2016.10.16トラスト1号地

トラスト協会副理事長牧野彰吾先生に保全のアドバイスをいただいた。ナキリスゲ、ヤブマメ、ヒナタイノコヅチ、オオジシバリ、イヌタデ、コヤブランなどを確認して頂いた。用水から見た竹か元気なく色あせていることが気になるとのこと
1竹林 モウソウチクの進入を抑え、ハチクを少し保護する
f0131669_21382671.jpg
2竹の葉は分解されるのに時間がかかるので、10×10㍍の方形枠で、笹の葉をどかして、植生を観察するとおもしろい。
f0131669_21404383.jpg
3モウソウチク32本を伐採(2008年12月6日)した調査C地区は、太くなった木を切って、細い木を残すやり方もある。
f0131669_21421379.jpg
4一面シロイトスゲが生えているところは、抜いても良い。
f0131669_21424941.jpg
5ノウルシの生えているところは、木を切って少し明るくなったことを報告。とても良い感じだとのこと。照度計のデータ2016.7.2の伐採前3.2%→伐採後11.3% 2016.8.9伐採後29.2%
f0131669_21434636.jpg
6かつて屋敷林だったのかスギ、ヒノキがある。切っても良いのではないか。
f0131669_21481757.jpg
7このスギも切っても良いのでは
f0131669_21500779.jpg
8切り倒した木は、まとめた方が良いのでは
f0131669_21511499.jpg
9片付けた方が良いのでは
f0131669_21522526.jpg
10良い感じ
f0131669_21535468.jpg
用水沿いはそのままで、中に陽が入るように手入れをすればよい。

by trust-0 | 2016-10-24 22:17 | 伝伝


<< 2016.10.25エコ畑 2016.10.8トラスト8号地 >>