カテゴリ:ノコノコ( 23 )

2017.11.10 荒川大麻生公園 

◇日時 2017年11月10日 金曜日 電車が遅れ鴻巣で立ち往生、熊谷10時05分の電車で行く
◇天気 晴れ
◇参加者 9名
◇鳥 モズ ハシブトカラス シジュウカラ メジロ ハクセキレイ セグロセキレイ エナガ オオタカ ウグイス シメ タシギ トビ ツグミ
1カワラケツメイ(利尿剤になるとか)
f0131669_19233554.jpg
2カワラヨモギ 漢方名は(茵陳蒿インチンコウ)で頭花を乾燥したもので、消炎、解熱、利尿です
f0131669_19264346.jpg
3
f0131669_19280797.jpg
4メハジキ
f0131669_19285719.jpg
5ホソヒラタアブの仲間
f0131669_19294442.jpg
6ワルナスビの実
f0131669_19304383.jpg
7ヤマトシジミ♂♀
f0131669_19320162.jpg
8アワコガネギク アブラムシがいるみたい
f0131669_19332201.jpg
8-2
f0131669_19353338.jpg
9スズメウリの実
f0131669_19343872.jpg
10-1センダングサ 種は皆返し針が
f0131669_19371957.jpg
10-2
f0131669_19410430.jpg
11ノコンギク
f0131669_19383110.jpg
12-1テリハノイバラの実
f0131669_19401958.jpg
12-2テリハノイバラの花(咲き残り)
f0131669_19570945.jpg
13イボタノキの実 イボタノキはライラックの台木
f0131669_19420091.jpg
14ツルウメモドキの実
f0131669_19424901.jpg
14-2繁茂するツルウメモドキ きれいな果実が見頃
f0131669_19522203.jpg
15-1タンキリマメの実
f0131669_19433684.jpg
15-2 葉は菱形 毛あり
f0131669_19452162.jpg
15-3
f0131669_19473472.jpg
16アオツヅラフジの実
f0131669_19443871.jpg
17コマツナギの実
f0131669_19483414.jpg
18センニンソウの実
f0131669_19492319.jpg
19カガイモの実
f0131669_19504862.jpg
20ハリエンジュの葉痕 刺は托用葉の変化したもの
f0131669_19513677.jpg
21カワラナデシコ
f0131669_19532295.jpg
22メカルカヤ
f0131669_19541873.jpg
23オカルカヤ
f0131669_19552125.jpg
24
f0131669_19582890.jpg
25カワラハハコ 葉の幅は2〜3ミリ
f0131669_19591507.jpg
26カワラサイコ
f0131669_20003658.jpg
27イヌハギ
f0131669_20013156.jpg
28オトコヨモギ
f0131669_20024663.jpg
28-2
f0131669_20090270.jpg
29荒川
f0131669_20102529.jpg
30ヨモギハべリマキフシ
f0131669_20111874.jpg
31コセンタングサにセイヨウミツバチかな
f0131669_20125994.jpg
32シベリアメドハギ
f0131669_20152511.jpg
33クコの実
f0131669_20162105.jpg
34ママコノシリヌグイ
f0131669_20171174.jpg
35イヌアワ
f0131669_20181374.jpg
36カテンソウ
f0131669_20185907.jpg
37オオタカの食痕 捕食されたカラスの羽
f0131669_20193285.jpg
38アメリカネナシカズラ
f0131669_20200655.jpg
以上、参加者の皆さんに教えていただきキャプションを入れた。感謝。

by trust-0 | 2017-11-10 20:25 | ノコノコ

2017.10.27岩殿

◇日時 2017年10月27火金曜日 10時から12時
◇天気 晴れ
待ち合わせで会えなかったので、バスで移動市民の森へ
1市民の森のテーダマツ(かつての試験林)
f0131669_18183726.jpg
2コウヤボウキが咲いていた 昔、粉をひいた後にこれで作った箒で掃除したとのことを道行く人に教えてもらった 
f0131669_18221397.jpg
3コカマキリ
f0131669_18224509.jpg
4シラヤマギク
f0131669_18233246.jpg
5花後のオケラ
f0131669_18241131.jpg
6きのこ
f0131669_18244553.jpg
7ナメクジ
f0131669_18251964.jpg
8ジカキムシ
f0131669_18260644.jpg
9-1コウヤボウキにクチナガガガンボ
f0131669_18265291.jpg
9-2クチナガガガンボの吸蜜
f0131669_18271984.jpg
9-3
f0131669_18275197.jpg
10オトコヨウゾメの実
f0131669_18284563.jpg
11ハシゴシダ
f0131669_18292391.jpg
12アキノキリンソウ
f0131669_18301117.jpg
13ササクサ ヒッツキムシで衣類にたくさん実がついた
f0131669_18305302.jpg
14-1 オナガグモ
f0131669_18313115.jpg
14-2
f0131669_18315309.jpg
15ツルグミ 葉裏は金色
f0131669_18324255.jpg
16コガタコガネグモ
f0131669_18332510.jpg
17ヤブムラサキの果実 萼・果柄・小枝に毛が密生
f0131669_18340391.jpg
18ノガリヤス
f0131669_18343779.jpg
19ナガバノコウヤボウキの実
f0131669_18354307.jpg
20ヤクシソウ
f0131669_18365337.jpg
21タカラダニかな
f0131669_18373077.jpg
22スギゴケの仲間
f0131669_18380006.jpg
23センブリ
f0131669_18383263.jpg
24キバナアキギリ
f0131669_18391440.jpg
25シロヒトリの幼虫
f0131669_18395567.jpg
26カメムシ
f0131669_18402959.jpg
27だれかな
f0131669_18412052.jpg
28-1オクモミジハグマ
f0131669_18415997.jpg
28-2
f0131669_18423924.jpg
28-3オクモミジハグマの花
f0131669_18430793.jpg
29カンアオイ
f0131669_18435997.jpg
以上 秋を感じた一日になった。コウヤボウキとガガンボでYouTubaで調べると面白いとの情報をもらった。早速調べガガンボの名前がわかった。クチナガガガンボのようだ。キャプションは坂田さん、二宮さんに手直ししていただいた。感謝。

by trust-0 | 2017-10-28 18:44 | ノコノコ

2017.10.7トラスト8号地

雨のち晴れ 午前中の研修後の8号地散策 オオブタクサが少なくなっていた ボランティアの力は大きい 2017年の春はアカガエルの産卵が確認出来なかったとか・・・来年に期待したい。 
1北本野外活動センター
f0131669_22025531.jpg
2ナガコガネグモ
f0131669_22033063.jpg
3-1
f0131669_22041741.jpg
3-2
f0131669_22045615.jpg
4カラムシにアカハタハの幼虫?
f0131669_22054787.jpg
5きれいなカメムシ
f0131669_22062942.jpg
6ワキグロサツマノミダマシ
f0131669_22071546.jpg
7だれかな とてもちいさかった
f0131669_22080224.jpg
8白いイヌタデは初めてみた
f0131669_22084999.jpg
9ハナタデ
f0131669_22093128.jpg
10ミゾソバ
f0131669_22101179.jpg
11-1ワタラセツリフネソウ
f0131669_22111135.jpg
11-2
f0131669_22113853.jpg
12ヤブミョウガ
f0131669_22121132.jpg
13
f0131669_22125024.jpg
14
f0131669_22132651.jpg
15シダレザクラが大きくなっていた
f0131669_22142543.jpg
16センダンの木の下で
f0131669_22151384.jpg
以上

by trust-0 | 2017-10-07 22:19 | ノコノコ

見沼自然の家 2017.10.1

◇日時 2017年10月1日 日曜日 10時〜12時(午後まであったが午前中までの参加)
◇天気 晴れ
◇案内 吉田さん他皆さん
埼玉県生態系保護協会の観察会に参加した。支部の方が多く、ちょっと場違いだったかなと思ったが、いろいろなことを学ぶことが出来た。白いハギも咲いていた。スズメガの幼虫は触ってもOK。ハンノキが紅葉しないのは、根っこに菌を住まわせ、空気中の窒素を獲得できるので、紅葉する必要がないのである。菌と樹は共生しているのである。リッチな樹は紅葉する必要がなく、美しい紅葉は樹の倹約の賜なのである。★写真で同定して頂いた
1とても気持ちのよい青空
f0131669_10265011.jpg
2ジャコウアゲハの幼虫 食草ウマノスズクサ
f0131669_10272988.jpg
3ホタルガ♂ マダラガ科 岩手県ではレッド 食草ヒサカキ、ツバキ マサキ 昼間に活動する 出現記は5〜7月と8〜9月年2回。幼虫で越冬。
f0131669_10283799.jpg
4キドクガの幼虫?
f0131669_10445863.jpg
★5 ヒヨドリバナにコスカシバ 
f0131669_10453465.jpg
6ヒメジャノメ? 田んぼのアゼなど明るい環境を好む
f0131669_10463780.jpg
7ヒヨドリバナにアズチグモ
f0131669_10474121.jpg
8コミスジ タテハチョウ科 平地では年に3回、4月下旬〜5月 7月下旬〜8月 9月下旬〜10月。本州中部では2回、北海道では1回 幼虫越冬 食草クズ フジ キハギ等のマメ科 時にケヤキ ニレ エノキ アオギリなど食べる
f0131669_10481579.jpg
9ヒヨドリバナにキンケハラナガツチバチ ツチバチの仲間は地面を掘って、土の中に潜っていき、コガネムシの幼虫を見つけると一時的に麻酔をして幼虫の体表に産卵する 
f0131669_10485418.jpg
★10ツマグロキンバエ 
f0131669_10493732.jpg
11ヒメクロオトシブミ オトシブミ科 出現期は本によれば4〜7月 雌はバラ ナラ クヌギなどの葉を切って巻く ふ化した幼虫は内部の葉を食べて成長し、ゆりかごの中で蛹になる。
f0131669_10501562.jpg
★12クサギカメムシ
f0131669_10505171.jpg
★13モリチャバネゴキブリ(幼虫)
f0131669_10512243.jpg
★14カナムグラにキタテハ(幼虫) 成虫越冬 5月頃から年に2〜5回発生 
f0131669_10520241.jpg
15アキアカネ
f0131669_10523314.jpg
16ハラビロカマキリ 手の鎌がすごい
f0131669_10531288.jpg
17エンマコオロギかな
f0131669_10535720.jpg
18ヨコヅナサシガメ サクラ エノキ ケヤキの大木にいることが多い
f0131669_10543287.jpg
★19ヤチガガンボ 
f0131669_10550736.jpg
20 コバネイナゴ イナゴ科 
f0131669_10555199.jpg
21外来種 マダラコウラナメクジ
f0131669_10562632.jpg
参考 「虫のしわざ」 文一総合出版 「校庭の昆虫」 全国農村教育協会

以上

by trust-0 | 2017-10-04 11:09 | ノコノコ

2017.9.22多摩森林科学園→サントリー武蔵野ブルワリー

◇日時 2017年9月22日 8時30分川越集合
◇コース 森林総合研究所多摩森林科学園→サントリー武蔵野ブルワリー
◇参加者 47名
◇案内 牧野先生
川越は雨が降りだし心配したが、天気は曇りで、無事に見学できた。地元に帰ると大雨だった。

1ブットレア(和名フサフジウツギ)
f0131669_15371516.jpg
2ジャコウソウ
f0131669_15384091.jpg
3ヤブマメ
f0131669_15391445.jpg
4-1ノブキ
f0131669_15401172.jpg
4-2ノブキの実
f0131669_15404356.jpg
5タマアジサイに訪花 ハナバチの仲間
f0131669_15412576.jpg
6ゲンノショウコ
f0131669_15420403.jpg
7マルバノキ
f0131669_15423644.jpg
8イヌビワ 雌果囊は食べられる 甘かった 雄果囊は固くて食べられない
f0131669_15462284.jpg
9メギ 木を煎じて目薬にしたことから名がついた
f0131669_15482971.jpg
10フジカンソヴ
f0131669_15500479.jpg
11カゴノキ
f0131669_15503920.jpg
12タラヨウの実
f0131669_15511443.jpg
13チヂミザサ
f0131669_15515046.jpg
14カツラ
f0131669_15523941.jpg
15ホソバヒイラギナンテン
f0131669_15532269.jpg
16ハリガネシダ
f0131669_15540512.jpg
17ボケの実
f0131669_15543987.jpg
18アメリカイヌホオヅキ
f0131669_15553119.jpg
19オトコエシ
f0131669_15561596.jpg
20サンショウの実
f0131669_15565464.jpg
21キバナアキギリ
f0131669_15572774.jpg
22アズマヤマアザミ
f0131669_15580469.jpg
23トキリマメ
f0131669_15583957.jpg
24ウチワゴケ
f0131669_15593178.jpg
25-1シラヤマギク
f0131669_16003006.jpg
25-2
f0131669_16024732.jpg
26-1ツリフネソウ
f0131669_16033292.jpg
26-2
f0131669_16035561.jpg
27タツナミソウ
f0131669_16042824.jpg
28オオモクゲンジ
f0131669_16052916.jpg
29ノハラアザミにハナバチの仲間
f0131669_16062343.jpg
30シロヨメナ
f0131669_16065859.jpg
31-1イヌショウマ
f0131669_16074663.jpg
31-2
f0131669_16080927.jpg
32シオデの実
f0131669_16084686.jpg
33ヒヨドリバナ
f0131669_16092472.jpg
34ノハラアザミ
f0131669_16095849.jpg
35-1ウラジロの葉裏に何かな
f0131669_16103604.jpg
35-2ウラジロ
f0131669_16113520.jpg
36コシダ 常緑のシダ
f0131669_16122314.jpg
37ハシカグサ
f0131669_16125800.jpg
38カラスノゴマ
f0131669_16132744.jpg
39ウオトリギの実
f0131669_16143672.jpg
40アキノキリンソウ
f0131669_16151266.jpg
41ワキグロサツマノミダマシ
f0131669_16154834.jpg
42アズマネザサの看板
f0131669_16162621.jpg
43ホオノキ
f0131669_16165708.jpg
44センニンソウorクサボタン
f0131669_16172273.jpg
45ススキのオバナ
f0131669_16182704.jpg
46キジョラン
f0131669_16191406.jpg
46-2
f0131669_16200065.jpg
47マツカゼソウ
f0131669_16203551.jpg
48きのこ
f0131669_16211673.jpg
49ヤクシソウ
f0131669_16214893.jpg
50ミゾソバ
f0131669_16222048.jpg
51ユウガギク
f0131669_16224906.jpg
52アカスジキンカメムシ 2齢
f0131669_16233136.jpg
53モミジガサ
f0131669_16235806.jpg
54ネコノチチ 黒い実は甘かった
f0131669_16244809.jpg
55キバナガンクビソウ
f0131669_16252177.jpg
56オオニシキソウ
f0131669_16255073.jpg
57コムラサキシキブ
f0131669_16262826.jpg
58看板
f0131669_16265978.jpg
59クサボタン
f0131669_16273259.jpg
60サントリー展示 ダイヤモンド麦
f0131669_16281366.jpg
61サントリー展示 ホップ
f0131669_16283493.jpg
62
f0131669_16285658.jpg
美しい展示だった。水がとても美味しかった。

by trust-0 | 2017-09-23 16:00 | ノコノコ

神津牧場 2017.8.26〜27

1
f0131669_21242169.jpg
2-1ゲンノショウコ
f0131669_21270087.jpg
2-2
f0131669_21272204.jpg
3ミコシガヤ
f0131669_21280933.jpg
4オオバコ
f0131669_21284407.jpg
5タマアジサイ
f0131669_21291795.jpg
6ツリフネソウ
f0131669_21295061.jpg
7-1
f0131669_21303149.jpg
7-1
f0131669_21305560.jpg
8ナンテンハギ
f0131669_21313474.jpg
9だれかな
f0131669_21321128.jpg
10
f0131669_21323693.jpg
11アズマヤマアザミ
f0131669_21333502.jpg
12
f0131669_21340766.jpg
13キツネノボタン
f0131669_21361349.jpg
14キンミズヒキ
f0131669_21365339.jpg
15ミズタマソウ
f0131669_21373125.jpg
16
f0131669_21375774.jpg
17だれかな
f0131669_21385001.jpg
18ママコノシリヌグイ
f0131669_21395185.jpg
19ヤブラン
f0131669_21424392.jpg
20キアゲハの幼虫
f0131669_21434060.jpg
21ツルキケマン
f0131669_21453963.jpg
22ザトウムシ
f0131669_21464074.jpg
23
f0131669_21470626.jpg
24
f0131669_21480872.jpg
25キツリフネ
f0131669_21485013.jpg
26
f0131669_21491987.jpg
27
f0131669_21494374.jpg
28-1
f0131669_21511156.jpg
28-2
f0131669_21513175.jpg
29
f0131669_21520918.jpg
30
f0131669_21523485.jpg
31
f0131669_21574435.jpg
32
f0131669_21584901.jpg
33
f0131669_22021398.jpg
34
f0131669_22023974.jpg
35ハキダメギク
f0131669_22031543.jpg
36ゲンノショウコにお客さん
f0131669_22040180.jpg
37ヤギの散歩 20分300円
f0131669_22050522.jpg


by trust-0 | 2017-09-16 21:43 | ノコノコ

2017.7.20 青木ヶ原の樹海を楽しむ

◇日時 2017年7月20日 木曜日 7時〜17時30分
◇コース 北浦和→談合坂SA→富岳風穴→青木ヶ原樹海(樹海遊歩道)→西湖いやしの里根場→昼食→クニマス展示館→狭山SA→北浦和
◇参加者 34名
浦和自然観察会のイベントに参加させていただき、初青木ヶ原を体験することが出来た。キャプションは知識豊富な皆さんに校正して頂いた。
1
f0131669_12302537.jpg
2
f0131669_12315361.jpg
3
f0131669_12582608.jpg
4養蚕
f0131669_13090974.jpg
5種子の貯蔵庫
f0131669_13093375.jpg
6ヒカリゴケ 溶岩壁に貼り付いき青白く光り洞穴内に棲む。微生物のエサにもなるコケ。
f0131669_13102352.jpg
7イワセントウソウ
f0131669_13104913.jpg
8ホソバガンクビソウ
f0131669_13112070.jpg
9ダイコンソウ
f0131669_13114349.jpg
10ラクダムシ
f0131669_13121209.jpg
11イケマ
f0131669_13124620.jpg
12ザトウムシ ダニが寄生しているかな
f0131669_13131703.jpg
13ミヤマシキミの実
f0131669_13134005.jpg
14ヤマオニグモ
f0131669_13141121.jpg
15クロウリハムシ
f0131669_13143780.jpg
16きのこ
f0131669_13150529.jpg
17きのこ
f0131669_13153063.jpg
18コシロガネグモ
f0131669_13160120.jpg
19風景
 
f0131669_13162654.jpg
20シャクジョウソウ
f0131669_13165553.jpg
21ヒョウモンエダシャク たくさん飛んでいた 
f0131669_13173141.jpg
22-1ヒトツボクロ ラン科 ヒトツボクロ属
f0131669_13175963.jpg
22-2葉は根元に1枚のみ 葉裏は紫色 花は黄緑色
f0131669_13182704.jpg
23-1クモキリソウ
f0131669_13191802.jpg
24
f0131669_13195652.jpg
25-1イチヤクソウ
f0131669_13205681.jpg
25-2
f0131669_13211963.jpg
26セミノヌケガラ アブラゼミより小さかった
f0131669_13214492.jpg
27イヌゴマ
f0131669_13220387.jpg
28コマツナギ
f0131669_13222465.jpg
29シオデ
f0131669_13225219.jpg
30オカトラノオ
f0131669_13241259.jpg
31-1クスサンの幼虫
f0131669_13243565.jpg
31-2アップで見るととてもきれい。
f0131669_13250147.jpg
32スジグロシロチョウ
f0131669_13251824.jpg
33ゲンノショウコ
f0131669_13253565.jpg





by trust-0 | 2017-07-22 13:31 | ノコノコ

アザミ学入門

◇2017.6.22 19時〜21時
 国立科学博物館名誉研究員 門田裕一氏 
アザミはキク科の多年草で刺のある植物。初夏に咲くノアザミだけである。他のアザミは秋に咲く。日本列島に150種以上のアザミがある。大部分は日本固有種である。中国には50種、韓国では11種ヒマラヤ地域でも20種以下である。
アザミ属において注目すべき形質
1..花期に根生葉が存在するか
2.花の咲く向き 直立↔下向き=点頭
3.総苞片の形 椀形 鐘形 筒形 狭筒形
4.総苞片の状態 圧着 開出 反曲 斜上 頭花の咲く向き
5..総苞片の列数 5-6列 8-9列 11-12列 総苞の形
f0131669_16505221.jpg
6.総苞片に腺体があるかないか 粘着性 総苞片の状態
7.腺体の形状 楕円形 線形など
8.染色体の倍数 二倍体 四倍体 六倍体

アザミ属は日本全土に広く分布する。地域により異なるのでアザミと言っても育ったところにより違ってくる。
北海道 コバナアザミ
東北 日本海側 ナンブアザミ
東北 太平洋側 キタカミアザミ
関東〜中部(東部)タイアザミ
中部(西武)〜三重 スズカアザミ
北陸 ジャクエツアザミ
近畿四国 ヨシノアザミ
中国 イズモアザミ
九州 ツクシアザミ
奄美大島〜沖縄島 シマアザミ
宮古島〜西表島 イリオモテアザミ
小笠原諸島 オガサワラアザミ

日本のアザミ属の中には、遺存的なクループと現在進行形で活発に種分化を遂げているグループがあり、多様性に大きく貢献している。
科学博物館ホームページアザミデータ


by trust-0 | 2017-07-06 17:37 | ノコノコ

2017.5.28 館山

久しぶりの海。まったりとした時間を過ごしました。みんなと別れて里見温泉→館山城(里見八犬伝)→渚の駅たてやま→昼食は浜寿し→海岸を裸足で歩く→ホテルへ 照葉樹林の新緑が美しかったが良い写真が撮れなかった。
1-1
f0131669_20161014.jpg
1-2アップいいでしょ
f0131669_22045828.jpg
2ノビルの花が咲いていたよ
f0131669_22055023.jpg
3
f0131669_15111853.jpg
4-1センダン
f0131669_15123310.jpg
4-2
f0131669_15135041.jpg
5ヤセウツボの花
f0131669_15143548.jpg
6ノハカタカラグサ
f0131669_15231422.jpg
7-1
f0131669_15240360.jpg
7-2
f0131669_15243001.jpg
8オオバコ
f0131669_15254160.jpg
9-1
f0131669_15262341.jpg
9-2
f0131669_15265049.jpg
10ウツギ
f0131669_15273354.jpg
11ヤマトシジミ?
f0131669_15283511.jpg
12ホトトギス
f0131669_15293522.jpg
13ヒトデ
f0131669_15301785.jpg
14
f0131669_15305239.jpg
15
f0131669_15312279.jpg
16
f0131669_15320852.jpg
17-1ハマダイコン
f0131669_15325945.jpg
17-2
f0131669_15332391.jpg
18ホテルの庭で虫に食われたアジサイ
f0131669_15340987.jpg
19映画の撮影
f0131669_15344626.jpg
20
f0131669_15351938.jpg
21
f0131669_15355660.jpg


by trust-0 | 2017-05-28 19:54 | ノコノコ

2017.5.9 筑波山

◇日時 2017年5月9日 火曜日 7時蓮田駅
◇天気 晴れ
◇参加者 37名
◇鳥 バスの中から・・・チョウゲンボウ ノスリ ツバメ ダイサギ アオサギ ムナグロ アマサギ  森の中で・・・オオタカ ウグイス シジュウカラ メジロ ホオジロ スズメ ハシブトカラス ソウシチョウ ヒヨドリ 
1筑波山神社 筑波山を境内とし、男体山に伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を女体山に伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀っている。
f0131669_21573347.jpg
2-1ヤマブキソウ ケシ科 ヤマブキソウ属
f0131669_21590714.jpg
2-2
f0131669_21594079.jpg
3-1ツクバネソウ シュロソウ科無ツクバネソウ属 花弁無し
f0131669_22015951.jpg
3-2
f0131669_22022769.jpg
4ユキザサ キジカクシ科 マイズルソウ属 花は両生花 
f0131669_22040413.jpg
5-1ニリンソウ キンポウゲ科 イチリンソウ属 花弁状ガク片は白色 5〜6枚
f0131669_22051374.jpg
5-2
f0131669_22055002.jpg
6
f0131669_22063153.jpg
7かさね石
f0131669_22072516.jpg
8-1 ミミガタテンナンショウ サトイモ科 テンナンショウ属
f0131669_22082983.jpg
8-2
f0131669_22085624.jpg
9チゴユリ イヌサフラン科 ホウチャクソウ属
f0131669_22093366.jpg
10-1 
f0131669_22110985.jpg
10-2
f0131669_22113532.jpg
11フモトスミレ スミレ科スミレ属
f0131669_22122832.jpg
12ツルキンバイ?
f0131669_22183267.jpg
13
f0131669_22204165.jpg
14なにかな
f0131669_22212640.jpg
15ササの花
f0131669_22222064.jpg
16タチツボスミレ スミレ科 スミレ属
f0131669_22231794.jpg
17クサボケ バラ科 ボケ属 (別名シドミ)
f0131669_22240705.jpg
18ムラサキケマン ケシ科 キケマン属
f0131669_22254955.jpg
19キクザキイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属 多分最後の花、4月の半ば頃が見頃かも
f0131669_22265054.jpg
20-1ブナ
f0131669_22281307.jpg
20-2ブナの看板
f0131669_22284304.jpg
21-1
f0131669_22293097.jpg
21-2看板
f0131669_22300432.jpg
22ニワトコ レンプクソウ科 ニワトコ属
f0131669_22305003.jpg
23トウゴクミツバツツジ ツツジ科 ツツジ属 花柄に褐色毛が密生 粘らない雄しべ10本
f0131669_22313880.jpg
24-1ハルトラノオ タデ科 イブキトラノオ属 
f0131669_22322509.jpg
24-2
f0131669_22331543.jpg
25何チョウ?
f0131669_22340813.jpg
26モミジイチゴ バラ科 キイチゴ属 (別名キイチゴ)刺あり 花は下向き
f0131669_22345982.jpg
27ヒイラギソウ シソ科 キランソウ属 
f0131669_22354856.jpg
28
f0131669_22362137.jpg
29オドリコソウ シソ科 オドリコソウ属 葯は毛あり
f0131669_22370799.jpg
30キランソウ シゾ科 キランソウ属 (別名ジゴクノカマノフタ)
f0131669_22381648.jpg
31コウゾリナ キク科 コウゾリナ属
f0131669_22394084.jpg


by trust-0 | 2017-05-09 22:41 | ノコノコ