2017年12月23日 岩殿 焼き芋の会

2017年12月23日 岩殿 焼き芋の会
f0131669_06012630.jpg
最初に記念撮影
f0131669_06021512.jpg
f0131669_06030706.jpg
f0131669_06033823.jpg
f0131669_06035565.jpg
f0131669_06041881.jpg
f0131669_06044154.jpg
f0131669_06045797.jpg
f0131669_06051462.jpg
f0131669_06060582.jpg
f0131669_06062220.jpg
f0131669_06064926.jpg
f0131669_06071081.jpg
f0131669_06073289.jpg
f0131669_06074729.jpg
f0131669_06080986.jpg
f0131669_06032419.jpg

# by trust-0 | 2017-12-24 06:08 | 岩殿

2017.11.27岩殿

◇日時 2017年11月27日月曜日 9時30分〜15時40分
◇天気 晴れのちくもり
◇参加 4名
◇鳥 ウグイス アオジ ハシボソカラス
◇花 C地区 ハキダメギク ベニバナボロギク オランダミミナグサ ノハラアザミ ハハコグサ セイタカワアダチソウ イヌタデ コセンダングサ ヒメムカシヨモギ アメリカイヌホオヅキ ハナイバナ F地区 ノミノフスマ セイタカアワダチソウ B地区 タネツケバナ ウシハコベ ノミノフスマ A地区 イヌタデ E地区 イヌガラシ イヌタデ ウシハコベ D地区 ハナイバナ ウシハコベ イヌタデ アメリカイヌホオヅキ カントウヨメナ ノハラアザミ ノジスミレ
1岩殿丘陵 入山谷津田の晩秋
f0131669_21264153.jpg
2タラノキの葉痕 維管束痕は30個以上
f0131669_21274047.jpg
3カワラタケ
f0131669_21281566.jpg
4キッコウハグマの冠毛
f0131669_21292362.jpg
5ハシゴシダ 葉柄が長い
f0131669_21301533.jpg
6ジョロウグモ 
f0131669_21313680.jpg
7トキリマメの赤いサヤと黒いマメ(種子)
f0131669_21325991.jpg
8里山にはたき火が似合う 火を燃やすにおいが懐かしく感じられた
f0131669_21341862.jpg
9ハキダメギクの頭花 黄色い筒状花まわりに白い舌状花が5枚並ぶ
f0131669_21344639.jpg
10ベニバナボロギクの頭花
f0131669_21354132.jpg
11オランダミミナグサのつぼみ
f0131669_21364093.jpg
12ノハラアザミの冠毛のある痩果 白い冠毛で風散布
f0131669_21374087.jpg
13ムラサキシキブの果実 冬芽は裸芽
f0131669_21383395.jpg
14サルトリイバラの赤く熟した液果
f0131669_21393776.jpg
15ハモグリバエの食痕 エカキムシ(ジカキムシ)とよばれる
f0131669_21403294.jpg
16アメリカセンダングサ 熟した果実は球形に広がる
f0131669_21414047.jpg
17コシアブラの複葉の葉柄基部 頂芽
f0131669_21423666.jpg
18ワカバグモ 待機型
f0131669_21440447.jpg
19かかった獲物と小型のクモ
f0131669_21451158.jpg
20ハラタケ科のキノコ
f0131669_21461082.jpg
21ヤマコウバシの冬芽(混芽)水滴型で赤みを帯びる
f0131669_21470171.jpg
22一幅の風景画のような斜面林の風景
f0131669_21481703.jpg
23ヤブムラサキの果実(核果)下部が萼片に包まれる
f0131669_21491627.jpg
24市民の森のコナラ林 褐葉が美しい
f0131669_21501046.jpg
25タコノアシの果実 
f0131669_21510977.jpg
26タネツケバナの花と長角果
f0131669_21514661.jpg
27初冬の谷津田 午後になると太陽が雲に隠れ気温が低下
f0131669_21524280.jpg
28ヤノネグサの草紅葉
f0131669_21542168.jpg
29ヌマトラノオの草紅葉
f0131669_21560290.jpg
30初冬に咲くカントウヨメナ 田んぼの畦や草地周辺にみられる
f0131669_21571050.jpg
31ウワミズザクラの冬芽 2年以上の枝は落ち、落枝痕となる
f0131669_21580801.jpg
32-1ノジスミレ 距は細長く果柄に白毛が多い
f0131669_21591543.jpg
32-2ノジスミレ 側弁には毛がないのも見分けのポイント
f0131669_22011477.jpg
33クサギの冬芽(裸芽)U字に並ぶ維管束痕 この葉痕を「総入れ歯」とも表現する
f0131669_22021250.jpg
34アカシデメムレマツカサフシ
f0131669_22030475.jpg
35収穫後の谷津田の風景
f0131669_22040763.jpg
36オオジシバリの痩果 白い冠毛が密につく
f0131669_22044264.jpg
37エゾギシギシ(別名ヒロハギシギシ)
f0131669_22053275.jpg
15時36分終了 太陽が見えなくなったら、寒くなった。今年の調査は今日で終了。

# by trust-0 | 2017-11-27 22:26 | 岩殿

2017.11.1第一調整池

1
f0131669_20164180.jpg
2
f0131669_20170673.jpg
3クコ
f0131669_20174855.jpg
4コセンダングサ
f0131669_20183572.jpg
5オオジシバリにだれかな
f0131669_20193146.jpg
6
f0131669_20203423.jpg
7ムラサキツメクサ
f0131669_20211493.jpg
7-2
f0131669_20232390.jpg
8アオサギ
f0131669_20215012.jpg
9ヘラオオバコ
f0131669_20223243.jpg
10マメグンバイナズナ
f0131669_20240874.jpg
11ヨモギに虫こぶ
f0131669_20251239.jpg
12
f0131669_20261240.jpg
13
f0131669_20272510.jpg
14
f0131669_20275824.jpg
15スズメウリ
f0131669_20290555.jpg
16
f0131669_20301934.jpg
17
f0131669_20305270.jpg
18キンケハラナガツチバチ
f0131669_20314988.jpg
19
f0131669_20344200.jpg
以上

# by trust-0 | 2017-11-27 20:34 | モニタリング調査

2017.10.31さいたま市北原

1浦和くらしの博物館民家園 ススキが増えた
f0131669_20043816.jpg
2-1
f0131669_20060772.jpg
2-2
f0131669_20065091.jpg
3チチコグサモドキ
f0131669_20075292.jpg
4サンシュユ
f0131669_20084333.jpg
5マメアサガオ
f0131669_20092464.jpg
6クコの実
f0131669_20100677.jpg
7
f0131669_20110198.jpg
8アメリカオニアザミ
f0131669_20112830.jpg
以上 15時30分から調査。この時期は日が落ちるのが早い。

# by trust-0 | 2017-11-27 20:13 | モニタリング調査

2017.10.30さいたま市大崎

1
f0131669_19242978.jpg
2ビナンカズラの実
f0131669_19251902.jpg
3シロダモに虫こぶ シロダモタマバエの虫こぶ。安全みたいだけれど寄生するコガネコバチ・コマユバチが卵を産みつける。自然は厳しい成虫になるタマバエは少ない。
f0131669_19255892.jpg
4スカシタゴボウ
f0131669_19524891.jpg
5
f0131669_19541767.jpg
6ムラサキカタバミ
f0131669_19550054.jpg
7カラスウリ
f0131669_19580411.jpg
以上

# by trust-0 | 2017-11-27 19:56 | モニタリング調査

2017.11.5トラスト調査

◇日時 2017年11月5日 日曜日 9時から12時
◇天気 晴れ
◇人数 調査団5名 トラスト4名
1調査風景
f0131669_20314536.jpg
2オオホシカメムシ
f0131669_20325532.jpg
3
f0131669_20332380.jpg
4
f0131669_20340050.jpg
5セスジツユムシ
f0131669_20343845.jpg
6ナミテントウ
f0131669_20354048.jpg
7カラタチバナの実
f0131669_20361985.jpg
8フッキソウ
f0131669_20370240.jpg
9マンリョウの実
f0131669_20374047.jpg
10-1
f0131669_20385498.jpg
10-2
f0131669_20394560.jpg
11アズチグモ
f0131669_20402192.jpg
12
f0131669_20410838.jpg
13
f0131669_20420488.jpg
14-1
f0131669_20430155.jpg
14-2
f0131669_20433250.jpg
15-1クロコノマチョウ
f0131669_20444090.jpg
15-2
f0131669_20451733.jpg
16
f0131669_20503630.jpg
台風の後で林内はぬかるんでいた。

# by trust-0 | 2017-11-10 20:50 | ベルダ

2017.11.10 荒川大麻生公園 

◇日時 2017年11月10日 金曜日 電車が遅れ鴻巣で立ち往生、熊谷10時05分の電車で行く
◇天気 晴れ
◇参加者 9名
◇鳥 モズ ハシブトカラス シジュウカラ メジロ ハクセキレイ セグロセキレイ エナガ オオタカ ウグイス シメ タシギ トビ ツグミ
1カワラケツメイ(利尿剤になるとか)
f0131669_19233554.jpg
2カワラヨモギ 漢方名は(茵陳蒿インチンコウ)で頭花を乾燥したもので、消炎、解熱、利尿です
f0131669_19264346.jpg
3
f0131669_19280797.jpg
4メハジキ
f0131669_19285719.jpg
5ホソヒラタアブの仲間
f0131669_19294442.jpg
6ワルナスビの実
f0131669_19304383.jpg
7ヤマトシジミ♂♀
f0131669_19320162.jpg
8アワコガネギク アブラムシがいるみたい
f0131669_19332201.jpg
8-2
f0131669_19353338.jpg
9スズメウリの実
f0131669_19343872.jpg
10-1センダングサ 種は皆返し針が
f0131669_19371957.jpg
10-2
f0131669_19410430.jpg
11ノコンギク
f0131669_19383110.jpg
12-1テリハノイバラの実
f0131669_19401958.jpg
12-2テリハノイバラの花(咲き残り)
f0131669_19570945.jpg
13イボタノキの実 イボタノキはライラックの台木
f0131669_19420091.jpg
14ツルウメモドキの実
f0131669_19424901.jpg
14-2繁茂するツルウメモドキ きれいな果実が見頃
f0131669_19522203.jpg
15-1タンキリマメの実
f0131669_19433684.jpg
15-2 葉は菱形 毛あり
f0131669_19452162.jpg
15-3
f0131669_19473472.jpg
16アオツヅラフジの実
f0131669_19443871.jpg
17コマツナギの実
f0131669_19483414.jpg
18センニンソウの実
f0131669_19492319.jpg
19カガイモの実
f0131669_19504862.jpg
20ハリエンジュの葉痕 刺は托用葉の変化したもの
f0131669_19513677.jpg
21カワラナデシコ
f0131669_19532295.jpg
22メカルカヤ
f0131669_19541873.jpg
23オカルカヤ
f0131669_19552125.jpg
24
f0131669_19582890.jpg
25カワラハハコ 葉の幅は2〜3ミリ
f0131669_19591507.jpg
26カワラサイコ
f0131669_20003658.jpg
27イヌハギ
f0131669_20013156.jpg
28オトコヨモギ
f0131669_20024663.jpg
28-2
f0131669_20090270.jpg
29荒川
f0131669_20102529.jpg
30ヨモギハべリマキフシ
f0131669_20111874.jpg
31コセンタングサにセイヨウミツバチかな
f0131669_20125994.jpg
32シベリアメドハギ
f0131669_20152511.jpg
33クコの実
f0131669_20162105.jpg
34ママコノシリヌグイ
f0131669_20171174.jpg
35イヌアワ
f0131669_20181374.jpg
36カテンソウ
f0131669_20185907.jpg
37オオタカの食痕 捕食されたカラスの羽
f0131669_20193285.jpg
38アメリカネナシカズラ
f0131669_20200655.jpg
以上、参加者の皆さんに教えていただきキャプションを入れた。感謝。

# by trust-0 | 2017-11-10 20:25 | ノコノコ

2017.10.27岩殿調査

◇日時 2017年10月27日金曜日
◇天気 晴れ
◇参加 3名
市民の森から下に降りた。谷津田は枯れ草が多く晩秋の風景であった。セイタカアワダチソウ、シロダモの実とつぼみ、フユノハナワラビの胞子葉がみられた。ノハラアザミ、ミゾソバ、ユウガギク、カントウヨメナ、ワレモコウなどがみられた。外来種ではハキダメギク、ペニバナボロギクの花が咲いていた。時季外れのツボスミレとノジスミレが一輪咲いていた。
1秋深まる岩殿給料の谷津田
f0131669_18480166.jpg
2-1キッコウハグマの解放花
f0131669_10055346.jpg
2-2
f0131669_10064215.jpg
2-3葉の形の亀甲が和名の由来
f0131669_10071148.jpg
3チヂミザサ なぜか岩殿のはピンク
f0131669_10080535.jpg
4ミゾソバにだれかな
f0131669_10083961.jpg
5ミゾソバ 
f0131669_10090725.jpg
6ヤブマメの閉鎖花の果実
f0131669_10105612.jpg
6-2ヤブマメの実
f0131669_10114918.jpg
7-1
f0131669_10123813.jpg
7-2
f0131669_10130432.jpg
8アオミズ
f0131669_10134296.jpg
9
f0131669_10141407.jpg
10シロスジベッコウハナアブ
f0131669_10143979.jpg
11
f0131669_10150665.jpg
12コメナモミ
f0131669_10154884.jpg
13カワラタケの仲間
f0131669_10162191.jpg
14カワラタケの仲間
f0131669_10165483.jpg
15カワラタケの仲間
f0131669_10172819.jpg
16ムラサキシキブの実
f0131669_10181326.jpg
17セイタカアワダチソウの群落
f0131669_10184178.jpg
18
f0131669_10194614.jpg
19
f0131669_10202089.jpg
20
f0131669_10204855.jpg
21ノハラアザミ
f0131669_10220454.jpg
21-2
f0131669_10223471.jpg
22-1オオアオイトトンボ
f0131669_10232962.jpg
22-2
f0131669_10235709.jpg
22-3
f0131669_10242782.jpg
23ノハラアザミの実
f0131669_10253136.jpg
24-1キタテハ
f0131669_10262581.jpg
24-2
f0131669_10265399.jpg
24-3
f0131669_10271831.jpg
25ヤナギタデ 葉をかむと辛い
f0131669_10280535.jpg
26クモヘリカメムシ
f0131669_10284514.jpg
27
f0131669_10294788.jpg
28
f0131669_10301594.jpg
29
f0131669_10304150.jpg
30
f0131669_10311879.jpg
31アキノノゲシ
f0131669_10320222.jpg
32コケ
f0131669_10323433.jpg
33ハシカグサの実
f0131669_10331657.jpg
34
f0131669_10334391.jpg
35キンケハラナガツチバチ
f0131669_10343433.jpg
36オオセンチコガネ
f0131669_10345922.jpg
37ナツハゼ 実は酸っぱくて美味
f0131669_10354914.jpg
38ツボスミレ
f0131669_10362612.jpg
39
f0131669_10365222.jpg
40ワレモコウ 花粉を初めて見た
f0131669_10383199.jpg
41オヘビイチゴ
f0131669_10391455.jpg
42タネツケバナ
f0131669_10394820.jpg
43キクモの紅葉
f0131669_10403444.jpg
44アメリカイヌホオヅキの実
f0131669_10411742.jpg
45ヌマトラノオの幼葉
f0131669_10420545.jpg
46オオイヌノフグリ
f0131669_10423995.jpg
47ヤエムグラ
f0131669_10432152.jpg
48アカメヤナギの木が倒れていた
f0131669_10441330.jpg
49ノウサギの糞
f0131669_10450024.jpg
50ハナイバナ
f0131669_10454823.jpg
51オンブバッタ
f0131669_10462658.jpg
52カントウヨメナにいもむし
f0131669_10471267.jpg
53アメリカセンダングサ
f0131669_10475157.jpg
54アズマキシダグモかな
f0131669_10481965.jpg
55ノジスミレ
f0131669_10485428.jpg
56アザミにハチ
f0131669_10494282.jpg
帰りはバス停まで歩く
57アワコガネ
f0131669_10505058.jpg
58ハナトラノオ
f0131669_10512555.jpg
58-2
f0131669_10515614.jpg
59メランポジウム 
f0131669_10522506.jpg
60-1シュウカイドウ 雄花
f0131669_10531841.jpg
60-2シュウカイドウ 雌花
f0131669_10533339.jpg
歩き疲れた一日だった。キャプションは二宮さんに手直ししていただいた。


# by trust-0 | 2017-10-28 18:48 | 岩殿

2017.10.27岩殿

◇日時 2017年10月27火金曜日 10時から12時
◇天気 晴れ
待ち合わせで会えなかったので、バスで移動市民の森へ
1市民の森のテーダマツ(かつての試験林)
f0131669_18183726.jpg
2コウヤボウキが咲いていた 昔、粉をひいた後にこれで作った箒で掃除したとのことを道行く人に教えてもらった 
f0131669_18221397.jpg
3コカマキリ
f0131669_18224509.jpg
4シラヤマギク
f0131669_18233246.jpg
5花後のオケラ
f0131669_18241131.jpg
6きのこ
f0131669_18244553.jpg
7ナメクジ
f0131669_18251964.jpg
8ジカキムシ
f0131669_18260644.jpg
9-1コウヤボウキにクチナガガガンボ
f0131669_18265291.jpg
9-2クチナガガガンボの吸蜜
f0131669_18271984.jpg
9-3
f0131669_18275197.jpg
10オトコヨウゾメの実
f0131669_18284563.jpg
11ハシゴシダ
f0131669_18292391.jpg
12アキノキリンソウ
f0131669_18301117.jpg
13ササクサ ヒッツキムシで衣類にたくさん実がついた
f0131669_18305302.jpg
14-1 オナガグモ
f0131669_18313115.jpg
14-2
f0131669_18315309.jpg
15ツルグミ 葉裏は金色
f0131669_18324255.jpg
16コガタコガネグモ
f0131669_18332510.jpg
17ヤブムラサキの果実 萼・果柄・小枝に毛が密生
f0131669_18340391.jpg
18ノガリヤス
f0131669_18343779.jpg
19ナガバノコウヤボウキの実
f0131669_18354307.jpg
20ヤクシソウ
f0131669_18365337.jpg
21タカラダニかな
f0131669_18373077.jpg
22スギゴケの仲間
f0131669_18380006.jpg
23センブリ
f0131669_18383263.jpg
24キバナアキギリ
f0131669_18391440.jpg
25シロヒトリの幼虫
f0131669_18395567.jpg
26カメムシ
f0131669_18402959.jpg
27だれかな
f0131669_18412052.jpg
28-1オクモミジハグマ
f0131669_18415997.jpg
28-2
f0131669_18423924.jpg
28-3オクモミジハグマの花
f0131669_18430793.jpg
29カンアオイ
f0131669_18435997.jpg
以上 秋を感じた一日になった。コウヤボウキとガガンボでYouTubaで調べると面白いとの情報をもらった。早速調べガガンボの名前がわかった。クチナガガガンボのようだ。キャプションは坂田さん、二宮さんに手直ししていただいた。感謝。

# by trust-0 | 2017-10-28 18:44 | ノコノコ

2017.10.26片柳

◇日時 2017年10月26日 木曜日 13時〜15時
◇天気 晴れ
1ウラジロチチコグサ
f0131669_21552329.jpg
2ノブキ
f0131669_21561383.jpg
3道祖神があった
f0131669_21565444.jpg
4ヒメムカシヨモギ
f0131669_21574920.jpg
5アメリカフウロ
f0131669_21590118.jpg
6オオイヌノフグリ
f0131669_21593554.jpg
7オランダミミナグサ
f0131669_22001543.jpg
8-1ハナイバナ
f0131669_22012374.jpg
8-2ハナイバナの実
f0131669_22014456.jpg
9サルトリイバラの実
f0131669_22021856.jpg
10
f0131669_22024443.jpg
11アオドウガネ
f0131669_22032295.jpg
12だれかな
f0131669_22035624.jpg
13ヒメオドリコソウ
f0131669_22043101.jpg
14アレチウリ
f0131669_22050264.jpg
15スカシタゴボウ
f0131669_22053720.jpg
16何かまきりかな
f0131669_22061504.jpg
17キュウリグサ
f0131669_22065100.jpg
18マメハンミョウ?
f0131669_22072172.jpg
19コセンダングサにだれかな
f0131669_22081364.jpg
20-1オオオナモミの花かな
f0131669_22085362.jpg
20-2オオオナモミの実
f0131669_22091411.jpg
21
f0131669_22094358.jpg
22ナナカマドの実かな
f0131669_22103872.jpg
23ヒメアカタテハ
f0131669_22111052.jpg
24-1シロダモ 蕾みにアリが
f0131669_22114772.jpg
24-2
f0131669_22122819.jpg
25-1シャリンバイ
f0131669_22130273.jpg
25-2
f0131669_22132010.jpg
26-1キヅタにアリがたくさん
f0131669_22135860.jpg
26-2アリは何を食べているのだろうか
f0131669_22182638.jpg
27よく見かける園芸種
f0131669_22143343.jpg
28ナズナ
f0131669_22151597.jpg
帰りに万年寺でシラカシを拾い、その後スダジイを拾って帰った。5時から会議にも間に合った。

# by trust-0 | 2017-10-26 22:21 | モニタリング調査

マルコの風景

1撮影2017.10.24 オギの穂が出始めた
f0131669_14585832.jpg
23456

# by trust-0 | 2017-10-25 14:59 | ベルダ

斜面林の風景

2017年10月22日、台風21号が通過した森の様子
1竹林の低いところ 撮影2017.10.24
f0131669_14500257.jpg
2森の奥の道は長靴でないと歩けない撮影2017.10.24
f0131669_14515150.jpg
3掘った池は水があふれていた 用水の水位は低い 撮影2017.10.24
f0131669_14532516.jpg
4キノコのホダキの上に枝が落ちていた撮影2017.10.24
f0131669_14543063.jpg
567891011121314

# by trust-0 | 2017-10-25 14:54 | ベルダ

アシナガグモ

1
f0131669_15434528.jpg
2345678910
# by trust-0 | 2017-10-23 16:43 | クモ図鑑

オオシロカネグモ

1撮影2017.8.4福々の森
f0131669_16231495.jpg
23456789
# by trust-0 | 2017-10-23 16:34 | クモ図鑑

オナガグモ

1撮影2017.8.4 福々の森 卵のうをかかえていた。いつもより遅いとのこと。
f0131669_16192335.jpg
2345678910

# by trust-0 | 2017-10-23 16:09 | クモ図鑑

アオオビハエトリ

1-1撮影2016.7.24日影沢
f0131669_16243054.jpg
1-2
f0131669_16241257.jpg
2345678910

# by trust-0 | 2017-10-23 16:09 | クモ図鑑

ウヅキコモリグモ

1撮影2017.8.4福々の森
f0131669_16234105.jpg
2345678910
# by trust-0 | 2017-10-23 16:09 | クモ図鑑

ギンメッキゴミグモ

1撮影2017.10.15福々の森
f0131669_16244020.jpg
2345678910
# by trust-0 | 2017-10-23 16:09 | クモ図鑑

シロオビトリノフンダマシ

1
f0131669_15420972.jpg
2345678910112131415
# by trust-0 | 2017-10-23 15:37 | クモ図鑑

オオトリノフンダマシ

1撮影2017.7.10岩殿地区
f0131669_15574234.jpg
2

3456789

# by trust-0 | 2017-10-23 15:33 | クモ図鑑

クリチャササグモ

1撮影2017.8.4マルコ
f0131669_15442764.jpg
2345678910

# by trust-0 | 2017-10-23 15:32 | クモ図鑑

ササグモ

1撮影2017.8.4マルコ
f0131669_15433478.jpg
2撮影2017.8.4福々の森
f0131669_16232929.jpg
345678910

# by trust-0 | 2017-10-23 15:31 | クモ図鑑

シロカネイソウロウグモ ヒログモ科

1-1撮影2017.8.4 小さくて白銀色 網を張らず他のクモに居候して、網主の残したエサを食べる。卵のうはつぼ型。コガネグモの巣に居候していた 
f0131669_15102189.jpg
1-2撮影2017.8.4
f0131669_15095403.jpg
23456789

# by trust-0 | 2017-10-23 15:18 | クモ図鑑

ネコハエトリ

1-1撮影2017.8.4 マルコ
f0131669_15104345.jpg
1-2撮影2017.8.4 マルコ
              
f0131669_15103134.jpg
23456

# by trust-0 | 2017-10-23 15:12 | クモ図鑑

なぜ蚊は人を襲うのか 

ラジオ未来授業メモ
★蚊は
・3種類 1ヤブカ(シマシマ) 2イエカ(茶色) 3ハマダラカ
・ばらつきはあるが血をもとに卵を100〜200個つくる。オスは花の蜜を吸う。
・蚊は視覚と聴覚がある。10メートル先から関知する。①二酸化炭素 ②臭い(100種類)汗 ③熱を感じる
・血を吸う蚊の秘密 ドリルの刃のようなギザギサの先端で皮膚を切り裂く→その後針を刺す→味のセンサーがある。2㎎で満腹→逃 げる→壁にへばりつく→身軽にするためピンク色のおしっこをする→濃縮した栄養にする
・蚊に刺されると→蚊の唾液の中に血が固まらないように抗体ができ痒い
・血液型0型が刺されやすい 酒を飲むと刺されやすい 子どもは体温が高いので刺されやすい 黒い色によってくる
・蚊に刺されないことが大切である。蚊は空飛ぶ注射器 マラリアで100〜200人の感染
★進化吸血 マダニ(8本アシ) ハエ カメムシ
f0131669_15012005.jpg
本「なぜ蚊は人を襲うのか」嘉糠洋陸著 岩波ライブラリー
・ヒトスジシマカ(アジアの蚊)は古タイヤの輸出で欧米アフリカに広がった。
・蚊は4枚翅のところ後翅が退化し(平均琨)蚊は空中を飛ぶ 蚊は羽ばたいていない ホバリング→プロペラのようにまわして止まっ ていられる。ヘリコプターと同じ
・蚊はオス、メスともに花の蜜、アブラムシの甘露をエサにしている。交配すると精子を受け入れたメスは吸血欲求が高くなる→卵を 作るための素材(血液は95%はタンパク質5%脂質 蚊の体内でアミノ酸に変わる)
・蚊は完全変態昆虫 卵→幼虫(脱皮3〜4齢)→サナギ(運動性を持っている)→成虫
 成虫越冬(休眠) メスは越冬卵を産む 蚊は生物と非生物の区別がわかる
・蚊の期限は約2億5000年前ペルム紀付近 そのころの蚊はカエルの血を吸っていた。
・平安時代の平清盛はマラリア ・西郷隆盛はフィラリアだった


# by trust-0 | 2017-10-23 14:50 |

ジグモ

1-1ジグモ(ジグモ科)の住居 撮影2017.10.15 見沼自然公園
f0131669_10424323.jpg
1-2撮影2017.10.15見沼自然公園
f0131669_10432177.jpg
23456

# by trust-0 | 2017-10-19 10:44 | クモ図鑑

オウギグモ

1オウギグモ ウズグモ科 撮影2017.10.15福々の森 成熟秋 獲物がかかると扇の要部分を放すので糸が緩んで獲物に絡みつく
f0131669_09415364.jpg
23456789
# by trust-0 | 2017-10-19 10:39 | クモ図鑑

キクヅキコモリグモ

1撮影2017.10.15見沼自然公園 菊月は陰暦の九月。年2〜3世代 幼体越冬 卵のう期間は約20日 幼生発育期間は約50〜80日 1卵のう内の卵の数は30〜120卵 足に毛が生えていて、水の上を移動できる
f0131669_10263890.jpg
23456789
# by trust-0 | 2017-10-19 10:32 | クモ図鑑

ハツリグモ

1-1撮影2017.10.15福々の森 住居 林床の下草に造網している。産卵期は7〜8月、出のうは8月。
f0131669_09360750.jpg
1-2腹部が寸胴、茶褐色の縦スジあり。
f0131669_09364580.jpg
23456789

# by trust-0 | 2017-10-19 10:24 | クモ図鑑

福々の森キノコ

1撮影2017.10.15
f0131669_10103545.jpg
2

3456789

# by trust-0 | 2017-10-19 10:10 | ベルダ