ジョロウグモ ジョロウグモ科

ジョロウグモ網は横から見ると三重構造に見える。網は半分ずつ毎日張り替えられる。網の中心より少し上にいて獲物を狙っている。獲物がかかるといきなりかみついてから糸を巻く。補帯の量の少ないクモの特徴。

春から夏にかけては網は白色。秋に成熟する頃になると黄金色に輝く。黄金化の理由は秋になり環境が紅葉化するための保護色と考えられる。
f0131669_1010011.jpg

メスは交接後1ヶ月間は大きな網を張り、栄養を付け卵を養う。10月中頃になると母グモは木の幹や軒下に卵を産み、卵のうにつかまり子の安全を祈るようにして一生を終える。

子どもたちは卵で越冬する。
by trust-0 | 2016-08-17 10:10 | クモ図鑑


<< シラヒゲハエトリ ハエトリグモ科 ドヨウオニグモ コガネグモ科 >>