかな 葉が細いので 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00255288.jpg
40-1ナガコガネグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00264528.jpg
40-2
f0131669_00272024.jpg
41イオウイロハシリグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00281285.jpg
42ヤマトシジミ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00285721.jpg
43カエルの声が聞こえ、たくさんの小さなカエルが道路を渡っていた
f0131669_00293265.jpg
44☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00314290.jpg
45ヒカゲチョウ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00325266.jpg
46ホタルブクロ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00341050.jpg
47ニガイチゴ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道 実は甘くておいしかった
f0131669_00351017.jpg
47-2
f0131669_00354581.jpg
48ゴミグモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00370482.jpg
49☆キゴシカガンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00382700.jpg
50マメコガネ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00391782.jpg
51☆アシナガバエの仲間 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00403255.jpg
52まだしっぽがついているカエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00430477.jpg
53☆ヒカゲチョウ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00440492.jpg
54コガネムシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00444668.jpg
55☆メヤブマオ イラクサ科 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00454398.jpg
56☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00464063.jpg
57トウキョウダルマガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道の田んぼの中で
f0131669_00472024.jpg
58シュレーゲルアオガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00483106.jpg
59トウキョウダルマガエル 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道の田んぼの中で
f0131669_00490703.jpg
60ヒメジャノメ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00501234.jpg
61☆ハグロトンボ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00511904.jpg
62ヤマシロオニグモ アトグロ型かな 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00521804.jpg
63☆オオチャバネセセリ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00550985.jpg
64イヌガラシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道 小さなアリが見える
f0131669_00562802.jpg
65☆コガネムシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00572207.jpg
66ハナウドの実 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00580795.jpg
67◇アゲハモドキ アゲハモドキガ科 触角の先端にふくらみがないこと、後翅の赤模様と後翅の形で区別。数が少ないので珍しい。 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00585286.jpg
68メヤブマオにヒメバチの仲間 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_00594054.jpg
69セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01011163.jpg
70クモ 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01021315.jpg
71オニタビラコの花と実 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01030364.jpg
72ササについていた 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01040072.jpg
73-1☆ナミガタシロナミシャク 撮影2018.6.12 午前 レラの森下の道
f0131669_01043663.jpg
73-2
f0131669_01051298.jpg
74モンキチョウ 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01062755.jpg
75ウメエダシャク 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01073296.jpg
76撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01082174.jpg
77☆マイマイガの幼虫 撮影2018.6.12 午前 レラの森の畑付近
f0131669_01093545.jpg
午後から茨城大学の方々と森へ 午前中謎だったものが分かるととてもうれしい♫ アワブキ、ミツバウツギ、オニノヤガラ、オクマワラビ、サルナシ、ホタルの仲間、ギンラン、リョウメンシダ、ヤマカシュウなど教えていただいた。
78レラの森 入り口付近
f0131669_01104208.jpg
79ニホンアマガエル 撮影2018.6.12 午後 レラの森 お腹で水を吸っているのかな
f0131669_01165112.jpg
80キノコ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01182934.jpg
81-1撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01190702.jpg
81-2
f0131669_01194420.jpg
82
f0131669_01200784.jpg
83オクマワラビ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01204798.jpg
84☆ヤホシホソマダラ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01212125.jpg
85ニガナ 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01220881.jpg
86アオツヅラフジ 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01231501.jpg
87ミツバウツギ 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01240667.jpg
88ホタルの仲間 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01250071.jpg
89サルナシにアオハダトンボかな 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01260210.jpg
90◇キベリネズミホソバ ヒトリガ科 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01264834.jpg
91ヨモギに 撮影2018.6.12 午後 レラの森の下の道
f0131669_01273229.jpg
92クモ撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01282349.jpg
93ママコノシリヌグイ 撮影2018.6.12 午後 レラの森下の入り口付近の祠があるところは、ヌスビトハギ、オオバギボウシ、キバナアキギリ、ノハラアザミなどが生えている。奥の方は、今までは、セイタカアワダチソウの群落であったが、2017年からクズの侵入が目につくようになった。
f0131669_01295358.jpg
94アカスジキンカメムシ 撮影2018.6.12 午後 レラの森下の入り口付近
f0131669_01350191.jpg
95アカスジハシリグモ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01410530.jpg
96ザトウムシ 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01414917.jpg
97ムネアカアリかな 撮影2018.6.12 午後 レラの森
f0131669_01424133.jpg
2018年6月13日 朝から梅の木の下に浦和の地元の農家さんから購入したジャノヒゲを植える。農薬が心配なところに生えていたウマノスズクサ、お墓の除草剤をかけられそうなところのホタルブクロ、ナルコユリを移植した。小屋の脇にキジの卵らしいもの発見。ヒバリが窓ガラスにあたって脳しんとうを起こしていたようだ。
98ヒバリ 窓ガラスにあたったようだったが、しばらくして動き出した ほっ♫ 撮影2018.6.13
f0131669_01433367.jpg
99キジの卵かな撮影2018.6.13 小屋の脇で 
f0131669_01445652.jpg
100☆ムシトリナデシコにオオスガシバ 撮影2018.6.13 午後 お隣の畑
f0131669_01455278.jpg
寒暖の差が激しく、夜は寒かった。水戸は、今までは年に5〜6回行けばと思っていたが、茨城大学の研究に森を利用していただけることになり、月に1回は行くという目標をたてた。どんなことでもいろいろな人と関わることにより、充実していくのだと思う。今回は皆さんと森を周り、いろいろと教えていただきとても楽しい時間になった。皆さんと別れた後に、土砂降りの雨が振り出し、天候にも恵まれたことにも感謝。


# by trust-0 | 2018-06-14 02:08 | 水戸

風景メモ

2018年4月24日〜風景の写真をまとめた 
1撮影2018.4.24畑定例作業
f0131669_09192504.jpg

2撮影2018.5.1 福畑
f0131669_09284558.jpg
3-1撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09295544.jpg
3-2撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09311610.jpg
3-3撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09315480.jpg
3-4撮影2018.5.4竜神まつり
f0131669_09322463.jpg

4-1撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09210549.jpg
4-2撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09220081.jpg
4-3撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09224847.jpg
4-4撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09232028.jpg
4-5撮影2018.5.10 トラスト
f0131669_09235590.jpg
6-1撮影2018.5.10 マルコ ノイバラが咲いている 定例活動だったが雨 草刈りとセイタカアワダチソウを抜いた
f0131669_09250659.jpg
6-2撮影2018.5.10 マルコ
f0131669_09255462.jpg
6-3撮影2018.5.10 マルコ イチゴツナギの群落その下にはイヌヌマトラノオがスタンバイ
f0131669_09262648.jpg
7撮影2018.5.24 マルコ 
f0131669_09273555.jpg
8グランドワークin芝川のゴミ拾い 参加者7名 洗濯機、テレビが捨ててあった 燃えるゴミ6 不燃物1 撮影2018.6.9 午前9時から10時 とても暑い日だった 暑気払いの約束をして解散
f0131669_08195834.jpg
9ジャガイモ堀 里山.com 撮影2018.6.9 午後13時15分〜15時 収穫したジャガイモはおやつで茹でて食べた お土産はインゲンとジャガイモ(インカノメザメ、アンデスレッド、タワラヨーデル)10家族参加 スタッフ5名 参加者一人足をねん挫した
f0131669_08211075.jpg
10畑の定例日 8時30分からということだったが、8時から来ているメンバーもあり、木陰の休憩は必須 撮影2018.7.3
f0131669_20341256.jpg
11トラスト定例活動日 総持院脇 時期遅れで草刈り 実験中 撮影2018.7.7 
f0131669_21262141.jpg
12マルコみんなの広場 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21273860.jpg
13落枝が多く片付ける 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15350077.jpg
14ジロウガキは枯れてしまった 撮影2018.7.8 F畑
f0131669_15355226.jpg
15撮影2018.7.10F地区へ行く途中の道で
f0131669_18305872.jpg
16撮影2018.7.10 定例畑の日 夏野菜の収穫 ミニトマト マンガンジ キュウリ ナスなど
f0131669_18313039.jpg
17里山.com 撮影2018.7.14 ミニトマト収穫 会員限定 6家族参加
f0131669_22590890.jpg
181920

# by trust-0 | 2018-06-10 08:33 | ベルダ

2018.6.3 自然観察大学 昆虫探検ウォーク

◇日時 2018年6月3日 10時〜14時
◇天気 晴れ
◇講師 山崎秀雄氏 平井氏
脚は6本ではなく、3対という。タテハチョウは4本脚に見えるのが特徴。
1
f0131669_20230049.jpg
2アオカミキリモドキ ♀ 弱い毒あり
f0131669_20240171.jpg
3
f0131669_20253494.jpg
4モンキゴミムシダマシ
f0131669_20473205.jpg
5ニホンカナヘビ
f0131669_20481552.jpg
6キノコ
f0131669_20485066.jpg
7クロウリハムシ トレンチ行動をする 幼虫も成虫も同じ種類の植物を食べる
f0131669_20495538.jpg
8トレンチ行動の葉
f0131669_20504512.jpg
9カメムシの卵にはフタがある
f0131669_20513068.jpg
10ヒメギス 羽が短い 湿ったところが好き 横腹に白い筋あり
f0131669_20524716.jpg
11トホシクビホソハムシの幼虫 別名クコドロオイムシ 自分の糞を背中に乗せている
f0131669_20532258.jpg
12トホシクビボソハムシ
f0131669_20552212.jpg
13
f0131669_20560508.jpg
14
f0131669_20570280.jpg
15トラップ
f0131669_20590019.jpg
16コフキトンボ♀
f0131669_20594003.jpg
17
f0131669_21001742.jpg
18カマキリ
f0131669_21010350.jpg
19
f0131669_21013617.jpg
20モリチャバネゴキブリ
f0131669_21024110.jpg
21キバラヘリカメムシ 青リンゴの臭いと言われたが・・・
f0131669_21032434.jpg
22テントウノミハムシ ヒイラギについていた
f0131669_21043274.jpg
23タケウチトゲアワフキ シナノキについていた
f0131669_21052143.jpg
24タケウチトゲアワフキの幼虫の出た後
f0131669_21061836.jpg
25シナノキの花
f0131669_21065481.jpg
26-1アオヤンマ
f0131669_21074934.jpg
26-2
f0131669_21082142.jpg
26-3
f0131669_21085765.jpg
27-1ナミアメンボ 重さは0.0028グラム カメムシの仲間
f0131669_21095578.jpg
27-2
f0131669_21102844.jpg
28羽の説明
f0131669_21114532.jpg
29山崎先生が持参した標本のハンミョウ
f0131669_21124888.jpg
説明
f0131669_21134874.jpg
先生方の話メモ
★鳥の腸は短い ★糞 肉食の糞はとがっている 草食の糞は丸い ★バタフライトラップ ★日本の昆虫1.2文一 ★昆虫の体重測定福音館 

# by trust-0 | 2018-06-03 21:26 | 見沼自然公園

2018.6.1ベルダ クモの調査

◇日時 2018年6月1日 金曜日 9時30分〜18時
◇天気 晴れ
◇調査者 新井浩司氏 日本クモ学会会員
天候が落ち着かなくて、順延が2回続きやっと実施できた。メモしながら撮影したが、間違いがあると思う。次回お会いした折に訂正していただこうと思う。
トラスト地
1オニグモ 亜生体 ♂ もう一回脱皮する 東屋で
f0131669_17180775.jpg
2キハダカニグモ ♂
f0131669_17201866.jpg
3アワフキムシ
f0131669_17210068.jpg
4ヤミイロカニグモがマミジロハエトリを食べている
f0131669_17221372.jpg
5-1ヨダンハエトリ♂
f0131669_17230647.jpg
5-2
f0131669_17233810.jpg
6オトシブミの一種
f0131669_17241436.jpg
7クモの調査は大変
f0131669_17253260.jpg
8-1キララシロカネグモ
f0131669_17262177.jpg
8-2
f0131669_17264669.jpg
9コガネグモ♂
f0131669_17273846.jpg
10ササグモ♀
f0131669_17282999.jpg
11ササグモ
f0131669_17290896.jpg
12ベニカミギリ
f0131669_17304729.jpg
13ウラギンシジミ
f0131669_17315105.jpg
14-1シボグモ♂ 未成熟
f0131669_17335323.jpg
14-2
f0131669_17350819.jpg
15シッチコモリグモ♂とても小さい
f0131669_17364226.jpg
16コガネグモ♀成熟している
f0131669_17375313.jpg
17カメムシ
f0131669_17382887.jpg
18-1ナルコグモ属?
f0131669_17393417.jpg
18-2
f0131669_17411239.jpg
19
f0131669_17432931.jpg
20カラスハエトリ
f0131669_17442767.jpg
21クサグモ
f0131669_17453562.jpg
22アオオビハエトリ?
f0131669_17483385.jpg
22-2
f0131669_17502074.jpg
23ウロコアシナガグモ
f0131669_17511255.jpg
24クサグモ
f0131669_17515353.jpg
25イオウイロハシリグモ
f0131669_17523818.jpg
26ハエトリグモ
f0131669_17532059.jpg
27ヤサアリグモ♂
f0131669_17570632.jpg
28チャイロアサヒハエトリ♂
f0131669_17592269.jpg
29
f0131669_18013666.jpg
30
f0131669_18021578.jpg
31フタオイソウロウグモ
f0131669_18030327.jpg
32
f0131669_18034108.jpg
33
f0131669_18041961.jpg
34ムラクモヒシガタグモ♀ 
f0131669_18061348.jpg
35ナルコグモ属
f0131669_18071367.jpg
36キンイロエビグモ ハラジロ型
f0131669_18081512.jpg
37?
f0131669_18084790.jpg
38シロカネグモ属
f0131669_18093122.jpg
39モリチャバネゴキブリ
f0131669_19004559.jpg
40森の中
f0131669_19012012.jpg
41
f0131669_19014893.jpg
42シロカネグモ属
f0131669_19023568.jpg
43オナガグモ ヒメグモ科
f0131669_19030949.jpg
44ハラダカグモ きれいに撮れなかったが忘備として
f0131669_19041670.jpg
45?
f0131669_19061552.jpg
46ヤブニッケイに虫こぶかな
f0131669_19074169.jpg
47シャコグモ エビグモ科
f0131669_19084073.jpg
48ハエ
f0131669_19092129.jpg
49カニグモ属
f0131669_19134979.jpg
50トラストを出て福々の森に向かう
f0131669_19144536.jpg
51ジョロウグモのまどい
f0131669_19153195.jpg
52クリの花が咲いている
f0131669_19160302.jpg
53カバキコマチグモ コマチグモ科 ♀は発育とともに硬い葉を利用するようになる。産卵は7〜9月。80〜220卵、約10日でふ化し、子グモは数日間、親グモの周りに集まっている。第1回の脱皮後、子グモは一斉に母親の体に食いつき3〜4時間から半日で親を食べてしまう。脱皮用に住居をつくる
f0131669_19173303.jpg
54アズマキシダグモ キシダグモ科 卵のうを抱えている 5月中旬に成熟 求愛は♂はハエなどを糸で巻いてギフトとして♀に差し出す習性がある。婚姻贈呈。♀が贈呈されたものを食べている間に交尾する。
f0131669_19182229.jpg
55シロカネグモ属 アシナガグモ科
f0131669_19190745.jpg
56キノコが生えていた
f0131669_19194909.jpg
57ハリガネワラビ ヒメシダ科  
f0131669_19213528.jpg
58-1アオオニグモ コガネグモ科 春に成熟する ビジョオニグモは秋に成熟する
f0131669_19223956.jpg
58-2アオオニグモの住居 キレ網をつくる 住居への呼糸は1本
f0131669_19230031.jpg
59タケカレハの幼虫
f0131669_19240847.jpg
60ヤミイロカニグモ カニグモ科
f0131669_19250096.jpg
充電切れで残念 福々の森→畑→マルコ マルコであまりに美しいヤホシヒメグモをケースに入れて持ち帰る→翌日朝、マルコに逃がした。
61ヤホシヒメグモ 卵のうを抱えている 今度あったときはもっときれいに撮ろう 明るいところにいるクモ
f0131669_19314036.jpg
とても長い時間、調査していただき感謝。前回の調査の補足と思って依頼したが、結局、調査はきちんとやるということを新井さんから教えられた。トラストにムツトゲイセキグモがいたことも驚きだった。クモは風に乗ってどのくらい飛ぶのだろうか。

# by trust-0 | 2018-06-03 18:09 | ベルダ

2018.5.27民家園から調整池

◇日時 2018年5月27日 9時〜
◇場所 浦和くらしの博物館民家園→調整池→民家園
◇天気 晴れ 暑いくらいであったが木陰は涼しかった
◇鳥 カイツブリ アオサギ シジュウカラ スズメ オオヨシキリ
◇昆虫 コフキトンボ キイロサナエ イチモンジチョウ
◇生きもの アカミミガメ
◇メモ コウモリが減ったとの話があった カワウ、オオヨシキリが調整池で繁殖している ☆キャプション二宮さん 
1
f0131669_16123335.jpg
2モンシロチョウ
f0131669_08274398.jpg
3ジョロウグモのまどい
f0131669_08281632.jpg
4☆ホソバセダカモクメ ハルノノゲシやアキノノゲシを食草としている
f0131669_08291247.jpg
5マテバシイの雄花
f0131669_08300288.jpg
6ハグロハバチの幼虫
f0131669_08305737.jpg
7☆ホオヅキカメムシ
f0131669_08315988.jpg
8ネズミムギ 花の時期に草刈りすると良いかな 実がなってからだと増えてしまう
f0131669_08324818.jpg
9☆ナガメの幼虫
f0131669_08353824.jpg
10ナガメ カメムシ科
f0131669_08361041.jpg
11-1ハエトリグモ科かな
f0131669_08383530.jpg
11-2
f0131669_08414140.jpg
12クワにいた虫 アメリカシロヒトリの幼虫 終齢幼虫になると単独行動をする
f0131669_08423910.jpg
13コフキゾウムシ
f0131669_08441131.jpg
14☆ホソヘリカメムシ
f0131669_08451327.jpg
15☆クズにいたメダカナガカメムシ
f0131669_08460437.jpg
16カキネガラシ
f0131669_08470407.jpg
17クサグモかコクサグモかな
f0131669_08474087.jpg
18木陰でひと休み
f0131669_08482504.jpg
19ハナグモ♂ カニグモ科
f0131669_08485933.jpg
20イチモンジチョウ
f0131669_08500068.jpg
21ウロコアシナガグモだと思う
f0131669_08510130.jpg
22-1オニウシノケグサ イネ科 ヨーロッパ原産
f0131669_08540814.jpg
22-1
f0131669_08543595.jpg
23☆ヨツボシウスキヒメシャク
f0131669_09012803.jpg
24☆セッカニワゼキショウ 民家園に咲いていた
f0131669_09015707.jpg
途中で帰途についた。

# by trust-0 | 2018-05-27 16:12 | ノコノコ

2018.5.25大門小学校付近 

◇5339
◇2018年5月25日 11時〜昼食をはさみ14時まで
◇天気 晴れ
◇アカボシゴマダラ
◇指定外来種 アイノコセイヨウタンポポ アメリカオニアザミ アメリカフウロ イヌムギ イモカタバミ ウラジロチチコグサ オオキンケイギク オッタチカタバミ オニノゲシ オランダミミナグサ キクイモ コセンダングサ コバンソウ シロツメクサ セイタカアワダチソウ セイバンモロコシ セイヨウカラシナ タチイヌノフグリ チチコグサモドキ ツボミオオバコ ナガバギシギシ ニワゼキショウ ネズミムギ ハキダメギク ハルジオン ヒメジョオン ヒメツルソバ ヒメムカシヨモギ ヒルザキツキミソウ ヘラオオバコ マメグンバイナズナ ムシトリナデシコ ムラサキカタバミ ムラサキツメクサ メマツヨイグサ ユウゲショウ ヨウシュヤマゴボウ 37種
大門小学校での打ち合わせ終了後、スタート ☆キャプション 二宮さん
1大門小学校 学校林がある小学校だが、道路が通るので一部なくなるとのことで、残念。☆二宮さん同定
f0131669_22053544.jpg
2ユウゲショウ アカバナ科 外来生物一般
f0131669_22085934.jpg
3マメグンバイナズナ アブラナ科 北アメリカ原産
f0131669_22112213.jpg
4アメリカフウロ フウロソウ科 北アメリカ原産 昭和8年京都で確認
f0131669_22141159.jpg
5タチイヌノフグリ ゴマノハグサ科 ヨウロッパ原産 明治年間の初期に東京で確認
f0131669_22164785.jpg
6ネズミムギ イネ科 外来生物産業管理種 ヨーロッパ原産 飼料作物イタリアンライグラスとして栽培されたが野生化している
f0131669_22202019.jpg
7オッタチカタバミ カタバミ科 外来生物一般 北アメリカ原産 全体に白い毛が多い 
f0131669_22212184.jpg
8コナスビ サクラソウ科 オカトラノオ属 葉裏に透明な線点あり 
f0131669_22260034.jpg
9ウラジロチチコグサ キク科 外来生物一般 
f0131669_22272201.jpg
10ナガバギシギシ タデ科 外来生物その他対策種
f0131669_22285689.jpg
11ムラサキツメクサ(別名アカツメクサ) マメ科 ヨーロッパ原産
f0131669_22300406.jpg
12ヒルザキツキミソウ アカバナ科 北アメリカ原産
f0131669_22311671.jpg
13ナガミヒナゲシ
f0131669_22315843.jpg
14☆アシブトハナアブ
f0131669_22323323.jpg
15ムシトリナデシコ ナデシコ科 外来生物その他対策種
f0131669_22342848.jpg
16アメリカオニアザミ キク科 外来生物その他対策種
f0131669_22361101.jpg
17セイバンモロコシ イネ科 外来生物その他対策種
f0131669_22372370.jpg
18☆ヤマグワの実 長い花柱が残存する
f0131669_22375837.jpg
19★オナジマイマイ 外来種 最後の巻きが広がっていない 越冬する 複数年生きる 草地など開けた環境に生息する
f0131669_22385995.jpg
20コセンダングサ キク科 外来生物一般
f0131669_22401918.jpg
21☆ケヤキに虫こぶ ケヤキハフクロフシ 形成者はケヤキヒトスジワタムシ
f0131669_22410738.jpg
22ヒメツルソバ タデ科 外来生物その他対策種
f0131669_22421836.jpg
23イモカタバミ 
f0131669_22430898.jpg
24ムラサキカタバミ
f0131669_22435280.jpg
25ノビルの花とムカゴ 
f0131669_22444842.jpg
26大門宿本陣表門
f0131669_22452154.jpg
27
f0131669_22455274.jpg
28☆アワダチソウグンバイ
f0131669_22463745.jpg
29セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ
f0131669_22473999.jpg
30オオキンケイギク キク科 特定外来生物緊急対策種 北アメリカ原産多年生草本 明治中期に導入
f0131669_22491554.jpg
31-1ヘラオオバコ オオバコ科 外来生物一般 ヨーロッパ原産
f0131669_22503795.jpg
31-2
f0131669_22510607.jpg
32ハキダメギク キク科 外来生物一般 熱帯アメリカ原産 大正年間に侵入
f0131669_22521611.jpg
33☆チチコグサモドキ キク科 熱帯アメリカ原産  
f0131669_22531352.jpg
34☆ウスキヒメアオシャク
f0131669_22534942.jpg
35大門神社
f0131669_22543326.jpg
36-1シロザは虫食い
f0131669_22554734.jpg
36-2葉裏にとても小さな虫がいた
f0131669_22562541.jpg
37
f0131669_22570282.jpg
38-1シロカネグモ属の一種
f0131669_22574526.jpg
38-2
f0131669_22581011.jpg
39★クサグモ
f0131669_22584228.jpg
40ウメモドキの花
f0131669_22592885.jpg
41ヨウシュヤマゴボウ ヤマゴボウ科 外来生物一般 北アメリカ原産 多年生草本 全体に無毛
f0131669_23005437.jpg
42☆アレチノギク キク科 南アメリカ原産 明治中期に渡来 最近は少ない
f0131669_23012333.jpg
とても暑い日だった。

# by trust-0 | 2018-05-26 23:15 | モニタリング調査

2018.5.26モニタリング研修会

外来植物研修会
◇日時 2018年5月26日土曜日 9時から12時
◇場所 東松山都幾川リバーサイドパーク
◇指導 NPO法人自然観察指導員埼玉 副代表理事 牧野彰吾氏
木陰は涼しく、風が心地よい野原を歩きました。先生のお話や参加者からの情報もメモしてみました。先生からは詳しい資料を頂きました。☆二宮さん同定
1ウツギにだれかな
f0131669_16594999.jpg
2アブかな
f0131669_17004223.jpg
3☆ウリハムシ
f0131669_17013219.jpg
4クワキジラミ クワの葉裏につく 尾部から長い糸状のロウ物質を出す。キジラミ科日本産既知種66種(昆虫博士入門)白い糸のようなものは触ると消えてしまう 
f0131669_17034845.jpg
5クサイ イグサ科 花が咲いている時期でラッキーでした 史前帰化 
f0131669_17030397.jpg
6-1ナヨクサフジ マメ科 外来生物産業管理種 マメ科なので農家の方が畑に植えていることもあるとか
f0131669_17053440.jpg
6-2☆セイヨウミツバチ
f0131669_17071396.jpg
7ゴイシシジミ チョウ目 シジミチョウ類 幼虫はタケ類につくアブラムシやその分泌物を食べて育ち、成虫もアブラムシの分泌物を吸うことが多い(昆虫博士入門)
f0131669_17080001.jpg
8ネズミムギ イネ科 外来生物産業管理種 花盛り、よく見るときれい
f0131669_17091242.jpg
9ギシギシ 実にギザギサあり
f0131669_17102251.jpg
10ナガバギシギシ タデ科 外来生物その他対策種 あまりギザギザはない
f0131669_17113252.jpg
11-1スズメノチャヒキ イネ科 史前帰化
f0131669_17125054.jpg
11-2茎には毛がいっぱい
f0131669_17131754.jpg
12マダケ イネ科 外来生物産業管理種
f0131669_17141413.jpg
13アズマネザサ イネ科 日本固有種
f0131669_17144538.jpg
14セリバヒエンソウ キンポウゲ科 外来生物一般
f0131669_17152822.jpg
15ユウゲショウ アカバナ科 外来生物一般
f0131669_17160929.jpg
16ヤブスゲ カヤツリグサ科
f0131669_17164666.jpg
17☆シロジュウジホシテントウ クワジラミの幼虫を食べる
f0131669_17172893.jpg
18オヤブジラミの実 セリ科
f0131669_17181501.jpg
19★ミスジマイマイ
f0131669_17185303.jpg
20ギンメッキゴミグモかな
f0131669_17193799.jpg
21ヒメウラナミジャノメ
f0131669_17201958.jpg
22アオツヅラフジに虫何かな ツツラフジ科
f0131669_17210942.jpg
23ニワウルシの花 ニガキ科 外来生物重点対策種
f0131669_17214833.jpg
24☆コガタウリハムシ 成虫、幼虫ともギシギシ、スイバ類を食べる
f0131669_17221845.jpg
25ノビル ヒガンバナ科 先生の勧めで初めてムカゴを食べた
f0131669_17232533.jpg
26☆コアオハナムグリ
f0131669_17241159.jpg
27-1シナダレスズメガヤ イネ科 外来生物重点対策種
f0131669_17261605.jpg
27-2花が咲いていた
f0131669_17264782.jpg
28ベニシジミ
f0131669_17272373.jpg
29ムラサキツメクサ マメ科 外来生物一般
f0131669_17280611.jpg
30ツボミオオバコ オオバコ科 外来生物一般 茎は毛深い
f0131669_17285216.jpg
31オッタチカタバミ カタバミ科 外来生物一般 葉の色が明るい
f0131669_17294427.jpg
32☆ヨモギハベリマキフシ ヨモギに虫こぶ
f0131669_17302541.jpg
33ミコシガヤ カヤツリグサ科
f0131669_17310961.jpg
34ヤセウツボ 
f0131669_17315063.jpg
35ヒシバッタ
f0131669_17323110.jpg
36ケキツネノボタン キンポウゲ科
f0131669_17330805.jpg
37☆ヒメギスの幼虫
f0131669_17334801.jpg
38モモブトカミキリモドキ
f0131669_17355508.jpg
39セイヨウカラシナ アブラナ科 外来生物その他対策種 種は1mmセイヨウアブラナの種は2mm 10粒ほどかむと種も辛い
f0131669_17373531.jpg
40ギョウキシバ 普通のシバは1本
f0131669_17391159.jpg
41マルバハッカ シソ科 外来生物一般
f0131669_17395533.jpg
42シロザ ヒユ科 ほうれん草のようにゆでて食べられる
f0131669_17404660.jpg
43イヌカミツレ キク科 外来生物一般 葉が細い
f0131669_17413667.jpg
44ニガクサ シソ科 
f0131669_17421182.jpg
45クモのまどい
f0131669_17425056.jpg
46アレチヌスビトハギ マメ科 外来生物その他対策種 葉が細長い 
f0131669_17434791.jpg
47オオキンケイギク キク科 特定外来生物緊急対策種 葉の形が変わっている
f0131669_17445081.jpg
48ミゾコウジュ  シソ科 アキギリ属 埼準絶NT 全準絶NT 葉の下が縮れている
f0131669_17453420.jpg
49キクノハアオイ Yさんが持ってきたもの これを観察して解散になった 
f0131669_17465004.jpg
50-1ママコノシリヌグイ タデ科 
f0131669_17473963.jpg
50-2茎
f0131669_17483645.jpg
51キヅタの実
f0131669_17510650.jpg
52-1ヤマトシリアゲ シリアゲ目 この仲間は交尾のときに雄が雌にえさをプレゼントする婚姻贈呈で知られている(昆虫博士入門より)
f0131669_17515158.jpg
52-2
f0131669_17521674.jpg
53☆タカラダニ
f0131669_17525821.jpg
54ニワゼキショウ アヤメ科 外来生物一般 オオニワゼキショウは湿ったところに生える
f0131669_17533070.jpg
55マメグンバイナズナ 
f0131669_17542381.jpg
56ササグモ
f0131669_17545839.jpg
57ムシトリナデシコ ナデシコ科 外来生物その他対策種 モンシロチョウ
f0131669_17553295.jpg
◇鳥はカビチョウ ホトトギス ホオジロ ヒヨドリ ウグイス シジュウカラ
知り合いの家に行き梅をもらって帰途についた。

# by trust-0 | 2018-05-26 18:05 | モニタリング調査

2018.5.21 岩殿

◇日時 2018年5月21日 月曜日 9時30分 高坂駅
◇天気 晴れ 
◇調査メンバー 二宮靖男 坂田智代 加倉井範子 地元メンバー 稲田滋夫 渡部栄一
◇鳥 ガビチョウ ウグイス ◇昆虫 ハルゼミ(声) ウラギンシシミ キタテハ ハラビロトンボ 
◇メモ ハルゼミは松のあるところ キショウブは水質浄化にもなる ヤブキリの幼体は背中が茶色 レンゲの種まきは9月
◇調査順路 C→F→G→H→I→B→A→D→E→青木の入り
1
f0131669_23262577.jpg
2ムラサキサギゴケ (サギゴケ)ハエドクソウ科 根元からの長い送出枝を何本も放射状に出している様子がよく写っている。花冠の長さは1.3〜2cmで(トキワハゼのそれは1〜1.2cm)大きい。
f0131669_23275628.jpg
3クサイチゴ バラ科 葉は花枝では3小葉、徒長枝では、5葉よりなる。果実は大型。本州、四国、九州に普通にみられる。萼裂片は尾状に伸びている。キイチゴ属共通に隆起する花托(花床)に小核果(小さい粒状に見える)をつけ集合果となり、いわゆるイチゴを形成する。
f0131669_23283890.jpg
4ジュズスゲ カヤツリグサ科 大きな株をつくる。茎は直立し、葉の幅は5〜10mm。頂小穂は雄性で細く、雌小穂に隠れるようだ。和名は数珠菅で、雌小穂の形から。
f0131669_23291734.jpg
5ヒメゴウソ カヤツリグサ科 湿地に生える。茎は株をつくる。葉の幅は2〜6mm。全体に粉白色。頂小穂は雄性で細い。果胞は細かい突起を密生する。
f0131669_23300116.jpg
6-1ニガナ キク科 この属は冠毛が不揃い。根出葉は切れ込むことがある。葉は茎を抱く。多数の頭花をつけ、各頭花には5〜7の小花。単為生殖。
f0131669_23304593.jpg
6-2
f0131669_23313732.jpg
7ゴウソ カヤツリグサ科 平地の湿ったところに生える。葉の幅4〜6mm。果胞は広卵形、著しくふくらみ、小突起を密生、灰緑色〜灰褐色。
f0131669_23322096.jpg
8ハリガネワラビ ヒメジタ科 最下羽片は、ハの字型に逆行する葉脈は葉縁に達する 葉柄は黒褐色から緑色
f0131669_23330437.jpg
9ヤワラシダ ヒメシダ科 最下羽片の基部は狭くなる。小脈は辺縁に達しない。
f0131669_23335737.jpg
10-1トウゴクシソバタツナミ 茎に開出毛が多い
f0131669_23351357.jpg
10-2
f0131669_23354836.jpg
11タチシオデの実
f0131669_23363540.jpg
12-1イグサ (トウシンソウ)イグサ科 花序の基部から出る苞が茎と同じ形になって立つので、花序が側生のように見える。変異が多く、畳表やゴザの原料になるのはコヒゲという栽培品種。
f0131669_23372751.jpg
12-2
f0131669_23375991.jpg
13
f0131669_23383291.jpg
14
f0131669_23391206.jpg
15ミズタマソウ
f0131669_23400474.jpg
16マルバヤナギの果実 この果実から綿毛をもったタネが風に乗り飛び散っていく
f0131669_23404095.jpg
17アシボソ
f0131669_23411959.jpg
18ミツバツチグリ 根茎がかたまりになっている 葉は3個の小葉からなる
f0131669_23421439.jpg
19ナワシロイチゴ
f0131669_23425977.jpg
20ウツギ
f0131669_23434099.jpg
21ボントクタデ
f0131669_23442213.jpg
22イボタノキ
f0131669_23450930.jpg
23エナシヒゴクサ カヤツリグサ科 ヒゴクサによく似るが側生する小穂は柄がなく直立する。ヒゴクサと同じような所に生息する。果胞は著しく膨らみ開出し、楕円形でやや厚く、多少海綿質状。
f0131669_23455850.jpg
24スイカズラ
f0131669_23465672.jpg
25-1オヘビイチゴ
f0131669_23474824.jpg
25-2
f0131669_23495208.jpg
26ノブドウ
f0131669_23482634.jpg
27
f0131669_23490492.jpg
28マグワの実
f0131669_23505899.jpg
29ノチドメ
f0131669_23514943.jpg
30クサボケ
f0131669_23522312.jpg
31-1タコノアシ
f0131669_23533168.jpg
31-2葉の鋸歯先が赤い
f0131669_23540296.jpg
32ミゾカクシ
f0131669_23544036.jpg
33-1
f0131669_23551710.jpg
33-2
f0131669_23554640.jpg
33-3
f0131669_23561228.jpg
34-1キツネアザミ キク科 花冠筒の筒部は狭い。総苞片の狭部はますます狭い。そう果には15肋があり、羽毛状は内外2列で狭い。
f0131669_23585828.jpg
34-2
f0131669_23593162.jpg
34-3
f0131669_00000354.jpg
34-4
f0131669_00003399.jpg
34-5
f0131669_00011247.jpg
35-1ヤエムグラ
f0131669_00020171.jpg
35-2
f0131669_00023646.jpg
36ガマズミ
f0131669_00031773.jpg
37-1シケシダ メシダ科 包膜が目立ち全縁で長い。
f0131669_00040105.jpg
37-2
f0131669_00042763.jpg
38モミジイチゴ
f0131669_00050110.jpg
39-1ゲンゲ
f0131669_00055453.jpg
39-2
f0131669_00063210.jpg
40-1ツボミオオバコ
f0131669_00071476.jpg
40-2
f0131669_00074950.jpg
40-3
f0131669_00083587.jpg
17時49分調査終了。

# by trust-0 | 2018-05-22 00:16 | 岩殿

2018.5.13〜15 レスト フォント レラの森

キャプション◇佐井さん
1エナシヒゴクサ
f0131669_21322297.jpg
2ヒゴクサ
f0131669_21334061.jpg
3ミミナグサ
f0131669_21344612.jpg
4★ゴミグモ♂
f0131669_21352988.jpg
5ハエ
f0131669_21382824.jpg
6ユウガギクの葉?
f0131669_21392570.jpg
7★ヤマシロオニグモ セジロ型
f0131669_21400019.jpg
8ウシハコベにお客さん
f0131669_21405601.jpg
9ガ
f0131669_21414466.jpg
10トサミズキの実
f0131669_21423598.jpg
11-1
f0131669_21431391.jpg
11-2赤いのはダニ?
f0131669_21434941.jpg
12奥の方はヒゴクサとエナシヒゴクサが群生している
f0131669_21444304.jpg
13アヤメが咲いている ヨモギを残して草刈り
f0131669_21460043.jpg
14マユミ、イボタノキの木に花が咲き昆虫レストラン
f0131669_21483401.jpg
15
f0131669_21491042.jpg
16マユミの木にケムシ
f0131669_21495443.jpg
17◇クサギカメムシ カメムシ科
f0131669_21503789.jpg
18
f0131669_21510981.jpg
19
f0131669_21513791.jpg
20ケムシ 中央のピンク色はカメラのせい
f0131669_21520758.jpg
21マミジロハエトリ♂
f0131669_21532652.jpg
22コチャバネセセリ レラの森の入り口で
f0131669_21540459.jpg
23バッタ
f0131669_21593607.jpg
24ミヤマヨメナ
f0131669_22014253.jpg
24-2
f0131669_22023482.jpg
25
f0131669_22031436.jpg
26
f0131669_22040183.jpg
27ウグイスカグラの実
f0131669_22044678.jpg
28
f0131669_22052162.jpg
29-1ヤマジノホトトギス
f0131669_22062882.jpg
29-2
f0131669_22065348.jpg
30-1サイハイラン
f0131669_22073333.jpg
30-2
f0131669_22080882.jpg
31◇スジベニコケガ ヒトリガ科 4〜10月 平地から山 個体による変異も多い
f0131669_22083478.jpg
32キノコ
f0131669_22090844.jpg
33フタリシズカ
f0131669_22094266.jpg
34エノキに
f0131669_22102074.jpg
35トンボ 撮影2018.5.14 水戸市成沢地区 フォント
f0131669_22111608.jpg
ここから2018年5月15日
36ヤマトシリアゲ
f0131669_22145708.jpg
37?
f0131669_22154934.jpg
38ハエ
f0131669_22164707.jpg
39★ヒメオニグモの一種
f0131669_22172105.jpg
40-1◇アカアシオオクシコメツキ 似たものが多くあり
f0131669_22180189.jpg
40-2
f0131669_22185524.jpg
41モウソウチクの林の林床は貧弱で草も少ない
f0131669_22193850.jpg
42シュレーゲルアオガエル
f0131669_22205255.jpg
43ヤブニンジンの実
f0131669_22215535.jpg
44アカスジキンカメムシ2齢
f0131669_22232257.jpg
45ハナムグリの仲間
f0131669_22243172.jpg
46ハナウド
f0131669_22253304.jpg
47コクサギの実
f0131669_22263025.jpg
48イヌガラシにアブ
f0131669_22271854.jpg
49★シロスジショウジョウグモ♀ 生殖器が見える
f0131669_22280573.jpg
50
f0131669_22283429.jpg
51★コハナグモ
f0131669_22291022.jpg
52アカスジカメムシ
f0131669_22294600.jpg
53オヤブジラミの実
f0131669_22304063.jpg
54ニホンアマガエル
f0131669_22315296.jpg
55タケノコと竹の間に生長したので途中から伐採 人手がなく体力もないのでこのような管理をしている
f0131669_22331387.jpg
56キィウーの実生が目立つ
f0131669_22343727.jpg
見回り フォント→レラの森左の道→サイハイラン→マダケ→キンラン→下の道
57キジョラン
f0131669_22351199.jpg
58エゴノキの花も咲いていた
f0131669_22355352.jpg
59ヤブヘビイチゴ
f0131669_22363454.jpg
60トホシテントウ
f0131669_22372605.jpg
61-1ジュズスゲ
f0131669_22381827.jpg
61-2
f0131669_22384644.jpg
62ニホンアマガエル どこで体を支えているのかな
f0131669_22394679.jpg
63クロハネシロヒゲナガ
f0131669_22405421.jpg
64ホソコメツキかな
f0131669_22414431.jpg
65
f0131669_22421743.jpg
66ニホンアカガエル ピンク色はカメラのせい
f0131669_22430753.jpg
67
f0131669_22442029.jpg
68レラの森の道を草刈り
f0131669_22451557.jpg
69
f0131669_22455136.jpg
70ヤナギイノコヅチ
f0131669_22461837.jpg
71オカタツナミソウ
f0131669_22470204.jpg
72ハナイカダ
f0131669_22480076.jpg
73★コシロガネグモ属
f0131669_22485402.jpg
74アマチャヅル
f0131669_22493361.jpg
75コケ
f0131669_22501730.jpg
76コケ
f0131669_22505050.jpg
77★斑入りのスイカズラ
f0131669_22513917.jpg
78カイダンシダ
f0131669_22525788.jpg
79チゴユリの実
f0131669_22534845.jpg
80誰の住居かな タナグモ クスミサラグモかも
f0131669_22543651.jpg
81ニガナ
f0131669_22551789.jpg
82ココメウツギ
f0131669_22555388.jpg
83オオスズメバチ?とサトキマダラヒカゲ
f0131669_22562826.jpg
84田んぼ
f0131669_22573240.jpg
85ケキツネノボタン
f0131669_22581561.jpg
86◇マルモンヒメアオシャク
f0131669_22585073.jpg
87カニツリクサ
f0131669_22592749.jpg
88チョウカイボン
f0131669_23000209.jpg
89-1コジュズスゲ
f0131669_23012729.jpg
89-2
f0131669_23015715.jpg
90
f0131669_23023755.jpg
91フクラスズメの幼虫
f0131669_23032056.jpg
92バッタ
f0131669_23035942.jpg
93カラムシの中でアカタテハの幼虫かな
f0131669_23050143.jpg
94羽の形からアオハダトンボらしい
f0131669_23055118.jpg
95
f0131669_23061720.jpg
96トウバナ
f0131669_23071674.jpg
97-1ヤマカシュウ サルトリイバラ科 葉裏は淡緑 巻きひげあり 花序は多数花
f0131669_23080881.jpg
97-2
f0131669_23084469.jpg
98
f0131669_23092749.jpg
99アリ おなかが赤い
f0131669_23100492.jpg
100コガネグモ とても小さいのに姿は一人前
f0131669_23103831.jpg
101★スジアカハシリグモ
f0131669_23111077.jpg
102サトキマダラヒカゲ
f0131669_23115786.jpg
103◇ナガサキアゲハ♀
f0131669_23125030.jpg
104ゼニゴケ
f0131669_23132097.jpg
2018年5月13日の日曜日は雨、南浦和のあじさい、レンギョウ、エビネなどを持ってきたので、水戸に到着は午後になってしまった。14日は晴れ、レストの草刈りを終えてから、移植後成沢の墓掃除。昼食後レラの森の草刈り。フォントでタケノコ倒しというか大きくなっていて竹きり。あまりの多さに途方に暮れる。作業は翌日に持ち越しだったが、トンボを発見、写真に撮れて疲れが飛んだ。15日晴れ、引き続きタケノコ倒し。午前中で終了。午後からフォント→レラの森→下の道を歩く。共同墓地で墓参りをして帰途につく。


# by trust-0 | 2018-05-17 23:35 | 水戸

ベルダの植物たち 2018年5月

1ゼニゴケ かな 撮影2018.5.1J畑
f0131669_21472091.jpg
2フタリシズカ 撮影2018.5.1H地区
f0131669_21485197.jpg
3サルトリイバラ 実 撮影2018.5.1H地区
f0131669_21500633.jpg
4ヒゴクサ カヤツリグサ科 スゲ属 撮影2018.5.1
f0131669_21512304.jpg
5アキノノゲシ キク科 アキノノゲシ属 葉 撮影2018.5.4
f0131669_21525411.jpg
6マユミ ニシキギ科 ニシキギ属 撮影2018.5.4
f0131669_21541201.jpg
7アマドコロ キジカクシ科 アマドコロ属 実 撮影2018.5.4
f0131669_21551662.jpg
8フタリシズカ センリョウ科 センリョウ属 実は緑色で小さい 花が終わった後茎の下部から閉鎖花をつけた花序を出す  撮影2018.5.4
f0131669_21561241.jpg
9タケニグサ ケシ科 タケニグサ属 欧米では園芸植物 葉を切ると黄色い乳液は有毒で害虫の駆除に用いた 撮影2018.5.4 F地区
f0131669_21572736.jpg
10ガマズミ  撮影2018.5.4 T地区
f0131669_21581813.jpg
11モウソウチク 撮影2018.5.4 T地区
f0131669_21590933.jpg
12ハチク 撮影2018.5.4 T地区
f0131669_22001681.jpg
13ホウチャクソウ イヌサフラン科 ホウチャクソウ属 撮影2018.5.4 T地区
f0131669_22010601.jpg
14コシュズスゲ カヤツリグサ科 スゲ属 撮影2018.5.4
f0131669_22021318.jpg
15オヤブジラミ セリ科 ヤブジラミ属 実 撮影2018.5.4
f0131669_22030800.jpg
16オオヂシバリ(別名オオジシバリ) キク科 ノニガナ属 実 撮影2018.5.4
f0131669_22035964.jpg
17コメツブツメクサ マメ科 ヨーロッパから西アジア原産 葉の先端が凹む 大正初期に侵入 撮影2018.5.4 
f0131669_22050588.jpg
18撮影2018.5.4 撮影2018.5.4 E畑
f0131669_22075786.jpg
19チガヤ イネ科 チガヤ属 今年は原形保全区間に増えた 撮影2018.5.4用水沿い
f0131669_22093105.jpg
20カニツリクサ イネ科 カニツリクサ属 多年草 小穂は緑か黄色味おび光沢がある 撮影2018.5.5
f0131669_22111989.jpg
21エゴノキの花 撮影2018.5.5 林内を歩くと花が所々に落ちていた
f0131669_22122786.jpg
22チダケサシ ユキノシタ科 チダケサシ属 茎が赤い 撮影2018.5.5 
f0131669_22150113.jpg
23ニワゼキショウ アヤメ科 ニワゼキショウ属 撮影2018.5.5 用水沿い
f0131669_22155240.jpg
24ノイバラ バラ科 バラ属 撮影2018.5.5 M地区
f0131669_22165556.jpg
25ナツトウダイ トウダイグサ科 トウダイグサ属 撮影2018.5.5
f0131669_22175518.jpg
26オヤブジラミ セリ科 ヤブジラミ属 撮影2018.5.5 M地区 色があるのは珍しい
f0131669_22183586.jpg
27-1ノウルシ トウダイグサ科 トウダイグサ属  撮影2018.5.5 M地区
f0131669_22201248.jpg
27-2ノウルシ 撮影2018.5.24
f0131669_13081793.jpg
27-3撮影2018.5.29
f0131669_13184065.jpg
27-4撮影2018.5.29
f0131669_13194357.jpg
28オヘビイチゴ バラ科 キジムシロ属  撮影2018.5.5
f0131669_22210395.jpg
29ノアザミ キク科 アザミ属 撮影2018.5.5
f0131669_22214694.jpg
30ノアザミ 撮影2018.5.10
f0131669_22400402.jpg
30-2
f0131669_22483633.jpg
31スイカズラ(別名ニンドウ・キンギンカ) スイカズラ科 スイカズラ属 撮影2018.5.10 T地区
f0131669_22415143.jpg
32ナツトウダイ トウダイグサ科 ドウダイグサ属 撮影2018.5.10
f0131669_22432199.jpg
33ゴウソ カヤツリグサ科 スゲ属 撮影2018.5.10
f0131669_22440532.jpg
34キツネアザミ キク科 キツネアザミ属 撮影2018.5.10
f0131669_22450185.jpg
35イチゴツナギ イネ科 イチゴツナギ属 撮影2018.5.10
f0131669_22453941.jpg
36スイバ タデ科 ギシギシ属 実 撮影2018.5.10
f0131669_22494413.jpg
37-1ケキツネノボタン  キンポウゲ科 キンポウゲ属 撮影2018.5.10M地区
f0131669_22502921.jpg
37-2
f0131669_22505377.jpg
37-3
f0131669_22512008.jpg
38ノイバラ バラ科 バラ属 撮影2018.5.10
f0131669_22520227.jpg
39-1カサスゲ カヤツリグサ科 スゲ属
f0131669_22523478.jpg
39-2
f0131669_22531473.jpg
40アゼナルコ カヤツリグサ科 スゲ属 撮影2018.5.10
f0131669_22535769.jpg
41キショウブ アヤメ科 ヨーロッパから中近東にかけて原産 多年生草本 明治末に花卉として導入 撮影2018.5.10
f0131669_22543777.jpg
42ムラサキサギゴケ サギゴケ科 サギゴケ属 撮影2018.5.10
f0131669_22552134.jpg
43エナシヒゴクサ カヤツリグサ科 スゲ属 撮影2018.5.10
f0131669_22560368.jpg
44ナルコユリ ユリ科 アマドコロ属 撮影2018.5.19
f0131669_13065461.jpg
45-1クサヨシ イネ科 クサヨシ属 撮影2018.5.24
f0131669_13103992.jpg
45-2撮影2018.5.24
f0131669_13111268.jpg
46ノハナショゥブ アヤメ科 アヤメ属 撮影2018.5.24
f0131669_14404779.jpg
47ナンテンハギ マメ科 ソラマメ属 撮影2018.5.24
f0131669_14423383.jpg
48ナツトウダイ トウダイグサ科 トウダイグサ属 撮影2018.5.24 ノウルシと違い葉は元気
f0131669_14433903.jpg

5月も終わり、草との戦いの6月に入る。今年は重点的にクズ、セイタカアワダチソウを抜いているが道は遠い。ワレモコウを少し管理し、覆っている草を取り除いた。原形保全区間の草刈りを2人×3日(午前中のみ)5/29農林振興センターが見回りにきた。

# by trust-0 | 2018-05-11 22:56 | ベルダ

ベルダのクモたち

最近少しだけクモが見えるようになった。モデルになってくれることが多くなった。
1-1★デーニッツハエトリ♀撮影2018年4月7日
f0131669_21222966.jpg
1-2撮影2018年4月7日
f0131669_21232944.jpg
1-3撮影2018年4月7日
f0131669_21235813.jpg
1-4撮影2018年4月7日
f0131669_21241976.jpg
2★マミジロハエトリ♂撮影2018年4月12日
f0131669_21274813.jpg
3ギンメッキゴミグモ撮影2018年4月17日
f0131669_21291103.jpg
4-1★クリチャササグモ 撮影2018年4月20日
f0131669_21315332.jpg
4-2
f0131669_21324464.jpg
5★イオウイロハシリグモ 撮影2018年4月20日
f0131669_21333164.jpg
6コガネグモ今年初めてとても小さい 撮影2018年4月22日
f0131669_21353156.jpg
7★ネコハエトリ 撮影2018年4月22日
f0131669_21370397.jpg
8-1★マミジロハエトリ♂撮影2018年4月22日
f0131669_21380924.jpg
8-2
f0131669_21383457.jpg
9ヤマシロオニグモ コガネグモ科 撮影2018年4月23日
f0131669_21393255.jpg
10★ウヅキコモリグモ 撮影2018年4月23日
f0131669_21400628.jpg
11★カラオニグモ 撮影2018年4月23日
f0131669_21411093.jpg
12★カニグモ属の一種 撮影2018年4月23日
f0131669_21415160.jpg
13★ササグモ 撮影2018年5月1日
f0131669_21430676.jpg
14★カニグモ属の一種 撮影2018年5月1日
f0131669_21450941.jpg
15-1★カニグモ属の一種 撮影2018年5月1日
f0131669_21461529.jpg
16-2★カニグモ属の一種 撮影2018年5月1日
f0131669_21470767.jpg
17★カニグモ属の一種 撮影2018年5月4日
f0131669_21484398.jpg
18-1★マミジロハエトリ♂撮影2018年5月4日
f0131669_21494908.jpg
18-2マミジロハエトリ♂
f0131669_21501992.jpg
19マミジロハエトリ♀ 撮影2018年5月4日
f0131669_21521460.jpg
20-1★コガネグモ 撮影2018年5月4日
f0131669_21532298.jpg
20-2★コガネグモ
f0131669_21534808.jpg
21-1★コガネグモ幼体 撮影2018年5月4日
f0131669_21545637.jpg
21-2★コガネグモ幼体
f0131669_21552499.jpg
22★シロカネグモ属の一種 撮影2018年5月5日
f0131669_21561857.jpg
23★ヤエンオニグモ 撮影2018年5月5日
f0131669_21570744.jpg
24★カニグモ属の一種 撮影2018年5月4日
f0131669_21574076.jpg
25-1★マミジロハエトリ♀ 撮影2018年5月5日
f0131669_21584127.jpg
26★エビチャコモリグモ 撮影2018年5月5日
f0131669_21595072.jpg
27★ネコハエトリ 撮影2018年5月5日
f0131669_22005499.jpg
28★ネコハエトリ♂ 撮影2018年5月5日
f0131669_22014147.jpg
29★マミジロハエトリ♀がウヅキコモリグモを食べている 撮影2018年5月5日
f0131669_22023610.jpg
29-2撮影2018年5月5日
f0131669_22032080.jpg
30コガネグモ 撮影2018年5月10日
f0131669_23121001.jpg
31★コガネグモダマシ 撮影2018.5.18
f0131669_11330974.jpg
32★コガネグモダマシ 撮影2018.5.18
f0131669_11342153.jpg
32ムツトゲイセキグモの卵のう 穴があいているので羽化した模様 撮影2018.5.22
f0131669_11363641.jpg
33★ドヨウオニグモ  マルコ 撮影2018.5.24
f0131669_11392647.jpg
34★ヤエンオニグモ  マルコ 撮影2018.5.29
f0131669_11453395.jpg
35★イオウイロハシリグモ  マルコ 撮影2018.5.30
f0131669_11473216.jpg
36ウロコアシナガグモ 撮影2018.6.4 N小学校
f0131669_20224071.jpg
?37ヤミイロカニグモ カニグモ科  卵のうを抱えている 撮影2018.6.5 エコ畑
f0131669_20245608.jpg
38-1ウヅキコモリグモ かな コモリグモ科 撮影2018.6.5 エコ畑 一年中みられる 大きさに変化が多い
f0131669_20260499.jpg
38-2
f0131669_20262981.jpg
39ササグモ ササグモ科 撮影2018.6.5 エコ畑
f0131669_20273428.jpg
40イオウイロハシリグモ キシダグモ科 撮影2018.6.5 エコ畑
f0131669_20290267.jpg
41撮影2018.6.9 鷲神社脇 里山.com
f0131669_08154624.jpg
42撮影2018.6.9 福畑 里山.com
f0131669_08170145.jpg
43コガネグモ♀ 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21004774.jpg
44ナガコガネグモ 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21014562.jpg
45ササグモ♀ 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21022931.jpg
46撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21031330.jpg
47サツマノミダマシ 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21041493.jpg
48-1カニグモ属の一種 撮影2018.6.16 T地区
f0131669_21193491.jpg
48-2
f0131669_21200519.jpg
49ワカバグモ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21095937.jpg
50クサグモ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21110273.jpg
51ワキグロサツマノミダマシ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21121046.jpg
52撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21131984.jpg
53撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21141246.jpg
54イオウイロハシリグモ 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21145555.jpg
55ハエトリグモの仲間 撮影2018.7.7 T地区
f0131669_21161302.jpg
56コガネグモ 撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21174131.jpg
57撮影2018.7.7 M地区
f0131669_21183703.jpg
58オナガグモ 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15295385.jpg
f0131669_15302856.jpg
59シロカネグモの仲間かな 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15312888.jpg
60撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15320335.jpg
61ウズグモ 撮影2018.7.8 F地区
f0131669_15324264.jpg
62イオウイロハシリグモ 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の森で
f0131669_18165482.jpg
63だれかな 撮影2018.7.10F地区へ行く途中の森で
f0131669_18174164.jpg
64ハエトリグモの仲間 撮影2018.7.11用水の手すり上で
f0131669_23185142.jpg
f0131669_23191529.jpg
f0131669_23193796.jpg
65ヤマトカナエグモの卵のう かな 撮影2018.7.11 用水の手すり
f0131669_23232079.jpg
66ササグモ かな タカトウダイの上でM地区撮影2018.7.12
f0131669_23254277.jpg
67イオウイロハシリグモ 撮影2018.7.14T地区
f0131669_22324470.jpg
68シロカネグモの仲間 撮影2018.7.14F地区
f0131669_22340072.jpg
69シロカネグモの仲間 撮影2018.7.14F地区
f0131669_22343030.jpg
70ウズグモ 撮影2018.7.14 T地区
f0131669_22375041.jpg
71727374757677787980

# by trust-0 | 2018-05-08 22:10 | ベルダ

ベルダの植物たち 2018年4月

1-1フッキソウ撮影2018年4月2日
f0131669_00061283.jpg
1-2撮影2018年4月2日
f0131669_00065616.jpg
2-1タチツボスミレ撮影2018年4月2日
f0131669_00074781.jpg
2-2撮影2018年4月2日
f0131669_00080815.jpg
2-3撮影2018年4月6日
f0131669_00221499.jpg
3ジロボウエンゴサク撮影2018年4月6日
f0131669_00095757.jpg
4ノウルシ撮影2018年4月6日
f0131669_00105029.jpg
5ホウチャクソウ撮影2018年4月6日
f0131669_00133306.jpg
6ベニシダ撮影2018年4月6日
f0131669_00142946.jpg
7ヤブニンジン撮影2018年4月6日
f0131669_00153057.jpg
8イカリソウ撮影2018年4月6日
f0131669_00161414.jpg
9ムラサキケマン撮影2018年4月6日
f0131669_00173017.jpg
10-1スミレ撮影2018年4月6日
f0131669_00180843.jpg
10-2撮影2018年4月6日
f0131669_00185391.jpg
10-3撮影2018年4月6日
f0131669_00191699.jpg
11タチイヌノフグリ撮影2018年4月6日
f0131669_00201032.jpg
12ツボスミレ撮影2018年4月6日
f0131669_00205963.jpg
13ホトケノザ撮影2018年4月12日
f0131669_17530406.jpg
14ハルノノゲシ撮影2018年4月12日
f0131669_17540963.jpg
15ノミノフスマ撮影2018年4月12日
f0131669_17551906.jpg
16-1ナツトウダイ撮影2018年4月12日
f0131669_17561469.jpg
16-2撮影2018年4月12日
f0131669_17563684.jpg
16-3撮影2018年4月12日
f0131669_17570542.jpg
17アマドコロ撮影2018年4月12日
f0131669_17580589.jpg
18ヒメオドリコソウ撮影2018年4月12日
f0131669_17590082.jpg
19ヘビイチゴ撮影2018年4月12日
f0131669_18002140.jpg
20ヤブニンジン撮影2018年4月12日
f0131669_18012296.jpg
21ウラシマソウ撮影2018年4月12日
f0131669_18020025.jpg
22-1ノウルシ撮影2018年4月12日
f0131669_18025570.jpg
22-2撮影2018年4月12日
f0131669_18032542.jpg
22-3撮影2018年4月12日
f0131669_18035526.jpg
23-1イカリソウ撮影2018年4月12日
f0131669_18062968.jpg
23-2
f0131669_18070083.jpg
24ゲンゲ撮影2018年4月12日
f0131669_18075249.jpg
25-1キツネノボタン撮影2018年4月12日
f0131669_18085319.jpg
25-2
f0131669_18094045.jpg
25-3
f0131669_18101178.jpg
26キンラン撮影2018年4月17日
f0131669_18115446.jpg
27ホウチャクソウ撮影2018年4月20日
f0131669_18132644.jpg
28-1ナツトウダイ撮影2018年4月20日
f0131669_18144456.jpg
28-2ナツトウダイ撮影2018年4月20日
f0131669_18154177.jpg
29-1ウマノアシガタ撮影2018年4月20日
f0131669_18170676.jpg
29-2
f0131669_18172620.jpg
30ヤエムグラ撮影2018年4月20日
f0131669_18180830.jpg
31撮影2018年4月20日
f0131669_18190547.jpg
32キランソウ撮影2018年4月20日Jの森
f0131669_18195902.jpg
33カラスノエンドウ撮影2018年4月21日
f0131669_18213299.jpg
34スイバの雌花撮影2018年4月21日
f0131669_18222433.jpg
35エナシヒゴクサ撮影2018年4月22日 鷲神社下
f0131669_18234851.jpg
36ハナイバナ撮影2018年4月22日
f0131669_18252073.jpg
37ハルジオン撮影2018年4月22日
f0131669_18260404.jpg
38ギンラン撮影2018年4月23日
f0131669_18272276.jpg
39コウボウ 乾くとクマリンの香りがする 撮影2018年4月23日
f0131669_18282121.jpg
40スイバの雌花 撮影2018年4月23日
f0131669_18302531.jpg
41スイバの雄花 撮影2018年4月23日
f0131669_18313056.jpg
42オオイヌノフグリ撮影2018年4月23日
f0131669_18322643.jpg
43カナメモチ撮影2018年4月23日
f0131669_18330980.jpg
44トボシガラ撮影2018年4月29日 
f0131669_18342221.jpg
今年は季節が駆け足でやってきて、例年より10日は早やかったと農家の方が話していた。確かに桜もぱっと咲いてぱっと散った。ソメイヨシノの花があまりに白くて驚いたがしばらくするとピンクに変わった。タケノコ掘りのイベントもハラハラしたが、どうにか4月29日に例年通り実施で来た。

# by trust-0 | 2018-05-08 00:23 | ベルダ

2018.5.6北本 埼玉県自然学習センター

2018年5月6日
1カマキリ あまり小さくて
f0131669_19484785.jpg
2だれかな
f0131669_19513847.jpg
3エノキトガリタマフシ(形成者 エノキトガリタマバエ)
f0131669_19533922.jpg
4ウシハコベ ナデシコ科 茎上部やがく片に腺毛あり 花柱5
f0131669_19562928.jpg
5だれかな
f0131669_19593698.jpg
6チチコグサ? 入り口付近の草地保護ゾーンで
f0131669_20012698.jpg
7オオニワゼキショウ? アヤメ科 
f0131669_20025008.jpg
8クワコ
f0131669_20081042.jpg
9コクサグモ?
f0131669_20092075.jpg
10
f0131669_20101786.jpg
10-2
f0131669_20110777.jpg
11-1イヌトウバナ? シソ科
f0131669_20121294.jpg
11-2
f0131669_20125140.jpg
12-1クモの団居
f0131669_20133776.jpg
12-2
f0131669_20145298.jpg
13カマツカの実
f0131669_20154620.jpg
14
f0131669_20161946.jpg
15コナラ虫こぶ
f0131669_20170350.jpg
16アリ
f0131669_20174865.jpg
17ベビイチゴ
f0131669_20182928.jpg
18
f0131669_20190613.jpg
19ヤブタビラコ
f0131669_20194854.jpg
20ハナモグリ
f0131669_20202294.jpg
21ガマズミ
f0131669_20205758.jpg
22ヒダリマキマイマイ
f0131669_20214421.jpg
23クモ
f0131669_20223383.jpg
24ヤブヘビイチゴの実
f0131669_20231692.jpg
25ヘビイチゴの実
f0131669_20234643.jpg
26ホソコメツキ?
f0131669_20241494.jpg
27ギシギシにアブラムシとアリ
f0131669_20254069.jpg
28イヌガラシ アブラナ科 花弁は4 実は円柱形
f0131669_20275856.jpg
29カラスノエンドウにアブラムシとアリ
f0131669_20294510.jpg
30-1ウキヤガラ カヤツリグサ科
f0131669_20340319.jpg
30-2
f0131669_20343741.jpg
31キンバエ?
f0131669_20350937.jpg
32
f0131669_20361518.jpg
33
f0131669_20365640.jpg
34ノイバラ
f0131669_20382416.jpg
35-1アゼナルコ カヤツリグサ科
f0131669_20390912.jpg
35-2
f0131669_20393509.jpg
36-1
f0131669_20401302.jpg
36-2
f0131669_20404162.jpg
37
f0131669_20412044.jpg
38
f0131669_20420224.jpg
39モモブトカミキリモドキ?
f0131669_20423903.jpg
40モモブトカミキリモドキ
f0131669_20434791.jpg
41セイヨウミツバチ?
f0131669_20443845.jpg
42ヒメウラナミジャノメ
f0131669_20451870.jpg
43-1コシロガネグモ?
f0131669_20462223.jpg
43-2
f0131669_20464985.jpg
43-3
f0131669_20472175.jpg
43-4
f0131669_20475255.jpg
44コウホネ
f0131669_20483358.jpg
45クモ
f0131669_20491657.jpg
46フタリシズカ
f0131669_20495828.jpg
47-1クサヨシ?イネ科 
f0131669_20503828.jpg
47-2
f0131669_20510212.jpg
48シオカラトンボ♂
f0131669_20515223.jpg
49イ イグサ科
f0131669_20523317.jpg
50ホソヒラタアブ?
f0131669_20530015.jpg
51ミズキの実 ミズキ科
f0131669_20533769.jpg
52
f0131669_20540263.jpg
53アオカモジグサ イネ科 カモジグサどちらかな?
f0131669_20543808.jpg
オオヨシキリの鳴き声がしきり、リュウジョが飛び、ノイバラの香りを感じよい時間を持てた。施設内の展示も毎回変化に富み勉強になった。このような施設が埼玉県内に多くあるとうれしい♫

# by trust-0 | 2018-05-07 21:41 | ノコノコ

2018年4月見沼自然公園

1キショウブ 撮影2018年4月28日
f0131669_14505999.jpg
2-1ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)撮影2018年4月28日
f0131669_14551550.jpg
2-2撮影2018年4月28日
f0131669_14563521.jpg
2-3撮影2018年4月28日
f0131669_14570529.jpg
3撮影2018年4月28日
f0131669_14575934.jpg
4撮影2018年4月28日
f0131669_14583775.jpg
5撮影2018年4月28日
f0131669_14591073.jpg
6撮影2018年4月28日
f0131669_14594292.jpg
7-1メグスリノキ撮影2018年4月15日
f0131669_15340228.jpg
7-2メグスリノキ撮影2018年4月28日
f0131669_15001778.jpg
8-1スイレン撮影2018年4月28日
f0131669_15012713.jpg
8-2撮影2018年4月28日
f0131669_15015583.jpg
8-3撮影2018年4月28日
f0131669_15021826.jpg
9ウが羽を乾かしている撮影2018年4月28日
f0131669_15030919.jpg
10-1ミズキ撮影2018年4月28日
f0131669_15035756.jpg
10-2撮影2018年4月28日
f0131669_15042579.jpg
ハンカチノキ撮影2018年4月15日
f0131669_15364180.jpg
11-1ハンカチノキ撮影2018年4月19日
f0131669_15171703.jpg
11-2撮影2018年4月19日
f0131669_15144527.jpg
11-3撮影2018年4月28日
f0131669_15053165.jpg
11-4撮影2018年4月19日
f0131669_15161341.jpg
11-5撮影2018年4月28日
f0131669_15062568.jpg
11-6撮影2018年4月28日
f0131669_15070165.jpg
11-7実がどんどん大きくなっている。丸い実になるのはいつだろうか。撮影2018.5.18
f0131669_14502215.jpg
12-1シナノキ撮影2018年4月28日
f0131669_15083027.jpg
12-2撮影2018年4月28日
f0131669_15085816.jpg
13ヘビイチゴ撮影2018年4月28日
f0131669_15093126.jpg
15-1サンシュユ撮影2018年4月15日
f0131669_15385905.jpg
15-2
f0131669_15392898.jpg
16コブシ撮影2018年4月15日
f0131669_15402816.jpg
17-1ハナミズキ撮影2018年4月15日
f0131669_15412672.jpg
17-2撮影2018年4月15日
f0131669_15420885.jpg
18-1撮影2018年4月15日
f0131669_15430809.jpg
18-2撮影2018年4月15日
f0131669_15434002.jpg
18-3撮影2018年4月15日
f0131669_15440603.jpg
19ガガンボ撮影2018年4月15日
f0131669_15471237.jpg
20-1ヒュウカミズキ撮影2018年4月15日
f0131669_15482284.jpg
20-2撮影2018年4月15日
f0131669_15485557.jpg
21撮影2018年4月15日
f0131669_15493246.jpg
22園芸種撮影2018年4月15日
f0131669_15501652.jpg
23シモクレン撮影2018年4月15日
f0131669_15505818.jpg
24ユズリハ撮影2018年4月15日
f0131669_15513473.jpg
25ニワトコ撮影2018年4月15日
f0131669_15521656.jpg
26-1撮影2018年4月15日
f0131669_15530057.jpg
26-2撮影2018年4月15日
f0131669_15533809.jpg
27ミスジマイマイ撮影2018年4月15日
f0131669_15542206.jpg
28-1撮影2018年4月15日
f0131669_15552233.jpg
29-2
f0131669_15554727.jpg
29フジ
f0131669_15561416.jpg
30

# by trust-0 | 2018-05-03 16:02 | 見沼自然公園

2018年度 岩殿 生きものたち

岩殿地区は多くの生きものに出会える場所である。★高野さんに同定していただいた。☆二宮靖男さんに同定していただいた。
1 アシナガバエの仲間 羽が虹色 2018.4.16
f0131669_22404456.jpg
2ニホンアマガエル 2018.4.16
f0131669_22423806.jpg
3ヤドリニクバエの1種 ウリカエデの葉に 2018.4.16
f0131669_22434499.jpg
4 ★ヒメバチ科の1種 撮影2018.4.16
f0131669_22443623.jpg
5★クロヤマアリ 撮影2018.4.16
f0131669_22452131.jpg
6★モモブトカミキリモドキ 撮影2018.4.16
f0131669_22455583.jpg
7ホソハリカメムシ 撮影2018.4.16
f0131669_22462890.jpg
8ヤマトシジミ撮影2018.4.16
f0131669_22470123.jpg
9★ヤブキリの幼虫 撮影2018.4.16
f0131669_22474800.jpg
10★アカハネムシの1種 撮影2018.4.16
f0131669_22481915.jpg
11ルリタテハ撮影2018.4.16
f0131669_22492389.jpg
12★オオアカマルノミハムシ 撮影2018.4.16
f0131669_22501370.jpg
13-1★アカハネムシの1種 撮影2018.4.16
f0131669_22504437.jpg
13-2撮影2018.4.16
f0131669_22512356.jpg
14★モモブトカミキリモドキ 撮影2018.4.16
f0131669_22515976.jpg
15オトコヨウゾメに小さなお客さんコフキゾウムシかな 撮影2018.4.16
f0131669_22523332.jpg
16-1★クロハネシロヒゲナガ 撮影2018.4.16
f0131669_22530488.jpg
16-2撮影2018.4.16
f0131669_22534240.jpg
17ヒメバチの仲間 撮影2018.4.16
f0131669_09293441.jpg
18ベニシジミ 撮影2018.4.16
f0131669_09301806.jpg
19-1ヒシバッタ 撮影2018.4.16
f0131669_09313424.jpg
19-2ヒシバッタ 撮影2018.4.16
f0131669_09320453.jpg
◇2018年5月21日 
20ナガニジゴミムシダマシかな 撮影2018年5月21日 「昆虫博士入門 P65」
f0131669_06463220.jpg
21ドクガ 撮影2018年5月21日
f0131669_06470413.jpg
22ハグロハバチ 撮影2018年5月21日
f0131669_06475005.jpg
23-1ヒゲナガハナノミ 撮影2018年5月21日
f0131669_06492651.jpg
23-2ヒゲナガハナノミ 撮影2018年5月21日
f0131669_06593079.jpg
23-3ヒゲナガハナノミ 撮影2018年5月21日
f0131669_07182786.jpg
24-1ダイミョウセセリ 撮影2018年5月21日
f0131669_06513763.jpg
24-2撮影2018年5月21日
f0131669_07093285.jpg
25-1ウラナミアカシジミ 撮影2018年5月21日
f0131669_06523119.jpg
25-2撮影2018年5月21日
f0131669_06535557.jpg
26ハラビロトンボ♀撮影2018年5月21日
f0131669_06551761.jpg
27-1ハラビロトンボ♂撮影2018年5月21日
f0131669_06561880.jpg
27-2撮影2018年5月21日
f0131669_06571167.jpg
28アワフキムシ撮影2018年5月21日
f0131669_06581490.jpg
29☆ヒカゲチョウ 撮影2018年5月21日
f0131669_07014037.jpg
30☆シロツバメエダシャク 撮影2018年5月21日
f0131669_07025718.jpg
31☆フジハムシ 撮影2018年5月21日
f0131669_07033520.jpg
32-1キタテハ 撮影2018年5月21日
f0131669_07042641.jpg
32-2交尾中 撮影2018年5月21日
f0131669_07054425.jpg
33アワダチソウグンバイ 撮影2018年5月21日
f0131669_07065501.jpg
34撮影2018年5月21日
f0131669_07080574.jpg
35ギンツバメ 撮影2018年5月21日
f0131669_07101859.jpg
36☆セグロアシナガバチ 撮影2018年5月21日
f0131669_07110483.jpg
37☆マダラガガンボ 撮影2018年5月21日
f0131669_07115286.jpg
38☆アオフキバッタ 撮影2018年5月21日
f0131669_07123542.jpg
39ラクダムシ 撮影2018年5月21日 「昆虫博士入門」5月にマツ林などにみられるが、発生期間は短く、幼虫はマツやサクラなどの樹皮の隙間で小昆虫を補食する。
f0131669_07135655.jpg
40ニホンアマガエル撮影2018年5月21日
f0131669_07144936.jpg
41☆ヤブキリ幼体 撮影2018年5月21日
f0131669_07153696.jpg
42-1ベニシジミ撮影2018年5月21日
f0131669_07165089.jpg
42-2ベニシジミ 撮影2018年5月21日
f0131669_07172914.jpg
43-1カギシロスジアオシャク 撮影2018年5月21日 
f0131669_07193609.jpg
43-2撮影2018年5月21日 
f0131669_07201900.jpg
44-1センニンソウに多いサビ病 撮影2018年5月21日
f0131669_07212092.jpg
44-2撮影2018年5月21日
f0131669_07215839.jpg
45ヒメギス幼体 撮影2018年5月21日
f0131669_07223647.jpg
46ナナホシテントウ撮影2018年5月21日
f0131669_07233276.jpg
47キアゲハの幼虫撮影2018年5月21日
f0131669_07242872.jpg
48-1ユウマダラエダシャク 撮影2018年5月21日
f0131669_07251732.jpg
48-2撮影2018年5月21日
f0131669_07254052.jpg
49☆ホソヘリカメムシ 撮影2018年5月21日
f0131669_07261790.jpg
50ルリタテハの幼虫 サルトリイバラにいた 撮影2018年5月21日
f0131669_07430408.jpg
51☆ヤブキリ幼体 撮影2018年5月21日
f0131669_07484685.jpg
51-2撮影2018年5月21日
f0131669_07495673.jpg
52撮影2018.6.18
f0131669_20434391.jpg
53-1ルリボシカミキリ 撮影2018.6.18
f0131669_20452597.jpg
53-2
f0131669_21050465.jpg
54☆セマダラコガネ 撮影2018.6.18
f0131669_20482399.jpg
55☆ニクバエの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_20510709.jpg
56アシナガバエの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_20515787.jpg
57撮影2018.6.18
f0131669_20524650.jpg
58☆オンブバッタ 蜘蛛の巣にかかってしまった 撮影2018.6.18
f0131669_20533213.jpg
59☆オオチャバネセセリ 白斑が4〜5ジグザク イチモンジセセリは4つがほぼ一列 撮影2018.6.18
f0131669_20543656.jpg
60オオチャバネセセリ 撮影2018.6.18
f0131669_20551606.jpg
61ガの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_20564107.jpg
62撮影2018.6.18
f0131669_20572046.jpg
63ヤマトシジミ 撮影2018.6.18
f0131669_20583187.jpg
64ツバメシジミ 撮影2018.6.18
f0131669_21002432.jpg
65ハラビロトンボ♀ 撮影2018.6.18
f0131669_21015605.jpg
65-2ハラビロトンボ♀ 撮影2018.6.18
f0131669_21023960.jpg
66☆フキバッタ 撮影2018.6.18
f0131669_21035205.jpg
67マメコガネ 撮影2018.6.18
f0131669_21055741.jpg
68☆シマサシガメ 撮影2018.6.18
f0131669_21065057.jpg
69ウリハムシ 撮影2018.6.18
f0131669_21074400.jpg
70ガの仲間
f0131669_21082408.jpg
71カノコガ 撮影2018.6.18
f0131669_21091500.jpg
72☆ショウリョウバッタ 
撮影2018.6.18
f0131669_21101685.jpg
73☆アシナガバエの仲間 撮影2018.6.18
f0131669_21105503.jpg
74☆コジャノメ 撮影2018.6.18
f0131669_21114052.jpg
75☆コジャノメ
f0131669_21122188.jpg
76☆ヒメギス 撮影2018.6.18
f0131669_21131594.jpg
77キアゲハの幼虫 撮影2018.6.18
f0131669_21140153.jpg
78オタマジャクシ撮影2018.6.18
f0131669_21150305.jpg
79ベニシジミ 撮影2018.6.18
f0131669_21161687.jpg
80☆キリウジガガンボ 撮影2018.6.18
f0131669_21193347.jpg
今回は曇り空の影響か、チョウが少なかった。
2018年7月16日
81撮影2018.7.16
f0131669_21201856.jpg
82 撮影2018.7.16
f0131669_21211717.jpg
83 撮影2018.7.16
f0131669_21214868.jpg
84 撮影2018.7.16
f0131669_21223961.jpg
85 撮影2018.7.16
f0131669_21233598.jpg
86 撮影2018.7.16
f0131669_21243338.jpg
87クロヒカゲ 撮影2018.7.16
f0131669_21252770.jpg
88ヤマトシジミ 撮影2018.7.16
f0131669_21262650.jpg
89 アリ 撮影2018.7.16
f0131669_21271538.jpg
90フキバッタ 撮影2018.7.16
f0131669_21275967.jpg
91ヒシバッタ 撮影2018.7.16
f0131669_21290162.jpg
92ショウリョウバッタ 撮影2018.7.16
f0131669_21300785.jpg
93 撮影2018.7.16
f0131669_21305124.jpg
94エダシャク 撮影2018.7.16
f0131669_21313732.jpg
95 撮影2018.7.16
f0131669_21321981.jpg
96 撮影2018.7.16
f0131669_21331797.jpg
97ガ 撮影2018.7.16
f0131669_21340429.jpg
98ハラビロトンボ 撮影2018.7.16
f0131669_21351304.jpg
99タマムシ 撮影2018.7.16
f0131669_21371310.jpg
f0131669_21374938.jpg
100撮影2018.7.16
f0131669_21390497.jpg
101
f0131669_21394042.jpg
102ガ 撮影2018.7.16
f0131669_21402032.jpg
103ヨモギ虫こぶ 撮影2018.7.16
f0131669_21411330.jpg
104 撮影2018.7.16
f0131669_21415308.jpg
105トビナナフシ 撮影2018.7.16
f0131669_21425172.jpg
f0131669_21431779.jpg
106何の巣かな 撮影2018.7.16
f0131669_21451219.jpg
107撮影2018.7.16
f0131669_21455857.jpg
f0131669_21462630.jpg
108撮影2018.7.16
f0131669_21470663.jpg
109ヒラタアブ 撮影2018.7.16
f0131669_21475719.jpg
110ベニシジミ 撮影2018.7.16
f0131669_21483999.jpg
112コオロギの仲間 撮影2018.7.16
f0131669_21492149.jpg
113ツチガエル かな 撮影2018.7.16
f0131669_21500463.jpg
114撮影2018.7.16
f0131669_21504672.jpg
115ハラビロトンボ 撮影2018.7.16
f0131669_21514837.jpg
116撮影2018.7.16
f0131669_21523457.jpg
117撮影2018.7.16
f0131669_21531897.jpg
118撮影2018.7.16
f0131669_21535231.jpg
119撮影2018.7.16
f0131669_21543995.jpg
120キアゲハ撮影2018.7.16
f0131669_21553000.jpg
f0131669_21555410.jpg
f0131669_21561092.jpg
121シオカラトンボ♂ 撮影2018.7.16
f0131669_21563768.jpg
122キタテハ 撮影2018.7.16
f0131669_21574920.jpg
7月終了。よく観るとたくさんの生きものがいて、いろいろな営みをしていることに驚く。



# by trust-0 | 2018-04-19 22:55 | 岩殿

2018.4.16岩殿

◇日時 2018年4月16日 月曜日 9時30分高坂
◇天気 晴れ ◇調査メンバー 二宮靖男 坂田智代 加倉井範子 地元メンバー 稲田滋夫 渡部栄一
◇鳥 カビチョウ ウグイス ハシブトカラス
今年度からクモと昆虫などは別にした。(キャプション坂田智代 写真加倉井範子)
1タンポポ キク科 帯化現象 茎同士がくっついてしまった様子。
f0131669_21113200.jpg
2-1ツボスミレ スミレ科 湿気のあるところを好みます。花はスミレの中では小さめで唇弁(正面の花弁)に紫色の筋が入ります。
f0131669_21125605.jpg
2-2ツボスミレ スミレ科 距は短めで、全草無毛です。
f0131669_21132542.jpg
3新緑で美しい森 C地区からの眺め
f0131669_21141701.jpg
4-1クサイチゴ バラ科 花枝では3小葉をつけ、他の枝では5小葉をつけます。実は大きく食べると甘いです。
f0131669_21154561.jpg
4-2クサイチゴ バラ科 細い刺があり、花枝先に1.2個の大きめの花をつけ。花弁は平開します。
f0131669_21162640.jpg
5ノボロギクのロゼット キク科 中心にまだ縮まった花序が見えます
f0131669_21171707.jpg
6-1ヤマジノホトトギス ユリ科 山野に生えるホトトギスの仲間。ホトトギスの葉は黒い斑点状のシミみたいなものが出てきます。
f0131669_21182917.jpg
6-2ヤマジノホトトギス ユリ科 茎には下向きの毛が生えているのでヤマジノホトトギスとわかります。名のよく似るヤマホトトギスも茎の毛は下向きですが、疎らにつくので区別がつきます。
f0131669_21185860.jpg
7ベニシダ オシダ科 常緑性シダ。若芽が赤いことからこの名がつきました。
f0131669_21194235.jpg
8シケシダ
f0131669_21202304.jpg
9ノミノフスマ ナデシコ科 葉の形をノミの布団に見立ててこの名がつきました。5弁花だが、切れ込みが深く10弁花のように見えます。葉が無毛であることが大事な見分けのポイントです。原野や畑のへりなどに多いです。
f0131669_21222726.jpg
9-2ノミノフスマ ナデシコ科 細い糸状の茎が根元から枝分かれし、枝の分かれ目ごとに花がつきます。
f0131669_22185613.jpg
10-1ミツバツチグリ バラ科 根茎は塊状のふくらみがあります。葉は3個の小葉からなり、花の茎は10数個の花をつけます。
f0131669_21232181.jpg
10-2ミツバツチグリ バラ科 太く短い雌しべが1、雄しべは多数、5枚の花弁です。
f0131669_21240543.jpg
11-1スズメノヤリ イグサ科 山野のどこにでも見られる多年草です。イグサ科の中でもスズメノヤリのグループは葉の縁に長い毛があり、葉の先端は硬くなっています。
f0131669_21250398.jpg
11-2スズメノヤリ イグサ科 花は集まって1個の花のように見える形をとります。花の集まりの様子が大名行列の毛槍に似ているのでこの名がついたそうです。
f0131669_21253237.jpg
12イヌシデ カバノキ科 葉柄に毛が目立ちます。側脈は葉裏の方に突出しています。葉の表面には伏せ毛があり、鋸歯は鋭く細かいです。
f0131669_21261632.jpg
13シダ?
f0131669_21272014.jpg
14ウメモドキ モチノキ科 雌雄異株で葉は細かい鋸歯があり、雌株には赤い実がなります。
f0131669_21282780.jpg
15オニタビラコ キク科 群生もするが独立していることが多いです。花のあとは冠毛のあるそう果ができます。北方では5〜10月に咲くが、南方では年中開花します。
f0131669_21291397.jpg
16ハルジオン キク科 頭花は蕾の時は下を向きます。北アメリカからの帰化植物です。
f0131669_21302283.jpg
17ムラサキサギゴケ ゴマノハグサ科 やや湿気のある田の畔などに生えます。花の柱頭が上下に分かれ、触れると閉じる動きが目で確かめられます。
f0131669_21311691.jpg
18-1ミミナグサ ナデシコ科 田畑や道端に見られます。ヨーロッパ原産のオランダミミナグサに比べ、花序はややまばらに花をつけます。花弁は少し2つに分かれます。葉に柄はありません。
f0131669_21320951.jpg
18-2ミミナグサ ナデシコ科
f0131669_21323931.jpg
19スズメノテッポウ イネ科 花穂は線状円柱形で、葯は乾くと橙色になります。和名は細い花穂を鉄砲に見立てたものです。
f0131669_21335320.jpg
20セトガヤ  イネ科 スズメノテッボウに似ていますが、葯の色は白っぽいままです。
f0131669_21352140.jpg
21アオスゲ
f0131669_21371643.jpg
22カタバミ カタバミ科 この仲間は全草にシュウ酸を含み、かむと酸っぱいです。この仲間は夜になると葉をたたんで閉じます。
f0131669_21381486.jpg
23-1ケキツネノボタン キンポウゲ科 萼片は反り返り花弁の付けの鱗片下から蜜が出ます。雌しべは多数でらせん状に並びます。
f0131669_21391760.jpg
23-2ケキツネノボタン キンポウゲ科 集合果は丸く金平糖型に並びます。
f0131669_21400648.jpg
23-3ケキツネノボタン キンポウゲ科 群生
f0131669_22253062.jpg
24イヌガラシ アブラナ科 花弁4枚で円柱形の実をつけます。葉の縁には鋭い不規則な鋸歯があります。水田や畑地の強害草です。
f0131669_21405152.jpg
25ベビイチゴ バラ科 長い花柄の先に1個ずつ花をつけます。栽培イチゴに似た果実をつけますが、食べておいしいものではありません。
f0131669_21414512.jpg
26オオジシバリ キク科 茎は細長くて浅く地中に延び、また地面をはって節から根を出します。舌状花の先に5歯があるのが分かります。雌しべの花柱の先がくるりとまいています。
f0131669_21422591.jpg
27-1サルトリイバラ サルトリイバラ科 茎は節ごとに曲がり、托葉が変化したつるがあり、他のものに巻き付きます。
f0131669_21432238.jpg
27-2サルトリイバラ サルトリイバラ科 雌雄異株。雄花。花は多数集まって球形の花序をつくります。
f0131669_21434860.jpg
28-1ヒメコウゾ クワ科 新しい枝の上部に赤い花柱が見える雌の花。
f0131669_21451040.jpg
28-2ヒメコウゾ クワ科 下部に薄黄色の葯が見える雄の花がつきます。
f0131669_22294136.jpg
29-1チゴユリ イヌサフラン科 山野の林下に普通に生えます。花は茎の先に普通1個咲きます。
f0131669_21461396.jpg
29-2チゴユリ イヌサフラン科
f0131669_21471980.jpg
30クマヤナギ クロウメモドキ科 落葉性のつる植物ですが、林の縁に生えいた、まだ、若いつるです。丸い葉に羽状の脈が特徴的です。
f0131669_21475712.jpg
31-1ゼンマイ シダ植物のゼンマイ科 林縁・林床を好みます。早春だけに見られる胞子葉です。
f0131669_21483836.jpg
31-2ゼンマイ シダ植物のゼンマイ科 幼葉で綿毛がついていますが、生長するとこの毛は落ちて無毛になります。幼葉は食用になります。
f0131669_21490103.jpg
32ハナイカダ ハナイカダ科 雌雄異株の落葉低木で、この株は雄株で表面の中脈に緑色の雄花を数個付けます。雌株の雌花は普通1個つけます。
f0131669_21494214.jpg
33ゴンズイの冬芽 ミツバウツギ科 葉の落ちた痕を葉痕といいますが、丸くくっきりとして、維管束痕がならんでいるのがわかります。
f0131669_21502002.jpg
34キッコウハグマ キク科 写真のように亀甲型の葉が茎の下の方に集まってつきます。白熊(はぐま)とはヤクの毛で作った槍や僧侶の持つ法具をいい、秋に咲く白い花冠の細長い裂片の様子を白熊にみたてたもの。
f0131669_21505612.jpg
35オクモミジハグマ キク科 葉の形がモミジに似ているというモミジハグマより北に分布しているというのでついた名前
f0131669_21515464.jpg
36-1物見山のトイレ側に咲いていた
f0131669_21533825.jpg
36-2
f0131669_21540447.jpg
37タチイヌノフグリ オオバコ科 外来種で花はオオイヌノフグリに似ているが、ずっと小型で、茎が立っていることからついた名前と想像されます。
f0131669_21543109.jpg
38-1アカメヤナギ (別名マルバヤナギ)ヤナギ科 樹冠の広い高木となります。雌雄異株で雄花序も雌花序も柄に葉を付けています。雄花
f0131669_21563160.jpg
38-2アカメヤナギ 
f0131669_21572767.jpg
53ヤナギ類の柳絮(リュウジョ) タネが綿毛に包まれて飛んでいきます。
f0131669_22102515.jpg
39アカネ アカネ科 つる性。托葉が大きく発達していて葉と同じ形になっています。茎は4稜があるので、四角張っています。葉の腋に花序を伸ばした数の花をつけます。
 
f0131669_21581275.jpg
40カキドオシ シソ科 名は、茎が長くつる状になって延び、垣根を通り越すということからついたようです。葉は縁に丸みのある鋸歯があり、紅紫色の花には下側に紫色の斑点があります。
f0131669_21585365.jpg
41コジュズスゲ
f0131669_21593571.jpg
42ホソバカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)マメ科 カラスノエンドウの細葉タイプ葉の先も矢筈になりません。カラスノエンドウは、道端や野原に普通に生える草で、先端に普通3つに分かれる巻きひげがあります。花の後黒熟する果実が裂開します。
f0131669_22002418.jpg
55カラスノエンドウの根粒 マメ科は土中の菌と共生して根粒をつくり、空気中の窒素を利用します。カラスノエンドウも根に根粒を付けています。
f0131669_22143293.jpg
43クサボケ バラ科 低木で枝は横にはうか、斜め上にあがり枝分かれします。花の色は朱色です。
f0131669_22012256.jpg
44カスマグサ
f0131669_22020644.jpg
45オヘビイチゴ バラ科 原野や田畑の湿ったところに生えます。花は直立した茎につき、狭く長い楕円形の掌葉を付けています。
f0131669_22025367.jpg
46虫こぶ クヌギエダイガフシ
f0131669_22034101.jpg
47キンラン ラン科 黄色い唇弁に5〜7個の赤い隆状線がありますが、花はあまりひらきません。葉は厚く縦脈が目立ちます。
f0131669_22043067.jpg
48オトコヨウゾメ レンプクソウ科 高さ1〜3m落葉低木。お椀状の花冠で浅く切れ込みます。葉は乾くと黒くなります。
f0131669_22052356.jpg
49-1タチシオデ サルトリイバラ科 シオデに似ているが葉裏が白く、茎ははじめは立つが生長すると他物に絡み付きます。雌雄異株。
f0131669_22064100.jpg
49-2雄花
f0131669_22070974.jpg
50ヤマツツジ ツツジ科 酸性の土地によく生えます。半落葉低木で花冠は朱色で上側内面に斑点あり、昆虫の口吻を誘導する蜜標と言われています。
f0131669_22074704.jpg
51マルバアオダモ モクセイ科 浅い山に普通に生える落葉高木で雌雄異株。新しく伸びた枝に白い花を密につけます。
f0131669_22082932.jpg
52タネツケバナ アブラナ科 荒れ地や道端に多く、茎は下部から枝をわけます。和名は種漬花で、イネの種籾を水に漬けて、苗代を準備する頃に花が咲くことによります。
f0131669_22094923.jpg
54-1ゲンゲの花 マメ科 緑肥として栽培されていたものが野生化することが多いです。1カ所に7〜10の花をつけます。
f0131669_22115130.jpg
54-2ゲンゲの花が終わって実(豆果)になるところ。豆果の先が尖る様子がよくわかります。
f0131669_22122737.jpg
54-3ゲンゲの根粒 根に根粒をつけ、窒素を固定し養分として利用できるようにしています。
f0131669_22131190.jpg
56
f0131669_22152079.jpg
57ワレモコウ バラ科 楕円形の小葉をつけます。花期は8〜10月、柔らかく刺はありません。
f0131669_22160134.jpg
58キツネアザミ キク科 道端や田畑に普通に生えます。頭花は茎先に集まります。アザミの仲間ではなく、刺はありません。
f0131669_22171028.jpg
59-1ネギ
f0131669_22204822.jpg
59-2
f0131669_22211691.jpg
60アメリカフウロ フウロソウ科 北アメリカ原産です。花や葉に荒い毛が密生します。花弁は萼片より短く、先は凹入します。
f0131669_22215628.jpg
61-1スイバ果実 タデ科 野原や人家近くに多く、雌雄異株です。全体に赤みおび高さ30〜100cmになります。
f0131669_22224426.jpg
61-2スイバ雄花
f0131669_22231612.jpg
62イロハモミジ ムクロジ科 花と蕾。蕾は暗紫色萼片に包まれ、花は開くと黄緑色を帯びます。多くの園芸種があります。
f0131669_22235938.jpg
63ミツバアケビ アケビ科 雄花の萼片が3枚。雄花は花序のもっと先の方についています。実は熟すと食べられるのはよく知られています。
f0131669_22243858.jpg
64アゼスゲ カヤツリグサ科 果胞に細脈がある きわめて短いくちばしがある(植物検索ハンドブックより)
f0131669_22261223.jpg
65ツボミオオバコ オオバコ科 北アメリカ原産で道端や荒れ地に生えます。全体に曲がった白い毛が密に生えています。花冠がほとんど開かないので蕾のように見えることから名がつきました。
f0131669_22270173.jpg
終了 18時 範囲が広がり時間がかかった。

# by trust-0 | 2018-04-19 22:31 | 岩殿

2018年度 岩殿 クモ

毎月、岩殿を訪れていると画像を仕分けしたくなり、クモだけを入れてみた。農薬を撒いていない田畑には多くのクモがいて、歩くとたくさんのクモが一斉に動き出す。クモは、自然の豊かさのバロメーターである。
1★コガネグモの幼体 C地区林縁 2018.4.16
f0131669_00265201.jpg
2☆フジイコモリグモ すべての地区にいた2018.4.16
f0131669_00282893.jpg
3★デーニッツハエトリ♂ C地区 2018.4.16
f0131669_00294583.jpg
4★エビチャコモリグモ C地区田んぼ 2018.4.16
f0131669_00310807.jpg
5★クマダハナグモ 物見山駐車場で2018.4.16
f0131669_00325108.jpg
6-1★マミジロハエトリ幼体 C地区 2018.4.16
f0131669_00342658.jpg
6-2
f0131669_00351240.jpg
8★フジイコモリグモ♂ F地区 2018.4.16
f0131669_00363763.jpg
9B地区2018.4.16
f0131669_00375534.jpg
◇2018年5月21日
10★カニグモ属の一種 ガを捕食中 撮影2018年5月21日
f0131669_07311531.jpg
11★ワカバグモ 撮影2018年5月21日
f0131669_07322389.jpg
12-1★イオウイロハシリグモ 撮影2018年5月21日
f0131669_07330121.jpg
12-2撮影2018年5月21日
f0131669_07333975.jpg
13ジョロウグモのまどい 1回目は赤みかがっている 撮影2018年5月21日
f0131669_07351566.jpg
14★シロカネグモ属の一種 撮影2018年5月21日
f0131669_07360699.jpg
15★クサグモ 撮影2018年5月21日
f0131669_07365110.jpg
16コガネグモ 撮影2018年5月21日
f0131669_07373883.jpg
17★コガネグモ♂ 撮影2018年5月21日
f0131669_07381539.jpg
18撮影2018年5月21日
f0131669_07385679.jpg
6月18日
19撮影2018.6.18
f0131669_06305237.jpg
20クモではなくダニかな 撮影2018.6.18
f0131669_06314453.jpg
21ナガコガネグモ 撮影2018.6.18
f0131669_06331709.jpg
22ナガコガネグモ 撮影2018.6.18
f0131669_06365816.jpg
23撮影2018.6.18
f0131669_06335267.jpg
24クサグモ 撮影2018.6.18
f0131669_06344791.jpg
25撮影2018.6.18
f0131669_06353399.jpg
26エビチャコモリグモ かな? 撮影2018.6.18 青木の入りにいく途中の田んぼの中で
f0131669_06382240.jpg
26コガネグモ 撮影2018.6.18 青木の入りにいく途中の沢沿い
f0131669_06390621.jpg
6月終了。網をはるものは小さかった。次回は大きくなっているだろうか。
27 撮影2018.7.16
f0131669_20441731.jpg
28 ナガコガネグモ 撮影2018.7.16
f0131669_20454162.jpg
29
f0131669_20464031.jpg
30シロカネグモの仲間 撮影2018.7.16
f0131669_20471605.jpg
31ウズグモの仲間 撮影2018.7.16
f0131669_20480345.jpg
f0131669_20484354.jpg
32シロカネグモの仲間 撮影2018.7.16
f0131669_20493444.jpg
33ウズグモの仲間 撮影2018.7.16
f0131669_20502338.jpg
34ハナグモ 撮影2018.7.16
f0131669_20513489.jpg
35シロオビトリノフンダマシ コガネグモ科 埼玉県 NT1  撮影2018.7.16
f0131669_20521423.jpg
36コガネグモ コガネグモ科 埼玉県 NT1 撮影2018.7.16 青木の入りへの道で
f0131669_20560506.jpg
37ナガコガネグモ 撮影2018.7.16 青木の入りへの道で
f0131669_20575316.jpg
7月の調査終了。クモたちも大きくなっていた。
383940

# by trust-0 | 2018-04-16 23:25 | 岩殿