人気ブログランキング |

見沼自然の家 2017.10.1

◇日時 2017年10月1日 日曜日 10時〜12時(午後まであったが午前中までの参加)
◇天気 晴れ
◇案内 吉田さん他皆さん
埼玉県生態系保護協会の観察会に参加した。支部の方が多く、ちょっと場違いだったかなと思ったが、いろいろなことを学ぶことが出来た。白いハギも咲いていた。スズメガの幼虫は触ってもOK。ハンノキが紅葉しないのは、根っこに菌を住まわせ、空気中の窒素を獲得できるので、紅葉する必要がないのである。菌と樹は共生しているのである。リッチな樹は紅葉する必要がなく、美しい紅葉は樹の倹約の賜なのである。★写真で同定して頂いた
1とても気持ちのよい青空
f0131669_10265011.jpg
2ジャコウアゲハの幼虫 食草ウマノスズクサ
f0131669_10272988.jpg
3ホタルガ♂ マダラガ科 岩手県ではレッド 食草ヒサカキ、ツバキ マサキ 昼間に活動する 出現記は5〜7月と8〜9月年2回。幼虫で越冬。
f0131669_10283799.jpg
4キドクガの幼虫?
f0131669_10445863.jpg
★5 ヒヨドリバナにコスカシバ 
f0131669_10453465.jpg
6ヒメジャノメ? 田んぼのアゼなど明るい環境を好む
f0131669_10463780.jpg
7ヒヨドリバナにアズチグモ
f0131669_10474121.jpg
8コミスジ タテハチョウ科 平地では年に3回、4月下旬〜5月 7月下旬〜8月 9月下旬〜10月。本州中部では2回、北海道では1回 幼虫越冬 食草クズ フジ キハギ等のマメ科 時にケヤキ ニレ エノキ アオギリなど食べる
f0131669_10481579.jpg
9ヒヨドリバナにキンケハラナガツチバチ ツチバチの仲間は地面を掘って、土の中に潜っていき、コガネムシの幼虫を見つけると一時的に麻酔をして幼虫の体表に産卵する 
f0131669_10485418.jpg
★10ツマグロキンバエ 
f0131669_10493732.jpg
11ヒメクロオトシブミ オトシブミ科 出現期は本によれば4〜7月 雌はバラ ナラ クヌギなどの葉を切って巻く ふ化した幼虫は内部の葉を食べて成長し、ゆりかごの中で蛹になる。
f0131669_10501562.jpg
★12クサギカメムシ
f0131669_10505171.jpg
★13モリチャバネゴキブリ(幼虫)
f0131669_10512243.jpg
★14カナムグラにキタテハ(幼虫) 成虫越冬 5月頃から年に2〜5回発生 
f0131669_10520241.jpg
15アキアカネ
f0131669_10523314.jpg
16ハラビロカマキリ 手の鎌がすごい
f0131669_10531288.jpg
17エンマコオロギかな
f0131669_10535720.jpg
18ヨコヅナサシガメ サクラ エノキ ケヤキの大木にいることが多い
f0131669_10543287.jpg
★19ヤチガガンボ 
f0131669_10550736.jpg
20 コバネイナゴ イナゴ科 
f0131669_10555199.jpg
21外来種 マダラコウラナメクジ
f0131669_10562632.jpg
参考 「虫のしわざ」 文一総合出版 「校庭の昆虫」 全国農村教育協会

以上

by trust-0 | 2017-10-04 11:09 | ノコノコ


<< 2017.10.3 エコ畑 2017.9.25岩殿調査 >>