2016.12.3土壌生物研修会 北本自然学習センター

□日時 2016年12月3日 10時〜14時30分□場所 埼玉県自然学習センター□講師 高野徹氏冬は土壌生物観察と思いがちですが、実は一年中観察出来る。土壌は太陽や風雨により風化し、地衣類が侵入し、土壌生物が分解して1㎝の土を作るのに100年から数百年かかる。ミミズの糞は良い土になり、ミミズはタンパク質が多く死ぬとすぐ分解されて良い土(チッソ、リン)になる。座学の後は外で観察。カニムシの大きさは2㎜、トビムシはあっというに消える。とにかく小さくてよく動く生きものが土壌に棲んでいることを実感。昼食後、ハンドソーティングで虫をみつけ、消毒用アルコールを20倍から30倍に薄めた液に入れる。土壌生物を用いた評価では高尾の森は豊かな森でした。
1
f0131669_20463173.jpg
2クモ
f0131669_20474219.jpg
3ジャノヒゲ キジカクシ科 葉のふちに明らかな細鋸歯あり
f0131669_20501447.jpg
4何の実かな
f0131669_20511153.jpg
5ヒカリギセル 関東地方を中心に平野部から山間部にかけて広く分府している。(伊藤氏同定) 木の下にいた
f0131669_20523435.jpg
6-1アカムカデ
f0131669_20542119.jpg
6-2アカムカデ
f0131669_20561767.jpg
7ワカバグモ カニグモ科 成体で越冬 落ち葉の下にいた
f0131669_20584249.jpg
8シュンラン ラン科 果実
f0131669_21022381.jpg
9コケ
f0131669_21030263.jpg
10だれかな?
f0131669_21040916.jpg
11ヤブコウジ サクラソウ科 十両ともいう
f0131669_21061004.jpg
12オニタビラコ キク科 ?
f0131669_21073544.jpg
13ハルジオン?
f0131669_21101762.jpg
14だれかな
f0131669_21160254.jpg
15ツルグレン装置
f0131669_21170523.jpg
16ヒメフナムシ(5点)
f0131669_21175477.jpg
17パツラマイマイ 北方系の種類だとされているが、平野部の個体が在来かは分かっていない。(伊藤氏同定) 陸貝(5点)
f0131669_21190355.jpg
18ガガンボの幼虫
f0131669_21200396.jpg
19ジムカデ(5点)
f0131669_21205923.jpg
20イシムカデ(3点)
f0131669_21221323.jpg
21ヨコエビ(5点)
f0131669_21230529.jpg
22
f0131669_21233391.jpg
23マルガタゴミムシ
f0131669_21240601.jpg
24タキケダニ
f0131669_21250461.jpg
25-1ヤスデ
f0131669_21264372.jpg
25-2
f0131669_21270906.jpg
観察会に合流して冬の生きものを観察
26キノカワガ
f0131669_21274277.jpg
27ヨコヅナサシガメ クモの卵も食べてしまうとか
f0131669_21285578.jpg
28-1ジョロウグモの卵のう
f0131669_21294462.jpg
28-2 鳥もクモの卵を食べるとか
f0131669_21300815.jpg
29カスミカメ
f0131669_21310207.jpg
30ウラギンシジミ
f0131669_21330282.jpg
31キボシカミキリ
f0131669_21334731.jpg
32ハラビロカミキリ 卵のう
f0131669_21343622.jpg
33-1シロダモにムシコブ
f0131669_21351692.jpg
33-2シロダモの冬芽
f0131669_21370378.jpg



by trust-0 | 2016-12-03 20:54 | 北本


<< 2017.2.7 岩殿 2016.11.21三室 モニ... >>